Ansgidf2d1vp2aadwlu1

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

メイクの練習の仕方が知りたい!その方法をおすすめの本と一緒にご紹介!

2020.08.01

メイクを綺麗に仕上げるためには、事前に、練習をすると良いでしょう。これから、魅力的に見えるメイクの練習の仕方をご紹介します。練習のポイントは、ゆっくりと順番を守って練習することです。綺麗なメイクになれる方法やヒントがたっぷり書かれたおすすめのメイク本もご紹介します。

  1. 綺麗になれるメイク練習の方法を知ろう
  2. メイク練習の仕方①スキンケアはしっかりとしよう
  3. メイク練習の仕方②アイメイクは見た目を意識しよう
  4. メイク練習の仕方➂ファンデーションは薄付きにしよう
  5. メイク練習の仕方④リップで唇を魅力的に
  6. メイク練習の仕方⑤眉メイクはナチュラルでも手抜きをしない
  7. 綺麗になれるメイクの練習方法はメイク本を読むこと
  8. 綺麗になれるメイクの練習方法ができるメイク本をご紹介:引き寄せメイク #自分史上最高に可愛くなる
  9. 綺麗になれるメイクの練習方法ができるメイク本をご紹介:テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる
  10. テクニック上手になってお似合いのメイクを完成させよう
お気に入りの綺麗なコスメを使って、メイクをしてみたけれど、仕上がりが思ったように綺麗に仕上がらなくて、メイクが上手くできないという悩みを持ったことはありませんか?綺麗で魅力的なメイクにするためには、コスメに頼っていては叶うことが出来ません。メイクには、テクニックや、ワザが必要です。各パーツのメイクが上手にできないのであれば、時には、練習をする事も必要でしょう。朝の忙しい時間に、メイクをする時は、慌ててメイクをしてしまうと、メイクが崩れやすく、綺麗が長持ちしなくなることがあります。崩れにくいメイクにしたいなら、順番を守ることが大切です。これから、メイクを長時間綺麗に見せるための練習方法をご紹介します。最後の方で、おすすめのメイク本もご紹介しますので、メイクのヒントを見つけてはいかがでしょうか♪
お肌が綺麗に見えるように、メイクの厚塗りをしたり、肌トラブルをメイクで一生懸命隠したりしてしまうと、メイクの肌なじみが悪く、全体のメイクの印象が良く見えないことがあります。毎日スキンケアの仕方を練習をしましょう。メイクを美しく仕上げるためには、基本のスキンケアを毎日しっかりとすることが必要です。洗顔後、たっぷりの化粧水を手に取って、お顔にやさしく馴染ませていきましょう。化粧水の後は、乳液の油分でお肌の潤いが逃げないようにパックをしましょう。メイクの前に、毎回、スキンケアをしっかりすることで、ファンデーションの仕上がりが格段に良くなります。お肌に大敵の紫外線も、紫外線カットクリームをファンデーションの前に塗ることで防ぐことが出来ますのでおすすめです。
アイメイクは、目を大きく見せて、魅力的な目元を作ることが出来るので、ついつい、手の込んだメイクをしてしまう場所です。マスカラを多めに付けてしまったり、アイラインを太く長く引いて、目を少しでも大きく見せたくなってしまいますが、あまり手を込めすぎてしまうと、逆に目が小さく見えてしまうことがあります。アイメイクは、適量を塗ることが出来るように、練習しましょう。目を大きく見せたいなら、アイシャドウは何色も使わず、1,2色にとどめましょう。まつ毛はビューラーや、部分ビューラーを使って、根元から少しずつ、くるんと上向きカールにしてみましょう。こうすることで、白目が際立ち、ぱっちりとした大きな目元に見せることが出来ます。カールキープ力のあるマスカラを使って、何度か重ね塗りすることでボリュームを足していきましょう。余分なマスカラ液は、最初にティッシュで取るなどして、ダマにならないように気を付けて塗りましょう。
ファンデーションの前に、下地を塗ると、ファンデーションの密着度が高まり、長時間ヨレにくく、崩れにくい美肌をキープ出来ますのでおすすめです。ファンデーションは、肌色に合うものをチェックして使いましょう。なりたい肌タイプに合わせて、パウダーにするか、リキッドファンデーションにするか選びましょう。ファンデーションは、薄付きでもカバー力に優れているものを選ぶと、ナチュラルな仕上がりで綺麗に見えますよ♪何度も重ね塗りすることで、よれやすくなりますので、どれくらいの量が適量なのか、練習して確認しておいた方が良いでしょう。少量をとり、お顔の中心から外側に向けて優しく伸ばして付けていきましょう。
女性の魅力を高めてくれるリップメイクは、メイクに合わせて統一感のある仕上がりにしましょう。ブラウン系でまとめているなら、ベージュ系のリップを、ピンク系でまとめているなら、ピンク系のリップを選びましょう。目元にインパクトのあるメイクをした時は、口元は控えめな色味で、メイクのバランスをとることが大切です。リップは保湿してから、リップ下地を塗り、口紅を塗ると綺麗に発色してくれますので、リップを綺麗に塗れるように、何度か練習を重ねましょう。
メイクの中でも、悩みの多いのが眉毛ではないでしょうか。毎回、眉毛を書くのが難しくて大変というお悩みを持っている方が多いパーツでしょう。眉毛は、ナチュラルな仕上がりがお洒落ですが、眉メイクの前は、ムダ毛を処理して、、形を整えることが大切です。眉尻は、濃いめのカラーにして、眉山はパウダーで、整えます。眉頭は、明るめのブラウンパウダーで、軽く色づける程度にとどめましょう。薄い眉、濃い眉タイプ別に、眉毛の整え方が変わりますので、眉タイプに合った整え方を練習して、手抜きの無い綺麗な眉毛にしましょう。
ここまで、メイクの練習方法についてご説明してきましたが、もっと、メイクを上手にしたいという方には、メイク本を読むことをおすすめします。ファンデーション、アイシャドウ、マスカラ、アイライン、リップ、チークの塗り方などは、ネットからでも知ることが出来ますが、メイク本には、より深く掘り下げたメイクのワザが沢山かかれています。写真付きで分かりやすく紹介されていますので、すぐに実践しやすく、綺麗を手に入れることが出来ますよ♪これから、おすすめのメイク本をご紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KkRlNLRLL.jpg
自分の素材の良いところを引き立てて、可愛くなれるワザが沢山かかれた「引き寄せメイク # 自分史上最高に可愛くなる」高橋 有紀 (著)。テクニックに頼りがちなメイクですが、メイクはテクニックに頼らずに、簡単な技を駆使するだけで、簡単に、あか抜けた綺麗なメイクをすることが出来ると教えてくれます。紹介されているメイクワザを実践することで、今よりもっと自分に自信が持てるようになりますよ♪ポイントメイクの説明も大きな写真で見やすく、分かりやすいです。1,458円(税込)です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81yGLY4HZcL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tCsdZPaRL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
15万部の大ヒットメイク本になった、「テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる」は、ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんが、テクニックを使って綺麗になれる方法を教えてくれているメイク本です。年齢や、流行などに流されず、「キレイ」を引き出すワザが沢山紹介されています。「長井メイク」は、メイク方法すべてが、理論に基づいているので、的で、ワザを実践することで、確実に美しくなれますよ♪メイクの方法も、大きな写真で一つ一つ丁寧に説明しているので分かりやすいです。年齢を重ねても美しくメイクをしていきたい方に是非おすすめです。1,620円(税込)です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HzXcxS3RL.jpg
メイクの練習方法と、人気のあるおすすめのメイク本をご紹介してきました。メイクが上手になるためには、毎日の練習を続けていくことが大切です。時には、メイク本を読んで、本の中から綺麗のヒントをもらうようにしましょう。綺麗になりたいという願いが、あなたをもっと美しくしてくれますよ♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9a/9a8f07e5695eadf82a3771d340152111_t.jpeg