Paa0wsjus9syrln13cux

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

化粧方法がわからない?初心者でも出来るやり方&おすすめのメイク道具をご紹介!

2018.05.08

初心者の方はお化粧やメイクのやり方を教わる機会がなかなかありません。たくさんの道具があって、何から揃えればいいのかやり方に迷っている初心者の人もいるのでは?今回は、そんな化粧の方法がわからない人におすすめの、初心者でもできるメイクの方法と、メイク道具をご紹介!

  1. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具①日焼け止め
  2. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具②化粧下地
  3. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具③ファンデーション
  4. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具④アイブロウ
  5. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具⑤アイシャドウ
  6. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具⑥アイライナー
  7. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具⑦マスカラ
  8. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具⑧チーク
  9. 初心者でも出来る化粧の方法&おすすめのメイク道具⑨口紅
  10. まとめ
Yhi23hzu7smsroetv9xr
シミやシワ、たるみの原因となってしまう紫外線。まず、UV対策がマスト!紫外線は、6月から8月がピークとされていますが、一年を通してUV対策は必要です。日焼け止めには、「SPF値」と「PA値」がありますが、生活スタイルに合わせて選ぶといいですよ!
Jntt0cv7zghmq5mxnrlj
日焼け止めの塗り方は、量がポイント!顔全体で500円玉くらいの量が適量です。おでこ、頬、鼻、あごに日焼け止めを乗せて、内側から外側に向かって伸ばしていきましょう。ムラにならず、綺麗に塗れますよ!
Ll8zg414tx7flqvtpjjj
次にご紹介するメイク道具は、化粧下地です。化粧下地の中には、UV機能がついているものもありますので、パッケージをチェックしてみてくださいね!化粧下地の役割は、肌の表面の毛穴やキメをカバーして、ファンデーションを密着させたり、肌色を明るく補正したりといろいろあります。
Hqhxgkhtimkwwyoxvmd3
化粧下地の塗り方は、適量を守るようにしましょう。基本的には、顔全体に対して、パール粒大。おでこ、頬、鼻、あごに乗せて、内側から外側へ向かってムラのないように伸ばしていきます。
Rnc0qy0tvkhrqwwehq3r
次にご紹介するメイク道具は、ファンデーションです。ファンデーションには、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ。他にもBBクリームやCCクリーム、クッションファンデーションなどがあります。初心者におすすめなのは、パウダーファンデーション。使いやすいですよ!
ファンデーションを選ぶ時のポイントは、肌色に馴染む色を選ぶこと!顔と首の色を考慮して選ぶといいですね。初心者でどの色が合っているのか分からない…という場合は、コスメカウンターの美容部員さんに相談するのも◎。
Dwqv3qvtvqqmv2qvrwk9
パウダーファンデーションの使い方は、スポンジの3分の1の部分を使います。パウダーを取ったら、顔の中心から外側に向かって、滑らせるように塗っていきましょう。パウダーファンデーションの塗り方を紹介した動画がありましたので、そちらも参考にしてみてくださいね!
日焼け止め、化粧下地、ファンデーション。以上が、ベースメイクの手順になります。続いては、ポイントメイクです!ポイントメイクでイメージや雰囲気が変わってきますよ!
R1ngjvuevakfn8tknxq6
次にご紹介するメイク道具は、アイブロウです。アイブロウは、眉のメイク道具。ふんわりとした柔らかい眉に仕上げたいのであれば、パウダータイプ。しっかりとした眉に仕上げたいのであればペンシルタイプがおすすめです。アイブロウの色は、髪色を参考にしてみましょう。もし、髪の色が明るめなのであれば、眉マスカラを使うのも◎。より自然に馴染みますよ!
アイブロウのやり方は、基本は、眉の足りない部分を補うイメージです。ポイントは、眉頭の上、眉頭の下、眉山、眉尻の左右の高さを揃えること。一度に描かずに、確認しながら少しずつ足していきます。眉をバランスよく左右対称に描く方法を紹介した動画がありますので、そちらを参考にしてみてくださいね!
Aitllueowffmtfznk5rk
次にご紹介するメイク道具は、アイシャドウです。アイシャドウはまぶたのメイク道具。カラーはたくさんありますが、初心者におすすめなのは、「ベージュ系」や「ブラウン系」。こちらの2色のカラーは、日本人の肌にも使いやすく、自然になじみますよ!単色使いもいいですが、グラデーションをつけるのも◎。
Cn0nemgcqfaxo0rucg5u
アイシャドウのやり方は、ハイライトカラーをアイホール全体に塗ります。アイホールは目頭と目尻を半円状に囲んだ場所のこと。眼球の部分です。まぶたを上に引っ張るようにして塗ると、塗りやすいですよ!次に、ミディアムカラーをまぶたの中心から左右に伸ばしていきます。そして、少し指で馴染ませましょう。次に、細いチップでダークカラーを目のキワに乗せます。これが基本的なアイシャドウのグラデーションのやり方です。初心者の人にも簡単にできるアイシャドウの使い方を紹介した動画がありますので、そちらも参考にしてみてくださいね!
Fzf9c9iuo4wbxm3xj9qn
続いてご紹介するメイク道具は、アイライナーです。アイラインを引くことで、目元をぱっちりとさせる効果があります。アイライナーには、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプの3種類があります。初心者の人におすすめなのは、ペンシルタイプのアイライナー。リキッドタイプのものよりも、修正しやすいので、まずはペンシルタイプで練習をしてみてくださいね!
アイライナーにもカラーがいろいろあります。目元を強調したいなら、ブラック系。ナチュラルな目元を演出したいなら、ブラウン系を選びましょう。
Pxvh7cv5vpi8r3ysi0kq
アイラインのやり方は、まぶたのキワの部分。まつ毛とまつ毛の間を埋めるイメージで描いていきます。目尻から中央に向かって、目頭から中央に向かってと少しずつ描いて繋げていきます。太くなりすぎないように注意してくださいね!
V49buscqcg96kjetwjlf
続いてはご紹介するメイク道具は、マスカラです。マスカラは、まつ毛をカールさせたり、ボリュームを出したり、長さを出したりする道具です。長さを出したい場合は、ロングタイプ、まつ毛にボリュームを出したい場合は、ボリュームタイプを選びましょう。マスカラをつける前に、ビューラーを使ってまつ毛を立ち上げます。
Uoko0pd6quv6xitoanjf
マスカラのやり方は、まずマスカラのブラシをティッシュオフします。そのひと手間で、ダマになるのを防いでくれますよ!そして、上まつ毛の中央からマスカラを塗っていきます。次に、目頭、目尻とマスカラを塗ります。下まつ毛にも塗っていきましょう。下まつ毛は、マスカラのブラシをタテにして使うと上手くいきますよ!初心者の人でも失敗しないマスカラの塗り方をご紹介した動画がありますので、そちらもチェックしてみてくださいね!
Esc206sidgfpoojnvxwt
続いてご紹介するメイク道具は、チークです。チークには、パウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプがあります。初心者におすすめなのは、パウダータイプです。ブラシを使って頬に馴染ませるチークで、自然に仕上がりますよ!
チークのやり方は、パウダーをブラシに取って余分なパウダーは落とします。頬骨の高い部分を中心に、円を描くイメージで塗っていきましょう。
Dtgbkiilwl5bhwobkrbt
最後にご紹介するメイク道具は、口紅です。唇のポイントメイクは、口紅やグロスなどがあります。口紅は、マットに仕上がるものやシアーなど…いろいろな仕上がりになります。グロスは、ツヤ感を出すアイテムです。
リップメイクのやり方は、リップクリームやリップベースで事前に保湿します。仕上がりがグッとよくなりますよ!そして、リップブラシを使うと、より綺麗に塗ることができます。口紅にもいろいろなカラーがあります。色選びのポイントをご紹介した記事がありましたので、参考にしてみてくださいね!
Vhgy0ey521dtpsncspfl
いかがでしたか?初心者でも出来る化粧のやり方とおすすめのメイク道具をご紹介しました。ご紹介した道具を揃えれば、基本的なメイクは完成しますよ!