Hni1cyzrnzin0cxbo7s2

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水をつけないとどうなる?乾燥やニキビ、角質、メイクへの影響など徹底解説!

2018.05.15

スキンケアで化粧水をつけないことは角質やニキビ、メイクなどお肌にどう影響するのでしょうか?化粧水をつけないのは良くないのでしょうか。しかし、実際は肌断食という言葉があるように、お肌本来の治癒力を目覚めさせて、肌の自然な保湿能力を高める効果もあるようです。

  1. 化粧水の本来の役割 ~化粧水をつけないとどうなる?~
  2. 化粧水の本来の役割 part2 ~化粧水をつけないとどうなる?~
  3. 化粧水の使用をやめると① ~化粧水をつけないとどうなる?~
  4. 化粧水の使用をやめると② ~化粧水をつけないとどうなる?~
  5. 化粧水の使用をやめると③ ~化粧水をつけないとどうなる?~
  6. 化粧水の使用をやめると(6週間目以降の症状) ~化粧水をつけないとどうなる?~
  7. 化粧水の使用をやめると(6週間目以降の症状)② ~化粧水をつけないとどうなる?~
  8. 化粧水の使用をやめると(6週間目以降の症状)③ ~化粧水をつけないとどうなる?~
  9. まとめ
Xwwwygbpbqiusdjhdbrw
引用: https://nadecica.jp/17203/
化粧水に配合されている保湿剤には、保湿剤と皮膚軟化剤という2つの形態があります。保湿剤は、中間層(真皮)および皮膚(表皮)の外層に水分を引き込む役割があります。グリセリンは保湿剤の一例です。エモリエントは、既存の水分を顔に密着させながら滑らかで柔らかい感触を残す保湿剤です。皮膚軟化剤は、油性または水系であり、石油系成分、担体のオイル、またはシリコーン油およびミリスチン酸イソプロピルのような工学製品のような物質を含みます。ほとんどの化粧水は湿潤剤としての保湿剤を含むエモリエント成分ですので、2種類の中から選択する必要はありません。
Vcwfcvti7hynjrxparkn
引用: https://www.ricepowershop.jp/products/raizrepair/lotion.html
皮膚の天然オイルである皮脂は、各毛包の内側に位置する小さな皮脂腺によって生成されます。皮脂は、毛穴から出てきて、死んだ皮膚の細胞や汚れを集めていきます。表面に到達すると、それはウイルスや細菌に対して私たちを守る保護鎧の一種を形成します。しかし、お肌が自らの力で独自の皮脂というオイルを生産するのであれば、スキンケアによる過剰な保湿やオイルの塗布はニキビの発生の原因やニキビの悪化に繋がります。 顔を洗顔する時は、皮脂の膜(角質)を皮膚から剥がします。これは、アレルゲンおよび抗原に対してより感受的にさせます。また、私たちの皮膚は、外部からの刺激、早すぎる老化、乾燥、汚染、たばこの煙など肌にはダメージが伴う影響にさらされます。皮膚を洗顔料で浄化し、化粧水のレイヤー(肌の防御に小さな亀裂を埋める)を塗布することで、私たちは肌を水和させ、健康で魅力的なものに保っています。乾燥やニキビを防ぎ、正常なな角質生成サイクルを作る助けをしています。ほとんどの方が、メイク前のスキンケアに使用しているでしょう。
Vqqh1nlzcekyssdllig0
引用: https://www.purplle.com/discover/story/skin-care-guide-dry-skin-4368ea-723
保湿の段階をやめて1~6週間に見られる症状には特徴があります。肌がつったようなきつく詰まる感覚になります。化粧水が本当に重要なスキンケアであると考えた場合、お肌に深刻で不快な副作用を引き起こす可能性があります。 ①乾燥した肌になる →これは明らかですが、化粧水による潤いを与えていないなら、あなたの肌を乾燥させ、特に冬の季節の寒い日、あるいは湿度が本当に低い場合はさらに悪化します。化粧水を使用しないと、皮膚がはがれ始め、乾燥したように見えます。角質を柔らかくして除去しやすくすることは難しいので、メイクのノリも悪いでしょう。 ②シワの線が際立つ →乾燥した、もしくは、脱水された肌は細い線のシワをより目立たせるので、あなたの肌に化粧水で潤いをとっているために気づいていないシワが既にあります。皮膚の障壁が損なわれたとき、それが乾くと、皮膚に発生する低悪性度の慢性炎症が起こる可能性もあります。それは、ニキビの発生にも繋がります。
Aaooj0xu8xe52tis6frz
引用: https://www.neolaia.gr/2017/10/25/10-trofes-kata-tis-ksirodermias/
③新しいシワを作る →より多くのしわを発生させる可能性があります。あなたの肌が乾燥して慢性的に炎症を起こすと、コラーゲンの分解を引き起こし、早すぎる老化につながる可能性があります。 ④ニキビの悪化 →ニキビを悪化させます。乾燥はざ瘡を悪化させる可能性があるので、諦める代わりに、オイルフリーの保湿剤に切り替えてください。 ⑤肌色の変化 →特に、冬になると湿度が急激に下がり、乾燥した空気が皮膚を脱水し、保護外層の一部である皮脂を取り除くことができます。刺激物がより簡単に入りこんで発赤やはがれを引き起こす可能性があります。角質のバリア機能の低下が原因となります。
Rql6czxt89law5jf8dtu
引用: https://darklipstips.com/daily-skin-care-routine-at-home.html
⑥より脆弱な肌になる →化粧水に配合されている保湿剤は保護バリアを作り出しています。レチノイド、サリチル酸、ベンゾイルペルオキシドなどの最も効果的なスキンケア成分の多くは非常に乾燥しがちです。だから、保湿剤を服用していないと、赤い皮膚や皮脂を剥がすなどの不快な副作用を受ける危険性があります。ほとんどの人は強力な化粧水製品による効果を定期的に使用しなくなるため、副作用に巻き込まれてしまいます。 ⑦メイクが浮いてしまう。 →ベースメイクを適用する前にあなたの顔を水分補給しなければ、メイクの仕上がりは悪く見えます。メイクアップの際、メイクが皮膚の乾燥部分に固執し、さらに細かい線にメイクが染み込んでしまい、均一にメイクを塗布することが難しくなります。 ⑧かゆみの発生 →顔はつっぱた感じがして、はった感覚を伴います。そして、かゆみも出てきます。特に入浴後にその症状が顕著に見られるでしょう。
Kwixbxbit3uc30qdbefj
引用: https://www.cutislaserclinics.com/blog/7-signs-of-dehydrated-skin-and-how-it-is-different-from-dry-skin/
遺伝的に乾燥した肌の状態を持つ人々の割合は15%と言われています。ですので、その遺伝的に乾燥肌をお持ちの方は化粧水を使用する必要があります。また、風や寒さなどの極端な気象条件で皮膚が傷つく環境で生活されている場合も化粧水は必要です。  けれども、化粧水を使用するのをやめることによる肌の変化を、個人差は多少ありますが、おおよそ6週間目以降から実感されるでしょう。水分の蒸発による乾燥や角質のバリア機能の低下により、肌本来の皮脂機能が目覚めてより多くの皮脂が分泌されます。皮脂の分泌量は、初めは多く分泌されますが、徐々に安定していきます。  
Lwbzv0pukcbwdfzt2kki
引用: https://www.fannintreefarm.com/category/news-information/
アメリカの皮膚科医のオバジ博士の研究によると、毎日化粧水を使用すると、肌の年齢を若くするよりむしろ、早く老化するリスクがあると警告しています。化粧水により多量の水分を摂取すると、肌が敏感になり乾燥し、肌本来の機能を低下させ、自然な水分補給を妨げることになります。 皮膚が置換された水分(化粧水)に依存してしまい、体内から水分補給を需要するのを停止すると考えています。肌本来の自然な水分補給は、本当に肌を健康で若々しく保つものです。 「木はその栄養素を地面から得る。どれくらい木に水を散布しても、乾燥します。」その原理と肌も一緒と考えられています。
Pk5gqep1lenqanm57iga
引用: http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/1015023/10-skin-commandments
しかし、ストレスフルな環境と外的環境汚染をコントロールすることができない今日の世界では、皮膚へのダメージと負担が大きいため、化粧水を使用することが理にかなっています。けれども、化粧水を付けないと美しくなれないというイメージを乱用し過ぎているともオバジ博士は考えています。 化粧水を処方して販売するのはとても簡単で、そのイメージの乱用は1950年代後半から1960年代の化粧品会社すべてから始まりました。彼らは誰もが肌が乾燥して老化するという考えとイメージを売りました。これは経済至上主義のスキンケアのイメージ戦略であり、絶対にナンセンスと言えます。 ですので、寒い冬の季節はもちろん、日々の化粧水の使用をやめ、3〜6週間待つべきだと言います。化粧水への依存や中毒を解消すると、1〜6週間目までは肌が乾燥しツッパリ、張る感覚で気分が悪くなるかもしれません。 肌は何かが欠けているような気分になるかもしれず、または、モイスチャライザーを使用していた時間に応じて、肌が刺すような感覚になるかもしれませんとオバジ博士は考えているようです。個人差はありますが、約5~6週間目以降からは、お肌本来の皮膚生成サイクル機能が目覚めて、細胞が水分と油分のバランスが調和して働くようになります。
Ofc7tew0zybavkv4hcrs
Q8y8s1gauiqxmi3ltolh
引用: https://www.dallasplasticsurgery.com/skin-care-center/
慢性的なニキビの症状を悪化させず、古い角質を新しい角質へ生成するサイクルの機能を高めるためにも、化粧水を使用しない期間を設けてみても良いかもしれません。  ぜひ、化粧水に頼りきりのお肌を肌本来の自然な機能を取り戻してみてはいかがですか?