C42jb3ns43rczvh9fogq

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メイク落とし】初心者必見!クリーム・ジェルを使う際の注意点は?

2018.05.12

初心者の方はメイクを落とす際に洗顔だけでいいと思っていませんか?落とし方やクリーム、ジェル変えることで、肌がもっと綺麗になるかも。メイクの落とし方や洗顔、クリームやジェルを改めてご紹介するので、メイク初心者の人、他の人がどうしているかを知りたい人はぜひ参考に!

  1. メイクの正確な落とし方、知ってますか?
  2. メイクの落とし方、洗顔だけで大丈夫?
  3. メイク落とし、プチプラでもOK?
  4. メイクの落とし方①:アイテム別の特性を知ろう
  5. メイク落としのマストアイテム・洗顔料
  6. 日々お世話になってます・洗顔フォーム
  7. 落とし方も簡単・オイルタイプ
  8. 出先での頼れる味方・コットンタイプ
  9. 根強い人気・石けん
  10. メイクの落とし方②:基本動作編
  11. メイクの落とし方③:クリームクレンジング編
  12. メイクの落とし方④:クレンジングジェル編
  13. 落とし方をマスターすれば肌がもっと綺麗になる
と、質問をした時、皆さんは自信を持って答えることが出来ますか? 特に大学への進学や新社会人などで、この春初めてメイクをするようになった初心者さんは、未だに試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか。
また、メイク落としは洗顔だけで十分だと思っている人も多いかと思います。確かに、化粧品に「洗顔のみでOK」と記載されている場合もありますが、基本的に洗顔とメイク落としは別物だと考えましょう。
メイク落としが不十分で顔にメイクが残っていれば、どれだけ効果なクリームやジェルで保湿をしても、効果は半減してしまいます。むしろ、毛穴汚れの原因になってしまうかもしれません。
今回は、メイク落としの基本からオススメのアイテムまで、初心者の人にも分かりやすくお伝えします!!
メイクの落とし方を尋ねた時、「洗顔だけ」という人はいらっしゃいませんか?
最近は「洗顔で落ちます」「お湯でオフ出来ます」というアイテムも増えていますので、そういうものしか使っていない場合は、洗顔だけでも落とすことが出来ます。
しかし、それ以外のコスメも一緒に使っている場合は、やはり洗顔+メイク落としで完全にオフするようにしましょう。洗顔料だけだとメイクを落としきれず、皮脂汚れの原因になってしまいますよ。
世の中にはクリームタイプやジェルタイプなど、多くのメイク落としがあります。その価格にも幅があるので、初心者の人は何を使えばいいか分からずに悩んだことはありませんか?
中にはプチプラのメイク落としもありますが、「価格が安いものを使っていいのか」と悩む人もいらっしゃるかと思いますが、皆さんの肌に合っていて洗浄力もあり、使い続けてかゆみなどがなければ、そのまま使っても良いかと思います。
スキンケアに関しては、どうしても使用感に個人差が出てしまいます。使っていて違和感を感じたら使用を控えるようにしましょう。
メイクの落とし方を具体的に語る前に、まずは、顔を綺麗にする・メイクを落とすためにどんなアイテムがあるのかをおさらいしましょう。ご存知のかたも多い内容かと思いますが、初心者の人にも向けて、少し細かく解説します。
顔の汚れを洗い落とし、綺麗にするためのコスメです。配合されている成分は商品によって違いますので、成分表などで確認しましょう。
固形状、パウダー状、クリーム状など、形状も様々なので、好みに応じて選ぶことが可能です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71pBiwEaB9L._SX425_.jpg
チューブ状の容器に入っていることが多いですね。合成界面活性剤が配合されています。多くの人が日々愛用しているのではないでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GJZEkC08L._SY679_.jpg
メイクと馴染みやすいオイル成分が、濃いめのメイクでもこすらずにスルッと落としてくれるので、人気が高いアイテムです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61kbZ7ZvkYL._SL1500_.jpg
コットンにメイク落とし剤を染み込ませているタイプの洗顔料。落としたい箇所にアプローチしやすく、目元のメイクを手軽にオフすることが出来ます。
持ち運びしやすいので、旅行にも簡単に持っていけますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41o5YRDLIWL.jpg
昔ながらの固形石鹸も、今は泡立ちなどが良くなっていることもあり、自然派嗜好の女性を中心に指示を獲得しています。
自分で好きなだけ泡立てることが出来るので、フレッシュで瑞々しい泡で顔全体を包むことが出来ますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aIQNIdSIL._SL1200_.jpg
それではここから、メイクを落とす際の手の動かし方などを具体的にご紹介します。
初心者さんのみならず、今まで自己流でメイクを落として来た人も、参考に出来るポイントがあれば参考にしてくださいね。
クレンジングのポイントは、ゴシゴシこすりすぎないこと。メイクや汚れを浮かせて、それを洗い流すイメージです。手のひらの面と指先を使い分けて、ゆっくりじっくり馴染ませていきましょう。
額や頬などの広い部分は、手のひら全体にクレンジング剤を馴染ませてからのせ、優しい力でまんべんなく伸ばしていきます。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/04/201605gsokoageskincare1-9.jpg
オイル系の場合は左のように、クリーム系の場合は右のような動きで手を動かしましょう。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/04/201605gsokoageskincare1-11.jpg
目のキワや鼻などの細かい部分は、薬指の先で馴染ませましょう。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/04/201605gsokoageskincare1-13.jpg
フェイスラインには、手のひら全体を使って馴染ませていきます。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/04/201605gsokoageskincare1-14.jpg
クリームの場合は、最後にティッシュオフをしてからすすぐようにしましょう。
クリームクレンジング剤を使って化粧を落とす時は、まず、アイメイクなどのポイントメイクを落としていきましょう。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/09/A0A6027-225x300.jpg
コットンにクレンジングクリームを浸透させてから、メイクをしたところにのせて馴染ませ、優しく拭うように拭き取ります。
マスカラは専用のリムーバーを使ってオフにする方が、確実に綺麗に落とすことが出来ます。くれぐれも目の周りの皮膚をゴシゴシこすらないでくださいね。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/09/A0A6147-225x300.jpg
ポイントメイクを落としたら、たっぷりの量(直径2~3センチ程度)を手のひらに取り、メイクをしている頬において、優しく広げていきます。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/09/A0A6165-225x300.jpg
額にもクリームをのせて、Tゾーン全体に広げます。口元や小鼻の周りなどは、指の腹でくるくると馴染ませておきましょう。
クレンジングジェルは水場でも手軽に使えて、オイルタイプのクレンジング剤よりもベタつきを抑えてくれるので、オイルタイプでは使用感が気になるという人にオススメです。
とはいえ、アイメイクやウォータープループのメイクはしっかり落としきれないことがあるので、やはり事前に専用のクレンジング剤を使ってこれらをオフしてから、顔に使うようにしましょう。
オイルタイプのクレンジングジェルは、手のひらの温度で少し温めてから使うと使いやすいですよ。オイルフリータイプは手に出してそのまま使えます。オイルフリーかどうかは、パッケージの記載などで判断してくださいね。
軽くぬるま湯で全体を濡らした後にジェルを手に取り、顎や額、頬などにジェルをのせていきます。そして顔の中心部から外側に向けて、マッサージをするようにジェルを伸ばしていきましょう。
これらのマッサージを繰り返して顔全体にジェルを馴染ませましょう。この時に指先の感覚が軽くなったり、ジェルが白っぽくなってきたら、メイクが落ちているサインです。
最後はぬるま湯で丁寧に洗い流した後にタオルで水分を拭き取り、美容液や乳液などですぐに保湿をしましょう。
メイクを落とすことで、仕事のオンとオフを切り替える人も多いのではないでしょうか。ただ作業的に行ってきたメイク落としのやり方を見直すことで、自宅でも更にリラックスすることが出来るかも。
メイク初心者さんは慣れずに、最初のうちはメイクが残ってしまうかもしれませんが、日々繰り返していくことで慣れていきます。最近はメイク落とし不要というコスメもありますが、やはり肌のことを考えると、1日の終わりはスキンケアをして眠りにつきたいですよね。
クレンジングにもクリームやジェル、それぞれの特徴があります。使用感もそれぞれ違いますので、サンプルがあれば一度試してみてくださいね。
メイク落としまで気を抜かない女性になって、更に綺麗は素肌を手に入れましょう!!