Folcjgtevbjiqpnsarqy

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ワセリンを唇に使うのは良いの?パックや寝る前の正しい使い方を教えます!

2018.05.06

ワセリンは誰でも安心して使える保湿剤。乾燥するといえば唇。一日エアコンの効いたオフィスのいると唇はガサガサ。そんなガサガサ唇にワセリンって使っても良いのでしょうか?唇ケアとしてのワセリンの正しい使い方をご紹介しましょう。

  1. 唇はとってもデリケート
  2. 唇のためにやってはいけない事
  3. リップクリームで唇の荒れが改善されない場合
  4. 唇のケアにワセリン?
  5. 唇ケアに使っても大丈夫なワセリンは?
  6. ワセリンで唇ケア 使い方
  7. ワセリンで唇ケア 使い方 寝る前
  8. ワセリンで唇ケア 使い方 朝
  9. ワセリンで唇ケア 使い方 日中・外出中
  10. ワセリンで唇ケア ワセリンパック
  11. ワセリンで唇ケア ワセリンパック①毎日寝ながら
  12. ワセリンで唇ケア ワセリンパック②シンプルに
  13. ワセリンで唇ケア ワセリンパック+はちみつ
  14. まとめ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTY13B4Qtbnk65IliYy0DXdL99aPLqKXGY0nhznWLnB-5nEf2Euw
唇って毎日口紅を塗られて、外気にさらされ、とっても過酷な環境におかれています。それに、乾燥する季節にはまず一番に影響を受けるのが唇。どうして唇ってすぐ乾燥してガサガサになってしまうのでしょう。
引用: http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/05/748a06dd66d29742d730ea4afcca697b.jpg
それは唇の構造にあります。まず、唇は皮膚ではなく、粘膜に区分されています。そして、角質層が皮膚にくらべて1/3の厚さしかないんです。しかも皮脂を分泌する皮脂腺がないんです。角質層が薄ければそれだけ保持していられる水分もすくなく、皮脂が分泌されないわけですから、とても乾燥しやすいということになります。そんな保護する力の弱い唇に毎日口紅をつけたり、外気にふれたりしているわけですから荒れるのもムリはありません。
引用: https://assets.media-platform.com/mylohas/dist/images/2018/01/26/20180126_lipbalmingredients_top.jpg
そんなデリケートな唇ですが、角質層が薄い分、ターンオーバーが早く行われます。通常、皮膚のターンオーバーは28日周期と言われていますね?一方唇のターンオーバーは3~4日。つまり、皮膚よりも回復力が高いということ。そのため、正しいケアをしてあげることで、早く症状の改善が見られるというのも他とは違う特徴です。
引用: http://english.aeruba.co.jp/blog/wp-content/uploads/2016/04/1fb7b8534abfe999d5ac12eea2e6f48b_s.jpg
ただでさえ荒れやすい唇。そんな唇を守るためにも、日常生活の中でやってはいけない事が3つあります。それは、「唇はなめない」「唇はむかない」「唇はこすらない」の3つ。普段無意識にやってしまっている事だと思いますがいかがですか?唇を舐めると、唇についた唾液はすぐ蒸発します。その際に唇がわずかに保っている水分も一緒に持って行ってしまうんです。つまり乾燥を促してしまっているということ。唇の皮を無理やり剥くのが良くないのは分かりますね?無理やり剥かれた下にはまだ未熟な角質層が表にでてきてしまいます。これも余計に荒れる原因。こするも同じことです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/haru456-good/imgs/1/d/1d3f8e15.jpg
引用: http://livedoor.blogimg.jp/haru456-good/imgs/6/3/63b98665.jpg
ほとんどの人が、唇の保湿や乾燥予防にはリップクリームを使っていると思います。ですが、乾燥がヒドイ場合、リップクリームがしみるという経験をした人も少なからずいるハズ。毎日こまめに塗りなおしてもなんかガサガサが続く、という人。もしかしたら、唇がリップクリームの成分に対してアレルギー反応やかぶれを起こしてしまっている可能性があります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61recut-68L._SL1200_.jpg
最近何かと話題のワセリン。とくに乾燥の救世主として扱われています。重度の乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人も使用しており、何より皮膚科で処方されるスキンケアアイテムである、ワセリン。そんなワセリンは荒れた唇に使っても大丈夫なのでしょうか?
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-83-44/showme_summer/folder/664955/28/61351528/img_0
もちろん大丈夫。むしろ何も刺激物が配合されておらず、着色料や香料など余計なものが一切含まれていないワセリンが唇ケアには一案良いといえます。ワセリンは肌に油の膜を張ることで、外部刺激から皮膚を保護する効果があります。また、ワセリンの油膜は皮脂のように水分の蒸発を防いでくれるので、保湿効果も期待できます。
引用: https://lifemaps.jp/wp-content/uploads/2018/01/178.png
ワセリンは精製の度合いによって4つに区分けされています。精製度の低い順から黄色ワセリン<白色ワセリン(化粧油)<白色ワセリン(第3類医薬品)<プロペト<サンホワイトとなっています。
引用: https://simpleclear-biyori.com/wp-content/uploads/2017/01/2017-01-04_17h32_01.png
黄色ワセリンは雑貨として扱われている一番精製度の低いもので、安価なのが魅力です。白色ワセリン(第3類医薬品)は皮膚科でお医者さんが処方したり、病院で使われているもの。ですので、私達が自分で購入する場合も白色ワセリン以上のものを使うのが安全です。特に乾燥した唇には白色ワセリンよりさらに精製度の高い、プロペトやサンホワイトの使用をおすすめします。実際に皮膚科では重度の肌トラブルの人や、アトピーの患者さんにはプロペトが処方されます。
引用: https://p.limia.jp/resize/o3/images/334162/gallery/28309/39f7cbd068a51fce423ba1abb6018579.jpg
では、唇ケアに最適なワセリンの使い方を説明していきましょう。まず、大きな容器のワセリンを購入した場合は、小さい容器へ少量移し替えて使うようにしましょう。大きな容器のままその中に指を突っ込んだりすると指の雑菌がワセリンに移ってしまいます。また、大きな蓋を開け閉めすることで空気中のホコリなどがワセリンについてしまいます。チューブタイプのものでも、綿棒などでワセリンを取るのが雑菌がワセリンに付かず一番安全です。
引用: http://niko2blog.com/wp-content/uploads/2015/02/kafunwaserin.jpg
乾燥がひどいから、たっぷり保湿したいからとワセリンをべったり塗るのは間違った使い方。ワセリンはあくまで薄くうすく伸ばして塗ってこそ効果が得られるもの。間違った使い方はさらに乾燥させたり、かぶれをおこしたり、トラブルをおこす恐れがあります。使い方を必ず守ってくださいね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcReI9p7j2VYlb40_wNYgtN-KTFVh-sjAMDslN4POgngTWLgugoyYA
夜、寝ている間は絶好の唇ケアタイムです。寝る前やお風呂上りすぐにやってみて下さい。効果が実感できれば塗るのが苦ではなくなりますし、朝起きるのが楽しみに。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-RGh7IqT3OPM/WhZHipUWKCI/AAAAAAAAAsU/9_39YY05Y0MZvN6YQyfFqhdMPVJMmqOQgCEwYBhgL/s1600/6003.jpg
1.お風呂上がりのスキンケア時に唇にも化粧水をつけます。※もし、乾燥など荒れがヒドイ場合は、化粧水の成分で余計に荒れてしまう恐れがありますので、化粧水などはつけずにおきましょう。 2.ワセリンを米粒1/2程度手に取り、体温で温め柔らかくします。 3.柔らかくなったワセリンを指先に乗せ、唇に優しく塗っていきます。※唇に縦ジワができている場合には、シワに沿って縦になぞるように塗りましょう。決して擦らず優しく薄く伸ばしていきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSMNn8TnOkop059xfKh0NmEwY16AcKQU9VF7DBIFOZu1zUWMV1z
朝、洗顔後にも寝る前に行ったように丁寧にワセリンを塗ります。日焼け止めはワセリンの後に塗りましょう。ワセリンは日焼け止めの成分から唇を守ってくれます。また、日焼け止めを塗らずに口紅を塗る場合もワセリンを先に塗りましょう。ワセリンの保護膜が口紅の界面活性剤を受け止めるので、唇の荒れ予防になります。
引用: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net/uranaru/item/image/normal/2ecd9e5b-0637-4aab-a9c3-3c27407f3a6f.jpg
外出中だって食べたり飲んだりしたらワセリンは塗りなおしたいものです。ですが、ワセリンって手がベタベタするのが難点。そこでワセリンをリップチューブに入れて持ち歩くことをお勧めします。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQP5IbUr2FWAGwhRE4LmMBORhQLM67VRLJ9rn2F-4ZWtCXRNs3S_A
週末など時間のある時、寝る前にパックをするのも症状改善にはとても効果的。シンプルなワセリンだけのパックと、ワセリンプラスアルファのものまでご紹介していきます。パックを行うベストタイミングは、肌が清潔で血行も良くなっているお風呂あがりから寝る前の間。もしそれ以外の時に行う場合は、事前に口紅や汚れをキレイに落としておきましょう。
引用: https://i.ytimg.com/vi/S3QGm06Wp10/hqdefault.jpg
これは夜、寝る前やお風呂上りにワセリンを付けた後、マスクをして寝る、という何とも簡単なワセリンパック。寝ている間ずっとラップをのせておくわけにはいきませんが、マスクなら大丈夫。朝起きたら唇がぷるぷるになっていますよ。マスクは不織布の使い捨てマスクではなく、ガーゼかシルクのマスクがおすすめ。お休み用マスクとして大き目のマスクが売られていますのでお気に入りの色や柄を探してみては?
引用: http://lbr-japan.com/wp-content/uploads/2016/05/IMG_50961-e1464110987842-500x221.jpg
用意するものは、ワセリンとサランラップ。ワセリンをいつもより少し多めに、ややオーバーリップ気味に塗り、ラップをのせて3~5分放置。その後余分なワセリンは優しく拭き取りましょう。パックの目安は週1回程度で十分です。
引用: http://yasuragi-hotel.com/wp-content/uploads/2014/05/IMG_7338.jpg
パックといえばはちみつ。ワセリンと混ぜることで簡単にはちみつパックが行えます。割合はワセリン1:はちみつ1。おれを混ぜ合わせて唇にのせ、ラップをして5分程度放置します。拭き取るだけだとはちみつがべたべたしてしまいますので、ぬるま湯で流しましょう。とどめに寝る前のワセリンの塗り方で薄く塗れば完璧です。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/haru456-good/imgs/7/0/7010fc2d.jpg
引用: http://stat.ameba.jp/user_images/20130404/11/sjdclinic3223/99/ac/j/o0719049212487188227.jpg
荒れた唇をぷるぷるにさせるワセリンの使い方をご紹介しました。いつでも乾燥知らずな魅力的な唇で過ごして下さいね。ですが、もし、ひどいヒビ割れ状態になってしまっている場合は、自力で治そうとせず、まずは皮膚科に行きましょう。ワセリンは万能薬ではありません。効果や使い方を正しく理解した上で使用してください。