Czek4bv8c98jvcpazhnu

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

スキンケアとは?美肌の作り方から人気の化粧水の選び方まで徹底的解説!

2018.05.14

正しいスキンケアとは?まず、基本的なことを押さえましょう!このページでは、正しいスキンケアのやり方をお伝えします。美肌の作り方だけではなく、人気の化粧水の選び方もご紹介していきますので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

  1. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介①:スキンケアに欠かせないこと
  2. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介②:適切なクレンジング方法
  3. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介③:クレンジングは短時間で!
  4. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介④:洗顔について
  5. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介⑤:石鹸の選び方!
  6. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介⑥:適切な洗顔方法
  7. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介⑦:化粧水はNGかも?
  8. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介⑧:保湿美容液について
  9. スキンケアとは?基本・やり方~人気のアイテム選びまでご紹介⑨:美容液の使い方
  10. 正しいスキンケアとは!美肌の作り方から化粧水の選び方まで徹底的にご紹介!のまとめ
Vcseb1mdikecuaz8rojx
スキンケアに欠かせないことは、3つあります。まずは、メイクなどを落とすクレンジングですね。そして、洗顔料も無視できない存在です。3つ目は、保湿成分の含まれている美容液ですね。かつては、美容液のほかに、乳液やクリーム、化粧水も使用するやり方がメインストリームでしたが、昨今では、保湿美容液だけオッケーという見解もあります。
Gnfgvcza2f70gfwvyupm
スキンケアの最初のプロセスとしては、クレンジングですね。これは、肌の負担がおおきいものですが、メイクを落とす際には、無視できません。「楽をしてメイクを落としたい」という理由で、強めのクレンジングを使う人もいますが、肌にダメージを与えてしまうのは自明でしょう。次項からは、クレンジングについて詳しくご紹介していくますね。
Ehgetr3i7bj73vpezq0m
クレンジングは、メイクを落とすためにおこなうものです。界面活性剤によって落ちやすくなるものですが、これがお肌の乾燥につながってしまうこともありますね。カンタンにメイクが落ちるようなタイプであれば、強い界面活性剤ということになるでしょう。クレンジングを使用せずに、洗顔料だけでメイク落としするのが、理想的と言えば理想的ではないでしょうか。「界面活性剤=肌へのダメージ」を考慮して、量などを調節してください。
Sy0gmcvy2unwqv1hyafo
クレンジングの油分の量によって、界面活性剤の量が決まります。そのため、油分のバランスの良いクレンジングがおすすめですね。オイルタイプ、シートタイプ、リキッドタイプなど、さまざまなクレンジングがありますが、クリームタイプが肌への負担が少ないといわれています。ジェルタイプも無視できませんね。どのようなタイプであれ、自分の肌にマッチするものが最適でしょう。
Dc3uk18rrfrzajg69hiv
上記でご紹介してきたとおり、クレンジングは、可能であれば、避けたほうがよいものです。肌に触れている時間が長いと、肌ダメージがあるといえるでしょう。そのため、できるだけ短時間で済ますことがおすすめですね。1分程度が目安です!基本的には、W洗顔をすることになりますので、パーフェクトに落ちなくても、のちの洗顔で、落とせるものは落とせますよ。「ちょっとだけぬるっとしている」という程度で、洗顔に進んでください。
Ollhxylylkmv6tzvxtk9
クレンジングの量にも注意してください。また、こすってしまうとお肌に影響がでてしまいますね。クレンジングでは、マッサージなども避けるようにしましょう。「適量でこすらない」ということを意識して、クレンジングを済ませましょう。
Helquevws7wjge8fqrui
クレンジングのあとは、洗顔します。洗顔は、ホコリや皮脂を落とすために、無視できないものですね。皮脂を落とすとしわになるというウワサもありますが、そんなことはないようですよ。むしろ、皮脂をそのままにしておくと、老化をはやめてしまう傾向がありますね。朝と夜のスキンケアでは、しっかりと皮脂を落とすようにしましょう。
Eo6vz8zzlmltnigvtnjt
ドラッグストアにも、ネットにも、さまざまな洗顔料が販売されていますよね。中でも、石鹸(固形タイプ)はおすすめです!クリーム系でも問題ありませんが、界面活性剤の強力なタイプもありますし、パウダー・リキッドタイプであれば、洗浄力が強くない可能性もあるでしょう。ミルクタイプも、強い洗浄力がない傾向にあり、泡立ちの良いタイプは、界面活性剤の問題があります。石鹸(固形タイプ)であれば、成分的にも安心で、洗浄力の強弱を選ぶことができるでしょう。
Cmma0jtrkoqr3p9fwbfc
無添加の石鹸はおすすめできるアイテムですね。肌悩みに合わせた種類がありますので、自分にマッチするものを探してください。顔を洗ったあと、少しつっぱることがありますが、保湿でしっとりすれば、その石鹸でオッケーということになります。
Wxm7liqilofkzbmu4wpv
つっぱらないタイプは、洗浄力が強くないかもしれませんね。保湿しても乾燥している状態の場合は、強い洗浄力の石鹸となります。さまざまな成分が配合されている石鹸もありますが、洗い流してしまうことを考えると、成分の効果はあまりないかもしれませんね。
Aoteuiuouy2ll7z82if3
「できるだけ泡立てたほうが良い」という話を耳にしたことがあるかもしれませんが、泡の目安は、檸檬ひとつ分といわれています。基本的に泡は、肌をいためないために活躍するものです。指のまたで、やさしく洗うようにしましょう。
Bgvdkfetqub1ppxqvbog
泡立てる際は、たっぷりの水分がほしいですね。なので、泡立てネットなどの便利グッズを使用する際は、たっぷりの水を使うようにしましょう。水分の少ない状態で泡立てるのは、避けてくださいね。
S3bp9hefdvr8ydyoxk9k
スキンケアに化粧水を使っている人は、多いのではないでしょうか。とはいえ、化粧水でお肌が潤うことはないようですね。お肌の水分を保持しているのは、「セラミド」という成分だそうで、「洗顔後に化粧水でしっとりさせる」というのは、一過性の可能性があります。
Bjvbu899w432eaduxsjh
「セラミド」が少ない場合、お肌の水分は、蒸発してしまいますね。お肌の水分は、体内のものですので、あくまでも外部のものではありませんし、それを守ってくれるのが「セラミド」なのです。だからこそ、化粧水は、ほとんど効果がないといえるでしょう。
B4imenhs1sorrguxyz0z
洗顔を終えたら、保湿美容液を使うようにしましょう。美容液とは、美容成分が含まれている化粧品のことですね。さまざまなテクスチャーで販売されています。
Ttd8be5zl6ryzmpxhcqj
美容液の中でもっともおすすめできるのが「保湿美容液」(セラミド配合)ですが、他にも、エイジングケアに適した美容液や、美白美容液などもありますので、肌悩みに合わせて使用するようにしましょう。
Asrmjnixz7efg8drw2dg
美容液を使用する際の注意点をご紹介します。まずは、すりこまないようにすることですね。美容成分がギュッと凝縮されているものなどは、お肌にダメージを与えてしまうことがあるでしょう。
J6ryb1zeoh5mqqdjwutw
美容液を顔に塗るとき、おさえるように、なじませるようにしてください。皮脂が多い部位は、簡単におさえる程度でよいでしょう。肌の状態によっては、多めに使ってもよいですね。いずれにせよ、顔全体にしっかりなじませてください!
Skusxx6eom909056frzt
Aga16hdglqrdvxfnfici
正しいスキンケアについてご紹介してきました。大切なのは、クレンジングと洗顔と美容液ですね。肌にダメージを与えないように、正しい方法を知り、肌質にあったアイテムを選ぶようにしましょう。化粧水は不要ということになりますので、お財布にも優しいですよね。いずれにせよ、朝と夜のスキンケアを忘れずに!