Ahvqn66buwwflh7w8zup

すっぴん

CATEGORY | すっぴん

メイクで美人になりたい女性必見!その方法をビフォーアフターと一緒にご紹介!

2018.05.29

すっぴんに自信がない方でもメイク術を身に付ければ、誰でも美人になることができます。では、具体的にはどうすればよいのでしょうか。この記事では、メイク美人になる方法をビフォーアフターと一緒にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. メイク美人のビフォーアフター
  2. メイク美人になる方法①カラコン
  3. メイク美人になる方法②つけまつげ
  4. メイク美人になる方法③目と眉は近めに
  5. メイク美人になる方法④鼻と口は近めに
  6. メイク美人になる方法⑤ファンデ後は7分置く
  7. メイク美人になる方法⑥パウダーは隅々まで
  8. メイク美人になる方法⑦鼻筋は高く
  9. メイク美人になる方法⑧カラーレスメイク
  10. まとめ
引用: https://i.ytimg.com/vi/2lOYR0FHmc4/maxresdefault.jpg
女性はメイクで可愛くなれるもの。上の画像の女性は、左側がすっぴんで右側がメイク後の姿です。まるで別人のようにも見えますが、どちらとも同じ女性。メイクによって小さい目は大きく、低い鼻は高く、輪郭はよりシャープにすることができるんです。今回は、メイク美人になるための方法についてご紹介します。
引用: http://i1.wp.com/meico.jp/wp-content/uploads/2016/07/image2.jpeg
黒目が大きいことはメイク美人の特徴の一つ。上の画像を見比べてみると、カラコンありの方が黒目が大きくて可愛らしい目元に見えますよね。同じメイクでもカラコンを入れた方が、より可愛く見えることが多いのです。カラコンを試したことがない方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
引用: https://eye-carat.com/ColorConPress/wp-manage/wp-content/uploads/2015/04/d6ecbde74ddc70575d5a9e36d3df1f5d.jpg
こちらもカラコンのビフォーアフター画像。左側がカラコンなし、右側がカラコンありになっています。どちらともまったく同じメイクをしていますが、右側のカラコンありの方が美人に見えますよね。また、黒目が大きくなると、垢抜けたような印象にもなります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Bpr7JN6CAAIO3Vl.jpg
自まつ毛につけまつげをプラスすれば、一気に美人顔に。上の画像は、つけまつげのビフォーアフター画像です。上はつけまつげなしのメイク、下はつけまつげありのメイクになります。つけまつげなしのメイクも素敵ですが、少しキツい印象がありますね。つけまつげありのメイクの方が可愛らしく優しい雰囲気があり、男性受けも良さそうです。
引用: https://api.galmoni.com/image/image.jpg?noimg=http://galmoni.com/data/img/renewal/common/no_image.png&uri=https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/yeeell.galmoni.com/data/img/review/content/5137/03.jpg&ax=600
こちらもつけまつげのビフォーアフター画像です。上は両目ともつけまつげなし、下は左側の目だけつけまつげありになっています。画像のように長さのあるつけまつげを使用すると、まつげがはっきりして目も大きく見えますね。大人の色気も感じられます。
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_3597384_151945747320180224163113_cpd.jpg
目元・眉毛のビフォーアフター画像です。美人な女性は、目と眉の距離が近いと言われています。これは、目と眉が近いことで目鼻立ちがよりはっきりするからです。さらに、顔に立体感が出て、キリっとした整ったような顔になります。目と眉を近づけるためには、眉毛の描き方を工夫してみましょう。
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_3603949_151945852720180224164847_cpd.jpg
まずは、上の画像のように眉の下からリキッドアイブロウで眉毛を描き足していきます。自然な眉の形になるように丁寧に描いていきましょう。次に、パウダーアイブロウで眉全体をなじませます。最後に、パウダーアイブロウでアイホールと鼻筋に影を入れたら完成です。
K4v13iiyal8h8irvrus6
美人な方は目と眉が近いだけでなく、鼻と口の距離も近いと言われています。皆さんが憧れている女優やモデルさん達も、よく見てみると鼻と口の距離が短いかもしれません。鼻と口を近づけるためんは、シェーディングとハイライトを使ってみましょう。
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_3630950_151969894920180227113549_cpd.jpg
まずは、シェーディングで鼻先と鼻下に影を入れます。ここで使用するシェーディングは、色が暗すぎないものを選びましょう。次に、ハイライトを唇の山にのせて、唇に立体感を出します。最後に、鼻下に軽くチークを塗ってナチュラルさをプラスしたら完成です。

おすすめのシェーディング

引用: https://img.fril.jp/img/119420576/l/337917169.jpg?1515510400
【アディクション チークスティック 02】こちらはリップスティックの形をしたマルチなチークです。チークとしての使用はもちろん、口紅やアイシャドウとしても使用できます。02番のnocturne(ノクターン)は暗いベージュカラーで、細かい部分のシェーディングにぴったりなアイテムです。価格は2,800円(税抜)になります。
Rx1xtncpzjk6l5pzkutc
皆さんは、ファンデーションを塗り終わった後に、そのまま次のメイクを行っていませんか?ファンデーションの後にすぐメイクを行うと、ヨレや崩れの原因になります。ファンデーションを塗った後は、「7分間」放置しておきましょう。すると、ヨレや崩れが目立ってくるので、その部分を直します。ここでメイク直しを行ってから、コンシーラーやパウダーでベースメイクを仕上げましょう。これだけでメイクの持ちがぐんと良くなりますよ。
Zudtyww85lju8bzztyse
リキッドファンデーションなどを使用した後には、ベースメイクの仕上げにパウダーをのせることが多いですよね。このパウダーを隅々までしっかりのせないと、アイシャドウがヨレたりアイライナーがにじんだりする原因になります。下まぶたまでしっかりパウダーでカバーして、美しいアイメイクをより長持ちさせましょう。パフの角を使用すると、細かい部分でもきれいにのせることができますよ。
Xrmk5gvamxbkdn4edoj0
鼻筋が高くなると、顔に自然な立体感が出て彫りの深い顔立ちになります。リキッドコンシーラー・シェーディング・ハイライトの3つのアイテムを上手に使用して、外国人のような彫り深顔を手に入れましょう。

手順①鼻の周りにコンシーラーを塗る

引用: http://www.figla.co.jp/image/cosme/item/for_face02.jpg
まずは、コンシーラーを使って鼻の周りのくすみをカバーしていきます。赤みが気になる小鼻周りもしっかりカバーしましょう。使用するコンシーラーは、肌にしっかり密着しやすいリキッドタイプがおすすめです。

手順②鼻の両脇にシェーディングを入れる

引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_3630146_151969622820180227105028_cpd.jpg
次に、鼻の両脇にシェーディングを入れます。ここでシェーディングを太めに入れたり濃いめに入れたりしてしまうと、仕上がりが不自然になってしまいます。少しずつ色を重ねて、様子を見ながら行いましょう。

手順③ハイライトを入れてぼかす

引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_3630149_151969626120180227105101_cpd.jpg
次に、鼻筋と目頭の部分にハイライトを入れていきます。目頭部分は「くの字」を意識しながら入れましょう。ハイライトを入れ終わったら、スポンジなどでハイライトとシェーディングをぼかします。先にハイライトからぼかして最後にシェーディングで調整しましょう。

手順④パウダーを重ねる

引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/7/2/72a9b_1579_4f88a4f8beff73071ebe173d99f116f2.jpg
最後に、シェーディングの部分にはパウダーアイブロウ、ハイライトの部分にはハイライトパウダーを重ねて、完成です。
Yunjag99yfmmtqfmkqip
カラーレスメイクとは、カラーを抑えたメイクのことです。赤やピンクといった濃いカラーのコスメは使用せず、ベージュやオレンジなどの薄いカラーのコスメを使用します。メイク全体の色味が薄いため、すっぴん風メイクのようなナチュラルな仕上がりになります。

手順①ファンデ・アイブロウ

引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/08/bit_1446.jpg
まずは、リキッドファンデーションを顔全体に塗ります。厚く塗りすぎないように注意しましょう。次に、ブラシで眉を整えてからアイブロウペンシルで眉を描きます。眉を描き終わったら、髪色より明るめのアイブロウカラーで眉頭の部分を塗ります。

手順②アイライン・マスカラ

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/04/57f78ab0e942c9c9b9a2c668dbf69ae5-300x243.png
次に、ジェルアイライナーで上まぶたの粘膜を塗ります。上まぶたを持ち上げて、まつげの隙間を埋めるようにしっかり塗りましょう。アイラインを描き終わったら、ビューラーでまつげを上げてマスカラを塗ります。下まつ毛にも程よくマスカラを塗りましょう。

手順③チーク・リップ

引用: https://www.chomotto.com/mobox/4939553040088.jpg
次に、オレンジやベージュなどのチークをほほに軽く塗ります。ブラシを使って血色が良くなる程度にふんわりとのせましょう。最後に、リップを指に取ってぽんぽんと叩くように薄く塗ります。赤やピンクなどの濃いカラーのリップは避けましょう。
P3uv0xwdoxbw7clrx0te
いかがだったでしょうか。今回は、メイク美人になる方法をビフォーアフターと一緒にご紹介しました。メイクで美人になる方法はたくさんあります。気になったメイク方法があれば、ぜひ試してみてくださいね。高いメイク術を身につけて、誰もが憧れるような美人顔を目指してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1301-7649.jpg