Pwfldhdy5xmrgwyiv927

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

スキンケアの順番は?朝と夜の時間帯別に方法を紹介します!

2018.05.14

毎日のスキンケアは正しい順番で行う必要があり、時間別にやり方も変わっていきます。そこで、朝と夜の時間別にスキンケアの方法をご紹介しましょう。どんな美容液を使えばいいのでしょうか?正しい順番を覚えて、正しいスキンケアをしてください。

  1. スキンケアの順番【朝夜編】①:そもそもスキンケアって何?
  2. スキンケアの順番【朝夜編】②:朝の洗顔
  3. スキンケアの順番【朝夜編】③:朝の化粧水
  4. スキンケアの順番【朝夜編】④:朝の美容液
  5. スキンケアの順番【朝夜編】⑤:朝のクリーム・乳液
  6. スキンケアの順番【朝夜編】⑥:夜のクレジング
  7. スキンケアの順番【朝夜編】⑦:夜の洗顔
  8. スキンケアの順番【朝夜編】⑧:夜の化粧水
  9. スキンケアの順番【朝夜編】⑨:夜の美容液
  10. スキンケアの順番【朝夜編】⑩:夜のクリーム・美容液
  11. 毎日のスキンケアにプラスアルファでやっておくべきこと
  12. 正しいスキンケアの順番を教えて!時間別〜朝と夜〜のまとめ
Abn1tb5yqq3jubgezjep
時間別のスキンケアをお伝えする前に、まずはスキンケアとは一体何なのかご紹介していきましょう。スキンケアは、「スキン=肌」をケアすることですね。お肌をケアするために、美容液や乳液、化粧水などを用いて、調子を整えていくものです。ときには、「基礎化粧品=スキンケア」と呼ぶこともあるそうですので、念のため、頭に入れておきましょう。
Vxa3mjj3rpqbh28zfxul
スキンケアの対象となる皮膚は、ざっくり分けると3つの層になっています。それは、「表皮」「真皮」「皮下組織」ですね。これらの層が「すこやか」と表現されるのは、どのような状態なのでしょうか。まず「表皮」は、きめが整っているだけではなく、潤いのある状態がのぞましいですね。「真皮」であれば、コラーゲン・ヒアルロン酸で「ハリ」のある状態が「すこやか」さを実現しているのではないでしょうか。「皮下組織」であれば、ハリ&脂肪(もちろん適度な感じですね)が良いですね。
Spker0t6bwb0xivbiw3s
スキンケアのエッセンスをご紹介してきたところで、次項からは、時間別のスキンケアの方法をご紹介してきましょう。スキンケアは、朝か夜におこなうものですので、それぞれの時間をお伝えしていきますね。
Ye9pfvdsfy91lb7gnvs4
朝の洗顔は、水溶性の汚れをおとすために行うものです。水溶性の汚れとは、汗、皮脂、ほこりなどですね。洗顔する際は、水だけでもしっかりと落とせますが、皮脂は難しいでしょう。ですので、洗顔料を使用するようにしましょう。皮脂を落とさないと他のスキンケアに影響がありますので、しっかりと対応するようにしてください。
Acykm34cgre4xsgz6wwr
朝に化粧水を使用するのは、あとの工程に使う基礎化粧品・メイクを馴染みやすくするためにですね。化粧水は、角質層までに潤いをあたえるだけではなく、すこやかな肌をキープする役割があります。いずれせよ、スキンケアのために、洗顔後は化粧水を使うようにしましょう。
Xedej3kvmldxzuqq04ck
朝に使用する美容液は、よくある濃い目のテクスチャーではなく、さらりとしたタイプが良いですね。このテクスチャーであれば、朝メイクに影響が出ないでしょう。夜に使用する美容液と分けて使うのもおすすめですね。美容液は、肌の調子を効率的に整えるものです。
Hktpfr676fpb4ucuxgzs
スキンケアの最後は、クリームか乳液ですね。これらは、水分の蒸発を防止するだけではなく、お肌に油分を与えるものです。年齢や肌質によっては、朝の美容液の時点で、しっかりと潤い肌になっていることがありますので、その際はクリームなどを使わなくてもよいですね。
Ojm1qwrfzz2e9rsc14ys
もし、べたつき気になるのであれば(部分的なべたつきです)、Tゾーンなどの皮脂量が多い部分は、避けたほうがよいですね。これで、朝のスキンケアは終了です。では、夜のスキンケアはどのようにすればよいのでしょうか。具体的にご紹介していきましょう!
Zttyn2f9erltkorucwui
夜のクレンジングは、メイクや日焼け止めなどをしっかりと落とすために使用します。メイクのままで寝てしまうのはよくないですね。ウォータープルーフなどであれば、専用リムーバーなどがあるはずですので、そうしたアイテムを用いるようにしましょう。
R2bix5mavanec61rymqf
夜も洗顔しますね。1日でそれなりに汗や皮脂、ほこりなどは、皮膚に重なるものです。しっかりと洗顔をして、汚れを落としていきましょう。
Kq36qwpudoljzdpenw1m
夜の化粧水も、朝と同様の役割があります。角質層までに潤いをあたえるだけではなく、すこやかな肌をキープする役割があります。いずれせよ、スキンケアのために、洗顔後は化粧水を使うようにしましょう。
Qc1gmghw8wjt5geyglmu
美容液も、朝と同様に行うものです。お肌を整えるために欠かせない工程ですね。自分の肌悩みに合わせてアイテムを選ぶようにしましょう。
Echnucevhqyqnocnjble
スキンケアの最後は、クリームか乳液ですね。これらは、水分の蒸発を防止するだけではなく、お肌に油分を与えるものです。年齢や肌質によっては、美容液の時点で、しっかりと潤い肌になっていることがありますので、その際はクリームなどを使わなくてもよいですね。夜であれば、ナイトパウダーを使うのもわるくありません!
Zmdmpmywroivkzpkmtrl
日ごろのスキンケアだけで効果が出るとは限りません。カラダの健康もとても大切ですね。お肌のカラダはつながっているものですので、健康的な毎日を過ごす必要があるでしょう。ここからは、スキンケアにプラスアルファですべきことをお伝えしていきます!
V3souf9thtxhvt2ikhw0
「好きなものだけを食べる」という食生活では、栄養バランスが崩れてしまいますよね。食事においては、なによりもバランスの良さが必要でしょう。「美容のためにはビタミン類が良いらしい」と偏った食事ではNGですね。さまざまな栄養素は、組み合わさることにより、効果がでるといわれています。自分の料理する際は、ごはんなどの主食、焼き魚などの主菜、煮物などの副菜など、栄養面のバランスを考えるようにしましょう。
Umb6hze3uwhq1nxcjz4p
しっかりと睡眠をとることも大切ですね。質の良い睡眠であれば、すこやなか肌に整えてくれます。とりわけ、ゴールデンタイムといわれる「10時~翌2時」の間に寝ることが良いとされていますね。質の良い睡眠をとるためには、体を温める必要があるでしょう。冷えたカラダでは、そもそも眠りにつくのが難しい状態になっています。また、就寝前にコーヒーを飲むのも避けてください。おしっこによく行きたくなってしまうリスクもありますね。
Dallhnqkvpspbxripsua
また、照明器具の明かりを調節すると、よく眠れるようになるでしょう。明るすぎると、リラックスできませんよね。間接照明などのやわらかい光であれば、よいのではないでしょうか。
Axtt9t5avcqs1bbcnwdf
運動することも無視できません。栄養素をカラダに行きわたらせ、血行もよくなります。「運動するのが嫌い」とい人は、まずはカンタンなことからはじめてみましょう。最初は、ウォーキングなどがおすすめですね。会社帰りに何駅から歩いてみたり、できるだけ階段を使用したり、日々の生活の中で歩けるところは歩くのです。
Fuhirwnh88oj08pvssmk
ランニングのような有酸素運動、筋トレのような無酸素運動を組み合わせるとよいですね。ストレッチするのもおすすめです。ヨガなどであれば、気軽に始められるのではないでしょうか。いずれにせよ、ハードな運動で逆効果になってしまうリスクがありますので、無理なくスタートできる運動をするようにしましょう。
Kfodggq0rznxzfvzimap
時間別で正しいスキンケアの順番をご紹介してきました。乳液やクリームは、人によっては使用しなくても問題ありません。自分の肌質や年齢を考慮して、スキンケアするようにしましょう。スキンケアの順番だけではなく、自分に合ったアイテムを選ぶことも重要ですね。すこやかな肌を目指すためには、スキンケアの適切な方法・肌質にあったアイテムについて知識を深めてください。