Ucounfub5tupwuqk88l5

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

化粧品の期限までに使いきれない!肌荒れの原因や未開封のものも徹底解説します!

2018.05.07

ついつい集めてしまう化粧品。でもちょっと待ってください。その化粧品、いつ買ったものか覚えていますか?未開封のまま使い切れないと言う状況に陥っていませんか?食品と同じように、口紅などの化粧品にも使用期限があるんです。期限を守らないと肌荒れにつながってしまうこともあります。そうならないよう、化粧品の使用期限を解説していきます。

  1. 化粧品の期限とは?―開封してない場合
  2. 化粧品の期限とは?―開封済みの場合
  3. 化粧品の期限―スキンケア品
  4. 化粧品の期限―ベースメイク
  5. 化粧品の期限―アイメイク
  6. 化粧品の期限―チーク
  7. 化粧品の期限―口紅
  8. 化粧品の期限―日焼け止め
  9. 化粧品を使いきれない!
  10. 化粧品を長持ちさせるには
Idfz9fvqyktvpmvublr2
開封してない化粧品は、製造日から数えて約3年が使用期限となります。しかし、化粧品には製造日が書かれていない場合が多いですよね。実は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」という法律で、開封してない状態で3年以上品質が保証できる商品は使用期限や製造日を記載する必要がないとされています。つまり、期限の記載がない化粧品は、開封してない場合は製造日から3年は使用できるということになります。化粧品に製造番号が記載されている場合は、メーカーに問い合わせることで製造日を教えてもらえるかもしれません。そして、開封してない化粧品は、日光や多湿を避けて涼しい場所で保管しましょう。保管環境が悪いと、未開封でも酸化や雑菌の繁殖が進んでしまうこともあるので注意が必要です。また、試供品は1年で使いきるようにしましょう。試供品は一度開封したら量が多くて使いきれないとなっても保存はしないようにしてくださいね。
Fyhzwmakc5n0peqq48ap
化粧品も食品と同じで、一度開封してしまうと早めに使いきることが望ましいです。一般的には半年ほどで使いきる、または処分することを推奨されている商品が多いです。使いきれないからといって期限を守らずに使うのは避けましょう。また、無添加化粧品や手作りの化粧品は期限が特に短いとされています。開封した化粧品は空気に触れることで酸化したり、手やパフなどから雑菌が入ってしまったりします。肌荒れを起こさないためにも、期限を守って使用することが重要です。また、開封済みの化粧品も未開封の化粧品と同じように、日光や多湿を避けて保管しましょう。ただし、冷蔵庫は開閉によって温度の変化があり、そのせいで化粧品の劣化を早めてしまうので、冷蔵庫での保管は避けるべきです。色やにおいに変化があった場合や分離している場合は使わないようにしましょう。肌荒れを起こしてしまうと大変です。キレイでいるためにも、期限はきちんと守りましょう。
Fdntjzro1soy13yy7n3c
洗顔、クレンジング、化粧水、美容液、乳液、クリーム…スキンケア品にはざまざまなものがありますよね。スキンケア品は開封後6か月以内に使いきることが望ましいです。こちらも使いきれないからといって期限を守らずに使うのは避けましょう。スキンケア品はすっぴんの肌に使うので、酸化や雑菌が繁殖したものを使ってしまうと…肌荒れにつながることは明らかですよね。毎日使うものなのでそんなに心配はいらないかもしれませんが、複数の商品を並行して使っている方は注意が必要です。開封日をメモしておくなどして期限に気を付けましょう。奮発して購入した美容液もきちんと適量を使うようにしましょう。使いきれない場合は思い切って処分する判断も大事です。
Z0rv1phz7q4hkh5uql8t
化粧下地、リキッドファンデーション、クリームファンデーションなど、水分が入っているものは開封後6か月以内に使いきることが望ましいです。水分があるので雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。パウダーファンデーションはもう少し長く1年ほど、フェイスパウダーは2年以内に使いきりましょう。液状のものより粉状のものの方が期限は長いです。ベースメイクも顔全体に使うものなので、肌荒れしてしまうと大変です。季節の変わり目ごとや半年ごとなどに新しいものに買い替えていくのもいいかもしれません。
Ijjxa83luhdvhgo03197
Wymklxqrzw3xfw6cfvkn
アイメイク品は目のギリギリの場所に使うので、粘膜に触れてしまったり涙がついてしまったりして期限が短いものが多いです。マスカラは3か月、リキッドアイライナーは3か月、ペンシルアイライナーは1年となっています。アイシャドウはパウダータイプは1年、クリームタイプのものは6か月です。目の周りは皮膚が薄くデリケートですし、肌荒れだけではなく目の病気になってしまう可能性もあり危険です。期限内であっても違和感を感じたらすぐに使用をやめましょう。マスカラは容器の口に液がついてキャップが半開きにならないよう、きちんとキャップを閉めるようにしましょう。アイシャドウはチップやブラシをこまめに洗い、できるだけ清潔な状態で使うようにしましょう。
Hydrgdidzxteelb9nptc
クリームチークは6か月、パウダーチークは1年ほどとなっています。パウダーチークの場合は、ファンデーションの上から使うということで2年ほどは大丈夫だとも言われています。しかし、クリームチークは水分量が多いので雑菌が繁殖しやすいと考えられます。早めに使いきることを推奨します。
Xd50p2tgjcl9pk1guidb
口紅はたくさん持っている方も多いですよね。しかし、口紅の使用期限は3~6か月。口紅だけでなく、グロスやリップクリームもこれに当てはまります。口紅などは唇に直接つけることが多いので、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。口紅はリップブラシを使ってつけることで、清潔に使用することができます。仕上がりもキレイなのでリップブラシはおすすめです。唇の皮膚は薄く荒れやすいので、唇の肌荒れを防ぐためにも、口紅、グロス、リップクリームの期限は守るようにしたいですね。
Fnscevbyksh27nueqc4s
これからの季節は特に手放せない日焼け止め。日焼け止めはワンシーズンで使い切ることを想定されており、通年使用する場合は期限は6か月ほどです。使用頻度が高いので使いきることができると思いますが、季節の変わり目に買ってほぼ使わなかった前シーズンの日焼け止めを使う、というのは避けるようにしましょう。紫外線は一年中降りそそいでいるので、冬でも日焼け止めを使うことをおすすめします。そうすると使いきれそうですね。
新商品、限定品、と、ついつい集めてしまう化粧品。期限までに使い切れないことも多々あると思います。期限内に使いきれないものは肌荒れを防ぐために潔く捨てるべきなのですが、やっぱり「もったいない…」という気持ちが大きいですよね。化粧水は入浴剤にしたり、水で薄めてヘアウォーターにしてみたり、乳液はクレンジングに使ってみたり、それからボディーケアとしても使えそうですね。アイシャドウはネイルに混ぜると新しい色になりますし、ブラウン系のものならシェーディングとしても使えそうです。口紅はサビや油性ペンの汚れ落としにも使えるそうです。それに、いっそのことクレヨンとして使ってみるのも面白いかもしれません。期限がきれた化粧品も、メイクアイテムとしてではなく、その他の用途で使ってみると、「もったいない」という気持ちも薄れるかもしれませんね。
Cvb0pqdm95vm7ur8nrxc
Ydkke8n8kgcp53xwijjw
化粧品を長持ちさせるには、雑菌が繁殖しづらくすることが大切です。パフやスポンジやブラシやチップを活用して、手で化粧品に触れる回数を減らすことが効果的です。もちろん、パフなどはこまめに洗う、または使い捨てのものを使うなどして清潔な状態を保ってくださいね。他にも、蓋をしっかり閉める、多く出しすぎても戻さない、クリームやジェルはヘラやスパチュラを使う、購入日や開封日をメモする、など、ちょっとした工夫で化粧品を長持ちさせられます。また、手から化粧品に雑菌が移ってしまうことがないよう、手を清潔な状態にしてスキンケアやメイクをすることも大切です。ただし、使いきれないけれど期限がきてしまったものは潔く処分する勇気も必要です。化粧品は私達をキレイにしてくれるものです。きちんと期限を守って、キレイになるために化粧品を使いましょう!
Baq2zgrzkztlkabjo2nn