Vtqiaevw82rnllt7m9f7

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水と乳液の順番は?正しい付け方&おすすめのプチプラアイテムをご紹介!

2018.05.10

化粧水や乳液が肌に良いのはわかっていても、正しいつけ方をしているか不安ですよね。つける順番を間違えるとそれぞれの効果が半減することもあるため、この機会に正しいつけ方について一緒に学んでいきましょう。化粧水や乳液のおすすめプチプラアイテムもご紹介していきます。

  1. 化粧水の役割とは?
  2. 乳液の役割とは?
  3. 化粧水と乳液をつける順番
  4. 先行乳液とは!?
  5. 2,000円以下で買えるプチプラ化粧水トップ3
  6. おすすめプチプラ乳液トップ3
  7. プチプラ先行乳液もチェックしよう
  8. 効果を最大限引き出すための化粧水と乳液の正しいつけ方やコツ
  9. コットンで塗る?それとも手?
  10. ミルフィーユ塗りは逆効果
  11. まとめ
Qffkdzm0qmivuxtfzaxv
化粧水と言えば、水っぽいサラッとしたテクスチャーが特徴の基礎化粧品です。全体の約80%ほどが水、残りの20%の中に美容に有効な成分や保湿効果の高い成分が含まれていますが、肌に与える役割にはどのようなものがあるのでしょうか?

化粧水で美容成分が浸透しやすいように肌を整える

J4ebqhxiotlvf87b6xri
化粧水はそのほとんどが水で構成されています。そのため、洗顔時に洗い流してしまった肌にとって必要な水分を補給する役割があるのです。また、水分によって肌が潤うことで、その後与える美容成分が浸透しやすい状態になるため、美肌の土台作りに欠かせない基礎化粧品です。わかりやすく例を挙げてみましょう。渇いた土に水を与えてもなかなか中まで浸透しにくいですね。しかし、水で潤った土なら直ぐに浸透しますね。その原理と同じです。
Wu5aq5u8h3qrhitjvish
乳液は全体の10〜30%が油分、その他は、保湿や美容成分、水分と油を混ぜ合わせる乳化剤で構成されています。化粧水に比べるととろみのあるテクスチャーが特徴です。油分が多い分、肌への負担が多いイメージがありますが、どんな役割を持っているのでしょうか?

乳液は潤いを閉じ込める蓋の役目

Iaph4nr7g3ztij9ddfhl
肌は空気に触れている上、体温や外気温によって肌水分は常に蒸発しています。そこで活躍するのが乳液です。乳液には、多くの油分が含まれているため、水分の蒸発を防ぐための蓋の役割を成してくれるのです。例を挙げると、食べ残したご飯をそのまま放置していると硬くなりますが、ラップをかけておいたご飯は時間がたっても柔らかい状態をキープしていますよね。ラップと同じような働きが乳液にはあるのです。
R4nwyyuzdptanxqpqyts
ここからが今回の本題でもある「化粧水と乳液どちらを先につけるか」について解説を進めていきます。肌に塗ることに変わりはないのだからどちらが先でも一緒だと思っていた人にとって、順番がどれだけ大切かわかる項なので、しっかり勉強していきましょう。

化粧水が先で乳液は後

結論から述べると、化粧水をつけてから乳液を塗り込む順番が正しいつけ方となります。化粧水のメインの成分は水分、乳液は油分ですね。もし、油分を先に肌へ与えてしまったらどうなるでしょうか?その後与える化粧水の水分が先に与えた乳液の油分によって弾かれてしまうため、浸透することができません。肌を柔らかく保つ土台ができていない状態で蓋をしても、美容成分は角質層まで届かないため、付ける意味がなくなってしまうことが理由です。
Mob49hqzbhwjccsgiee5
乳液には、一般的に「乳液」と呼ばれているタイプと「先行乳液」と呼ばれる2種類のタイプがあります。今まで紹介してきた乳液は一般的な乳液タイプです。それでは、先行乳液とはどんな乳液なのでしょうか?つける順番と共に、特徴を見ていきましょう。

スキンケアの一番初めに使う基礎化粧品

化粧水を一番初めにつけるように解説してきましたが、なんと、先行乳液は化粧水の前につける基礎化粧品なのです。構成成分は「水分、油分、保湿成分」がバランス良く配合されています。肌をより柔らかく保つ効果が高いため、化粧水よりも前につけるのが正しい使い方となります。化粧水の水分がより広く深く角質内部まで届くような土台をつくるための縁の下の力持ちが先行乳液なのです。乾燥で悩む人におすすめですよ。
V0ebmords4cosgcozjmf
化粧水はたっぷり使いたい!と言うに必見です。2,000円以下で買えるお得な化粧水を3種類ご紹介します。1ヶ月で使い切ったとしても、1日66円以下で済むお手軽価格が魅力ですよ。もちろん、美肌成分にもこだわりました。

第1位「ナチュリエハトムギ化粧水」

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml
価格 ¥ 598
化粧水
500mlと大容量なのに驚きのプチプラ価格「702円(税込)」が人気の化粧水です。肌に刺激を与える界面活性剤などは含まれていないため、乾燥などによる肌トラブルで悩んでいる人にもおすすめです。保湿効果の高い成分「DPG」「ハトムギエキス」が肌に潤いを与えてくれるので、その後つける乳液の浸透率を上げてくれます。コットンにたっぷり染み込ませれば、ローションパックとしても使えますよ。

第2位「アクアレーベル ホワイト アップローション 」

アクアレーベル ホワイトアップ ローション 保湿・美白化粧水 (2) しっとり 200mL 【医薬部外品】
価格 ¥ 1,280
美白化粧水
シミやそばかすが気になる人には、メラニン(シミの原因)の生成を抑制するトラネキサム酸配合の アクアレーベルホワイトアップローションはおすすめです。保湿成分には肌本来の持つ力を引き上げるベビーアミノ酸が配合されています。肌を健康な状態へ戻しながら、同時に美白効果も得られるため、ベストコスメ7冠を受賞した実力派化粧水です。価格も200mlで1,280円なので、プチプラプライスでお得です。

第3位「肌ラボ白潤薬用美白化粧水」

肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水 170mL 【医薬部外品】
価格 ¥ 1,088
美白化粧水
ドラッグストアーで大人気のプチプラシリーズ肌ラボが第3位にランクインです。今回は、美肌に有効なアルブチンや、保湿効果の高いヒアルロ酸が配合されている白潤に注目してみました。塗り込むたびにもっちりとしたクリアな肌へ導く化粧水として、多くの方から指示を得ている商品ですよ。手軽に買えるのも魅力です。無香料、無着色なので、ナチュラルはな人にぴったりな化粧水です。170ml入って1,000円ほどなので、お財布にも優しいですね。
Dgylhx7cq95v7nt7mvu5
続いてはおすすめプチプラ乳液のランキングです。化粧水に比べると平均価格が少し高くなりますが、その分有効成分がギュッと濃縮されたアイテムを選びました。高いかなと思っても、日で割ってみるとそこまで負担にならない価格なので、選ぶ参考にしてください。

第1位「ミノンアミノモイストチャージミルク」

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク 100g
価格 ¥ 1,527
乳液
テレビCMでも大人気の第一三共ヘルスケアさんが発売した乳液が堂々の第1位を獲得しました。9種類の保潤アミノ酸や肌のキメやハリを整える浸透アミノ酸が配合されています。低刺激で弱酸性な上にアルコールフリー無添加なので、子供の肌でも使えるほど優しい乳液です。1本で約2ヶ月使えるため、プチプラ乳液ではこちらが一番おすすめな商品となります。100gで約1,500円と大変お得ですよ。

第2位「CLINIQUE クリニーク ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス 」

CLINIQUE クリニーク ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス 200ml [並行輸入品]
価格 ¥ 4,020
乳液
美肌成分として有名なビタミンCが豊富に含まれている「キュウリ果実エキス」配合の保湿と美白に特化した乳液です。その他には、高い水分保持力を持つヒマワリ油粕や抗酸化作用のあるオオムギエキスが含まれています。また、ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿効果の高い豊富な成分がシミやシワ、ニキビやくすみなど、すべての肌トラブルに働きかけてくれるロングセラー美容液として人気です。120gと48gの2タイプが販売されているので、プチプラを探している人は、まずは48gタイプから試してみるのがおすすめです。

SK-II R.N.A. パワーラディカル ニューエイジ

SK-II R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ 80g [並行輸入品]
価格 ¥ 14,300
乳液
透き通るような肌を持つ綾瀬はるかさんも愛用している乳液です。年を重ねるごとに目立ってくるシワや小じわにアプローチをかけるクロレラエキスや、肌の隅々まで潤いを与えるシアバターが、エイジングケアにもピッタリな商品です。価格はプチプラとは言えませんが、80gで約半年ほど使えるため、日で計算すると50円程度。日割りで考えればそこまで高くはないため、おすすめしたい商品として第3位にランクインさせました。
Obymbj5diovtshdeivqq
スキンケアで一番先につける先行乳液は、乾燥肌で悩むカサカサやザラザラを滑らかにする効果が期待できます。今まで先行乳液について知らなかった人も、この機会に使ってみてはいかがでしょうか?プチプラ価格のおすすめアイテムはこちらです。

イグニス エモリエントネイチャーミルク

Zl2pf28uox8egayxvwo6
爽やかなミントグリーンが印象的な可愛らしいボトルに入った先行乳液です。ほのかに香るヨモギの香りが、リラックス効果も得られる人気アイテムのひとつです。強い抗酸化・抗糖化作用のある無農薬栽培された「白神産ヨモギ」を使用、肌本来の力を引き出す「アシタバエキス」や「黒米エキス」がイキイキとした肌へ導いてくれます。また、肌に潤いを与えるコメヌカ脂質や細胞を活性化させるクマザサエキスも配合されています。自然の力がたっぷり入った乳液ですよ。
Rch09yiglqaognidctiz
基本的な付け方の順番は、化粧水の後に乳液をつけてあげます。先行乳液を使う場合のみ、化粧水は2番目、一般的な乳液は3番目となります。それでは正しいつけ方や効果を高めるためのコツについて紹介します。

洗顔後すぐにつけること

Nk66nglgasl8x3slrwib
化粧水も先行乳液も、洗顔をした後は時間を空けずにすぐにつけてあげましょう。肌表面についた水分が蒸発を始めてしまうと、同時に肌内部の水分まで失われてしまうためです。規定量を手のひらにとり、顔全体に押し込むようにつけてくのが正しいつけ方です。間違ってもパタパタとパッティングしないように気をつけて下さい。毛細血管を傷つけてしまう他にも、肌を傷める原因となってしまいます。内部まで浸透して欲しいと言う思いから、必要以上に叩き込むのはNGです。

効果を上げるコツ

X41jqxi41zjglornljgd
化粧水をつけ終わったら、すぐに乳液をつけていませんか?早く肌に蓋をしてあげたほうが良いと思いがちですが、効果を上げるためのワンランクアップしたつけ方はすぐにつけないこと、なのです。化粧水が肌内部までしっかり行き渡るにはある程度の時間がかかります。しっかりとした土台ができてから、乳液を塗ってあげるほうが浸透量もアップします。また、化粧水や乳液は手のひらで温めてから肌につけてあげるとより浸透率がアップするので試してみましょう。
Cgdphshrhgwk5hfia1qy
化粧水や乳液のつけ方で疑問として挙がってくるのは「手でつける?それともコットンを使う?」と言うつけ方ですね。答えは「手」です。なぜ手の方が良いのか、手を使うつけ方のメリットとコットンを使うデメリットについて見ていきましょう。

手を使うメリット

Rjq1pvxmvko2olzft5re
刺激が少ないことが最大のメリットです。手で優しく包み込むようにつけていくことにより、肌への摩擦が防げます。また、化粧水や乳液を温めながらつけられるので、浸透率を上げることにも繋がります。一方、コットンを使ってしまうと、肌とコットンの間で摩擦が起きてしまうと共に、化粧水などを温めながらつけることができないため、手でつける方が肌にとってプラスとなることが多いのです。しかし、手には雑菌がつきやすいため、綺麗に手洗いした手でつけましょう。菌がついた手でそのまま化粧水などをつけてしまうと、ニキビ発生の原因ともなってしまいます。
Lgkwr9iroycfvvpasofz
特に乾燥肌の人に効果があると言われているミルフィーユ塗りですが、実はせっかくつけた乳液や化粧水の効果を妨げてしまうため、やってみようと考えている人は注意が必要です。乳液をつけて化粧水をつけて、さらに乳液や化粧水を順番に重ねるミルフィーユ塗りについて最後に紹介しますね。

界面活性剤がトラブル肌を招く

保湿効果の高い乳液や化粧水をたくさんつけるつけ方は良いと言うイメージを、まずは捨て去りましょう。肌の保てる水分量は決まっています。たっぷり塗ったからといって、水分を倍以上保持することはできないのです。よって、たくさん塗っても塗り損となってしまいます。また、乳液に含まれる界面活性剤は、肌のバリア機能を弱めたり色素沈着を起こす原因となります。もちろん、化粧水の浸透を妨げると言う点でも、ミルフィーユ塗りは肌にとってマイナスとなってしまうためできれば避ける方が賢明と言えます。
V9bof3s2bctbqohm1ez1
化粧水と乳液は、一般的な乳液の場合は化粧水をつけてから乳液をつける、先行乳液を使う場合は化粧水をつける前に肌に塗ってあげる使い方が正しいつけ方となります。順番を間違えてしまうと、化粧水の浸透を妨げてしまうしまう上に、乳液に含まれる油分や界面活性剤は肌トラブルを引き起こしてしまうので注意しましょう。いくらおすすめなプチプラ商品を使っても、意味がなくなってしまいます。また、つける際には手で温めた上で使う、乳液は化粧水が浸透するまで(おおよそ5分程度)待つことが効果を高めるコツとなります。
肌ケアは毎日行うことで効果が現れます。また、使ったからと言って、直ぐに結果が現れるわけでもありません。面倒であっても、正しいつけ方や順番を守って毎日続けていくことが最大のポイントです。女性にとって、肌を綺麗に保つことは永遠のテーマです。日々の努力によって、若々しい肌をキープできるので、ぜひこの記事を参考に美肌に取り組んでみましょう。肌が綺麗になると、毎日が明るく華やかになること間違いありませんよ。