Bzuvmiocjuqilr16w7eg

インナーケア

CATEGORY | インナーケア

蜂蜜の栄養素を知りたい!その驚くべき効果と食べる際の注意点

2020.07.13

蜂蜜は、16世紀に砂糖が商業的に入手可能になるずっと前から天然甘味料として評価され、昆虫によって生産されるヒトの唯一の食物源です。 蜂蜜は顕著な健康に不可欠な数多くの栄養素が豊富にあります。 スプーン一杯の蜂蜜、その栄養素にはわたしたちの身体に大きな効果をもたらしてくれます。

  1. 蜂蜜の栄養素
  2. 蜂蜜と美肌の関係 ~蜂蜜の栄養素を知る~
  3. 蜂蜜の抗菌作用とは  ~蜂蜜の栄養素を知る~
  4. 蜂蜜を食べる際の注意点
  5. 蜂蜜の汚染
  6. 蜂蜜の品質
  7. まとめ
Tc5qgka40gswhoqh7vef
引用: https://www.livestrong.com/article/229103-manuka-honey-treatment-for-gastroenteritis/
ハチミツには、ビタミンA、ビタミンC、鉄、カルシウムなど、美肌を目指す方にはうれしい、さまざまなミネラルやビタミンが含まれています。フラボノイドやアルカロイドなどの重要な抗酸化物質もあります。蜂蜜には15種類以上のアミノ酸が微量に含まれています。特に、はちみつは鉄分を豊富に含んでいることが特徴です。 その含有量は、メープルシロップの2倍近くあることから、貧血や鉄分の摂取が不足しがちな女性にとっては、嬉しい甘味料と言えます。はちみつは、抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果もありますし、ビタミンB群、ビタミンCを摂取できることから、美肌効果の高い甘味料としても使用でき、美容と健康には欠かせない食品です。
美肌を作るために必要な質の良い「睡眠」。その睡眠を促進する作用が蜂蜜にはあります。睡眠を促進する予備研究では、寝る直前の大さじ1杯が睡眠を促進することが示されています。これはおそらく肝臓グリコーゲンが完全に保持されるためです。また、はちみつには不安を和らげる効能があります。 蜂蜜はより良い睡眠を促進することができるので、不眠症の良い治療法となり得ます。これは不安の症状の1つです。研究によると、就寝前に蜂蜜入りの温かいお茶を飲むことで不安を和らげ、深い睡眠に入ることができることを示しています。蜂蜜の栄養素は、特に多量に摂取すると、落ち着きのある効果をもたらします。そして、不安を軽減することに加えて、ハニーを取ることは認知症の予防や、中年期の記憶力を改善する効能も期待できます。
Hnobeimoarrbxkjgvix2
引用: https://www.smithsonianmag.com/science-nature/the-science-behind-honeys-eternal-shelf-life-1218690/
Elk2mcm6jk1nbosj6rmm
引用: https://www.organicfacts.net/health-benefits/animal-product/benefits-of-honey-in-weight-loss.html
蜂蜜の栄養素の一つ「グルコン酸」には抗菌活性の効果があります。一般的なハチミツに含まれているグルコン酸には強い殺菌作用があることがわかっています。この「抗菌活性」の効能は感染症の治療において大切な役割を果たすことができます。蜂蜜は湿った創傷状態を維持し、その高い粘度は感染を予防する保護バリアを提供します。実際、蜂蜜は古くから感染した傷を治療するために使用されております。オーストラリアやニュージーランドでは透析の治療に「医療用蜂蜜」を使用している医療機関があるそうです。 火傷や傷のお肌だけでなく、紫外線によるダメージを受けたお肌や乾燥した唇にも効果があります。健康的な美肌の維持に蜂蜜を取り入れるのも良さそうですね。
Dojnorkdlki0io0ql7ar
引用: http://www.stylecraze.com/articles/rose-water-skin-benefits/

〇生の蜂蜜 ~蜂蜜の栄養素を知る~

この天然の甘味料はまた、あなたの神経を傷つける可能性があります。 生ハチミツは、「グレイアノトキシン」と呼ばれる化学物質のグループで構成されています。この化合物は、神経系に有毒です。一般に、これらの毒素はその低温殺菌中に食物から排除されます。しかし、生の蜂蜜が摂取されると、「グレイアノトキシン」は神経系に侵入し、神経細胞に損傷を与えます。結果として、それは我々の神経系の正常な活動を妨げることに繋がります。予防方法としては、何らかの精神状態に苦しんでいる(または苦しんでいる)場合は、蜂蜜を避けることが重要です。
Tqmulb4z4attxe0qlhf5
引用: http://biyo-chikara.jp/sonota/26801/

〇ハチミツによる乳児への影響 ~蜂蜜の栄養素を知る~

ボツリヌス菌は、乾燥や熱に強い「芽胞(がほう)」を形成する菌で海、川、湖や土壌に広く存在しています。「芽胞」は、酸素の少ない状態で発芽して増殖し、極めて強い毒素を産生します。また、芽胞の状態では、一般的な細菌と異なり、100℃数分間の加熱でも生き残ることがあります。

大人の場合、ボツリヌス菌が体内に入っても、他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、問題になることはありませんが、乳児の場合は、腸内細菌の環境が整っておらず、ボツリヌス菌が増えて毒素を作ってしまうことがあるからです。 生後1歳以上になると、離乳食等により腸内環境が整う時期となるため、ハチミツを避ける必要はありません。ハチミツは栄養価の高い食品ですが、生後1歳以上になってから与えましょう。

Gsnh5qfiquomjkqxjamq
引用: https://www.parents.com/advice/babies/feeding/when-can-my-baby-eat-honey/

〇体重増加 ~蜂蜜の栄養素を知る~

あなたの全体的な健康を損なう可能性のある「肥満」。蜂蜜の効能が高いからといって、過剰に摂取すると肥満の原因となる場合があります。 蜂蜜は美肌に効果的で、栄養の効能も高いのですが、大量のカロリーを含んでいるので、体重に大きく寄与します。さらに、はちみつの成分は複雑なものの代わりに、蜂蜜の栄養素は炭水化物でできています。それは消費されるとすぐに体内で容易に分解する。結果として、エネルギーは体脂肪として積み重なり、あなたは過剰体重を得ることになります。はちみつの1日の適正摂取量は、ティースプーン6杯分ほどです。適正量を守って、はちみつの効果や効能を享受したいですね。
Hdizt6tex1qxxmbsmqmu
引用: http://onlypurenature.com/honey-and-cinnamon-the-elixir-of-health/
年々、「有機蜂蜜」というはちみつが徐々に増えてきています。農薬や化学肥料などの化学物質を使わず、自然界の力で生産されたはちみつです。しかし、花を含む植物や雑草に殺虫剤が散布されている場合、ミツバチも中毒されます。時には、農薬はミツバチに直接散布されます。多くの場合、ミツバチは殺虫剤で汚染されたネクターと花粉を集めます。農薬の場合、殺虫剤が散布されると、その量の一部が植物の上または近くの水に蓄積されます。ミツバチがこの水を飲むと、ミツバチもまた影響を受けます。「有機蜂蜜」と表示のない「はちみつ」は、作物に散布された農薬で汚染されている可能性があります。はちみつの生産方法や製造工程など、信頼のおける蜂蜜メーカーの「はちみつ」を選ぶことが大切です。
Bwzfz6txj2wldqaegfim
引用: http://www.forestwander.com/2012/06/considering-busy-honey-bee-macro/
すべての蜂蜜の品櫃が均等に作られるわけではないので、はちみつの種類や製品によって品質は異なります。蜂蜜の価格と健康上のメリットは品質に左右されますので、蜂蜜の品質に影響するさまざまな要因を理解することが非常に重要になっています。これらの要因の中には、ミツバチが蜂蜜を作る際に花粉を採取する花の種類、混合プロセス、保存条件、加熱温度などがあります。花の種類について、ポリフロラールハニー(複数の花から花粉を採取したはちみつ)とモノフロラール(一つの花から花粉を採取したはちみつ)の2種類に大きく分かれます。多くの企業は、様々な恩恵を提供するブレンド蜂蜜を販売しているため、非ブレンド蜂蜜より健康的で効能があると考えられています。そして、製造工程の中で、蜂蜜を加熱すると、その化学組成に劇的な変化が起こります。高温での加熱は蜂蜜の効能を減少させてしまいます。多くの人が生の有機または生の有機蜂蜜を好むのは不思議ではありません。原材料は加工(加熱なし)が少ないことを意味しますが、有機蜂蜜は、厳しい有機生産方法と加工基準で調製・加工され、高温での加熱は不可能です。なので、有機蜂蜜は確かに健康に良いです。未加工なので、すべてのミネラルと抗酸化物質を保持しています。安くて低品質のはちみつよりも、品質の良いはちみつを摂取した方が、健康や美肌には高い効能が期待できそうです。
T6lt0kdgi6wkevm5sbmv
引用: http://www.newhealthadvisor.com/beauty-tips-for-fairness.html
はちみつの栄養素とその効果と注意点についてお送りしてきましたが、いかがでしたか。 栄養素の効果や効能は、個人差がありますが、1日の目安となる適正摂取量を守り、継続していくことが美肌への 近道です。「美は1日にしてならず」の言葉がとても当てはまる、はちみつの効能です。ぜひ、トライしてみて下さい。