Jzh1bwszmdkl4jcclkyd

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メイク】人気プチプラアイテム2018年版!流行りのやり方と一緒にご紹介!

2020.08.01

メイクを楽しむなら、人気のプチプラコスメで沢山試したいですよね。今年のトレンドは今までより大きく進化してきていますから、メイクのやり方も変わってきていますよ。2018年人気のメイクアイテムと、流行りのやり方もあわせてご紹介していきますので、みていきましょう。

  1. 2018年人気のメイクのトレンドは?
  2. 人気のメイクはトレンドカラーで
  3. 今年の人気メイクのための基本肌
  4. プチプラで作る人気メイク・ベースとファンデ
  5. プチプラで作る人気メイク・フェイスパウダー
  6. トレンドの人気メイクで作る肌はハイライトで
  7. プチプラで作る人気メイク・アイブロウ
  8. プチプラで作る人気メイク・アイシャドー
  9. プチプラで作る人気メイク・アイラインとマスカラ
  10. プチプラで作る人気メイク・リップ
  11. プチプラで作る人気メイク・チーク
  12. まとめ
2018年のメイクのトレンドは、これまでと大きく進化してきています。その進化とはどんな傾向なんでしょう?
Xuqs0ow22lhvw5hgrbvx

ナチュラル・引き算で見せるメイク

2018の流行りはズバリ、ナチュラルメイク美人です。決してすっぴんでなく、メイクはしているのだけれど、厚塗り感のない自然な血色や明るさがあります。トレンドのナチュラルメイクは、ふだんメイクにはない、こなれ感があるメイクです。最低限のメイクアイテム数で最大限の魅力を出す、引き算のメイクのやり方は、そのぶん今までとは違う手のかけ方です。
毎年トレンドカラーは変化していきます。2018年はどんなトレンドカラーなのかみてみましょう。

トレンドのカラーと光

Xivn5bvp8vixjohebir3
ファッション界の今年の春夏のトレンドカラーは、ラベンダー、レモンイエロー、ミントグリーン、ブルーです。メイクでは全体的に淡いトーンで、パステルの様なふんわりしたビタミンカラーです。発色は良くても濃くはありません。春夏はツヤ感、濡れ感を出すのが大切です。夏向けメイクでは毎年の定番カラーのブルーに加えトレンドカラーを合わせて、さらにラメやグリッターで、涼しさ漂うキラキラ感をプラスするのがトレンドです。
メイクのトレンドはツヤ感と濡れ感が大切とお知らせしましたが、メイクだけで作ろうとすると重ねることで厚塗り感が出てしまいます。そうならないためには、お肌のケアでトレンド肌のベースを作っておくと、自然な感じのメイクができますよ。保湿に力を入れて、パックや美容液、クリームは欠かさないようにしましょう。
ナチュラルメイクは、透明感のあるお肌づくりのためにベースを使いましょう。乾燥肌の方には保湿力の高いベース、脂性肌にはテカリを抑えるベースを使いましょう。これからの時季には汗による化粧くずれとエアコンによる乾燥が繰り返されます。下地があることで、ファンデーションの着きと持ちがよくなります。ファンデーションは、密着力の高いリキッドファンデーションが透明感あるお肌に見せてくれます。
キャンメイク/マシュマロフィニッシュベースは汗による化粧崩れを防いでくれます。
セザンヌ/UVウルトラフィットベース肌の色むらカバー用の下地は、ツヤ肌で透明感があるのにピタッと密着します。
フェイスパウダーは、しっかりとのせることで化粧崩れがしにくくなりますから、色のない透明タイプがおすすめになります。
キャンメイク/カバーアンドストレッチコンシーラー、シークレットビューティーパウダーです。ウォータープルーフとUVカット効果のあるコンシーラー、かわいいコンパクトのようなパウダーです。
ふんわりとしたナチュラル眉が今年のトレンドです。毛流れを整えてからブラウンのペンシルで書き足してからぼかし、眉尻はパウダータイプでなぞるのが自然です。ブラウンやイエローなどのアイブロウマスカラを使うのもおすすめです。
ケイト/3Dアイブロウマスカラは高発色で落ちにくいです。毛流れが立体的で全体がふんわりとしたカラーになります。
セザンヌ/パウダーアイブロウです。眉のまばらな所はペンシルで描き足します。眉頭より少し後ろから全体にブラウンをのせます。眉尻に濃いブラウンを伸ばしてぼかします。
ケイト/アイブロウペンシルは、パウダーも付いて立体的な眉をつくってくれます。
アイシャドーのトレンドは、グラデーションで見せるアイシャドーから、単色使いのアイシャドーへと変わってきました。単色アイシャドウは、ラメやパールの入ったキラキラ光るもので、目元を立体的に引きたててくれます。光が品格顔にしてくれます。いくつかのカラーのアイシャドーの重ねづけと違って、引き算メイクは光で立体的に見せるのがポイントです。アイシャドウベースと薄い発色のシャドーを重ねて大きく広げてぼかします。
無印良品/アイカラー4色は、目元にやさしいオリーブスクワラン、カミツレ花エキス配合です。
エスプリーク/セレクトアイカラーはダイヤモンドパウダー配合で上品な雰囲気になります。
マリブ/ビューティーカラーブレンドアイズ統一感のあるカラーとアクセントカラーでシーンや気分で組み合わせを変えられます。 多色のパレットタイプは仕事用や休日用など1つで使いわけができます。
キャンメイク/ウィンクグロウアイズはジェルタイプなのにサラサラのパウダーのようにの広がります。ゴールドですが光りすぎません。目元の保湿もしてくれます。
マジョマジョ/新作アイシャドー、薬用パウダー、小顔に見せるパウダー、カラーマスカラです。マスカラは赤、アイシャドーも綺麗な色です。
2018年春夏のアイメイクは、今までの「目の周りを囲んできっちり描いて」から変化してきています。黒やブラウンできっちり描くのとはちがってkカラーアイライナーの、部分使いやぼかし使いがトレンドです。アイシャドーが上品な分黒で囲むとバランスが悪くなるので、ブラウン系やトレンドのカラーを控えめにさし色に使ったり、アイシャドーへとぼかしてとなじませます。
セザンヌ/ジェルアイライナーはブラック、ブラウン、ネイビーの3色です。するするラインが描きやすいのにこすっても落ちにくいです。ぼかして使うとアイカラーとしても使えます。
トレンドカラーの変化とともにコスメのカラーにもパステルカラーやビタミンカラーが流行りになっています。それとともに深い色、マットな質感なども登場しています。
I0mfseoz3wvaybuvxnau
ただリップは血液の色がにじみ出る感じの自然さ、ナチュラル感を大切にしてます。ツヤ感や濡れ感はグロスで出しますが、唇全体にのせるの尾ではなく、中央にのせるやり方に変わっています。パッケージの見た目がかわいくおしゃれで、集めるのが楽しみになる小さくて個性的なものが人気です。リップにもチークにもアイシャドウにも使えるものは、ポーチがごやごちゃにならず使いやすいですし、顔全体のカラートーンが揃いますよ。
ヴィセ/リシェリップ&チーククリームはクリームタイプで、リップとチーク両方に使えます。リップで使うとハーフマットな唇になりますし、チークに使うとツヤ感のあるチークになります。
ヴィセ/リシェクリスタルデュオリップステイックはじゅわっと広がってツヤツヤする感じの唇になれます。
キャンメイク/リップティントシロップ・リップティントジャムはリキッドタイプで、つけると浸み込む感じで発色します。唇自体の血色が出ているような色味です。
チークはピンクやオレンジが主流です。今までは丸くのせていましたが、目のすぐ下の頬骨にハート型にのせてから広くぼかします。こめかみまでのぼかしと、ハートのとがった部分によって、顔の下部分が小顔に見えます。ブラシでのせる、指でのせる、パフでのせるなどさまざまなタイプで、パッケージも可愛いものが多いです。
マジョマジョ/チークカラーです。
無印良品/チークパウダーは可愛くてブラシでぼかせば自然な血色でふんわり顔になれますね。
Opzujbkmputpst2mlwjj
さて、2018年のプチプラコスメはずいぶん変化していましたね。より自然だけれど、その中でもインパクトのある光やツヤが加わることで、今までの普通メイクがこなれた感じになっています。肩肘はっていなくて、できるだけ少ないアイテムでメイクを完成させるからぬけ感も出るんですね。あなたもプチプラコスメなら、これから夏に向かっていろんな色のメイクが楽しめそうですよ!