Zc7ghsviovylsaleop80

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

化粧が濃く見えるのはなぜ?その心理や薄くて美人メイクも伝授します!

2018.06.13

皆さんは、周りの人から”化粧が濃いね”と言われたことがありますか?自分では濃い化粧をしたつもりがないのに、なぜ言われるのでしょうか?化粧がつい濃くなる心理も含めて、今回は薄い化粧に見えて美人になれる化粧の方法を伝授しちゃいます。

  1. 化粧が濃い女性への印象
  2. 化粧が薄い女性の印象は
  3. 化粧で分かる、恋愛心理学
  4. 化粧が濃い女性の心理学
  5. 化粧が薄い女性の心理学
  6. 濃い化粧のNGポイント
  7. ”化粧が濃い”と思われる化粧方法が存在!
  8. 濃い化粧ポイント① ファンデーションが厚い
  9. 濃い化粧ポイント② ブラックのアイライン
  10. まつエク、ツケマ、カラコンも濃い化粧の危険アイテムです。
  11. ”黒のカラコン”はワースト1位です。
  12. 濃い化粧ポイント③ リップ
  13. 好感が持たれる化粧とは
  14. キーワードはナチュラルに
  15. 化粧は女性にとって大切のものです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1488426862026-3ee34a7d66df?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=3fe86942ba7d33a22051461fa905b1bf&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
ついつい、濃くなってしまうのが化粧です。化粧は自分な嫌な部分(吹き出物、キズなど)を隠す為に良く使われます。隠す為についつい濃く塗ってしまうことがありがちです。、逆に目立たない(例えば、目をパッチリさせたい)部分を化粧によって目立たせるという目的もあります。究極の化粧の目的は”化粧で美人になること”ですよね。特に男性からは”美人だね、可愛いね”と言われたくて、化粧をするのです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1495846101638-bd8e9a23f8ee?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=79102399527ee90b6baefc7c9cdf40e3&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
化粧が濃いと男性心理としてどのような事を思うのでしょうか?第一に化粧が濃いと”スッピンとのギャップ”を気にしてしまいます。心理的に薄い化粧やスッピンに自信が無いから、化粧が置くなると思ってしまうのです。また、第二に、これも心理的なものですが、”化粧の濃い女性は、いろいろな男の人と遊んでいそう。美人だけど、自分は遊ばれそう”とか思ってしまいがちなのです。第三に、物理的な問題として、”抱きしめたらファンデーションがべっとり服に付いてしまいそう”といった面白い理由もあるんです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1488132083447-c9bc17be089c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b67bb50601a0a532d2204423ddfc07f0&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
引用: https://images.unsplash.com/photo-1493050261174-9e48e90f6773?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=a023d6658170778d18578430d0f87214&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
逆に薄い化粧であれば、心理的に、清涼感や清潔感、”遊んでいない”など良い印象を持つようになります。化粧の濃い、薄いだけで、ココまでの判断をされてしまうのは非常につらいものです。ここで”美人”という印象は、薄化粧ですと、どちらかと言えば”可愛い”という印象になってしまいます。日本の男性は”美人の女性”より、”可愛い女性”を好む傾向があります。ですので、”美人”と言われる化粧をするテクニックは結構難しく、ややもすると、”化粧が濃い”と言われてしまいます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1429277005502-eed8e872fe52?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=40ff27b2b19a3d91e339e5404b466533&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
化粧というのは面白いもので、その女性の心理的な傾向、また現在の心理状態を映し出してしまいます。また、また、パートナとの相性も分かってしまうと言うから驚きです。それでは見てみましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524502397800-2eeaad7c3fe5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8b05d61a65344cbb3e821a25faf34f74&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
濃い化粧を好む女性は、アクティブでおしゃれも大好きな性格です。相性の男性も、交友関係が広くて、社交的な男性が良いとされています。将来的には、結婚して家庭に入るイメージではなく、子供を持っても、社会に積極的に出て、共稼ぎをするような女性が多いようです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1520206183501-b80df61043c2?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=e17ed36fced4a406ccfa7afac76b73dd&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
化粧が薄い女性の心理的な傾向は、外面よりも内面的な向上を目指しがちな傾向があります、ルックス、ファッションで美人を目指すよりも、性格、考え方を磨いて、”性格美人”になろうとします。相性の良い男性も、”内助の功”を好むような方が相性が良いと言えるでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508502362032-ee86c318ee80?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=7b02012cf6a63104e9a797794e2eb5d4&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
それでは、特に男性が気付く(特に男性が”化粧が濃い”と判断してしまう)、”濃い化粧”のポイントを具体的に挙げていきましょう。”化粧が濃い”と言われたことおあるあなた、判断基準は結構ついついやってしまいがちな、方法にあるのです。
一概に”化粧が濃い”といわれるのは、物理的に、”化粧の厚さ”を表すものではありません。重要なのは、”化粧が濃いと感じる”化粧の方法、場所、色が存在するのです。このポイントをしっかり押さえなければ、いくら化粧の厚さを薄くしても”化粧が薄い”と言われるにはかなり苦労します。逆にポイントを押さえて化粧すれば、多少濃い化粧でも、”化粧が濃い”イメージにつながりにくくなります。それでは、その濃く見えるNGポイントをご紹介します。
まずは、顔全体に塗る、”ファンデーション”。これの厚塗りは、”濃い化粧”の原因の一つです。ファンデーションが厚いと、印象が”のっぺり”、”能面みたい””肌が人工的”の様な悪い印象を受けるばかりでなく、これで化粧が濃いと判断されてしまうのです。女性はどうしても”顔色の悪さを補正したい””肌荒れの部分を隠したい”という気持ちが働いてファンデーションを使用します、では、どうしたらうまくファンデーションを使いこなせるのでしょうか?

透明感のある肌を目指す

まずは、ファンデーション自体は薄めに塗るように心がけてください、そして、気になる部分はコンシーラーで補正をすると言う考え方を身につけてください。これだけでファンデーションの厚塗りは全然改善されるでしょう。
次に考えることは、”素肌のメンテナンス”です。出来るだけ素肌で勝負出来るのなら、それ程結構なことはありません。それは極端な話としても、普段から素肌をケアし、お肌のトラブルを少なくしておけば、コンシーラーで補正の箇所も少なくなります。また、お手入れを怠らなければ、素肌の顔色も良くなり、キメも細かくなり、ファンデーションの厚塗りの必要が少なくなってきます。
ここで良く言われるキーワードは”透明感”です。透明感のある肌に見せるメイクを心がければ一番良いのですが。この透明感という言葉の具体的なイメージのトップは”お肌がキレイなこと”なのです。お肌のキメが細かかったり、色が白いことが、重要なイメージの源泉になりますので、ファンデーションより、お肌ケアのベース化粧品に気を遣った方が良いようです。
濃い化粧と言われる化粧の手法で、よく言われるのが”目の盛りすぎ”です。特にブラックのアイラインは目を際立てさせ、パッチリとした目の印象を付けさせる効果はあります。目が細い方、小さい方、一重の方はどうしてもいじりたくなるポイントです。ですが、ここをあまり強調してかえって化粧が濃いイメージを冗長させることになりますので注意が必要です。
アイライナーが区の方はどうしても、一昔前のメイクを彷彿させるイメージがありますので、思い入って色を変えてしまうことをお勧めします。ナチュラルに近いアイライナーを使い、アイシャドーも昔の女性の様にあまり付けすぎないように。アイシャドーの付けすぎは、男性は昔の”化粧の濃い女性”のイメージをかなり大きく持っていますので、悪いイメージにつながることが多いです。、
その他、目をぱっちり補正、修正出来るアイテムは沢山あります。例えば「まつエク、ツケマ、カラコン」等です。 これらも使い方を間違えると、濃い化粧の原因になってしまいますので、要注意です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524638431109-93d95c968f03?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=46a1d7bc1b621e78b65bcd999429c169&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
ここに、”濃い化粧と感じる女性の化粧”のアンケート結果がございます。驚くべき結果は、これによるとワースト1位は”黒のカラコン”なんです。3位には”つけまつげ”が入っています。目に関するメイクでここまで上位を独占するとは意外ですな。世の男性はそれ程、女性が目をいじりすぎだと思っているのですね。
先程のアンケートでの2位を公表していませんでしたが、この結果が結構驚きなんです。それは”ヌーディリップ”です。普通ヌーディリップベージュなどの肌に近い色を付けるので、派手とは反対のイメージがあるようですが、”濃い化粧ランキング”の2位なんです。これは最近はやりのメイクで、ヌーディだからといって。慣れない人は沢山塗りすぎるからだそうです。”不自然な色で塗るので更に不自然に見える”のだそうです。
もちろん、赤のリップを強く塗ることも、”ケバい””水商売っぽい”などのイメージがついて回ります。リップは出来るだけ、健康的で自然ななカラー”例えばピンクベージュなど”を選び、あまり厚く、広く付けないようにしてください。あとリップグロスを塗りすぎて”テラテラ”した感じも”濃い化粧”の印象を招く事になるので、注意です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1492175881389-e5553ef372e0?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=6158fd6843289a8ec39ee869dc7924a3&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
”化粧が濃い”と思われがちなメイクCMでも良く使われますよね。ではこの透明感を出すには、どのような事に気をつけたら良いのでしょうか?既出の対策法をおさらいしながら、改めて考えてみましょう。
”不自然”である化粧はどうしても”濃い”イメージにつながります。”ナチュラルメイク”を目指すには、

ファンデーションは薄めで、透明感を意識

目元は、暖色系で控えめに

リップはピンク系をさりげなく

これを守ることで大分、化粧後の印象が変わってきます。化粧がナチュラルだと、自然と”濃い化粧”から”薄い化粧”にイメージチェンジです。
”お化粧”は女性にとっては、切り離せないものなのです。たまに”スッピン”な女性の方を見かけますが、やはり女性としては何か欠けている様に感じます。”化粧が濃い”と思われるのは、化粧の仕方に問題があることが多いと言うことが分かっていただけたでしょうか?世の男性は”スッピンで”町中を歩けとは言っていないですよ。注意です。