Qg7tu48krsbzpdehvp7z

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水の正しい付け方って?コットンやスプレー、手などやり方をご紹介!

2018.07.09

ニキビなどに効果的な化粧水の正しい付け方があるのをご存知でしょうか? 普段毎日何気なく付けている化粧水にも正しい付け方やコツがあります。 化粧水の正しい付け方って?コットンやスプレー、手などやり方をご紹介!のテーマで化粧水の付け方について ご紹介致します。

  1. 化粧水の基礎知識 ~化粧水の正しい付け方~
  2. 化粧水の基本的な付け方  ~化粧水の正しい付け方~
  3. 化粧水の種類  ~化粧水の正しい付け方~
  4. (柔軟)化粧水 ~化粧水の正しい付け方~
  5. 収れん化粧水 ~化粧水の正しい付け方~
  6. ふき取り化粧水 ~化粧水の正しい付け方~
  7. 化粧水の付け方の比較 ~化粧水の正しい付け方~
  8. コットンによる付け方 ~化粧水の正しい付け方~
  9. 手による付け方 ~化粧水の正しい付け方~
  10. 化粧水によるコットンパックを行う際の注意点 ~化粧水の正しい付け方~
  11. まとめ
Em2ve74y242of4lrgfvm
引用: https://www.dallasplasticsurgery.com/skin-care-center/
化粧水に含まれている成分のほとんどが、水及び水溶性成分となっています。肌表面の薄い角質層に吸収される水分の量には限界があります。そのため、化粧水を肌へ付ける際に、肌を強く叩いたり、必要以上に何度も重ね塗りの状態は肌にとって大きな負担となり、必要ありません。手のひらで優しくおさえるように、包み込むように馴染ませて、乾燥が気になる部分にのみもう一度化粧水を少量とり重ね付けするのが正しい付け方です。 使用量はおおよそ100円玉大~500円大程度の適量となりますが、あくまでも、製品の各メーカーが推奨している使用量を守りましょう。また、使用量を少なくすると肌全体に馴染ませることができないので、保湿効果が十分得られない可能性があります。しかし、肌質タイプびよっても必要な使用料が変わってきますので、個々人の肌質タイプは個人差があり、保水量自体が異なるため、ご自分のお肌に合った使用量が最適となります。
Xq6uao0r2d6vmpkudmq4
E8bz8xzwgsqcslsvpnwk
引用: https://www.ecoparent.ca/beauty/how-spring-clean-your-skin-care-routine
洗顔後はなるべく早く化粧水を塗布して、お肌に馴染ませます。その後、素早く乳液やクリームを塗布します。化粧水を塗布した後、化粧水のお肌への浸透を待つ必要はありません。時間が経過すると水分が揮発してしますので、すぐに油分が配合された乳液やクリーム、もしくはオイルなど肌の表面にふたをしましょう。お肌のタイプが脂性肌タイプの方は、皮脂の分泌量が多いTゾーンは油分の多い乳液やクリーム、もしくはオイルの使用量は少なめにするなどして、調節してください。お肌が最も乾燥しやすい状態は、お風呂上がりになります。入浴後のお肌は、入浴前のお肌よりも過乾燥の状態になります。お風呂から出てタオルドライした後は、肌の温度も高く湿度がすぐに下がりますので、肌が乾燥し始めます。入浴後、20~30分程度で入浴前よりお肌が乾燥した過乾燥の状態になります。入浴後のスキンケアの際の、化粧水の塗布は忘れずにしましょう。
Vtnnxep4v0mrq7rfdsnv
Oeup189dybop6muee7p5
引用: http://beautyandblush.com/importance-of-toner-in-our-daily-beauty-regime/
洗顔後や入浴後のお肌は水分がどんどん蒸発します。放置しておくと、乾燥や肌荒れの原因になり易い状態にあります。最近では、化粧水でも美容液のように美白、抗シワ、抗アクネなどの訴求成分を配合した化粧水も多く出回るようになりました。目的も種類も多種多様です。お肌に潤いを与える化粧水には、(柔軟)化粧水、収れん化粧水、ふき取り化粧水の種類があります。スプレータイプの化粧水は持ち運びに便利で、スプレータイプの化粧水は外出先で使用するのに最適です。
Fzxqdp9nssdhlbnhjr4g
引用: https://hadalove.jp/face-lotion-top-pick-134597
一般的に化粧水と呼ばれるものにはこのタイプが多いです。保湿成分が角質層に水分を与えて皮膚を柔軟にして、みずみずしくなめらかで潤いのあるお肌を保ちます。
Diwdoegw1l8btpwjfcjl
引用: https://antiaging.akicomp.com/?p=133405
脂性肌タイプの方や、Tゾーン部分使用がおすすめの化粧水となります。角質層に水分、保湿成分を補う作用の他に、収れん作用(毛穴の引き締め)、皮脂分泌抑制の作用を持ちます。アルコールの配合量が多く、さっぱりとした使用感で、皮脂分泌を抑制して化粧崩れを防いでくれる効果があります。伸ばしてサラッとする化粧水は、必ずしも浸透力が高いという訳ではありません。本当にお肌へ化粧水が浸透している場合と、化粧水に含まれるアルコールの成分によって揮発している場合があります。また、肌の中へ入ることと浸透力が高い事はイコールではありません。使用感や使い心地のみで効果は判断でいないことを知っておくと良さそうです。 ニキビの方は脂性肌タイプの方が多いので、ニキビの炎症の抑制効果のある収れん化粧水を選ぶと良いでしょう。
W3waur5yqlbqqkaohl4n
Cwroxqbptm1ohjq3dtmk
引用: https://antiaging.akicomp.com/?p=153907
ふきとり化粧水は。クレンジングなどで化粧を落とした後、肌に残存する油分の成分のふき取りや、軽いメイクなどで化粧を落とすものとして、また、過剰な皮脂を取るためにしようする化粧水です。そのため、界面活性剤が含まれており、保湿剤、エタノールを多く含みます。よって、敏感肌タイプの方やニキビが気になる方は、使用を控えるのが良いでしょう。配合される成分によってはニキビを悪化させる要因にもなります。ニキビ肌の方は、ニキビの方向けの(柔軟)化粧水もしくは、ニキビ肌専用の収れん化粧水の使用をおすすめします。
Lz1hlnsdcnytmlgoxh81
Xxcio29dntbwzxsqjp2m
引用: http://binkanhada-skincare.net/binkanhada-lotion/
毛で化粧水を塗布した際の場合と、コットンで塗布した際の場合とでは、それぞれの利点や難点があります。ご自分のお肌に見合った付け方の方法を選びましょう。 〇手の場合の利点 肌への刺激が少なく、手のぬくもりで化粧水の肌への浸透効果を高めることも可能です。化粧水の使用量がコットンの場合と比較すると、少なくて済みます。 〇コットンの利点  肌表面を整えながら、化粧水を塗布することができるので、お肌へ浸透し易く均一に伸ばしやすい。 ●手の難点 化粧水が均一に肌へ付きにくい ※注意点:清潔な手で化粧水をお肌へ直接塗布する。目の周辺は力を入れ過ぎない。 ●コットンの難点 強すぎると摩擦による刺激でお肌にダメージを与えてしまう。 ※注意点:化粧品の使用量が手に比べると多くなる。肌との間に摩擦が起こらない様に、ヒタヒタになるまでコットン全体に化粧水を浸み込ませてから使用する。お肌の表皮の上で擦らない様に使用する。
N5z4dvdbgeypazvtxyf7
Pm7omfgo882mnh5ceyxx
引用: https://www.verywell.com/benzoyl-peroxide-is-making-my-skin-dry-what-can-i-do-15640
普段使用しているコットンで化粧水を付けたいという方へ、どうしても気をつけてもらいたい注意点をお伝えします。必ず優しくお肌をいたわるように使用しましょう。強くこすったり、コットンでたたく刺激は肌を傷める原因になります。強く叩いたからといって、化粧水がお肌へ深く浸透するわけではないので、無意味となります。また、ニキビ肌の場合、叩くと炎症を悪化させる原因になりますので注意しましょう。  ①コットンに適量の化粧水をとります。 化粧水の使用量はコットンの裏側までしっかりしみる位が目安となります。化粧水の量が少ないと、肌に刺激を与えることになるので、注意しましょう。 ②お顔の内側から外側へまんべんなく化粧水をなじませる。 化粧水を付けたコットンを顔全体に優しく滑らせるように馴染ませてゆきます。 ※スプレータイプよりもより、お肌へ均一に塗布できるので、メインのスキンケアにおすすめの付け方です。 スプレータイプを好まれる方は、外出先での使用としてスプレータイプを選び、スプレータイプと(柔軟)化粧水を使い分けて使用すると良いでしょう。
H9sptjipuvpsszgy2tno
Keggviaalewemqyylfet
引用: https://www.jeancoutu.com/en/beauty/skin-care/
手で化粧水を付ける際には、お肌へ刺激しない様に気をつけたい点があります。そのポイントをご紹介します。 ①手のひらに適量の化粧水を取る。使用量はご自分のお肌のタイプによって異なりますので、そのお肌の状態に合った量をとります。また、使用量は化粧水の製品によっても異なりますので、取り扱い説明書を参考にしましょう。 けれども、化粧水は塗布後、付けた量の大半が揮発しますのであまりたっぷり付ける必要はありません。 ②顔全体にサッと馴染ませる。 先ずは手のひらで顔全体にサッと馴染ませます。仕上げに乾燥しやすい目の周りとフェイスラインに、軽く手で押さえて馴染ませましょう。 ※スプレータイプよりもより、お肌へ均一に塗布できるので、メインのスキンケアにおすすめの付け方です。 スプレータイプを好まれる方は、外出先での使用としてスプレータイプを選び、スプレータイプと(柔軟)化粧水を使い分けて使用すると良いでしょう。
Ing8gwwsc7ol3dgez3sk
Ps1v60beycrjr5gch7z7
引用: https://mashumalo.com/skincare/right-way-of-the-lotion-pack/
水には水分が少ない方に移動する性質があります。よって、パッティング後や十分に化粧水が浸み込んでいないコットンをお肌へのせると、せっかく潤いのあるお肌の水分を逆にコットンが奪ってしまう可能性があります。コットンをしっかり湿らせた状態で行うのがポイントです。 ①コットンに化粧水500円硬貨大ほどの大きさの量の化粧水を数か所に分けて垂らします。コットンの隅々まで化粧水を行き渡らせます。 ②空気が入らない様に肌へコットンを密着させて、数か所に分散させて貼ります。この時、目、鼻、口は必ずあけておきましょう。コットンの種類にも拠りますが、10分以上の時間を置いておくと逆に乾燥してしまうので、注意しましょう。 ③コットンを剥がしたら、手のひらで優しく顔をおさえて化粧水を肌に馴染ませます。
Eitkuveslxoidciltlin
Zqhm6kyvrqax26bkm86c
引用: https://www.choice.com.au/health-and-body/beauty-and-personal-care/skin-care-and-cosmetics/articles/acne-myths
化粧水の正しい付け方って?コットンやスプレー、手などやり方をご紹介!のテーマでお送り致しました。 ご自身のお肌のタイプや状態によって、化粧水の付け方を変えていくと良いでしょう。 ぜひ、日々のスキンケアの参考になさってみて下さい。
Vp1idogeeam8j9aqwt2u