Otryrfwu3twg95kogusm

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メイク】中学生でも簡単にできる!ナチュラルに仕上げる方法・道具をご紹介!

2018.05.09

中学生になり、メイクデビューしたい!けど何から始めたらいいのか分からない。と困っていませんか?今回は、中学生でもできる簡単なナチュラルメイクの方法とオススメのプチプラメイク道具を紹介します。まず最初は簡単なナチュラルメイクのやり方をマスターして道具にこだわったりしてメイクを楽しみましょう!

  1. 中学生はナチュラルメイクがオススメ!
  2. メイクの前に!自分の肌質をチェックしよう
  3. 中学生にオススメ!プチプラのスキンケア商品
  4. 中学生でもできるナチュラルメイク!スキンケア道具を紹介
  5. 中学生におすすめ!プチプラのベースメイク商品
  6. 中学生でも簡単にできるナチュラルメイク!ベースメイク
  7. 中学生にオススメ!プチプラのアイメイク道具
  8. 中学生でもできるナチュラルメイク!アイメイク
  9. 中学生にオススメ!プチプラのリップ
  10. 中学生にオススメ!プチプラのチーク
  11. 中学生でも簡単にできるナチュラルメイク!チーク
  12. 中学生でも簡単にできる!ナチュラルに仕上げる方法・道具をご紹介!のまとめ
素肌で勝負できる10代はベースメイクはほぼ必要ありません!初めてのメイクからがっつり濃いメイクをしようとすると不自然で浮いて見えてしまうでしょう。最初は色つきリップや眉毛を整えるなど、簡単なことから始めることがオススメです。そして、メイクで何より大切なのがスキンケアです。メイクの仕方と一緒に正しいスキンケア方法も勉強していきましょう!
肌質は大きく4つに分けることができます。肌の状態をチェックして自分の肌質をチェックしましょう。

普通肌

全体的にしっかりと潤いがあり、きめが細かくべたつきなども気にならない人は普通肌と言えるでしょう。肌トラブルが少ないのも特徴です。しかし体調や生活習慣の乱れによって、乾燥肌になったり、脂質肌になったりすることもあります。健康肌だからと油断していると危険です。状態の良い肌質をキープできるように心がけて行きましょう。

乾燥肌

乾燥肌とは、肌の水分が不足している状態や潤いがない状態のことを言います。肌がカサカサしていたり、突っ張った感じがしたり毛がや炎症を起こしているわけではないのに、肌がヒリヒリ痛いと感じたら乾燥肌の可能性が高いです。洗顔やスキンケア方法を見直してみましょう。必要以上に洗顔をしすぎていたり、保湿が不十分な可能性があります。

脂性肌

こちらは一番トラブルが出やすく、肌トラブルが深刻になりやすい肌質と言われています。脂性肌と聞くと、乾燥とは無縁のように感じてしまうかもしれませんが、乾燥肌が原因で、肌を潤そうと、皮脂が過剰に分泌され、脂性肌になる人もいるのです。他にも原因は様々ですが、食生活、ホルモンバランスの乱れなどがあげられます。

混合肌

混合肌とは、場所によって肌質が違うことを言います。おでこなどのTゾーンは脂性肌、頬や顎などのUゾーンは乾燥肌など、普通肌、乾燥肌、脂性肌と言った肌質が、場所によって様々な組み合わせがあります。しっかりとケアとして改善していきたい。と思うと少し手間はかかりますが、基本的に肌トラブルが軽度な事が多いため、スキンケアで改善出来る事が多いでしょう。
化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ 200ml
価格 ¥ 1,198
岩手県の天然水を使用した化粧水。安心の無印良品で低価格なので気兼ねなく使うことができます。乾燥肌にしっかりと潤いを与えてくれる高保湿タイプで、ヒアルロン酸が配合されているのも嬉しいポイントです。
肌研 薬用 極潤 スキンコンディショナー 170mL【医薬部外品】
価格 ¥ 751
ハダラボ抗炎症成分が配合されているので肌トラブルで悩んでいる人にオススメな商品です。ハトムギエキスやヒアルロン酸も配合されているので肌に潤いもしっかり与えてくれます。

化粧水

まずは手のひらに化粧水を出して、両手でしっかりとあたためます。あたためてから肌に付けることによって浸透力を上げてくれます。乾燥の気になる部分から手のひら全体を肌に当てていきます。この時に叩いたり、こすったりすると肌にダメージを与えてしまう恐れがあるので、押し当てるイメージで肌に浸透させていきましょう。化粧水は2~3回に分けて付けていくとしっかりと浸透させることができます。

乾燥が気になる人は美容液をプラスする

化粧水後、部分的に乾燥がまだ気になると言う人は気になる部分に美容液を乗せてあげましょう。皮膚の薄い目の周りやトラブルの多い鼻周りなどを意識して保湿していくと良いでしょう。健康肌の人は省いても大丈夫ですよ!

乳液

化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまうため、しっかりと、乳液やクリームで、水分が逃げていかないように蓋をしてあげましょう。乳液やクリームは付けすぎると良くありません。優しく薄く乗せていきましょう。広げるときに、優しくマッサージをするイメージで指を動かすと効果的です。
マジョリカ マジョルカ ヌードメークジェル (フォーアクティブガール) NB 自然な素肌色 (SPF50・PA++++) 25g
価格 ¥ 1,400
マジョリカマジョルカの化粧下地。ぷるぷるジェルが肌に乗せるとローションに変化!毛穴やニキビ跡を瞬時にカバーしてくれて、ナチュラルなさらさら肌に。紫外線もしっかりカットしてくれる優れものです!
キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーMB マットベージュオークル 10g
価格 ¥ 1,015
ベースメイクの仕上げ用パウダー、お直し用パウダーです。メイク初心者さんは日焼け止めの後にこれを付けるだけでも良いでしょう。毛穴や色むらを整えてくれてマットな仕上がりになります。
本来なら、中学生は素肌のままでもとても綺麗なので、ベースメイクも不必要ではあります。それでも付けたい。肌トラブルが気になる。と言う人は、化粧下地か日焼け止めの上に仕上げパウダーを付けていきましょう。ポイントは薄くのばしていくことです。まずは手の甲に化粧下地を出します。その後におでこ、鼻、頬、顎と、顔全体に下地を点おきします。全体に下地を置いたら、内側から外側に向かって伸ばしていきます。ムラになっていないか確認したら、最後に仕上げパウダーを乗せて完成です!
キャンメイク パーフェクトマルチアイズ02 アーバンキャメル 3.3g
価格 ¥ 842
肌に馴染みやすい色合いと、ラメが入っていないマットな仕上がりのアイシャドウのため綺麗なグラデーションを作ることができます。アイブロウにもアイラインもこれ一つで済んじゃう優れもの!
セザンヌツーカラーアイシャドウ1
価格 ¥ 410
アイシャドウパレットは多くの物が4~5色ほど入っていますがこれは2色というシンプルさ!メイク初心者さんはたくさん入っていても何を使って良いのか分からなくて迷ってしまいそうですが、このアイシャドウなら色つきも薄めのためオススメです。
アイメイクはアイシャドウ、アイライン、マスカラがありますが、何を選んで良いのか分からないのはアイシャドウですよね。カラーもラメ入りやパール入り、マットな物など数え切れない程の種類があります。メイク初心者さんにはマットなブラウン系がオススメです!ライナーもリキッドタイプやペンシルタイプなどありますが、初心者さんには、ペンシルタイプの物がオススメです。ナチュラルメイクに仕上げるためにはブラウンのライナーを選ぶと良いでしょう。
まずはアイホール全体にパレット内で一番薄い色を乗せていきます。次にまつげの際に沿って一番濃い色を乗せていきます。この時に、色の境目をぼかして綺麗なグラデーションを作っていきましょう。中間色も入れる場合にはアイホールの3分の2~半分ほどを目安にぼかすように乗せてい行きます。次にアイライナーを入れていきます。アイライナーは太く書きすぎると濃くなってしまうので、まつげの隙間を埋めていくイメージで書いていくのが良いでしょう。はじめは目尻の3分の1だけ入れていくのもオススメです。
ケイト CCリップクリームN 04 ORANGE BURST 血色感のあるオレンジ
価格 ¥ 432
これ一本で色調整、下地、紫外線対策、保湿もしてくれる優れた商品です!お値段もお手頃なので、好きな色を揃えて、その日の気分で選ぶのも良いですね。
メンソレータム リップフォンデュ スカーレットピンク 4.2g
価格 ¥ 452
4種類の美容液成分配合でしっかりと潤いを与えてくれ、とろけるような柔らかい付け心地を実感できます。グロスいらず。と人気のある商品です。
キャンメイク グロウフルールチークス04 ストロベリーフルール 6.3g
価格 ¥ 864
発色がとても良いと評判で、肌なじみもとても良いです。左上はグロウパウダーでツヤを出してくれるので肌を綺麗に見せることができます。
スガオ (SUGAO) スフレ感 チーク&リップ はなやかピンク 6.5g
価格 ¥ 810
チークとしてもリップとしても使うことができる商品です。ふんわりとしたナチュラルな質感で可愛らしい印象に仕上げてくれます。コスパもとても良いのも嬉しいポイントです。
チークもパウダーやクリームタイプなどありますが、最初はパウダータイプの物がオススメです。慣れてきたらクリームタイプの物を使ってみると良いでしょう。付ける位置は頬骨の上に乗せるように置いていきます。ブラシに少量チークをつけて丸を書くように乗せていくと良いでしょう。
いかがでしたか。メイクデビューに参考になるようなメイク方法や、気になるメイク道具はありましたか?一気に全部をやろうとすると不自然になりかねません。まずはリップから。など簡単な事から一つずつ取り入れていくと良いですね。