Lyu9rpgazfhvxiewrahh

美容

CATEGORY | 美容

おでこの整形ってなに?手術の種類と知っておくべきトラブルまとめ

2018.01.31

おでこの凹んでいる部分を治したい、全体的におでこを前に出し立体的にしたい、おでこに丸みをつけたいなど、おでこに悩みを抱えている方は少なくありません。おでこの整形手術の種類と知っておくべきトラブルをまとめてみました。まずはどんな方法があるのか知ることからはじめてみてくださいね。

  1. おでこの整形って何?
  2. 「額注入術」の種類 
  3. 〇ヒアルロン酸注射
  4. 〇脂肪注入法 
  5. 「額形成術」の種類
  6. 〇プロテーゼ挿入 
  7. まとめ
Tlczvgokwc7bwzgo0ekb
引用: https://www.pinterest.co.uk/pin/685462005755766941/?lp=true
額形成治療には大きく2つに分かれます。 額に丸みを出す方法・種類は、額への注入法の「額注入術」と額への外科手術の「額形成術」があります。 「額注入術」は、メスを使わずに手軽に形を整えたい場合、額へ美容成分が含まれている物質を注入する方法を選択する方が良いでしょう。注入する物質は、元々人体に存在していて、非常に高い保湿性・水分保持力をもっている「ヒアルロン酸」や自分の身体から採取した「脂肪」を用いるケースが一般的に普及している額注入術です。逆に、半永久的に整えたい場合は「額形成術」をお勧めします。 「額形成術」は額は皮下脂肪や筋肉が少ない部位のため、額全体に柔らかい素材を注入すると、手触りに違和感を感じることもあります。額全体を半永久的に理想の形にする場合は、骨に近い成分で額を形成する「額形成術」が良いでしょう。一度の手術で凸凹のない額にすることが可能で、短期間で効果を実感する方が多いです。
ヒアルロン酸は、人間の体内に元々含まれている物質で、特に水分や弾力性を保つ働きがあります。 加齢とともに減少し、食品等から摂取することが非常に困難な成分のため、直接注射により注入することが効果的とされています。額のほうれい線のシワや凹みに使用し、即効性があり繊細な微調整によって形を整えることができます。”丸みのあるおでこ”を目標とされている方には合っている治療方法の種類です。 ヒアルロン酸注射が優れている点としては、ヒアルロン酸注射はメスを使わずに注射のみで行われる施術なので、身体への負担が最小限に抑えられます。逆にデメリットとしては、時間の経過とともにヒアルロン酸が体内に吸収され、長期間の持続が難しい点があります。
D1idllfvvchkxbcfph1g
引用: http://www.drpeterhetzler.com/hyaluronic-acid-works-dermal-fillers/

〇ヒアルロン酸注射のトラブル ~おでこの整形~

額以外の身体の部位へのヒアルロン酸注射を経験されている方は、多くいると思います。 額のヒアルロン酸注射はダウンタイムが短く、副作用などが起こりにくく、低いリスクの施術方法の種類とされていますが、起こる可能性は全く無いわけではありません。個人差がありますが、注入後の痛み・赤み・腫れ・内出血といった種類の症状が起こるでしょう。通常、平均的な予後の回復であれば、術後、約数日〜2週間程度で落ち着くことが多いようです。症状の様子を見ていく中で症状の改善が見られない・日を増すごとにひどくなっているという場合もきわめて少ない割合ですが、起こります。他の副作用・リスクとしては、額の形に凹凸が目立つ・身体へのアレルギー反応が起こる・血行不良などです。
Tty8zco5jr0tjduh44ia
引用: http://www.simplyskin.com.au/injectables

〇ヒアルロン酸注射の費用  ~おでこの整形~

Oh7mlki5risoxhd7pps7
引用: http://www.health2beauty.clinic/soft-beauty-surgery/hyaluronic-acid/
ヒアルロン酸注射は、施術前に担当の医師とどのような額にしたいのかカウンセリングにて確認します。そのカウンセリングの内容に従って、医師は額へのヒアルロン酸注入の施術をします。その注入が正しい位置に適切な量が注入されれば、1回の施術でも効果を実感することが可能となります。しかし、ヒアルロン酸は術後から徐々に吸収が始まり、効果が薄れていくので、維持するためには定期的に施術を受ける必要があります。回数が重なれば、 1回(1本)あたりの施術にかかる費用は、ヒアルロン酸の種類や注入量、受けるクリニックにもよって頃なりますが、約10万円〜20万円が相場といわれています。種類や費用を確認してから、治療を選択した方が良さそうです。
ヒアルロン酸の注射の他に、脂肪注入法という種類があります。「脂肪注入法」とは自分の身体から採取した脂肪を、おでこの気になる部分に注入することで、おでこの形成ができるといわれている整形方法の一つです。自分の脂肪を使うので、異物反応など起こりにくいとされています。自身の脂肪を利用しますのでアレルギーや拒絶反応が無い安全な方法ですし、ヒアルロン酸は、いずれ吸収されてしまいますが、脂肪であればしっかりと残る部分が多くなります。長期的に効果が持続します。ヒアルロン酸注射の他にも、注入による方法として脂肪注入法も選択肢の1種類になります。脂肪の定着率は個人差があり、その定着率により額の形の仕上がりが違います。広範囲で額の形成を行う場合には、希望通りの額の丸みを作れない可能性があります。凹みが気になるなど狭い範囲での調節といったデザインを目的としている方には、向いている施術の種類となります。
X2uaofa2bbwpxk0juoik
引用: https://www.zwivel.com/blog/hyaluronidase-fixing-dermal-fillers/

〇脂肪注入法のトラブル ~おでこの整形~

脂肪注入法のメリットとして、脂肪の定着率が高ければ、長期間の維持が可能ですが、この種類の治療は各個人の定着率によって仕上がりが左右されるので、望んでいる結果にならないという可能性があります。そのため、脂肪注入法による額の整形治療を行なうことができるクリニックの数は少ないという現状があります。また、注入する脂肪は自分の体内から採取するので、採取した部分にも負担がかかってしまうことを理解する必要があるでしょう。脂肪注入法の副作用やリスクとして考えられるのは、腫れ・内出血などです。これは注入した部位だけでなく、脂肪を採取した部位にも症状として、治療後すぐに発症するこがあります。 内出血がでている場合には、落ち着くまでに約1週間〜2週間程度の時間が必要なことが多いようです
G46e36byksxlqukkbqyz
引用: http://sqwanjia.net/oh-my-god.html

〇脂肪注入法の費用 ~おでこの整形~

Wg1fe1qu9w6cywxufh6j
引用: http://ba-consulting.org/face-goatecs/
脂肪注入法では、注入した脂肪がしっかりと定着すれば、1回の施術でも効果を実感することができるといわれていますが、注入した脂肪が身体へ吸収されてしまった場合には、複数回の施術が必要になることもあるようです。注入後に約50%が体内に吸収されるため、しっかり定着させるためには2回以上の施術を勧められます。気になる費用ですが、治療を依頼するクリニックによって定着率を高める方法などを導入しており、その方法によって費用は異なりますが、平均的に約10万円〜30万円程度の費用がかかるでしょう。ヒアルロン酸注入よりも費用はかかりますので、検討する際の参考費用にしていただけたらと思います。
Sy4mqq1dauvfnx351rii
引用: https://www.biyou-iryou.jp/guides/article/801/
「額形成術」の種類には、既製品のシリコンプロテーゼをおでこに挿入する方法と、オーダーメイドのシリコンプロテーゼを額に挿入する方法などがあります。シリコンプロテーゼとは「形状記憶ゴム」のような素材で作られている為、現在販売されている既製品のシリコンプロテーゼは、薄くしなやかに作られています。そのためプロテーゼの形が額から浮き出しにくくなっています。 オーダーメイドのシリコンプロテーゼの特徴は、自身のおでこの形により合わせたデザインが可能で、希望のおでこの形により近い額を作ることができる点が挙げられます。
もともとの状態に合わせて作られたプロテーゼを傷の目立ちにくい頭皮から切開・挿入していくことで、おでこに丸みを持たせたり、おでこを全体的に前に出したりすることができるといわれています。 ヒアルロン酸よりも長期間の持続が期待でき、脂肪注入法よりも確実性が高いといわれている方法です。 プロテーゼのメリットは、一度の施術で大きな変化が見込めるという点です。額を前に出したり丸みを出したりするので、短期間で顔全体の印象を変えることが可能です。
X5wrpc9plarybw1ahjsl
引用: http://www.girlyblogger.com/health-hacks/going-knife-pros-cons-cosmetic-surgery/

〇プロテーゼ挿入のトラブル ~おでこの整形~

プロテーゼ挿入のトラブルは、プロテーゼ挿入手術後、失敗した場合にはっきりとプロテーゼの形が額から見えてしまうというリスクがあります。また、プロテーゼ挿入を受けてから、年齢による老化とともに皮膚が薄くなってきてしまうと輪郭が浮き出てしまう可能性がある、という問題も将来的に出てくるでしょう。 プロテーゼ挿入の術後回復期間は、少なくとも約1週間〜2週間程度は必要といわれています。完全に落ち着くまでには数ヶ月必要ですが、術後の経過中は痛み・腫れ・むくみが伴う副作用の症状が見られます。術後の予後回復は個人差がありますが、その症状が長期にわたり続く場合はトラブルの原因になります。 また、経験が浅く、未熟な医師が施術をすると見た目が不自然な印象を与えてしまうおそれもあります。施術を依頼する際は、慎重にクリニックを選びましょう。
Y8be5uzwjsb06j8ffarg
引用: http://www.emory.edu/EMORY_MAGAZINE/issues/2017/spring/of_note/babies.html

〇プロテーゼ挿入の費用 ~おでこの整形~

プロテーゼ挿入の額形成術では入院の必要は基本的にはありませんが、抜糸や術後の経過観察のために2~3回の通院が必要になります。また、額にメスを入れ切開する手術のなので、費用が高くなる傾向にあります。既製品のプロテーゼなのかオーダーメイドのプロテーゼなのかによって異なりますが、平均的な価格は、約40万円〜100万円程度が相場です。
Ymjl0aorohxhag07aum3
引用: https://www.ljcsc.com/face/san-diego-volbella-lip-enhancement/
今回紹介しました額の整形手術の種類はごく一部です。他の額の整形手術も効果が見られる種類もありますので、ぜひ興味がありましたら調べてみて下さい。額の整形手術に限らず、整形手術は整形医師の腕次第で効果の程が変わってしまいますし、時に失敗のリスクを高めてしまうこともあるため注意が必要です。まずは専門性と技術力の高い医師を選んでいく事、これが大切です。失敗しないためには、まずは直接のカウンセリングを通じて信頼できるクリニックに依頼して下さい。