Fcbipjyq9ryyqxdjnhen

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メイク】トレンドのリップで可愛さアップ!2018年と2017年の流行りの違いは?

2020.08.01

トレンドファッションが毎年大きく影響しますが、メイクだっておんなじです。メイクは手元にあるメイク用品で流行を取り入れたりもできるので、ファションよりもトレンドを意識しやすいのではないでしょうか。今回は2018年と2017年のトレンドのリップの違いを紹介します!

  1. 2018年のトレンドメイクの特徴は?
  2. 2018年トレンドメイクはマットな質感のリップ
  3. 2018年トレンドメイクはヌーディーカラーのリップ
  4. 2018年トレンドメイクはパープル?
  5. 2018年のメイクのトレンドカラーはピンク
  6. 2017年のトレンドメイクの特徴は?
  7. 2017年のトレンドメイクはツヤツヤやグロス
  8. 2017年のトレンドメイクは赤リップ
  9. 2018年と2017年のトレンドメイクの違い
  10. トレンドのリップで可愛さアップ!2018年と2017年の流行りの違いは?のまとめ
2018年のトレンドメイクを簡単に紹介していきます。ベースメイクはツヤ感です。素肌っぽく、ナチュラルな透明感が今年のベースメイクの特徴です。眉毛は去年同様アーチ眉が、今年も引き続きトレンドになっています。そしてアイメイクは色使いがポイントです!カラーアイライナーが多く発売されており、注目されています。
アイメイクに意識を持っていきたいときにはリップは控えめなカラーを選ぶこと。そしてリップでトレンド感を出したいときにはアイメイクは控えめにすると良いでしょう。トレンドメイクをチェックして変化をつけて楽しんでいきましょう!
2018年のトレンドメイクは「マット」なリップをおさえておけば間違いなし!少しだけツヤ感を残したセミマットが注目されています。マットリップは、かわいい系に人気のピンクのリップもマットの質感に変えるだけで大人っぽい印象に変化させることができます。
そしてマットな質感なのにリキッドタイプのリップが出ています。マットな物だと唇が乾燥しそうで。と嫌煙している人もリキッドタイプだと潤いも与えてくれるので使いやすいですよね。海外では結構前からマットリップが流行っていましたが、日本でも2017年秋頃から一気に種類が豊富になってきました。発色を良くしたいときにはコーンシーラーで一度色味を修正してからリップを乗せると綺麗にはっきりと色味を出すことができます。
2018年、リップの注目カラーはヌーディーカラー。ヌーディーカラーのリップって顔色が悪く見えそう。となかなか手が出しにくい色ではないでしょうか。ヌーディーカラーとは、肌なじみの良い色のことを指していますが、そんなヌーディーカラーのリップにも今年のリップには赤みが少し加わることで肌が綺麗に見える美人色になっているんです。
そして今年のヌーディーカラーのリップはどんなメイクにも、どんなファッションにも合うので、とても使いやすい色なんです。それでも血色悪く見えて嫌だ。と感じる人は赤系のグロスをプラスしてみましょう。縦皺が気になる人もグロスをプラスすることで目立たなくしてくれる効果もあるのでオススメですよ。
ヌーディーカラーのリップと一緒にパープルのリップも注目されています。しかし、パープルのリップなんてどうやって使えば良いの?と悩んでしまいますよね。しかし紫は肌に透明感を出してくれる優秀カラーなのです。パープルのリップは単色使いでも、つけてみると意外と馴染んでくれるのですが、それでも抵抗がある人は普段のリップに重ねて使ってみましょう。
濃いめのパープルリップをつける場合にはアイメイクやチークなど、他のメイクを控えめにするとバランスがよく見えます。紫自体が主張の強い色なので、アイメイクもがっつりやって、リップは濃いめのパープルリップだと、何かのイベントに出るのかな?と勘違いされてもおかしくありません。
2018年の春夏メイクはピンクがトレンドです。アイシャドウやチークなどにも注目されていますが、ピンクのマットリップを使えばそれだけで今風メイクができちゃいます。マットな質感のリップは若い世代には少し使いづらい物ですがピンクを使うことによって、程よくかわいく、程よく大人っぽく見えて取り入れやすくなります。
逆にピンクはかわいすぎて。と感じてしまう人は、くすみピンクがオススメです。くすみピンクにする事で子供っぽくなりすぎることを防いでくれて、大人ピンクにチェンジしてくれます。優しい印象は残すことができるので、ピンクをあまり使わない人でも試しやすいカラーです。
2017年のトレンドメイクは囲みアイラインと赤リップが印象が強かったのではないでしょうか。そして若い世代を筆頭に困り顔女子であふれかえっていました。アイシャドウは光沢のある物を使って濡れ感を出すのも流行でしたね。
2017年の前半はツヤツヤグロスが流行でしたが、冬~2018年にかけてマットタイプにトレンドチェンジして行ってます。マットタイプのリップでしたら、上からグロスを合わせたりして変化を楽しむ事が出来るので使いやすい質感です。
囲みメイクや赤リップが流行していた一方、カラーレスメイクもジワジワきていました。地味になりがちなカラーレスメイクに一役買ってくれるのがベージュグロスだったんです。カラーレスメイクにベージュグロスをプラスするだけで上品に、程よく色気も演出してくれます。
トレンドだったのはベージュだけではありません。他のカラーグロスもとても人気があり、2016年から引き続きブルーグロスを始めとし、イエローグロスやグリーングロスなんかも注目されていました。特にラメが入った物が人気でツヤ感が一層増し、ぷっくり唇に仕上げてくれる物でした。
2017年はなんと言っても赤リップがトレンドでしたよね!どんなに流行に疎い人でも、気がついたメイクではないでしょうか。赤リップをつけるだけで華やかな印象にしてくれて、肌が色白に見える効果もあるのです。若い世代には赤のグロスタイプの物が、大人にはボルドー系の赤リップが。と年代にあわせた赤リップがトレンドだったのではないでしょうか。
手元にある赤リップを2018年も引き続き使いたい場合には一手間加えると今年のトレンドに変化させることができます。簡単なのは重ね塗り。グロスを始めとし、リップの重ね塗りで印象を変化させることができます。そして一番のオススメは旬な赤リップを一本準備してパレットなどで混ぜちゃうことです。その日の気分で変化をつけることもできますし、色味を確認してからメイクすることができます。去年買ってまだ残ってるときには上手に活用していきましょう。
Bij8hbvjbxxnaux0cdsw
2017年と2018年のトレンドリップの大きな違いはツヤとマットでしょう。2017年は秋口まではツヤツヤ唇がトレンドでしたが、冬~2018年にかけてマットタイプがトレンドに変化してきています。赤リップが主体だった2017年に比べて、ヌーディーカラーが少しずつ増えてきています。2018年はシーズンレスがキーワードで、季節に問わない色味使いが注目を集めていることもあり、この春に赤マットなリップも注目されていました。
Gdpe1sri78wmss8ywjdr
そして2018年は色の使い方が重要になりそうです。ベースメイクは薄めに、ポイントメイクは主張する場所と控える場所を足し引きしていくことで今風メイクを作ることができそうです。去年のメイクと今年のメイク両方チェックして、遅れメイクにならないようにしていきましょうね。
いかがでしたか。2018年のトレンドメイクのキーワードは、マット!カラーはヌーディーカラーが注目されていますが、ピンクもはっきりした色も、ポイントメイクの合わせ方で今風にする事が出来ます。トレンドは一つではありません。数あるトレンドの中から、自分の好みの物をチョイスして、今風メイクを楽しんでくださいね。
Deupk7xitzp2ie4xeldd