Vd5nnxgqowmi1imc7ufx

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メイク】大学生の初めての人必見!おすすめのやり方をご紹介します!

2018.05.30

大学生の悩みといえば、初めてのメイク。中には「コスメは何が必要なの?」「そもそもメイクのやり方は?」と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、初めてメイクをする大学生におすすめの「メイクのやり方」をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. メイクのやり方が知りたい!
  2. 【基本】メイクの流れ
  3. 【大学生】メイクのやり方①下地
  4. 【大学生】メイクのやり方②ファンデーション
  5. 【大学生】メイクのやり方③アイブロウ
  6. 【大学生】メイクのやり方④アイシャドウ
  7. 【大学生】メイクのやり方⑤アイライン
  8. 【大学生】メイクのやり方⑥マスカラ
  9. 【大学生】メイクのやり方⑦チーク
  10. 【大学生】メイクのやり方⑧リップ
  11. まとめ
Drenmc2kxatdgpmajwos
春から大学生になる方の悩みといえば、初めてのメイク。高校生のときはメイクができなくても問題ありませんが、大学生になると毎日きちんとしたメイクを行いたいですよね。まずは、メイクに欠かせない「必要なコスメ」からチェックしていきましょう。

化粧下地

引用: http://cache-cdn.cosme.net/media/cur-contents/file/image/201804/3fc8b6ad937ed61a402f93fc3eee3e28.jpg
化粧下地とは、メイクのベースになるアイテムのことです。化粧下地をファンデーションの前に塗ることで、肌色を整えたりファンデーションの密着性を高めたりすることができます。初めてメイクを行う方は、肌になじみやすい「ベージュ系」の化粧下地がおすすめです。

ファンデーション

R6seavblh2jivlqjm3oq
ファンデーションとは、化粧下地を塗った後に使うアイテムのことです。ファンデーションを塗ることで、ニキビや毛穴をカバーしたり肌の色ムラを整えたりすることができます。また、肌をよりきれいに見せたり明るく見せたりすることもできます。

アイブロウペンシル

引用: https://image.rakuten.co.jp/aimere/cabinet/00380940/img58761088.jpg
アイブロウペンシルとは、ペンシルタイプの眉毛を描くアイテムのことです。眉毛を描くアイテムはペンシルタイプだけでなく、パウダータイプや筆ペンタイプなど様々な種類があります。初めてメイクを行う方は、ペンシルタイプとパウダータイプがセットになったものがおすすめです。また、髪色が明るい方は、眉毛の色を変える「眉マスカラ」の使用もおすすめです。

アイシャドウ

Spc68t5zmrh6ms0nyxmf
アイシャドウとは、まぶたに陰影をつけるアイメイクに欠かせないアイテムです。アイシャドウを塗ることで、目を大きく見せたりまぶた全体を明るく見せたりすることができます。初めてメイクを行う方は、肌になじみやすい「ブラウン系」のアイシャドウがおすすめです。

アイライナー

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/12/49ac978db61138ad7963bdb2ee36b93e-e1481612819378.jpg
アイライナーとは、目のキワにアイラインを描くためのアイテムです。アイラインを描くことで、目を大きく見せたり目元を強調したりすることができます。アイラインをはっきり見せたい方はブラックカラー、目元をやさしく見せたい方はブラウンカラーのものがおすすめです。

マスカラ&ビューラー

引用: https://travel.ulifestyle.com.hk/cms/news_photo/original/20160826110957_0_20111116114920-838-983_raw.jpg
マスカラはまつ毛を濃く見せるアイテム、ビューラーはまつ毛を上げるためのアイテムです。この2つのアイテムを使用することで、まつ毛が際立つパッチリとした目元になります。マスカラを選ぶときは、まつ毛が短い方はロングタイプ、まつ毛が長い方はカールタイプ、まつ毛が少ない方はボリュームタイプがおすすめです。

チーク

Qaqjrxe2mi1xs03frrwe
チークとは、頬に塗るアイテムのことです。チークを塗ることで、血色を良くしたり健康的な肌色に見せたりすることができます。ピンク、レッド、オレンジなど様々なカラーがありますが、濃くなりすぎない中間のカラーがおすすめです。

口紅&グロス

H3w3mo6gpmho9mkrjbhk
口紅は唇に色をつけるアイテム、グロスは唇にツヤを出すアイテムのことです。口紅の色はたくさんの種類がありますが、自分の好みやメイクのイメージに合わせて選んでみてください。例えば、ピンクなら可愛らしい雰囲気に、濃い赤ならモード系のメイクにおすすめです。口紅はメイクが濃く見えるから苦手…という方は、グロスのみの使用もおすすめです。
R1lwawt30jzbd6runutt
次に、基本的なメイクの流れをご紹介します。メイクは、ファンデーションなどでベースメイクを完成させてから、アイメイクなどのポイントメイクに移るのが基本です。また、メイクを行う前には、洗顔・化粧水・乳液などで肌を整えると、メイクの仕上がりがより美しくなります。
Xnzclujwzwm5d2jybib0
基本的な流れは、化粧下地→ファンデーション→アイブロウ→アイシャドウ→アイライン→ビューラー→マスカラ→チーク→リップの順番です。初めてメイクを行う方は、この順番を意識しながらメイクを行ってみてください。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/02/06149417a417f5788be45883394d678b.jpg
下地の塗り方をご紹介します。まずは、適量の下地を手に出しましょう。次に、おでこ・ほほ・あご・鼻に化粧下地をのせて、顔の中心から外側に向かって塗っていきます。最後に、細かい部分まで化粧下地を塗ったら完成です。
1回のメイクに使用する化粧下地の量は、あずき粒大を目安にしてみてください。また、アイテムの裏面やパッケージに、使用する量の目安が記載してある場合もあります。
Kewaghsymozyjkmrplvo
ファンデーションの塗り方をご紹介します。ファンデーションは、両ほほ・おでこ・鼻・あごの順番で塗っていきます。ファンデーションも化粧下地と同じように、顔の中心から外側に向かって塗っていくことを意識しましょう。また、厚く塗りすぎるとメイクが崩れやすくなってしまうため、注意が必要です。
アイブロウのやり方をご紹介します。上の画像を参考にして、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーなどで眉毛の形を整えましょう。さらに、眉マスカラを使用すると垢抜けた印象になります。使用する眉マスカラは髪色よりも明るめのものがおすすめです。例えば、黒髪の方なら茶色、茶髪の方ならベージュ系の眉マスカラを使用してみてください。
Z2q5cv6bwtjr0zmpvgyu
アイシャドウの塗り方をご紹介します。きれいなグラデーションを意識ながらアイシャドウを塗っていきましょう。まずは、アイホール全体に明るいカラーを塗ります。次に、二重幅の部分に中間のカラーを塗ります。最後に、まつ毛のキワの部分に濃いカラーを塗ったら完成です。また、仕上げに色の境目を指でぼかすと、より自然な目元に仕上がります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQnrqBpr7ZR9E6UsQ84soQWMnelJqAdTQrDmbuVlbibwmdDuz1h
アイラインの描き方をご紹介します。まずは、上まぶたを持ち上げて、リキッドタイプのアイライナーでまつ毛の隙間を埋めるように描いていきます。次に、ジェルタイプのアイライナーで先ほどのラインに重ねるように描きます。最後に、リキッドタイプのアイライナーで目尻部分を少し描き足したら完成です。
引用: https://cinq.style/uploads/article/image/926/unnamed.jpg
マスカラの塗り方をご紹介します。まずは、ビューラーでまつげをしっかりカールさせましょう。次に、マスカラを根本から毛先に向かってジグザグに動かしながら塗っていきます。最後に、綿棒などでダマを取ったら完成です。マスカラを横に小刻みに動かしながら塗ることで、しっかり塗ることができます。また、目尻側から目頭側に塗っていくと、より美しい仕上がりになります。
引用: https://www.koji-honpo.co.jp/column/wp-content/uploads/2016/07/illust_basic.jpg
チークの塗り方をご紹介します。チークは画像のように、起点を中心にして塗っていきましょう。初めてメイクを行う方は、濃くなりすぎないパウダータイプのものがおすすめです。外側から中心に向かって塗っていき、様子を見ながら少しずつ色を足していきます。こうすることで、チークが濃すぎないナチュラルなメイクに仕上がります。
Lloyqosmoyeglyd9umwg
リップの塗り方をご紹介します。まずは、口紅を色ムラがないように丁寧に塗っていきます。次に、グロスを中央にのせて上下の唇をこすり合わせるようになじませます。最後に、ティッシュで軽く拭いたら完成です。グロスを使用するときは、たっぷり塗りすぎないように気をつけましょう。テカリが強くなり、唇が目立ち過ぎてしまいます。
Tjq6e0xpdynw3n0qpyzf
いかがだったでしょうか。今回は、初めてメイクをする大学生におすすめの「メイクのやり方」をご紹介しました。基本をしっかりマスターすることで、簡単に素敵なメイクに仕上げることができます。ご紹介したメイクのやり方を参考にして、毎日のメイクを楽しんでみてください。