Pgwfotkjku9967hvwckm

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水が急にヒリヒリする?肌に合わなかった時の対処方や原因成分を徹底解析

2018.06.08

肌を美しく保つために使用している化粧水ですが、使用方法を間違えると健康な肌の人でも肌がヒリヒリしたり、 赤みが出たり、かゆみ、ほてるなどの症状による肌トラブルが起こることがあります。 化粧水が急にヒリヒリする?肌に合わなかった時の対処方や原因成分を徹底解析のテーマでご紹介致します。

  1. 化粧品と肌トラブル ~化粧水が急にヒリヒリする~
  2. 化粧品と肌トラブル part2 ~化粧水が急にヒリヒリする~
  3. ヒリヒリする原因① ~化粧水が急にヒリヒリする~
  4. ヒリヒリする原因② ~化粧水が急にヒリヒリする~
  5. ヒリヒリする原因③ ~化粧水が急にヒリヒリする~
  6. ヒリヒリする原因④ ~化粧水が急にヒリヒリする~
  7. ヒリヒリする原因⑤ ~化粧水が急にヒリヒリする~
  8. ヒリヒリする原因⑥ ~化粧水が急にヒリヒリする~
  9. 化粧水を安全に使用するために ~化粧水が急にヒリヒリする~
  10. ストレスや寝不足でもヒリヒリする ~化粧水が急にヒリヒリする~
  11. まとめ
Tote0qle228j9jpmjan1
引用: https://zabota.pro/blog/beremennost-i-bezopasnaya-krasota-kak-vybirat-krema-v-osobom-polozhenii
引用: https://thumb9.shutterstock.com/display_pic_with_logo/880246/333458405/stock-photo-woman-cleaning-her-face-with-a-lotion-a-and-a-cotton-pad-333458405.jpg
化粧品による肌トラブルの例として、洗浄力の強い石鹸で洗顔した際に、肌に残存した石鹸の成分や、洗髪時のシャンプー液やリンス液のすすぎが不十分のために、シャンプーやリンスの成分が顔や首の皮膚に作用して、かぶれや急にヒリヒリとした感覚、赤みを引き起こすことがあります。これらの皮膚の症状の原因として考えられるのは、化粧品が肌に合わない可能性があります。多くの化粧品の注意書きには、必ずお肌に合わない場合は使用をおやめくださいという文言が添えられています。
引用: https://image.shutterstock.com/z/stock-photo-beauty-skin-care-and-people-concept-close-up-of-smiling-young-woman-cleaning-her-face-with-395172553.jpg
Logtiav5rqg8m7uxoscc
対処方法として、肌トラブルが重症化する前に、直ぐに製品の使用を中止する必要があります。また、使用を停止しても症状に改善が見られない時には、皮膚科専門医に診断してもらいましょう。化粧水の場合、購入し使用の段階で不安な場合は、使用前に化粧水に含まれる成分との自身のお肌との相性を調べる対処方法もありますので、何の成分が自分の肌に合わないのか把握しておくと良いでしょう。  ヒリヒリする症状は普通の湿疹の一種や、アトピー性皮膚炎の可能性も考えられますので、自己判断をせずに、何が原因なのかつきとめ、原因となる製品の使用を控えたり、皮膚科の専門医に相談してアドバイスをもらいましょう。
引用: https://thumb7.shutterstock.com/display_pic_with_logo/64260/676230061/stock-photo-beauty-skin-care-and-people-concept-smiling-young-woman-applying-cream-to-face-and-looking-to-676230061.jpg
L69gupnzvxvksomcg5pt
引用: https://www.barenakedbotanicals.com/blog/air-and-your-serums/
体調の変化や季節の影響により、肌のバリア機能が低下していると、通常は普通肌タイプの方でも、敏感肌になる傾向があります。その場合、刺激の強いもの触れると、急にヒリヒリしたり、赤くなるという症状が見られます。 化粧水によって、急にヒリヒリとした症状の原因として考えられるのは、その様な状態の肌の時に、化粧水に含まれているアルコール成分が肌に触れて、急にヒリヒリを引き起こしている可能性があります。また、化粧水に配合されている成分の酸化防止剤も要因の一つに考えられます。特に、油性成分の中には酸化されやすいものもあり、酸化によって匂いが変化したり、皮膚への強い刺激となることもあります。けれども、化粧品にとって必要な品質を保つために多くの製品には、酸化防止剤の添加が必要となっています。対処方法として、ヒリヒリを予防するために化粧水の品質が劣化していないかどうか、確認しましょう。なるべく、品質が新鮮で新しい化粧水の維持のため、保管方法の一例として冷蔵庫での保管をオススメします。
Kcdr2lnkqq5lw1btev7w
引用: https://antiaging.akicomp.com/?p=82511
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/05/18/19/13/rose-3411891_1280.jpg
化粧品の一つである化粧水の製品の中には、アミノ酸やビタミン成分、天然オイル成分など、カビや微生物のエサとなる成分も配合されています。もし、微生物が混入して繁殖すると、化粧品自体の品質が変質して、肌トラブルの原因となります。一般的に、化粧品は食品と比較すると使用期間は長いため、微生物に汚染される危険性が高いのです。また、化粧品の使用中に手や指に触れたりすることで、微生物が入り込むこともあるため、長期間安定した品質を保持するには防腐剤の添加が必要になります。もっとも、代表的な添加物は、パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)で、そのほかにはフェノキシエタノール、安息香酸塩、ヒノキチオール、エチルへキシルグリセリンなどがあります。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/05/13/18/06/scent-of-roses-3397281_1280.jpg
Ubkncwzbr7ky9kazxcy9
引用: https://www.laroche-posay.us/paraben-free-skin-care
代表的な添加物のパラベンの種類と抗酸化力の差についてご説明します。 敏感肌の状態の方は添加物のパラベンが皮膚への刺激になる場合があるため、化粧水を開発・製造するメーカー自身が使用を敬遠することもあります。また、パラベンの配合量が多くなると抗菌力が強く、皮膚刺激を強く感じる化粧水もあります。抗菌力の強さの比較として、ブチルパラベン>プロピルパラベン>エチルパラベン>メチルパラベンの順となります。つまり、抗菌力の高さに比例して、肌への刺激も強く高くなるという事です。
Dtwhbzgicyxt5xa59arj
引用: https://sukinorganics.com/pages/about-us
実際に、化粧品にパラベンを配合した時の抗菌力は、菌が増殖する水相への溶解性も関与するので、必ずこの通りになるとは限りません。けれども、最近ではBGやペンチレングリコールなどの制菌効果のある保湿剤と組み合わせて配合したり、ほかの成分との溶解性の相性によりパラベン類と組み合わせることで、パラベンの配合量が徐々に少なくなってきています。そのため、化粧品の研究開発技術の向上と共に、防腐効果も安全性も高くなりつつある状況です。
Xshkmqvcfjmuymlz2wpp
引用: https://oneshetwoshe.com/no-poo-update-and-parabens-silicones-and-sulfates-defined/
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/05/15/09/23/raindrop-3402550_1280.jpg
肌トラブルを避ける対処方法の一つとして化粧水の成分表示を確認するのは必要ですが、パラベンが記載されているから、お肌に必ず合わないという訳ではありません。また、長年化粧水をはじめとする化粧品製品に多く使用されてきた「パラベン」という名前が広まったため、消費者の目を引くような製品表記の方法で添加物の「パラベンフリー」と表記されている製品もありますが、パラベンフリー=防腐剤フリーではありません。実際は、ほかの防腐剤を使用し製品に配合されている場合も多くあります。
Yowjv0rjpc0fjrbfd2uw
引用: http://hideyoyo.blog119.fc2.com/blog-entry-681.html
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/12/17/21/30/wild-flowers-571940_1280.jpg
対処方法として、肌が敏感肌で弱い方などは、防腐剤が気になるでしょう。パラベンだけでなく、ほかの防腐剤もチェックするようにして、自身の肌に合わない防腐剤が配合されていないか確認する必要があります。  さらに、肌がヒリヒリする要因として、化粧水が肌に合わないという原因が体質からくるアレルギーによるものがあります。このケースの場合、肌の状態が良い悪いに関わらず、特定の成分に反応が起きてしまうため、顔だけでなく身体のどの部位でも反応が起こります。対処として、何が原因によるアレルギーなのか、皮膚科の専門医に相談して調べる必要がありそうです。
Mdsduwrshaje5xckecek
引用: http://www.chifure.co.jp/faq/faq_quality.html
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/02/27/16/10/spring-276014_1280.jpg
化粧水に限らず、化粧品全般は安全性や品質を一定に維持する様に、医薬品医療機器等法という法律で厳しく規制されています。使用方法が適切でなければ、期待した効果が得られないばかりでなく、肌のトラブルの原因となります。必ず使用方法や保管方法を説明書で確認してから、使用すると良いでしょう。最終的な判断として「お肌に合わない」という判断は使用してみないと分からない部分もありますが、事前に肌トラブルのリスクを減らす対処方法として、取り扱い説明書を一読してから使用しましょう。基本的な化粧水の使用期限は、未開封は3年、開封後は1年以内の使用をオススメしています。化粧品の品質の保持と肌への影響を鑑みての期間です。 適切な条件下で3年以上品質が安定している化粧品は使用期限表示の対象にはなりません。つまり、使用期限が記載されていない場合は、使用期限が3年となります。けれども、一度開封してしまうと、空気に浮遊する殺菌の混入や、二次汚染により品質が低下するため、1年以内に使い切ることが望ましいとされています。
I0daeg2zkcb0bopdxzp0
引用: http://vineveracosmetics.com/
ずっと愛用している化粧水なのに、急にヒリヒリとした刺激を感じるようになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その原因として、自身の遺伝的要因や製品自体の問題というよりも、ご自分の日常生活に問題がある場合もあります。ダイエットや寝不足やストレスなどによる体調の変化、ホルモンバランスの変化、加齢による年齢などによって、肌の保護機能が低下する可能性があります。そのため、以前は問題なく使用していた愛用の化粧水が、急にヒリヒリするといった刺激を感じたり、肌が突っ張る感覚、肌に合わないと感じることがあります。対処法として、しばらくして、肌の調子と身体の体調が良くなってからもう一度、愛用の化粧水を使用してみて、それでも肌に合わないと感じた時は、その化粧水の使用を中止しましょう。
Oi8xyct94qdfnqlzqowd
引用: https://www.purenoble.com/column/tips/patch-test.htm
 ご家庭でできるパッチテストも肌トラブルを未然に防ぐ方法として良い選択肢です。敏感肌やアトピー肌の方はとくに、これから初めて使用しようとっしている化粧水について、パッチテストをすると安心です。もちろん、脂性肌の方や混合肌タイプ、普通肌タイプの方も、パッチテストを使用可能です。自身の肌かぶれをおこすかどうか、上腕の内側や前腕の屈側部など、紫外線が当たらない箇所に実物を使用してみて24時間後と48時間後にその反応を見るテストになります。  ぜひ、ご自身の肌に合った対処方法で肌トラブルを回避してみて下さいね。  
Eek0unifgihr4rhrne2s
引用: https://www.purenoble.com/column/tips/patch-test.htm