G28l5uvbjfbdihdksnel

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水はコットン?手?もったいないとは言えないニキビへのおすすめの使い方

2018.05.14

化粧水を行う時には手を使っていますか?コットンを使っていますか?なかなかどちらが良いとも言い切れない雰囲気ではありますが、実際はどちらの方がメリットがあるのでしょうか?もったいないとは言えないそんな化粧水の使い方、ニキビには?手とコットンのおすすめについてご紹介します。

  1. 化粧水は手?コットン?
  2. 化粧水は手?コットン?それぞれのメリット・デメリット
  3. 化粧水は手?コットン?「手の場合」
  4. 化粧水は手?コットン?「コットンの場合」
  5. お肌にニキビができてしまった時には手?コットン?
  6. 化粧水を使う時のおすすめの方法 手&コットン
  7. 化粧水を使う時のおすすめの方法「手の場合」
  8. 化粧水を使う時のおすすめの方法「コットンの場合」
  9. コットンのNGあるある
  10. まとめ
Ijaxgifntxgwb4hl0vsh
普段化粧水を使う時には、手でしょうか。それともコットンですか?どちらも間違いではありませんし、使い方も違ってきますが、メリットが多くあるのはどちらなのでしょうか?また、それぞれに適した使い方など意外にはっきり知らないと言う事もあるのではないでしょうか。そんな時に参考にしていただきたい、化粧水のおすすめの使い方や、手やコットンの使い方、ニキビの時に適した方法などについてご紹介して行きたいと思います!さっそく見て行きましょう!
Bejwn9dpmgqr5qdrmf9l
ではまず最初にそれぞれの使い方のメリットやデメリットから見て行きましょう!適した使い方などについても触れて行きたいと思います。バッチリチェックして行きましょう。もうどちらかをえらんでも、もったいないとは言わせません!それぞれの特徴を捉えて、しっかりケアして行きたいですね!
B70n9gdumbzy1dh8u6jy
ではまず手の場合のメリットから見て行きましょう。手の場合には、お肌の状態に関わらず使いやすくなります。直接お肌の温かみで、化粧水を浸透しやすくなりますし、お肌の状態を肌で感じる事ができます。難しいテクニックが必要ありませんし、お肌の摩擦も少ないですのでとっても手軽な方法です。

化粧水は手?コットン?「手の場合のデメリット」

ての場合のデメリットは、どうしても化粧水のボトルなどを直接手で触れやすくなってしまい、衛生状態を悪くしてしまいやすいと言う点にあります。また手自体が清潔でないと、お顔に余計な雑菌をつけてしまいやすいです。スキンケアをする時には、お顔だけではなく手の清潔にも必ず気を配る必要があります。
Qbbfjganm427fgsueayh
コットンの場合のメリットは、直接化粧水のボトルなどに触れる事がありませんので、清潔に化粧水を使う事ができます。化粧水パックができると言うのも特徴ですね。また、お肌に滑らせる時に摩擦が起きますが、その時に不要な角質を取り除く事ができます。拭き取り化粧水などを使用する時には、必ずコットンの使用が必須になって来たりもしますね。コットンにしかできない事でもあります。そしてコットンの場合には均等に伸ばしやすいと言う点が挙げられます。

化粧水は手?コットン?「コットンのデメリット」

コットンの場合には、デメリットとして挙げられる事は毎日の使用するには、お肌への刺激となりやすくなってしまう点があります。また、コットンに染み込ませて使うと言う性質上、手で行う時よりも化粧水をより多く使用する事になります。そしてコットン自体を購入しなければならないと言う点もあります。費用の面でもったいないと思われる事が数点あると言えます。
Xbopeajkfef0bdgfcowu
お肌にニキビができてしまっている時には、コットンは使わないようにしましょう。また、ニキビ以外に炎症や赤みが出ている時にも、コットンは毛羽立ちがお肌への刺激となってしまいますので、使用しないようにした方が良いでしょう。ニキビができている時には、手で優しくしっかり保湿をして、刺激を与えたり触らないようにするのがベストです。
Ejb89rz9anycwgpp4zqh
ではここからは化粧水を使うときの、手の場合の使い方と、コットンの場合の使い方についてご紹介して行きたいと思います。それぞれポイントを押さえておきましたので、バッチリチェックしておきましょう!では見て行きます!
Zpzl0dsu8txqskkrpmak
では手の場合のおすすめの方法をご紹介して行きたいと思います!まずは手も清潔な状態にしておきましょう!そして化粧水などのボトルの口には直接触れないように気をつけましょう。化粧水自体に雑菌を繁殖させてしまう原因となってしまいます。また、一度取り出した物を戻すのもやめましょう!

手のひらに取り出す

手のひらに適量の半分の量を取り出して、少し手でかき混ぜるようにして、化粧水の温度を上げるようにします。冷たい状態のままお顔に乗せないように気をつけましょう!程よいくらいになったら、お顔に馴染ませて行きます。ムラなく全体に行きわたるようにして行きます。なるべく摩擦をかけないように、軽く押して行くようにハンドプレスしながら、浸透させて行きます。

全体ができたら、もう一度

全体を馴染ませる事ができたら、もう一度適量の半分を取り出して全体に馴染ませて行きます。このように2回に分ける事によって、ゆっくりとお肌に浸透させて行く事ができます。使用量としては適量と同じ量なのでもったいないと言う事もありません。同じ量を1度に馴染ませた時よりも、お肌のもっちり感が違って来ます。ぜひ試して見て下さいね!
Lzny8fych7zrwxndiwff
ではコットンの場合を見て行きましょう。手で行う場合には手を清潔にとありましたが、コットンの場合でも極端に汚れていると言う事の無いように気をつけましょう。コットンの場合でも、清潔な手で行なって下さいね。コットン自体は、なるべく毛羽立ちにくい薄手のタイプの物が使いやすいでしょう。物によって、使い心地は変わって来ますので、ぜひお気に入りを見つけて下さいね。

コットンに取り出して馴染ませる

ではコットンに適量を取り出して行きます。この時にもったいないとケチってしまうと、湿っていない部分がお肌に触れてしまい刺激となってしまいます。もったいないかも知れませんが、たっぷり使っておきましょう!適量はそれぞれの化粧水を確認してください。コットンに取り出せたら、人差し指と小指でコットンを挟み、内側から外側に向かって滑らせて行きます。そっと、コットンの流れに沿って行いましょう。

化粧水パックをする

全体に馴染ませる事ができたら、縦に2から3枚ほどに割いて、化粧水パックをして行きましょう。お好みに応じて、もう1枚コットンを使用して、全部で5枚になるようになどしても良いですね。乗せる場所の例としては、両頬、おでこ、鼻、顎です。お顔に乗せたら3分以内を目処にして、パックを終了します。長時間行なっていると、お肌に染み込ませた水分をコットンが再度吸収してしまう事がありますので、気をつけましょう!
Salm1tw4xplcws1i52sp
では手よりもコットンの方がテクニックが必要と言われていますが、よくありがちなNGあるあるについてご紹介しておきたいと思います!うっかりやってしまっているかも知れませんが、お肌に負担をかけてしまっているかも知れません。チェックしておきましょう!

コットンのNGあるある「コットンの向き」

コットンの繊維の向きに関係なく滑らせてしまうと、一気に毛羽立ってしまいます。使い方の項目でも少し触れていますが、ひどい場合には毛羽立ちだけではなくダマのようになってしまう事すらあります。使用する時には、繊維の流れに沿って滑らせて行くようにしましょう。使うコットンは、シルクコットンや、オーガニックコットンなどを使用するようにしましょう。ちなみにティッシュはお肌に良くありません!気をつけましょう。

コットンのNGあるある「パッティング」

パッティング自体はNGではありませんが、パッティングのやり方が間違ってしまっている事があります。パッティングを行う時にはできれば、新しくコットンと化粧水を取り出して行いましょう。おすすめの方法としては、とにかく優しく力を入れずに行います。そして毛羽立ちが出て来てしまったら、その時点でやめておくか新しく用意するようにしましょう!
Sxrex1nja67v0xjssuik
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまで化粧水のおすすめの使い方は手の方が良いのか、コットンの方が良いのかやニキビへの影響、もったいない方法などについてご紹介させて頂きました!とっても身近な化粧水ですが、ケアの方法も様々です。ですが、少しでもメリットの多い方法で使いたいですよね。ぜひ参考にしてみて下さいね!化粧水のタイミングに関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね!