Cq8yu94tw7cj6gzhw5ag

ファッション

CATEGORY | ファッション

帽子のシールは剥がす?剥がさない?どっちが正しいのか

2018.05.17

帽子のつばについているあのシール、剥がすべきなのか剥がさないべきなのか、迷ってしまいませんか?この記事では、帽子のつばに貼られているシールを剥がすべきなのか剥がさないべきなのか、どちらが正しいのかをニューエラの紹介と一緒に考えていきましょう。

  1. 帽子のシールは剥がす?剥がさない?
  2. そもそもニューエラとは
  3. 帽子のシールの意味
  4. 帽子のシールを剥がす理由
  5. 帽子のシールを剥がさない理由
  6. 帽子のシール、剥がした後はどうする?
  7. 帽子のシール、結局どっちが正しいの?
  8. ニューエラ以外の帽子のシール
  9. ニューエラのおすすめの帽子
  10. 帽子とシール
Nctw4yxf27iawedu4arh
みなさん、ニューエラのキャップを購入したことはありますか?もちろん持っている!という方も、購入したことはないけれど、ニューエラのキャップをかぶっている人はよく見る!という方もらっしゃると思います。ニューエラのキャップには、つばの部分に必ず丸い大きなシールが貼られています。購入時に剥がされることはなく、シールがついたまま受け渡されます。値札やその他のサイズシールとは違って、ニューエラの帽子の場合はシールを貼ったまま使っている方も多いです。実はこのシール、剥がすか剥がさないかのどちらが正しいということはなく、剥がす派にも剥がさない派にもそれぞれのこだわりがあるようです。詳しくみていきましょう。
ニューエラとは、1920年に創業され、メジャーリーグ野球の公式選手用キャップとして帽子を作ってきました。現在ではメジャーリーグ以外にも、ファッション性の高い帽子や、さまざまなコラボ商品があり、目にする機会も多いのではないでしょうか。メジャーリーグの公式選手用キャップとして作られていたことから、速乾性や強度などは抜群です。かぶり心地も他のキャップと比べるととても優れているそうです。キャップだけではなく、ハットやニット帽、さらには服やバッグなども販売されています。キャップと同じように、どれも見た目がかっこいいだけでなく機能性が優れています。ニューエラのアイテムを色々と組み合わせた、おしゃれでかっこいい、機能的なコーディネイトができそうですね。
そもそも、ニューエラの帽子のシールにはどんなことが書かれているのでしょうか。以前はさまざまなカラーのシールがあったのですが、現在ではゴールドとシルバーの2色のみです。ゴールドはサイズ調整ができないもの、シルバーはサイズ調整ができるものを意味しています。では、シールに書かれている文字は何を意味しているのでしょうか。この文字は、帽子のサイズや帽子のモデル名を意味しています。中央に大きくモデル名が書かれており、その上側にブランドロゴ、下側にはインチ単位のサイズ、さらにその下には小さくセンチメートル単位のサイズも表記されています。商品タグに近いイメージでしょうか。
ニューエラの帽子のシールを剥がして使う理由は、使う人によってさまざまです。シール部分に日焼けの跡が残るのが嫌だったり、洗濯の際に邪魔になってしまったり、という理由もあれば、シールに特別な思い入れがないから、という理由まであります。ニューエラの帽子のシールはサイズ等がわかるように貼られているものなので、それを貼ったままにすることに抵抗を感じる方もいるようです。また、シールの粘着部分やシール周辺に汚れがついてしまったりするのが嫌だという意見もあります。シールの粘着部分に汚れがついてしまうと、中途半端に剥がれてきてしまうので、それが嫌な方もいるようです。
ニューエラの帽子のシールを剥がさないで使う理由も、使う人によってさまざまです。海外ヒップホップ全盛期だった時代には、ニューエラの帽子のシールを剥がさずそのまま使う傾向があったようです。アメリカのブラック・カルチャーの影響も大きかったようです。ニューエラの帽子に貼られたシールは本物の証なので、それをそのままにしておくことで、自分は本物を使っている、ということをアピールしていたそうです。しかしそれとは逆に、万引きをして手に入れた本物を堂々と使っている、という悪さのアピールでもあったそうです。B系ファッションにはブラック・カルチャーへのリスペクトがあるので、その影響といえそうですね。また、マニアにとってはニューエラの帽子にシールが貼られていることが重要で、シールを剥がすと価値が下がってしまうから剥がさない、という考え方もあるみたいです。
ニューエラの帽子のシールを剥がした場合、帽子のつばの裏側に貼りかえている方もいるようです。ニューエラの帽子には、デザインによって、もともとつばの裏側にシールが貼ってある商品もあります。表側と違って日焼けの跡も残りにくいですし、汚れにくくもあります。つばの裏側に貼ってあるので、さりげないおしゃれ感をアピールできますね。また、スマホのケースに貼ってもおしゃれです。他にも手帳に貼るなど、帽子から剥がしても色々とおしゃれな使い道がありそうですね。あなたはニューエラの帽子のシールをどこに貼りますか?自分にぴったりの使い方を探してみてくださいね。
ニューエラの帽子のシールを剥がす派と剥がさない派の両方の考え方をみてきました。あなたはどちらの意見に賛同できましたか?さまざまな意見がありますが、どちらが正しいということはないので、自分がおしゃれだと思うほうを選んでくださいね。同じニューエラでも、帽子のデザインによってシールを剥がすか剥がさないか決めるのもいいでしょう。ニューエラのシールは別売りもされているので、剥がしたけれどやっぱり帽子のつばに貼りたい!という時でも安心です。
アディダスやナイキなどニューエラ以外の帽子にもつばの部分にシールが貼られたものがあります。こちらも剥がすかどうか迷ってしまいますね。ですが、これらの帽子もニューエラの帽子と同じように貼ったままにしておくのも、剥がすのも、どちらを選ぶのも自分次第です。ニューエラではないから剥がす、という方もいるそうです。帽子のシールを貼ったままにしておく理由があったニューエラとは違うから、シールを剥がして使う、ということですね。もちろん、貼ったままのほうがおしゃれだから剥がさないでいる、という方もいるようです。
ニューエラのおすすめの帽子もご紹介しておきましょう。ニューエラで人気の帽子は、なんといってもやはり59FIFTYというシリーズです。ニューエラといえばこの帽子、という印象のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。59FIFTYはニューエラを代表するモデルであり、ベースボールキャップのスタンダードなモデルです。誕生してからほとんどフォルムを変えていないそうです。また、59FIFTYと同じ形で、サイズ調整ができる9FIFTYというシリーズもあります。9FIFTYはさまざまなブランドとのコラボレーションモデルが多く、定番の品ともいえます。スポーティーでおしゃれなニューエラの帽子は、スポーティーなコーデはもちろん、カジュアルなコーデにもフェミニンなコーデの外し役アイテムとしても重宝しそうですね。普段のコーデにニューエラの帽子を取り入れてみてはどうでしょうか。
いかがでしたか?ニューエラの帽子に貼ってあるシールにはどんな意味があるのか、剥がすべきなのか、剥がさないべきなのか、剥がした後の活用法は何かあるのか…などなど、さまざまなことをみてきました。ニューエラのシールを剥がすか剥がさないかについてはさまざまな意見がありましたが、正解はありません。どうするかはあなたの自由です。自分が正しいと思うやりかたで、自分らしいおしゃれを追求してみてくださいね。