Ninvuzsvmiwvpkd62fxi

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

メイクは眉毛がポイント!美人眉になれる簡単ステップ教えます!

2018.05.24

眉毛の書き方一つで、お顔の印象があか抜けて、美人になれる眉毛メイクは、ポイントをおさえて平行になるように綺麗に仕上げましょう。これから、眉毛メイクが難しいという方に、簡単に美人眉になれるステップ、おすすめのメイク道具をご紹介します。美人眉になって素敵な笑顔になりましょう。

  1. 書き方ひとつで美人度アップする眉毛メイクの書き方が知りたい!
  2. メイク道具をそろえて眉毛メイクは綺麗な書き方をしよう
  3. 眉毛メイクをバランスよく平行にできる書き方をご紹介
  4. 眉毛メイクをバランス良く平行にできる書き方ポイント①眉毛を整える
  5. 眉毛メイクをバランス良く平行にできる書き方ポイント②眉尻から書き始める
  6. 眉毛メイクをバランス良く平行にできる書き方ポイント➂全体のバランスを見ながら仕上げる
  7. 眉毛メイクをより美しく仕上げるポイント①メイク道具を上手に使って眉下を綺麗に書く
  8. 眉毛メイクをより美しく仕上げるポイント②眉毛の量に合わせてメイク道具を使い分ける
  9. 眉毛メイクをより美しく仕上げるポイント➂横顔もチェックする
  10. メイク道具を上手に使ってあか抜けた眉毛になろう
メイクの印象を大きく決定づける眉毛メイクは、上手に書くことで、お顔の表情をあか抜けさせて美人に見せてくれますので、外さずに、とても綺麗にメイクしたい場所です。とはいっても、眉毛メイクは、メイクするのが難しいパーツですから、毎朝、鏡で眉毛メイクをすることに苦戦している方も多いのではないでしょうか?なりたい眉毛になりたいと思って、書き始めても、両方の眉毛の形が平行でなかったり、角度や、濃さが上手く書けなかったりして、仕上がり感に不満を持つこともあるでしょう。メイク時間は時短で綺麗に仕上げたいものです。これから、美人眉に仕上げることが出来る簡単ステップやおすすめのメイク道具をご紹介します。ポイントを押さえて、あか抜けた美人になりましょう。
眉毛メイクを美しく、綺麗に仕上げるために、いつもどのようなメイク道具を使っていますか?眉毛メイクを美しくしたいのなら、アイブロウコスメ道具を揃えましょう。アイブロウコスメには、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、パウダータイプ、眉毛マスカラがあります。出来れば、専用の眉ブラシもあった方が眉尻をより綺麗に書けますので、おすすめです。アイブロウコスメは、ブラック、ブラウンなどの色がありますが、選ぶポイントは、髪の毛の色や、肌の色に合わせると良いでしょう。髪の毛が黒くて、眉毛を落ち着いた印象に仕上げたいのなら、ブラック系を選ぶと良いでしょう。髪の毛が明るめで、キュートにふんわりとした印象に仕上げたいならブラウン系を選ぶと、優し気な印象になります。しっかり書きたいときは、ペンシルを眉全体に使って仕上げましょう。ナチュラル眉にしたかったら、パウダーで仕上げて、柔らかさを演出しましょう。パウダータイプを選ぶときは、明るい色、中間の色、暗い色と三色入りのアイブロウパウダーを選ぶと、ノーズシャドウにも使えますから便利ですよ♪
美人眉になるためには、眉毛を平行にバランスよく書くことが大切です。眉毛の片方が下がり気味だったり、上がり気味であったりすると、せっかくの美人メイクも台無しになってしまいます。バランスよく書くために、鏡と、アイブロウコスメを駆使して使いましょう。鏡は、手におさまるような小さなコンパクトを使うと、全体のバランスを把握できませんので、必ず、お顔全体が映るような大きめの置き型の鏡を使いましょう。前髪は、眉毛メイクをしているときは、邪魔にならないようにどかしておきましょう。正面をしっかりと見つめて、一本一本丁寧に書くことで、バランスの良い美人眉が完成します。これから、眉毛を平行に綺麗に書くことが出来るようにポイントをご紹介します。美しい眉毛を書きましょう♪
美人眉になれる最初の大切なステップは、自分の眉毛を整えることから始まります。鏡をみて、眉毛のラインが綺麗になるように、眉毛のムダ毛を処理しましょう。すっぴん眉毛の状態で、眉毛の形を整えようとすると、うまく形が定まらないことがあります。眉毛を整えるときは、なりたい眉毛の形をメイクした後に、はみ出ている部分を見つけて、そっと毛抜きで抜いたり、カミソリを使って処理しましょう。こうすることで、ナチュラルで、美しい眉毛に整えることが出来ます。毛抜きやカミソリで剃りすぎたりすると、手を入れ過ぎた眉毛の形になり、不自然ですので、気を付けてムダ毛を処理しましょう。眉毛が長くて気になるところは、はさみでカットしますが、切りすぎないように注意をしましょう。
美人眉になるためには、眉毛の書き方の順番を守ることが大切です。眉毛はいつもどこから書き始めますか?眉毛の基本の書き方の順番は、①眉尻、②眉山、③眉頭の順番です。眉毛を書き始める前に、眉毛に、眉山と、眉尻の場所をペンシルで印付けておきます。眉山は、黒目の外側の部分に、眉尻は、小鼻と目尻を結んだ延長線上にしましょう。では、早速、眉毛を書き始めましょう。眉山と、眉尻をペンシルで結んで、眉尻を書きます。次に、眉山の形を整えて、最後に眉山の形を整えましょう。パウダーで仕上げるときは、眉尻が一番濃く、眉頭は薄く、色づく程度にとどめましょう。眉頭を濃くしてしまうと、「眉毛を書きました」という印象が強くなり、眉毛の主張が強く感じますのでナチュラルに仕上げましょう。
眉毛には左右のバランスがとても大切ですが、全体のメイクのバランスを見ながら整えていくと、より一層あか抜けた美人眉になることが出来るでしょう。眉毛を書くときは、アイメイクを完成させてから書くと、眉毛のラインと、アイメイクのバランスが取れやすいのでおすすめです。アイメイクによっては、目の大きさや、表情が変わりますから、眉毛を目のラインに合わせて書くことで、より自然で綺麗な美眉毛にすることが出来ます。アイメイクをしっかりした時には、眉毛はナチュラルに薄めに書く方が、見た目もすっきりとして、バランスが良いので、是非メイクの強弱を上手につけて美眉を完成させていきましょう。
眉毛を綺麗に整えて、眉毛の形をアイメイクにも合わせたら、素敵な眉毛を書くことが出来ていますが、もっと、仕上がりを美しくしたいなら、アイブロウのメイク道具を使って、眉下のラインを綺麗に書きましょう。眉毛を書いていると、眉毛の上側のラインをしっかりと書きがちですが、下側を何も書いていないと、ぼさぼさの印象になり、手抜き感が出てしまいます。眉毛の上側のラインを書いたように、下側もラインをしっかりと付けましょう。こうすることで、眉毛の印象がすっきりと綺麗に見えます。眉の下側のラインを付けるときは、ナチュラルに仕上げましょう。ペンシルで書くと印象が強くなりますので、眉ブラシを使って、パウダーで薄くなぞるように少しずつ付けていきましょう。
美人眉毛になるためには、薄い眉毛の場合と、濃い眉毛の場合によって変わってきます。眉毛がもともと薄い眉毛の場合には、ペンシル、パウダー、眉マスカラを使うと良いでしょう。細いアイブロウペンシルで眉毛を一本一本丁寧に書き足していき、最後に眉マスカラを使って、眉毛にボリュームを出すと良いでしょう。眉毛が濃い場合は、眉毛を濃くしないように眉毛に薄く色付けて、眉毛をメイクしましょう。パウダーとアイブロウペンシルを使って、ナチュラルに仕上げましょう。
最後に、横顔のチェックを忘れないようにしましょう。正面から見たときは、綺麗に書けているように見えますが、横から見た時、眉毛の間にパウダーが上手くついていなくて、隙間が見えてしまうということもあります。角度を変えて、眉メイクの仕上がりを確認しましょう♪
美人眉になれるステップをご紹介しました。美眉毛になって、美人メイクを完成させましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7e/7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_t.jpeg