Drfazaayldjcwx2fz5qi

心理

CATEGORY | 心理

失恋の名言とは?片思いの恋から立ち直れるおすすめ一言を紹介!

2018.06.09

失恋や片思いの名言を耳にすると失恋や片思いから立ち直る気持ちが出てきます。恋や失恋や片思いの名言というものは、心に響き、突き刺さるものがあり、たった一言だったとしても失恋から立ち直るには十分すぎるくらいの良さがあります。今回はそんな失恋や片思いの名言や一言に注目!

  1. 失恋の名言や一言は、失恋から立ち直る強い武器になる
  2. 心に響く失恋の名言や一言:【失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。】ココ・シャネル
  3. 心に響く失恋の名言や一言:【女は、人生で一度や二度はワルい男を愛してしまうの。】マージョリー・キナン・ローリングス
  4. 心に響く失恋の名言や一言:【涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。】ドロシー・ディックス
  5. 心に響く失恋の名言や一言:【失恋して痩せることが出来るのなら、何回でも失恋したいわ。】コレット
  6. 心に響く失恋の名言や一言:【別れることがなければ、めぐり合うことも出来ない】
  7. 心に響く失恋の名言や一言:【失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。】ウルスラ・アンドレス
  8. 心に響く失恋の名言や一言:【一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから。】戴聖
  9. 心に響く失恋の名言や一言:【恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。】シェイクスピア
  10. まとめ
Jigyybpemj4pt2nj6vmc
失恋や片思いの名言や一言は昔から、そして今現在もたくさん生み出されています。それだけ恋愛というものは失恋と切っても切り離せないものであると同時に、失恋や片思いから考え、何かを得るということがとても多いことだと言えます。
Ppecwldnfdgxqvwrsvql
失恋や片思いの名言や一言を残した偉人たちは、恋愛や失恋や片思いを経験したり目撃したりして、その中で自分が思う言葉を名言として残しているため説得力や考え方、名言や一言から感じられる価値観はとてつもなく魅力的で、心救われるものがあります。失恋をした時こそ失恋の名言や一言を見てみると、前向きな気持になれ、失恋から立ち直る強い武器として必ず支えてくれるはずなので、失恋をした時は失恋の名言こそチェックするようにするのがおすすめです。
ココ・シャネルの名言である【失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。】というものは、失恋の名言というよりも人生についての名言や一言とも感じさせますが、失恋というものを失敗と捉える人にとっては大きく心に響く名言になるはずです。
実際恋愛というものは、最初から上手くいくほど甘いものではありません。色々な経験をし、時には失恋をして立ち直ることを繰り返して、ようやく本当の幸せを掴むことが出来るものでもあります。ココ・シャネルのこの一言は、そんな失恋に対して背中を押してくれるような温かさと力強さを感じさせてくれるような、失恋から立ち直るにふさわしい名言となっています。
この失恋の名言には続きがあります。【女は、人生で一度や二度はワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。】という、アメリカの小説家であるマージョリー・キナン・ローリングスが残した名言になっています。
失恋をする中には、悪い男につかまった、酷く辛い思い出を経験した、という人もいるでしょう。そんな人からすれば失恋は大きな傷になり、立ち直ることが出来ても恋愛をするのは怖いと感じてしまうものです。しかしこの失恋の名言は、そんな臆病な恋心を支えてくれるものになるのです。酷い思いをしたからこそ、次は幸せになれる、そんな気持ちにさせてくれる失恋の名言なのです。
失恋の名言で立ち直る一言になっているのが、アメリカのジャーナリストであるドロシー・ディックスが残した【涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。】というものです。失恋をすると一生分の涙を流したのではないかと思えてしまうほど、泣いてしまうこともあるでしょう。それだけ心はズタボロに、立ち直るのが難しいと思えるくらいに失恋の傷は深いものです。
しかし、この名言でもあるように、確かに涙を流した後の視界というものは開けている感じがして、明るい光が入ってくるものです。失恋をして一つの恋を目が洗えるほどの涙を流した後は、新たな恋に向けて視線も心も前を向き、まるで幸せな恋に導いてくれるかのように明るい光が貴女を照らしてくれるのです。
フランスの女性作家であるコレットが残した失恋の名言は、【失恋して痩せることが出来るのなら、何回でも失恋したいわ。】という非常に前向きなものとなっています。確かに失恋をすると食欲もなくなり、痩せてしまう人はいるでしょう。それは不健康な痩せ方だったとしても、今までダイエットをして結果が出なかったのに失恋ではこんなに簡単に痩せてしまうなんて…と驚いた経験がある人もいるでしょう。
失恋したら痩せるというのは考え方によってはこの名言のように前向きですし、痩せた自分は新たな自分として受け入れ、より魅力的な自分になれるように自分磨きにより力も入れやすくなります。痩せて綺麗になればそれだけ素敵な出会いは増えるはず…そんな思いにさせてくれる、失恋から立ち直ることの出来る名言なのです。
思わず「確かに」と頷いてしまうほど、簡潔ながらも心に強く響く失恋の名言である【別れることがなければ、めぐり合うことも出来ない】というものです。これは西洋のことわざとして知られているものであり、失恋をして喪失感に包まれる人を優しく、しかし力強く支えてくれる一言になっています。
たしかに、失恋というものは非常に悲しいものですが、失恋をしたからこそ新たな人と恋は出来るものです。特別な誰かがいる状態で恋をするのは禁物ですし、そもそも出会いはほとんど訪れないものです。失恋は悲しいものですが、失恋をしたということは新たな人と恋愛出来るチャンス、そんな前向きな気持ちを思い出させてくれる失恋から立ち直る一言となっています。
失恋をするともう恋をしたくない、傷つきたくないという気持ちになりますが、そんな思いも安心させてくれる失恋の名言が、スイスの映画女優であるウルスラ・アンドレスの【失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。】というものです。
実際、恋は経験をすればするほどに上手くなるもので、最初は恋の仕方がわからずに失恋をしていたとしても、少しずつ恋の仕方がわかってくると、失恋をすることはあっても成功への道は確実に伸びていくものです。失恋は次の恋に対する恐怖にもなりますが、失恋という経験は必ず次の恋を成功させるための、失敗しないための免疫になるのです。
中国の儒学者である戴聖が残した失恋の名言である【一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから。】というものは、新たな恋愛に対して希望を抱くことの出来る、失恋から立ち直る名言となっています。
失恋をした直後は、この人しかいないという気持ちになるものです。しかし失恋をしたということは運命の相手はその人ではなかったということですし、同時にたくさんの異性と恋愛出来るチャンスを獲得出来たというわけなのです。この人しかいないというのは失恋直後の気持ちではあるものの、男も女もたくさんいる、その中にはさらに自分に合う人がいるはずだ、そんなことを思わせてくれるこの失恋の名言は、新たな恋への背中を押してくれる心強いものだと言えます。
イギリスの劇作家であり詩人であるシェイクスピアは数多くの恋愛に関する名言や一言を残していますが、その中でも失恋の気持ちを少しでも和らげてくれるというのが【恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。】というものです。確かに、恋はため息や涙がつきものであり、時には笑顔でいるよりも多いのではと感じてしまうものです。
失恋をすると、何でため息や涙ばかり流しているのだろうと思えてしまうものですが、恋愛そのものがため息や涙ばかりのものだと考えてみると、気持ちは少し楽になるものです。たくさんの恋愛に関する作品を生み出し、名言も残したシェイクスピアだからこそ説得力が強く感じられる、そんな失恋の名言です。
Cstfawsbhngqdtmyka7d
失恋の名言を耳にすれば、失恋して心が荒んでいたとしても、どこか明るい気持ちになるものなのです。それほどまでに失恋の名言や一言というものが失恋の心に与える影響はとても大きく、また、恋愛についても改めて様々なことを考えられるようになります。失恋の名言や一言は、次の恋愛こそは幸せになるという強い意思を芽生えさせるための種でもあるため、失恋して傷ついた心は失恋の名言や一言を見つめることで癒やし、前向きな気持ちに少しずつなっていきましょう。