D7gykequfd16nscmuywf

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

そばかすの原因とは?セルフケアとクリニックでの治療で理想の肌に

2018.10.17

そばかすの原因も様々あります。気が付いたら増えてる!!ということもあるのではないでしょうか。 どうしてそばかすができるのか、原因についてとセルフケア、クリニックでの治療などをご紹介していきます!そして理想的な綺麗な肌を目指しましょう!

  1. どうしてそばかすができるの?原因とは
  2. 大人になってからのそばかすの原因とは?(紫外線)
  3. 大人になってからのそばかすの原因とは?(生活習慣)
  4. そばかすとシミの違いって?
  5. そばかすをこれ以上増やさないよう予防を!(日焼け止め)
  6. そばかすをこれ以上増やさないよう予防を!(基礎化粧)
  7. そばかすは治療できる?
  8. レーザー治療と光治療(ライムライト)とは?
  9. スタックトーニングとピーリングとは?
  10. その他のそばかす治療法は?
  11. そばかすの原因と予防まとめ
そばかすは子どもの頃にできるものと、大人になってからできるものがあります。 子どもの頃にできるものは、そばかすができやすい肌の体質が遺伝してできるものがほとんどと言われています。思春期になるとでき始めて、その後自然に消える場合もあります。 ですが、思春期を過ぎても消えないそばかすは大人になってからできるそばかすと同じ原因と言われています。 大きな原因は紫外線や生活習慣にあります。 子どもの頃から日焼け止めを塗ったり、ケアを欠かさない方もいますが、それでも間違ったケアを行うと効果がありません。 それはそばかすだけでなく、シミも同じことが言えます。
Zeajqxvumya31bstekdx
先ほどもお伝えしましたが、思春期を過ぎても消えないそばかすと大人になってからのそばかすの原因は、紫外線と生活習慣にあります。 紫外線は室内にいても浴びるくらい避けられないものです。よくあるのが、夏だけ日焼け止めを塗って対策をされる方がいますが、紫外線は一年中あり、四季とは関係ありません。むしろ油断している冬こそ日焼けしている場合があります。 また、こまめに日焼け止めを塗っていても、室内だから、日陰だからと油断してはいけません。室内でも窓の側にいれば紫外線は浴びていますし、日陰も空中で反射した紫外線を浴びていることになります。 また、最近では目も対策をしないとそばかすやシミの原因になると言われています。 目に紫外線が入ると角膜に炎症が起こり、脳は目が紫外線ダメージを受けたことを察知して体内にメラニンを発生させることが結果、そばかすやシミの原因となるのです。 できるだけ日中はサングラスをかけたり、UVカットのレンズのメガネを使用することで少しでも対策をすることが重要になります。
Emcvjpfdkfwhpphftwym
次に生活習慣についてお伝えします。日々紫外線対策もしっかりとする必要がありますが、普段の生活も重要になってきます。 食生活ではビタミンCやビタミンEを積極的に摂取することです。もちろんバランスよく食べることが大事ですが、ビタミンCであればブロッコリーや赤・黄ピーマン、トマトなど野菜に多く含まれています。イチゴやキウイフルーツなどの果物もありますので、毎日の食事に取り入れてみるのがおすすめです。ただ、ビタミンCは水に溶けやすいビタミンですので、長時間水につけたり、煮込むとせっかくの成分が溶け出してしまうので野菜であれば炒め物にしたり、煮汁を使ったスープにしてみてください。 ビタミンEはひまわり油やべにばな油などの油脂類と、アーモンド、ヘーゼルナッツの種実類、あゆ、うなぎなどの魚類があります。 こうして見るとビタミンCもビタミンEも食材によっては何品か作れる内容となっていますので、効率良く摂ることができます。もちろんビタミンばかり気にしていては栄養が偏ってしまうので、私は色どりを見て摂っています。5色を摂ると良いとされているので、白・黒・赤・黄・緑と意識して食事を摂っています。 毎日欠かせない食事だからこそ効率良く摂って、そばかす予防を行いましょう。
T359uabjr92rqpwfaohj
紫外線について前にお伝えしましたが、目に紫外線が入ると角膜に炎症が起こり、脳は目が紫外線ダメージを受けたことを察知して体内にメラニンを発生させることが結果、そばかすやシミの原因となります。 ですが、そばかすとシミは全く別物です。 そばかすは遺伝が多いともお伝えしましたが、シミは日常生活によってできるものです。一番の原因は紫外線であり、また女性ホルモンの働きで男性よりシミができやすい傾向にあります。 子どもの頃にできたそばかすが大人になれば消えていれば問題はありませんが、大人になってもある場合はシミといっても良いのかもしれません。 そばかすの対策とネットで検索したり、化粧品を見てもだいたいが「シミそばかす対策」とでていることが多いので、予防法は同じになります。
そばかすやシミができてしまった場合、これ以上増やさないために予防することが大事です。 まずは何度もお伝えしていますが、日焼け止めをこまめに塗ることです。日焼け止めも様々な種類がありますが、SPF・PAの横に数字と、+(プラス)と表記されているものがあります。 「とりあえず数字が多いのを選べば効果的!」とお思いではありませんか?数字が強ければ確かに強力に紫外線を防ぐ効果があります。ですが、数字が強ければ強いほど肌にかかる負担が大きくなります。 炎天下の中、長時間外にいる方でしたらおすすめしますが、そこまで長く外に出ることがない場合はSPF10~20くらいのもので、PA++くらいがおすすめです。 屋外のレジャーや外に出て仕事が多い場合でしたらSPF20~35くらい、PA+++がおすすめです。 こまめに塗ることも考えて、なるべく肌に負担にならないものを選ぶことも重要です。
美白成分の入った化粧品を使うことをおすすめします。 美白化粧水はそばかすやシミの原因になるメラニンの生成を抑えることと、予防する効果があります。 また、美容液も美白を意識して選んでいただけると効果が見込まれます。 特におすすめしたい化粧品が、資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」です。 発売以来、最新シミ研究の成果を取り入れ進化し続けている美白美容液で、乳液がいらないのでは?と思うような保湿力の高さと一年中使えるのでリピーターが多い美容液です。また、化粧水、乳液、美容液と化粧品を同じ「HAKU」シリーズで揃えている方もいます。 基礎化粧をしっかり行い、肌を労わることで予防することも大事だと思います。 まずはご自身の化粧品を見て、美白効果があるか確認してみてください。
普段の生活に気を使っていても、消えることは無いそばかすやシミ、少しでも改善したい!と言う方はプロにお任せするのも良いのではないでしょうか? そばかす治療についてですが、レーザー治療や光治療(ライムライト)、ピーリング、スタックトーニングがあります。また、イオン導入、注射や点滴、内服薬などの治療方法もあります。 美白剤は色が薄くはなりますが、完全に消えることがなく治療の限界があるようです。 はじめから自分で治療法を決めず、医師に相談して自分にあった治療法を試してみてください。一例として治療内容をまとめました。
レーザー治療は、皮膚の深い部分に沈着しているメラニンに対して働きかけることで、メラニン色素を吸収し、肌のターンオーバーを整え、シミを改善していきます。ナノ秒のみ照射を行うため、余分な熱が発生せず、目的としているメラニン部分のみにエネルギーを伝え、治療を行うことが可能なため、そばかすなどの小さなシミ治療にも適しています。 また、最大の魅力は1回でそばかすが消えるということもある、効果の高い治療方法です。 光治療(ライムライト)は、顔全体に光を照射することによって、肌のターンオーバーを高め、メラニンの過剰増殖により色素沈着してしまった肌細胞を除去し、肌のハリやキメを整えていきます。 レーザー治療とは異なり、顔全体に照射するため、シミやそばかす、くすみだけでなく、キメや赤みなどの治療効果を発揮する特徴があります。 このライムライトは日本人医師が日本人向けのフォトフェイシャルマシンとして開発され、日本人の肌質、肌色を考えたマシンですので、安心して治療ができます。
Mdw1sbjbjferevnyje3g
スタックトーニング(レーザートーニング)とは肝斑を治療する、最新レーザー治療法です。 スタックトーニングが登場するまでの肝斑治療というのは、内服治療をただ続けるというもので、結果も芳しくなく、治療効果が現れるまでに2年を要すると言われていました。しかしスタックトーニングの登場により、肝斑治療は飛躍的に進化し、短期間で治療が可能となりました。 治療回数を重ねることによって効果がアップし、メラニンの過剰生成を抑えるため、悪化を防ぎながら改善していきます。 ピーリングは、メラニン色素の増殖に代謝が追い付かず、肌に沈着してしまった古い肌細胞を除去し、シミを改善していく治療法です。レーザーなどの治療とは違い痛みがないのが特徴です。 ターンオーバーの乱れによって残った角質をはがし、肌のターンオーバーを正常化する治療で、一度ピーリングを行ってから次の角質が肌の表面にでるまで待つ必要があります。
イオン導入とは、高濃度のビタミンCやビタミンAを、イオンや超音波で皮膚に導入します。ビタミンCやビタミンAの美白効果が直接そばかすに作用し、薄くさせるのです。この施術だけでなく、フォトフェイシャルとともに行う場合が多いようです。 美白注射は、シミ対策で必要となる成分を注射によって体内に補給することによって、シミの原因であるメラニンの過剰産生を防ぎ、肝斑や炎症後色素沈着、日焼けによる肌ダメージを解消していきます。注射によって直接血液内に薬剤を注入していくため、内用薬などと比較しても無駄なく効果を発揮することができます。 更に注射だけでなく、高濃度のビタミンCを血中へ点滴注入していく治療があります。これにより、血中のビタミンC濃度が経口摂取(食事での摂取)では到達し得ないレベルまで高くなり、強力な抗酸化作用を発揮することができます。 また、外用薬や内用薬を処方していただくこともできます。 外用薬はハイドロキシンやトレチノインといった塗り薬、内用薬はトラネキサム酸とビタミンCなどを処方されます。
Z4n1ucofyonkwwemxtxw
そばかすの原因から予防、治療法までお伝えしましたが、メイクや普段使用している基礎化粧品でもそばかすを隠すことができます。ですがどうしても隠しきれない場合や、化粧品が合わない方もいるかと思いますので、美容皮膚科で一度相談してみるのが良いのではないでしょうか。 そして相談した上で治療を行ったり、化粧品で肌を整えたり、食生活を変えてみると少しずつ変化していくのではないかと思います。 そばかすやシミを気にせず、綺麗な肌になりますように。
Zdejybib2cetpusba4cq