Zafeanj5cfdefnoeuewf

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

メークでかわいいのはナチュラル!初心者でも簡単にできるコツを紹介

2020.08.01

かわいいメークができるのは、ナチュラルメークが一番ですね。あまりメークをきつくすると、クールな大人女性になってしまいます。大人のかわいい女性を演出することのできる、初心者が簡単にできるナチュラルメークをご紹介いたします。

  1. ナチュラルメークはメークの基本
  2. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメークのベースメークについて
  3. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメークの化粧下地
  4. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメークのファンデーション
  5. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメークのファンデーションの塗り方
  6. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメークのフェイスパウダーの使い方
  7. 初心者でも簡単にできるナチュラルメーク・ポイントメーク
  8. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメーク・アイブロウのやり方
  9. 初心者でも簡単にできるかわいい大人女性のナチュラルメーク・アイメークと最後の仕上げ
  10. メイクでかわいいのはナチュラルのまとめ
ナチュラルメークはメークの基本で、大人かわいいい印象に自然に仕上げることができ、メーク初心者や学生にも簡単にできるメーク方法です。簡単にナチュラルメークをするやり方と、メークアイテムをご紹介していきます。ナチュラルメークはメークの基本で、派手過ぎないメークは男性からも好感度をもって受け取られます。
引用: http://pds.exblog.jp/pds/1/200509/22/65/d0060365_19221389.jpg
ナチュラルメークは自然な感じになるメークで、決して手抜きメークではなく、化粧下地やファンデーションなどをナチュラルにすることで、マスカラやアイシャドウが自然と引き立ちます。フェイスパウダーで、肌のキメを整え、チークや口紅を自分の肌色に合わせた、メークの基本が詰まったメークといえる、ナチュラルメークは抜け感と透明感が重要となります。
引用: https://images.4yuuu.com/files/article/301109/middle_301109_0.jpg?07120200
ナチュラルメークの基本はなんといってもベースメークで、肌を均一に整えることが大切です。毛穴や肌の凹凸をなくすことで、ニキビ跡やシミをカバーする役割があります。ベースメークを丁寧に行うことで、ナチュラルメークも清潔感のある、ナチュラルメークの基本の、自然・清楚・清潔が出来上がります。ベースメークには、化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーの3つで成り立っていますが、それぞれ働きは違ってきます。
Hozo21a0qn9z7hxd0d2n
化粧下地の働きは肌を均一にして、シミや毛穴による肌の凹凸をなくし、化粧崩れを長時間保つ働きや、肌の保湿をして肌の乾燥を守る働きをしているのです。女性の肌は毎日異なるので、化粧下地を塗って肌の、毎日のトラブルをカバーし、肌質を整えてメークが同じように仕上がるようにしてくれます。
化粧下地を選ぶときは、自分の肌質に合ったものを選び、乾燥肌や混合肌、敏感肌の人は、保湿成分の含まれた化粧下地を選び、オイル肌の人はオイルが含まれていない化粧下地を選びます。化粧下地のやり方は、最初に洗顔しスキンケアを十分して、下地クリームを鼻筋・額・頬・顎に少量塗り、内側から外側に伸ばして、肌に均等になるように塗っていきます。
このとき肌に過度な刺激を与えないように、スポンジやブラシを使うのも良いです。肌にしっかり馴染ませるように手のひらでマッサージするように塗っていきます。
V01mlvfx7hkwqzcp9qar
ナチュラルメークはファンデーションを、薄塗りにすることがポイントで、ファンデーションを厚塗りにするとメークが濃くなって化粧崩れの基にもなります。ファンデーションには、リキッドファンデーション・パウダーファンデーション・クリームタイプとあります。リキッドファンデーションは液体でカバー力が強く、肌にフィットする感じが強く水分量が多く保湿効果も高いファンデーションです。
また、パウダーファンデーションは一番薄くつけることのできるファンデーションで、毛穴などの気になる部分もしっかりカバーしてくれるファンデーションです。また、クリームタイプのファンデーションは、リキッドタイプのものよりも、保湿力が優れていて、クリーム状のテクスチャで、薄く塗るには注意をしなければなりません。
Tbklt2tphszadghpussa
初心者はパウダーファンデーションがナチュラルメークを仕上げるのに、厚塗りになりにくいファンデーションです。パウダーファンデーションは自分の肌に合ったカラーを選び、ベージュとオークルがありますが、肌がイエローベージュの人はオークルが合うといわれて、手の甲にのせて首の色と比較し、合っていれば購入すると良いでしょう。
パウダーファンデーションの塗り方は、パフの3分の1に軽くファンデーションを取って、顔の中心から外側にかけて塗っていきますが、頬→額→あごの順に塗って最後に鼻筋に塗ります。量は顔の大きさとの兼ね合いがありますので、大体の目安で、ファンデーションを薄く塗ることで、大人かわいいナチュラルなメークが出来上がります。
フェイスパウダーはパフでつける場合、パフをしっかり揉みこみます。パウダーに染み込ませ顔の、面の広い部分から押し付けるようにフェイスパウダーをつけて、フェイスラインや首、鼻やあご、皮脂で崩れやすい部分に塗っていきます。パフよりもブラシがあればブラシでつけた方が塗り過ぎない、ナチュラルな仕上がりになります。
ポイントメークにも順番があります。1.アイブロウで眉毛を整えます 2.アイシャドウでまぶたに陰影をつけます 3.アイライナーで目の線を描き、目を大きく見せます 4.マスカラでまつ毛をカールさせ太くさせます 5.チーク頬につけて血色をアップさせます 6.口紅で唇を彩ります これはナチュラルメークだけでなく、メークの基本の順番となります。
引用: https://i.pinimg.com/originals/64/94/c7/6494c797030f2e189c9d6a618a075acc.jpg
アイブロウは、ナチュラルメークでは、使用しないという方は多いです。しかし、ナチュラルメークを映えさせるには、自眉を生かすことが大切で、眉毛の毛質感を出すことでナチュラルに仕上げかわいい、大人のメークが出来上がります。アイブロウにはパウダータイプとペンシルタイプの2種類があります。アイブロウパウダータイプはふんわりと優しい印象を作ることが出来、調節も簡単にできるので使いやすいです。
アイブロウペンシルは細かいところまでしっかりと描くことが出来、自分が理想とする眉ができます。アイブロウは眉毛の色よりワントーン明るいものを選び、眉の形を整え、眉尻の細い部分はペンシルで描き、パウダーを眉に馴染ませるようにつけ、スクリューブラシで馴染ませます。

アイシャドウ

アイシャドウの基本的な塗り方は、アイホールに塗ることで、ナチュラルメークは肌馴染みのカラーを薄めに塗ることが必要です。アイシャドウはいろいろなカラーがありますが、ナチュラルメークはブラウンやベージュを選ぶ方が良いでしょう。
2色は日本人の肌馴染みに良く、グラデーションをつけると良くなるのでラメのあまり入っていないアイシャドウをまぶた全体に薄めのカラーを塗り、まつ毛に近づくにつれて濃いめの色を塗ってグラデーションをつくります。そのときカラーをしっかりつけることが重要です。

アイライナー

ナチュラルメークでもある程度の、メリハリをつけた方が良いので、アイライナーを使ってメリハリのあるメークに仕立てます。目元をパッチリさせるため、アイライナーを目のキワに使って、目のキワに沿って細く描きます。アイライナーには、ペンシルタイプ・ジェルタイプ・リキッドタイプとあって、ペンシルタイプはアイライナーの基本で、細かい部分まで描きやすく自然な仕上がりになります。
また、ジェルタイプは柔らかくジェルのように伸び発色して、なめらかにラインを引くことができ持ちが良いです。また、リキッドタイプはシャープなラインをつくるのに向いていて、筆ペンで描くタイプの、ラインの調整がしやすいです。初心者の人にはペンシルタイプが書きやすく、まぶたを片手で持ち上げ鏡を見ながら、まつ毛の生え際を、塗って薄く選を引いて目尻、目頭、中央の順でしっかり描きます。ナチュラルメークにするには、太く引きすぎないことが重要です。

マスカラ

アイメイクの、最後の仕上げには、マスカラを塗ってまつ毛のカールを維持し、ボリュームアップして、メリハリをつけますが、マスカラにはボリュームタイプとロングタイプがあります。ナチュラルメークには、ロングタイプのマスカラがおすすめです。ビューラーでまつ毛を上げ、根元を挟んで2~3回に分けゆっくり上向きにして、ロングタイプのマスカラを根元からつけます。初心者にはコームタイプより、ブラシタイプの方が塗り安いです。

チーク

メーク仕上げはチークを塗って血色を入れ、ナチュラルメークの出来上がりです。チークにはリキッドタイプ・クリームタイプ・パウダータイプがあります。リキッドタイプは肌にポンポンと馴染ませ、しっとりしたみずみずしい仕上がりになり、クリームタイプは肌に良く馴染んで乾燥しないアイテムになり、パウダーチークタイプは一般的なチークでブラシを使って馴染ませると自然な仕上がりになります。ナチュラルメークに仕上げるときは、ピンクのパウダータイプは血色が程よく出て良いでしょう。
「メークでかわいいのはナチュラル!初心者でも簡単にできるコツを紹介」を見てきましたが、メークのコツをお分かりいただけましたでしょうか?最初は誰でも上手にはできませんが、毎日やっていると自然と慣れてきますので、慣れるまで頑張ってください!