T0a8hasminfllykbtfmv

心理

CATEGORY | 心理

告白の保留期間が長い?諦める?返事や連絡によって理由がわかる?

2018.06.10

好きな人に告白をしたけれど、すぐにお返事をもらえず、長い期間保留にされてしまったという方必見です。告白の保留はどれくらい待ったらよいのでしょうか。これから、告白の返事や連絡の期間が遅くても、諦めることなしで待った方が良いことについて徹底解析します!

  1. 告白してお返事が長い期間保留の時は諦める方が良い?
  2. 告白のお返事を長い期間保留にするお相手の心理を知ろう
  3. 告白のお返事を保留にしてしまう良くある理由①期間が短い
  4. 告白のお返事を保留にしてしまう良くある理由②わざと期間をおいて遠回しのお断り
  5. 告白のお返事を保留にしてしまう良くある理由➂他に気になる人がいて悩んでいる
  6. 告白のお返事を保留にしてしまう良くある理由④いまいちと感じている
  7. 告白が長い期間保留されても諦める必要がない理由
  8. 告白の保留期間が一ヵ月も過ぎたら諦める
  9. 告白した時の状況によっては期間を決めずに諦める
  10. 告白保留期間にこだわらず待つことが大切
好きな人に、勇気を振り絞って告白してみたのはいいけれど、返事や連絡を保留にされてしまった、しかも、もうすぐ長い1週間が経とうとしているというとき、もう諦めるほうがいいのかな?と不安になりますよね。告白したら、出来ればその場ですぐにお返事が欲しいですが、お返事まで長い時間がかかることも多いので、もう駄目だと悲観的になって、焦ることをしないで、諦めずに、お相手から、お返事や連絡を待つ方が良いでしょう。良いお返事や連絡をいただけることも多いので、諦めることなく、気持ちを自分で折ることなく、待ちましょう。
早く返事が知りたい、連絡をして、返事を聞いてみたいと思うことは当然の事です。でも、そんなことをすると、お相手は、返事を急かされていると、慌ててしまうかもしれません。人の気持ちは、簡単に整理整頓できるものではないので、焦りは禁物です。待つべき期間は長ければ長いほど不安感は掻き立てられますが、そんな時はお相手の気持ちも配慮する優しさが必要です。諦める以前にお返事を保留して待たせているお相手は、どんな気持ちなのか、察するようにしましょう。これから保留にしてしまう良くある理由をご紹介します。
好きなお相手とは、いつ頃に出会いましたか?デートは、何回されたのでしょうか。知り合ってから、これまでのお付き合いの期間が短ければ短いほど、慎重なお相手であれば、相手の事が良く分からないので、お返事を保留にしやすい傾向があります。もう少し、相手をよく見極めたいと思っているのかもしれません。お相手は、今までのことを振り返り、気持ちの整理を付けているところかもしれませんから、お返事を早くしてほしいからと急かしてしまうようなことをすると、逆に嫌がられることになりますので注意をしましょう。脈はありますので、少し待つ方が良いでしょう。
わざと長い期間をおいて連絡保留にするタイプの方は、お相手は、良い人だと思うけれど、お付き合いは考えられない、でも、すぐにお返事をすると、相手を傷つけてしまうことになると困るから、告白を受けたことを自然に消滅させたいと願っている傾向があります。このようなタイプの方は、お返事を長期保留します。できれば、今のままの関係を望んでいるので、普段の対応はいつも通りで、嫌いという素振りは見せませんから、一番分かりにくいタイプの保留方法かもしれません。このようなケースの時は、お断りかどうか、見極める方法として、一ヵ月以上お返事がこない場合、脈がないと諦めたほうが良いでしょう。
もともと他に気になる人がいる方の場合は、告白をすぐに答えることが出来ずに保留にしがちです。あなたにも魅力を感じていて、「いいな」と思っているので、気になる人と天秤にかけている可能性があります。もしも、普段でも会うことがあるなら、極めて普通に、明るく、優しく振舞うと、お返事保留中でも、お相手に、好印象を与えるのでポイントが高くなるでしょう。普段合うことが難しい場合は、メール等の連絡をして、返事を急かさないように気を付けましょう。お相手の気持ちが整理整頓して、どうしたいかはっきりするまで、2週間くらいはお返事を待つ気持ちで過ごすと良いでしょう。
良い人だと思うけれど、いまいちかなと感じてしまって、お返事を保留にしてしまう方もいます。そのような方は、大体、いい感じなのだけれど、決め手になるポイントが微妙で、お返事を即答できなかったというタイプです。そんな時は、お相手にマイナスイメージを与えないように、お返事は急かさないことが一番でしょう。なるべく、お相手に好印象を抱いてもらえるように、振舞うことが大切です。物足りない、いまいちと感じている部分を補うように、今こそ上手に振舞いましょう。お返事は、お相手から来るまで待つようにしましょう。2週間くらい間をあけて、よく準備したデートなどを計画して誘ってみるのも良いでしょう。
告白を保留する理由について、ご紹介してきましたが、それぞれのタイプ別に、理由があります。お断りの意味を込めて保留にされたなら、諦めも必要ですが、そのような場合でない場合は、保留にされたからといって、即断られたとあきらめる必要はありません。お相手の気持ちを察して、お相手の気持ちがはっきりするまで、待つ態度を持つようにしましょう。お返事を保留にしているときは、お相手も、あなたの言動に敏感になっている時ですから、告白の返事を教えてもらいたい気持ちを我慢して、好感度を高めることが出来るような振舞いをしましょう。良い印象を抱いてもらえれば、告白も成功する可能性が高まりますからおすすめです。
告白の返事を保留にする期間が一か月も過ぎたら、とっても好きな人であっても、潔く諦めたほうが良いでしょう。どんな理由があっても、一か月もの期間の間、お相手からの真剣な思いを保留にして、お返事をしないというのは、誠実さに欠け、失礼な態度だからです。もしもお付き合いが出来たとしても、コミュニケーションに問題が生じて、将来あなたが悲しい思いをするかもしれません。お返事の速さが、お相手の誠実さのあらわれですから、一ヵ月も過ぎたら、執着することをやめて、他に良い人を探した方が良いでしょう。
告白して、お相手の方からお返事を保留にされたときに、その時の状況を思い出してみましょう。雰囲気が悪かったり、態度が悪かったりなど、ネガティブな印象を抱いたのでしたら、お相手の事が好きでも、深追いせずに、諦めたほうが良いかもしれません。言葉では、「考えさせてほしい」と言われても、その場でお断りされている可能性が高いからです。そういう場合は、普段お会いしても、態度がそっけなく、連絡もぱったりと来なくなるでしょう。まるで、関わりたくないという態度をされたのなら、期間を待たずに、今回はご縁がなかったと思って諦めましょう。次に訪れる素敵な出会いに期待をして待ちましょう。
告白を保留にされたら、どれくらいの期間を待った方が良いのか、タイプ別にご紹介してきました。大体、2週間程度待つと、お相手に負担をかけず返事を聞くことが出来るといわれています。これはあくまでも目安なので、人によっては、一ヵ月もかかることもあるかもしれません。告白をしたお相手の性格や、考え方もありますので、気持ちを焦らさずに、思いを告白したらゆったりと待ちましょう。待っているときは、気持ちもそわそわして、落ち着きませんが、毎日を楽しく過ごすようにしましょう。お返事は、電話や、メールなどで来ることもありますし、直接お会いして聞くこともあります。悪いお返事でも、良いお返事でも、お返事をするお相手は、気を使うものです。お返事をしてもらったら、笑顔でやさしく「ありがとう」と答えるようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/12/124ed7bfcaf180bc803a8c53b73364d3_t.jpeg