Qxxxl9emu6x4qhentdin

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メイク】透明感のある肌に見せたい!下地やアイメイクの方法をご紹介!

2018.05.14

最近は透明感あふれるメイクをしている人が注目されています。芸能人でも石原さとみさんや新垣結衣さんなど、ナチュラルで美しい人が憧れの対象にいますよね。今回は透明感のある肌に見える下地やアイメイクの方法を紹介します。美しい肌でかわいくなっちゃいましょう!

  1. 透明感のある肌はスキンケアが命
  2. 透明感はベースメイクで作れる
  3. 透明感を出すにはコントロールカラーを上手に使ったメイクをしよう
  4. 透明感を出すにはくすみは大敵!下地選び
  5. 肌に合わせてファンデーションを選ぶことで透明感を演出するメイクができる
  6. 血色の良いメイクも意識しよう
  7. 透明感ある肌はベースメイクだけじゃなくアイメイクも重要
  8. 透明感のあるメイクのポイントはグリッターシャドウ
  9. 透明感を演出してくれるブルーマスカラはおすすめメイクアイテム
  10. 透明感のある肌に見せたい!下地やアイメイクの方法をご紹介!のまとめ
透明感のある肌に憧れている人は、まずはスキンケアから見なおしていきましょう。カサカサのお肌のままではどんなに高い化粧品を使っても効果が発揮されません。まずは肌トラブルを改善して健康な肌を作ってくように心がけて行くことで透明感の肌は作られていきます。
透明感のある肌で重要な事は肌の水分量です。しっかりと水分が含んでいる肌だと、化粧乗りも違いが出ますし、毛用崩れもしづらいです。ぷるぷるの赤ちゃんの肌の水分量は60%だそうで、透明感ある肌に見せるためには40%以上の水分量が必要です。普段からのスキンケアをしっかりと行うことにより、肌の水分量を増やすことは可能です。正しいスキンケアで透明感ある肌を作っていきましょう。
透明感ある肌に見せるためにはスキンケアが重要ではありますが、もちろんある程度ベースメイクで透明感は作ることが可能です。透明感の肌と聞いてどのような特徴が思い浮かびますか?白い肌、くすみのない綺麗な肌、血色の良い肌。などが思い浮かぶのではないでしょうか?
くすみのない肌も白い肌も、血色の良さもおメイクで作ることができます。しかし、重ねつけして厚化粧になってしまっては透明感とはかけ離れた物になってしまいます。あくまでもナチュラルに見せるメイクの方法が重要です!メイク道具を上手に使い分ける事により、透明感ある肌を作ることができるのです。
もしかしたら使ったことの無い人もいるかもしれません。透明感の肌を作るためにはコントロールカラーは欠かすことのできないメイクアイテムなのです。コントロールカラーは自分の肌の色を調整し、肌を綺麗に健康に見せる役割があります。色むらやくすみには黄色やグリーン、クマにはオレンジ、血色良く見せるにはピンクなど、気になる箇所に合わせて色を選んでいきます。
コントロールカラーは下地を塗った上から使用していきます。その後気になる箇所にあったコントロールカラーを少量乗せて行きます。指の腹でポンポンと軽く叩くように馴染ませていくのがポイントです。透明感をアップさせるのに効果的なカラーは青や紫です。しかし、色白の広が青のコントロールカラーを使うと、血色悪く見えてしまうこともあります。色選びは色々試して慎重に使っていきましょう。
下地はファンデーションのよれを防いでくれたり、顔色を整えてくれる効果があります。選ぶ際のポイントは自分の肌に馴染む色を選ぶようにすることです。色が合わないと、顔の色だけ浮いてしまって違和感のある印象を与えてしまいます。そして、自分の肌に合った物を選ぶようにしましょう。毛穴やくすみを目立たなくしてくれる物や乾燥肌の人は保湿力のある下地を選ぶようにすると良いでしょう。
下地を塗っていく際には量に気をつけていきましょう。基本の量はパール大程と言われています。おでこ、鼻、頬、アゴに下地を点おきしていき、ポンポンと軽く叩くイメージで広げていきます。むらなく全体に広がったら、スポンジやパフで過剰な油分を取ってあげると肌に馴染みやすく、化粧崩れもしづらくなります。
下地とコントロールカラーでベースがしっかりとできていればファンデーションはほぼ必要ありませんが、肌の状態に合わせてファンデーションを選ぶようにしましょう。皮脂が多く、テカリが気になる人はパウダータイプの物を。よりナチュラルに仕上げたい人や、乾燥が気になる人はリキッドファンデーションを選ぶことをオススメします。
下地とコントロールカラーでベースはほぼできているので、ファンデーションはさらっと薄く乗せるようにしていきましょう。ファンデーションが必要なさそうであればフェイスパウダーで仕上げると、素肌感がでてナチュラルな肌に見せることができます。パールの入った物を選ぶようにすると透明感のある美しい肌を演出してくれるのでオススメです。
仕上げした後に顔色が悪く見えるようであれば、チークなどで血色がよく見えるよう軽く乗せてあげると良いでしょう。チークは全体にのっぺりとした印象のベースメイクを華やかにしてくれる効果もあります。メイク初心者さんにはパウダータイプの物が使いやすくオススメですが、クリームタイプの物などは、自然に肌から湧き出る血色の良さを演出してくれるので、使い慣れている人はクリームタイプの物を選ぶと良いでしょう。
より透明感をだすのにオススメしたいのがラベンダーカラーのチーク!紫はコントロールカラーでも透明感をアップさせるのに使われている色ですが、チークにラベンダーカラーをプラスすることによって透明感がよりアップし、かわいい系でも大人っぽいメイクでも合わせやすいカラーなのも特徴です。
透明感のあるベースメイクにゴッテリとポイントメイクをしても浮いてしまうこともあります。ナチュラルな美しいポイントメイクを心がける様にしていきましょう。透明感のある肌を更に美しく見せてくれるアイメイク方法を紹介していきます。
アイメイクをナチュラルに仕上げるにはアイシャドウのカラーとアイラインの引き方が重要になってきます。アイラインは太くなりすぎないように、まつげの隙間を埋めるイメージで乗せるようにしていきましょう。今年のトレンドは目力のある目元!ラインの引きからを意識して行くと今風の仕上がりにする事もできます。
透明感をよりアップさせてくれるシャドウはグリッタータイプのものです!カラーはブラウン系がナチュラルにみえてオススメです。黒目の上下に明るい色のグリッターを重ねつけして立体感を出すようにすると、目を大きく見せることもできます。
マット系のシャドウを選ぶときには自分に合う色を選ぶことが大事です。ソフトなグラデーションを意識して乗せて行くと失敗しないでアイメイクを作っていくことができます。ピンクも今年のトレンドなので、アイシャドウにとりいれてみるのも良いですね!
肌の透明感を際立たせてくれる、ブルーマスカラもオススメです!上下全体につけてしまうと個性的になってしまうので、目尻や下まつげのみに使用すると自然におしゃれ感と透明感をアップさせてくれます。
カラーマスカラを使う際にはアイシャドウは控えめはヌーディからにするとカラーマスカラの色が引き立ちます。ブルーマスカラは白目も綺麗に見せてくれる効果があるので、澄んだ目の印象を与えることができそうです。
いかがでしたか。透明感のある肌に見えるベースメイク。コントロールカラーの使い方やアイメイクを学ぶことでナチュラルに見せることができそうです。自分に合った下地やファンデーションを選ぶことも重要です。自分で何があっているのか分からないときには、化粧品売り場のプロに一度相談しに行くのも良いでしょう。トレンドメイクも取り入れながら、透明感あるナチュラルメイクを楽しんでください!