Ar0r22lx96z0g3cc53x7

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

化粧パフの正しい洗い方は?ふわふわになる乾かし方までご紹介!

2018.05.14

毎日使っている化粧パフを洗っていますか?最近化粧のりが悪いと思っている方や、肌荒れが気になる方は化粧パフが原因かも!化粧パフを正しい洗い方で綺麗にし化粧のりをよくして、肌トラブルを無くしましょう!パフの正しい洗い方とふわふわにする乾かし方も紹介します。

  1. 化粧パフの洗い方~汚れたパフの影響
  2. 化粧パフの洗い方~頻度
  3. 化粧パフの洗い方~洗剤は何を使う?
  4. 化粧パフ~食器用洗剤での洗い方
  5. 化粧パフ~クレンジングでの洗い方
  6. 化粧パフ~固形石鹸での洗い方
  7. 化粧パフ~専用クリーナーでの洗い方
  8. 化粧パフの洗い方をマスターしたら乾かし方を
  9. 化粧パフの乾かし方~よりふわふわにする方法
  10. まとめ
A7wh678s5jhzfjpkq7l7
大抵の人が仕事やお出かけなどで、毎日メイクしますよね。毎日のメイクに使う化粧パフ。洗っていますか?たまにしかメイクしないからと、一度使ったパフをそのまま放置していませんか?一度使ったパフには、ファンデーションや顔の皮脂、ホコリなどが付いています。そこにダニや雑菌が繁殖するのです。洗っていない化粧パフはトイレより汚いと言われているほど...トイレより汚いものを、顔に使っていると思うとゾッとしませんか?汚れたパフを使っているのは、顔に雑菌を塗りつけているのと一緒なのです。綺麗になるためにしているメイクが、肌トラブルの元に。そして肌トラブル以外にも、化粧のりが悪くなる原因にもなります。ファンデーションや皮脂、ホコリを吸い込んだパフにはパウダーが均等に馴染まないので、綺麗に肌にのせることができなくなってしまいます。最近メイクのりが悪い、肌トラブルが気になると思っている方!化粧パフをいつ洗いましたか?汚れていませんか?朝の忙しい時間に洗面所でメイクする方もいるでしょう。洗面所でメイクする方はメイク道具を洗面所に置いていることが多いですよね。水回りなどの湿気の多い場所に保管しているのも、雑菌が繁殖しやすい環境となります。汚いパフを放置したままも問題ですが、メイク道具の保管場所にも気をつけるようにしましょう。
Lp3qssklsx5h0ywkczth
Qbrbo4aoatfz76rvjy5p
化粧パフは一度使っただけでも、ファンデーションや皮脂、ホコリを吸い込んでいます。1番いいのは、使用の度に洗うこと!でも毎日メイクの後に洗う時間なんてない。と思う方も多いでしょう!もちろん毎日洗うのが1番清潔ですが、そうもいかない場合は最低でも1週間に1回は洗うようにしましょう。これは毎日メイクしない人も一緒です。上記でお話ししたように、一度使用したパフをそのまま放置していると雑菌が繁殖します。最低でも1週間に1回。もちろんできることなら、毎日洗うのをおすすめします!洗い替え用に2.3個化粧パフを持っているといいでしょう。何個かを使い回すようにすることで、パフの持ちをよくすることもできます。
C68xw0h3rtnl66pso2ae
Df4src9vsbd01stli6yd
化粧パフを洗う時に使用する洗剤は、ファンデーションの油分を落とすことのできる洗剤を使うようにしましょう。手軽でおすすめなのは食器用洗剤。料理で使用した油を落とすことができる用になっているので、ファンデーションの油分もしっかりと落とすとができます。その他にクレンジング。クレンジングはもともとメイクを落とすものなので、汚れたパフもしっかりと綺麗にすることができます。固形石鹸、化粧パフ専用クリーナーもおすすめ。お家にある洗剤でも、汚れたパフを綺麗にすることができます。
Sayqq2mixequnhpaut4y
Yaxwczjc3es7za1a7x9c
食器用洗剤がお家にないという方はいないでしょう。料理の油をすっきり落とすことが可能なので、化粧品の油分もすっきり落とせます。まずはパフに食器用洗剤を馴染ませて下さい。パフに洗剤を馴染ませたら、ぬるま湯を含ませ優しく揉み込むように洗います。強くゴシゴシするとパフを傷める原因になるので、優しく扱いましょう。パフから汚れが浮いてきたら、流水で色がなくなるまで綺麗にすすいで下さい。綺麗にすすいだら、水気をしっかりと絞って下さい。この時もギュッと強く絞ったり握ったりせず、優しく扱いましょう。食器用洗剤には香り付きがあったりしますよね。パフを洗い終わったあとに、香りが気になる方や敏感肌の方は念のため、無臭で肌に優しいものを使用することをおすすめします。
Uwmeyvlxzewmooofgoxj
U3ixnlqccqcmizty7ejb
クレンジングはクリームやジェル、オイルがありますがどれでも大丈夫です。食器用洗剤と同様に、まずパフにクレンジングを馴染ませて下さい。ぬるま湯を含ませ優しく揉み込み、パフの汚れを浮かせます。汚れが浮いてきたら、流水で綺麗に流しましょう。水をきる時も優しく扱って下さい。どの洗剤を使っても一緒ですが、洗剤が綺麗にすすぎきれてないと、それも肌トラブルの元になってしまいます。すすぎは入念にするようにしましょう!
Vsmagzpggzsu1gcp67hs
Ceibbepcmqyfw5twomtz
昔ながらの固形石鹸。固形石鹸を使ってパフを洗う場合は、まずパフを少し濡らしましょう。濡らしたパフに石鹸を擦り付け、もみ洗いをします。汚れが浮き泡が馴染んだら、流水で綺麗にすすいでください。あとは水をきるだけ。
O4majg1zvtw1aahsnfoc
Lssn0v4hpjekbkmowgx6
コスメメーカーなどから、パフ専用クリーナーというものが販売されています。今は100円均一でも購入することができ、口コミもよくパフクリーナーは人気!食器用洗剤やクレンジング、固形石鹸でももちろん綺麗に汚れを落とせますが、パフ専用なので簡単に綺麗になると話題!パフを大切に使いたい方は、専用クリーナーを使用するのもいいでしょう。専用クリーナーの種類にもよりますが、専用クリーナーでの洗い方は、パフに専用クリーナーを付け馴染ませます。水を含ませることなくそのまま揉み込み、あとは流水で洗い流すだけ。簡単にファンデーションの汚れが落ち、新品のような真っ白で綺麗なパフになります。
Ainbmwvbimgdnoemzwxg
Pjfd5jy19hzo2e70mqgi
綺麗に洗ったパフは、しっかり水気をきったら陰干しをして下さい。風通しのいい室内で乾かすようにしましょう。今回紹介したパフを洗うことのできる洗剤は、どれで洗ってもふわふわパフに戻すことができます。季節関係なく乾かし方は陰干しにして下さい。パフはしっかりと乾かすようにして下さい。半乾きの状態で使用すると、かえって雑菌を繁殖させることになってしまいます。完全に乾いてから再度使用することが大事!洗い方を雑にしたりせず、パフを優しく扱うことで自然乾燥でもふわふわに戻せます。
Kznjn6bwheeyjtrvrcaz
Vulb0qoalvtytx7pifzx
上記で説明をしたパフの洗い方と、乾かし方でもふわふわなパフにすることができますが、購入仕立ての時のようなふわふわ感がいいと思う場合や、ふわふわ感がが足りないと思う場合は、乾かし方に少し手をかけてみましょう。一つはドライヤーを使って乾かす!パフの中までドライヤーを使って乾かすのは、時間も手間もかかり過ぎてしまう為、表面の肌に触れる部分だけドライヤーを使って乾かして下さい。ドライヤーの風は弱めで近づけすぎないようにしましょう。表面が乾いたらあとは通常通り、陰干しをして中までしっかりと乾かすようにしましょう。
Ko1ozublfiyobq1ficsv
ドライヤー以外のもう一つの方法は、乾燥機を使うことです。お家で使用している洗濯機に乾燥機能が付いている方は、洗って水を切ったパフを小さなネットに入れ、乾燥機を使って乾かして下さい。乾燥機を使うと中まで綺麗に乾かすことができ、洗濯機のスイッチを押すだけなのでドライヤーほど手間はかかりません。ドライヤーや乾燥機を使っても、パフのふわふわ感が戻らない場合は買い替えどきです。パフを何回も洗っていると、どれだけ洗い方や扱いに気をつけていても、パフは傷んでしまいます。傷んだパフを使い続けるのは、化粧のりを悪くする原因になるのでそういう場合は買い替えて下さい。
Dlnhcu8x1s6mtjjo7ywk
今回お話したように、化粧パフはお家にあるもので手軽に洗うことができます。ダニや雑菌は目に見えるものではありませんが、顔にしか使っていないからといってもものすごく汚れています。綺麗でふわふわのパフは肌触りも違いますし、化粧のりも良くなりメイクのときの気分も変わることでしょう。体の皮膚のどこよりも繊細な顔に使うものなので、最低でも週に1回は洗うようにし清潔に保つことをおすすめします。
B3dnghjeaofephh6dzlv