Ntrnwkiadlwweogeuujd

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

カラーメイクのやり方が知りたい!ピンク・赤の使い方を徹底解説します!

2018.05.17

カラーメイクのやり方をご存知でしょうか?ピンク・赤を上手に使ってメイクをするには、少しテクニックが必要かも知れません。カラーメイクのピンク・赤を使ったやり方を参考にして、今年はカラーメイクに挑戦してみませんか?カラーメイクのピンク・赤について見てみました。

  1. カラーメイクのやり方
  2. カラーメイクの赤のやり方
  3. カラーメイクの赤で大人メイクのやり方
  4. カラーメイクの赤でおしゃれな女っぽさをだすやり方
  5. カラーメイクでピンクのやり方
  6. アイメイクの基本のカラーメイクでアイシャドウのやり方
  7. カラーメイクのピンクをアイシャドウで入れるやり方
  8. カラーメイクのピンクをアイラインに入れるやり方
  9. カラーメイクのチークのやり方
  10. まとめ
カラーメイクのやり方はなんといっても、目が多いのではないでしょうか?目にカラーメイクのトレンドカラーを取り入れ、後 リップに取り入れるのが一般的です。アイメイクにトレンドカラーを取り入れた、カラーメイクで今年のトレンドカラーを味わってみてはいかがでしょう。それではカラーメイクの、赤と、ピンクの今年のトレンドカラーのやり方を見てみたいと思います。
ワインカラーの、赤色はトレンド色のおしゃれ顔です。色みは赤・ブラウンがおすすめで、立体感を出すにはワインカラーで上から下に濃淡をつけることを意識します。コツはとにかくぼかすことで、発色の良いものを選んで1色だけで仕上げるため、濁る失敗はありません。
大胆に発色の良いものを使うと、とても印象的な目元になって、アイライナーを引いて、マスカラを塗ると目元が引き締まります。赤のカラーメイクを使うのに一番リップが多いのではないでしょうか?赤の色でもバリエーションはたくさんあるので、マットブラウンのダークカラーで深い赤を塗ると、ベルベットの布地のような大人っぽいマットな質感になります。
引用: https://www.vogue.co.jp/uploads/media/2015/03/02/01-8.jpg
今年のトレンドカラーの赤が爽やかに、大人の、ツヤのある雰囲気をつくり上げてくれます。30代のくすんだ肌に透明感をプラスするボルドーリップは、赤リップよりも深みがあり、肌色を選ばない30過ぎてもくすみが気にならない、カシスボルドーは顔色が明るくなり、色白美人に見えます。
Bv3edurguubffbdkncmb
大人っぽさの中にナチュラルな雰囲気を残したいなら、ツヤ赤がよく、赤口紅を選ぶときは、ツヤ赤やシア赤を選べばフレッシュな印象になります。赤いアイシャドウを下まぶたに入れると、泣いた後みたいな目元になるので、男性が思わず守らなければと錯覚するメイクになります。
引用: http://secrettalk.me/images/talk/1897-5-MTUyYjk5M2U4Y2ZkMDk3MzY0ZTFjNzRkOGNjODFkOTUuanBn-r-.jpeg
大人っぽい色気のあるメイクをするには、断然赤メイクです。2018年も2017年に引き続いて、トレンドカラーである赤は、カラーメイクの主流となりつつあります。アイメイクも口紅も赤いトーンに合わせてメイクすると、大人のツヤのある女性を演出できます。リップもアイメイクも赤いトーンで揃えて、派手にならない目元も口元もツヤを控えたマットな、深みのある赤を取り入れ、濃い艶色(えんしょく)のある赤が顔を引き締め、大人の色気のある女性を演出してくれます。
引用: https://content.cawaii.media/photos/pictures/30492/medium/7f7beb0f2bb52e37c857e2a90e86f70c3d97bedc.jpg?1523347457
アイシャドウで女っぽさとおしゃれ感を高める基本のやり方です。下まぶたに綿棒を使ってアイシャドウで下まつ毛の中央に3点つけます。反対側の綿棒を使って、ほんのり赤が色づく程度までぼかして目尻や、目頭のキワまでは広げず抜け感をだします。ブラウンマスカラをその上から重ね、ブラシをティッシュして、3回ほど重ね塗りをしたら、ブラウンのアイライナーでまつ毛のキワを埋めていきます。
引用: https://contents.oricon.co.jp/upimg/article/17/365/365097/detail/img400/82bb043c19466908ecedc88d084dc2e99278a1e9ee682555ef64a460591ec626.jpg
今年のメイクはマカロンのような、ふんわりとした質感のピンクがトレンドで、アイテムにマカロングロウアイズがあります。この、マカロングロウアイズを使用して、アイメイクの多色シャドウを使います。右上のハイライトを指で取り、まぶた全体にのせツヤを出し、目元を明るくします。赤を二重まぶたに乗せ、抜け感をだし、赤みシャドウは女っぽく見せたいときにおすすめできます。
左下のブランをラインに引いて、目尻から目頭にむけてぼけたように馴染ませ、下から上に伸ばすように意識します。左上のメインカラーピンクをアイホール全体につけ、メインカラーピンクを際立たせるため、リキッドアイライナーを使用せず、アイシャドウをライン代わりに使用します。
引用: https://scontent-lga3-1.cdninstagram.com/vp/52ed0e7881ae3ed5c1f56d191a1035d3/5B2FC507/t51.2885-15/s320x320/e35/27894487_381192939018482_4009992956030222336_n.jpg
今年のトレンドカラーのアイメイクにピンクを入れるとき、少し濃い目のピンクは甘くなります。淡いピンクを入れると腫れぼったくなるので、二重幅と涙袋に入れると大きい目が印象的になります。青系ピンクだと大人っぽいクールな印象になります。目尻にピンクのアイラインを引くと、黒よりもヌケ感が出て、けだるい感じに見えます。
ルナソル マカロングロウアイズ 01Cassis(アイシャドウ)
価格 ¥ 4,890
アイシャドウを塗る前に、3つのことを確認することがあります。それは、基本の塗るべき場所・ツール(道具)・役割を確認することが大事です。まず、基本となるアイシャドウを塗る場所範囲は、アイホールと呼ばれる目頭と目尻の半円状に囲んだ部分です。
この部分にアイシャドウを塗ることで、アイメイクのバランスが良くなり、この範囲が大き過ぎても小さすぎてもバランスが悪くなってメイクが生えません。アイシャドウを塗るときの専用の道具は、摩擦による目元の負担を減らすものです。ムラなく仕上がるので、道具によって発色や馴染み方も違うため、アイシャドウ専用の道具は揃えておきましょう。
アイシャドウパレットは、単品のものや、パレットになったものがあります。カラーの役割を知って最大限生かしてメイクをすることが大切です。ハイライトカラーは、光沢感のある全体のまぶたに透明感を与え、目元の明るさとツヤを与えます。ミディアムカラー(中間色)はメインカラーよりも薄い色みで、グラデーションをつくるためのものです。一番濃い色で二重の幅やキワに、メインカラー(締め色)を入れると目元を引き締めてくれます。
引用: https://makey.asia/images/column_pic/column949__201701190330496.png
2018年はピンクメイクが大流行するそうで、ピンクを取り入れると、明るく見え女らしさが際立ちます。ピンクメイクをアイシャドウに取り入れると、まぶたが腫れた感じに見えて、似合わないと思う方も多いのではないでしょうか?ピンクのアイシャドウは目尻の1/3に塗れば腫れぼったく見えません。涙袋を強調させたい人は、下まぶたに塗るのが良いです。
引用: http://renarena.lolipop.jp/wp-content/uploads/2014/12/igawaharuka-40-e1425048010156.jpg
海外の大物セレブたちが女性らしいカラーを試しているのが、青系ピンクで、桃色系ピンクに比べ、クールな雰囲気に見え、日本の肌にもなじみやすい人気カラーです。透明感のあるタッチに素肌より白く仕上げてくれます。まつ毛のキワに近いところに少し伸ばして腫れまぶたをなくし、くっきりとした女性の目元になります。華やかさを加えたいときは、パール入りのアイカラーで、瞬きしたときに輝いて見えるフェミニンな印象になります。
今年のトレンドカラーとなる、ピンクを取り入れやすいのはアイメイクで、目に重点を置いたメイクの場合、アイシャドウにピンクを取り入れると、一気に華やかになります。リップやチークをポイントにする場合は、淡い色のラメであくまで控えめに取り入れます。愛くるしいかわいらしい印象のメイクをつくりたいときは、目元にピンクかライムグリーンなどの、明るめの色を入れるとキュートな印象に仕上がります。
アイラインにピンク?と思われる方は多いと思いますが、ピンクアイラインは普段のメイクに飽きた方におすすめの意外とかわいい、ピンクアイラインなのです。これも目尻だけに、ピンクアイラインを引くことです。2018年のアイメイクの流行は、目力が流行するといわれ、アイラインは目の印象を大きく左右にして、目力を出しながらナチュラルメイクに馴染むようなアイメイクを取り入れます。
黒のアイライナーだと目の輪郭が強調され印象がきつくなるので、ナチュラル派はブランのアイライナーを使用する方が良いです。ブラウンは肌馴染みも良く目元の印象を強めます。ピンクとの相性もとても良いです。アイラインで目元の印象が強くなりすぎないようにするには細いラインを入れることで、ナチュラルに仕上がります。細いラインを描くにはリキッドアイラインが使いやすいです。リキッドタイプは発色が良くバリエーションが豊富です。
ピンクチークはかわいさを引き立たせ、ピンクチークはイエローベースとブルーベースがあり、イエローベースは肌馴染みが良く、ブルーベースは透明感を出すことができます。
「カラーメイクのやり方が知りたい!ピンク・赤の使い方を徹底解説します!」を見てきましたが、今年はピンクと赤を使ったツヤのある大人女性と、ナチュラス女性が出現しそうです。あなたも、ピンクと赤を使ったカラーメイクに挑戦してみませんか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.vogue.co.jp/uploads/media/2015/03/02/01-8.jpg