Dcfvmziajvw4uxdj5ozv

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【コンシーラーの選び方まとめ】肌悩み解消に有効的なアイテムはどれ?

2018.01.30

コンシーラーは肌のいろいろな難点を隠すために使える、とても万能なアイテムです。今回はそんなコンシーラーの選び方についてご紹介していきましょう!選ぶべきカラーや、悩み別コンシーラーの選び方などメイクの仕上がりがより良くなる情報満載です♪

  1. コンシーラーの選び方の基本!カラー編
  2. コンシーラーはイエロー・ライト・ダーク3種類のベージュ
  3. 悩み別・コンシーラーの選び方とは?
  4. 目元に使うコンシーラーはどれ?選び方は?
  5. 小鼻の毛穴や赤み隠しのコンシーラー
  6. ニキビの種類によってアイテムを使い分けるべし!
  7. 白ニキビや盛り上がっているニキビにはダークベージュ
  8. 薬用成分が入っているとベター
  9. シミを隠せるコンシーラーの特徴は?
  10. 口コミは当てにならない!?難しいコンシーラーの選び方
Ixfuwl6cqzanxs2x9uk3
コンシーラーにはカラーバリエーションや特徴があって、どの色味のコンシーラーを選ぶかによってメイクの仕上がりは大きく変わっていきます。まずは自分に合うカラーがどれかというのをしっかり見極めるようにしましょう!
U5lbzhfkbkivta49ylhx
コンシーラーの色味は大きく分けてイエローベージュ・ライトベージュ・ダークベージュの3種類に分類することができます。もちろん自分の肌の色合いに合わせてカラーチョイスすることは大切ですが、コンシーラーの用途によって使い分けることも必要です。
Qnwmvhsphxzvj6adqki3
例えばライトベージュはハイライト効果があって、青くま消しや頬・小鼻の赤みカバーには最適のコンシーラーです。しかし色素沈着したニキビ跡やホクロのカバーリングには向いていません。このようにカラーによって向き不向きだったり特徴があるということを覚えておきましょう。
Gcnanxab8kgamehoiaoh
コンシーラーのカラーカバーしたい肌の悩みについては、各パートでより詳しくご紹介していきます。
Z3jxlhr01uctkwcgpbfi
それでは肌の悩み別・コンシーラーの選び方を見ていきましょう。目元・口元・頬・鼻周りなどなど…どこにどんなコンシーラーを使えばベストなメイクの仕上がりになるのか、ぜひ頭の中に入れてくださいね!
Kychxzprelkvkntw09cr
目の周りは皮膚が薄く、表情の変化も著しいです。コンシーラーを付けても数時間後には化粧がヨレてきてしまうなんてことも多々ありますね。目元はカバー力が高くヨレにくい、クリームタイプのコンシーラーを使うのがおすすめです。

青クマ

Hojfms8bbvkulv3vcd0v
目の下にできたクマをコンシーラーで消しているという女性は多いでしょう。クマにも実は種類があって、睡眠時間や疲労でできてしまうクマを「青クマ」と呼びます。青クマは明るい色味のライトとダークを混ぜた中間色のベージュコンシーラーを乗せていくと、きれいに隠れるのでおすすめです。

茶クマ

Tdbsqr9cjhti2tfgvodk
茶クマは色素沈着によってできてしまうクマ。一度できるとずっと残り続けてしまうので、コンシーラーで一時的に消すだけでなく美白化粧品など使ってクマの解消に努めてください。茶クマ消しに有効なのはイエローベージュです。あまり明るすぎる色を乗せると、変に浮いてしまうので注意が必要ですよ!
色素沈着は肌のターンオーバーできれいになっていく可能性もありますが、できれば美白成分が配合された化粧品を使って改善していきましょう。昼はコンシーラーで隠しつつ、夜は美白化粧品でケアする…というサイクルができあがればベストです♪

黒クマ

Mqm0l58nws5cwkvpp73k
黒クマは目の下の皮膚がたるんでしまってできるクマです。年齢を重ねるとともに黒クマはできやすくなります。黒クマはパール感のあるベージュコンシーラーを使って消していきましょう。光の反射でクマを飛ばすようなイメージです。涙袋メイクも黒クマ隠しにはおすすめ、ぜひチャレンジしてみてください。
Hcbtcepvb7czay8aflnk
悩み別アイテム、次にご紹介するのは小鼻周りの悩みに使うコンシーラーです。小鼻は毛穴が目立ちやすかったり、赤みが出やすい場所です。リキッドタイプのコンシーラーで、小鼻全体をカバーリングするイメージで悩みを隠していきましょう。
Fgevbh5ocp8rcrcf6v9w
小鼻周りは凹凸が多いので、ブラシを使ってコンシーラーを塗っていくのがおすすめです。指で塗るとムラができてしまう可能性があるので、ぜひブラシを使いましょう。リキッドタイプのコンシーラーならブラシ仕様になっているので使いやすいはずです。
Megzzofhj60adcswetdo
ヨレが心配な方は、コンシーラーを塗ったあとにパウダーで仕上げをしてもいいかもしれません。フェイスパウダーを乗せるとヨレずに化粧が一日持つのでおすすめです!
Xsvd4fbnp4tnvld4wutt
ニキビやニキビ跡を隠したい女性も多いでしょう。コンシーラーを活用すればニキビをカバーできますが、ニキビの種類によって使うコンシーラーを変えるとよりきれいに仕上がります。

基本的にはカバー力の高いクリームタイプを使う

ニキビはリキッドタイプのコンシーラーではなかなか隠し切れない場合が多いので、カバー力のあるクリームタイプがおすすめです。クリームタイプよりもっと固いテクスチャーのコンシーラーを使ってもOK。

おすすすめの色味はグリーン系

M8jnmknmebykgmaa3xud
先ほどコンシーラーにはイエロー・ライト・ダークのベージュがあると言いましたが、グリーンがベースになっているコンシーラーも存在します。ニキビ隠しにはこのグリーン系のコンシーラーが相性バッチリ!とくに赤みを伴っているニキビは、ベージュ系よりもグリーン系のコンシーラーを使うのがおすすめです。
Vl4gqra8v1vsmxd9r4ag
ニキビによっては盛り上がってしまっていたり白っぽくなっているものがあります。こういったタイプのニキビを隠すには、自分の肌の色よりも暗いカラーのコンシーラーを使うのがベスト。ダークベージュのコンシーラーをニキビの上にかぶせれば、ほとんど目立たなくなります。
Ruy8kr84r7fjj67krywu
ニキビをコンシーラーで隠すことに重点を置きすぎてはいけません。やはりできてしまったニキビを完治させることが重要です。コンシーラーで隠しながらニキビを治す方法として、「薬用成分が含まれているコンシーラーを使う」というものがあります。
Tycjkji5leczlktjm2pi
コンシーラーに含まれている薬用成分で、メイクしながらニキビを治療することができるのです。ニキビを悪化させないためにも、こうした特徴のアイテムをチョイスしていきましょう!
Bgreh4wf44bi5dmomyvx
最後にシミを隠すためのコンシーラーについてご紹介していきましょう!どんなシミで悩んでいるかにもよりますが、シミカバーに向いているアイテムの特徴を挙げていきます。

広範囲ニキビにはリキッドタイプのコンシーラー

P1rn8xodfggpvgysqxzu
悩み別コンシーラーの選び方でいちばん需要が多いのは、「シミ隠し」ではないでしょうか。シミは年齢を重ねるごとに増えていき、とくに頬に広範囲でできてしまうことがあります。広い範囲のシミは、リキッドタイプのコンシーラーでカバーするのがおすすめです。

ピンポイントの濃いシミにはスティックタイプコンシーラー

スティックタイプコンシーラーは、クリームタイプよりもさらにテクスチャーが固くてカバー力のあるアイテムです。顔にピンポイントでできてしまった濃いシミは、スティックタイプで消すようにしてみてください。
スティックタイプでも消えないシミは、さらにカバー力のあるペンシルタイプでカバーしましょう。ただしペンシルタイプは浮きやすいので、スポンジを使って肌にきれいに馴染むようにしていってください。
Hytqmwphykr3ousburuv
コンシーラーを買う前に口コミサイトで評判をチェックする方も多いでしょう。しかしどれだけ評判のいいアイテムでも、使ってみたら自分に合わなかった…ということがあります。やはり他人の意見よりも、悩み別コンシーラーの選び方を参考に自分が本当に求めているコンシーラーを買うべきなのです。
自身の肌の状態や抱えている肌トラブルなど、まずは明確にしていきましょう。そこからいちばんベストなコンシーラーを見つけ出すという作業を怠ってはいけません。数あるコンシーラーの中から、ベストなアイテムを選んでいきましょう!