Eotssutgcb8ttbp1tiga

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【メーク】眉毛のやり方が知りたい!上手にできる簡単なコツをご紹介!

2018.05.15

目元のアイメークと同じぐらい、眉毛のメークは、顔の印象を良くも悪くもしますが、大切な眉毛のメーク、実は正しくできていない人も多いものなのです。間違った眉毛のメークのやり方・方法も取り上げながら、上手にできる簡単なコツをご紹介します。

  1. 眉毛のメーク・ダメな例①目元メークより先に眉毛メーク
  2. 眉毛のメーク・ダメな例②小さな鏡を使う
  3. 眉毛のメーク・ダメな例③アイブロウペンシルの罠
  4. 上手な眉毛メークのやり方①目元メークをしてから眉毛メーク
  5. 上手な眉毛メークのやり方②大きな鏡で全体を見て
  6. 上手な眉毛メークのやり方③眉下
  7. 上手な眉毛メークのやり方④眉尻は細く
  8. 上手な眉毛メークのやり方⑤眉頭は自然に
  9. 上手な眉毛メークのやり方⑥眉頭から影を入れる
  10. 上手な眉毛メークのやり方⑦ハイライト
  11. まとめ
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/10/872.jpg
眉毛のメークの簡単なやり方やコツをご紹介する前に、メーク方法として間違っている例をご紹介しましょう。まずひとつめは、目元メークより先に眉毛メークをすることです。本来は、目元メークをしてから眉毛を描くのが正しいやり方なのです。なぜなら、目元のメークに合わせて眉毛を描かないと、とんでもなくバランスが悪くなったりしてしまうからです。目元がナチュラルメイクなのに、眉毛は太くしっかりと主張している…など、誰が見てもおかしいですよね。下手をすると、イモトアヤコさんの面白メイクのようになってしまいます。自分のやりたいアイメークをして、それに似合う眉毛を描くようにしましょうね。
引用: https://kosmetista.ru/uploads/images/01/61/53/2014/02/23/2b1729.jpg
引用: https://ic.pics.livejournal.com/elia_chaba/26690081/198630/198630_640.jpg
間違った眉毛メーク方法、次は「小さな鏡を使ってメイクする」ことです。眉毛というのは目と同じで左右にひとつずつありますよね。なので、全体が見えるようにしないと、出来上がりのバランスが悪くなったりするのです。持ち運びできるメイクボックスの小さな鏡を使ってメイクしている人、大きな鏡を使って下さい。小さな鏡で「こっちはこんなもんかな?こっちもまぁこんな感じ…」などと、眉毛を片方ずつ映して適当にメイクしてしまうと、出かける時に洗面所の大きな鏡で見て「何これ?!」ということになりかねません。
引用: https://kosmetista.ru/uploads/images/01/61/53/2016/10/09/56104a.jpg
引用: https://cynthia.nl/wp-content/uploads/2013/04/P1110752-595x528.jpg
間違った眉毛メーク方法、次は、アイブロウペンシルを愛用している人にありがちなことです。色鉛筆で描くように描けるので、アイブロウペンシルを使っている人もいると思いますが、ちゃんと削っていますか?鉛筆や色鉛筆だって、ちゃんと削って先をとがらせておかないと、うまく描けませんよね?アイブロウペンシルは、眉毛の毛を描くようなものですので、常にきちんと削ってから使うようにしましょう。先の丸まったペンシルでは、眉尻が上手く描けず太くなってしまいますよ。削るのは面倒だけど、アイブロウペンシルが使いたい!という人は、回すと芯が出てくるタイプのものを使いましょう。芯が細目のものを選ぶのがコツです。
引用: http://www.indewatten.com/praatjes/wp-content/uploads/2011/06/Oog-open-528x400.jpg
引用: http://www.thebrunettediaries.com/wp-content/uploads/2016/04/sheer.jpg
では、上手な眉毛メークをするためにはどうすれば良いのでしょうか。まず大切なのは、先に挙げた「ダメな例」を絶対にしないことです。目元のメークをかわいらしくしたいなら、かわいらしい印象の目元メークをして、眉毛も、目元に似合う、かわいらしいふんわりとしたカーブを描くメークにしましょう。目元メークをクールビューティ風に決めたいなら、涼やかなきりっとした目元メークをして、眉毛もきりっと、りりしい感じにしましょう。まず目元、それに合わせて眉毛…というのは、とても簡単ですが、上手な眉毛メークのやり方の大切なコツになりますので、必ず守ってくださいね。
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2014/07/e.l.f.-essential-flawless-eyeshadow-kit_12.png
引用: https://kosmetista.ru/uploads/images/06/00/47/2017/04/04/23e008.jpg
次もやっぱり、「ダメな例」の逆になりますが、「大きな鏡で顔全体を見ながら眉毛メークをすること」が大切です。小さな鏡で眉毛メークをすると、眉毛をよく見ようとするあまり、下手をすると目元すら見ないで描いてしまうことになりかねないのです。目元に合わせて描くのが大切なのに、そこからできていないのでは困ってしまいますよ。また、顔全体から見た、眉の長さや眉尻の位置なども大切なポイントなので、メイクボックスやコンパクトの小さな鏡など言語道断です。大きな鏡で顔全体をしっかりと見渡して眉毛を描くのも、上手な眉毛メークのやり方の簡単なコツになります。
引用: http://www.maquillagecynthia.com/wp-content/uploads/2015/07/3-crayon-yeux-double-wear-estee-lauder-607x405.jpg
引用: http://i0.wp.com/creandotuestilo.com/wp-content/uploads/2012/10/cejas1.png
次に、上手な眉毛メークのやり方としてあげられるのは、眉毛の下側のラインをきれいに描くことです。あなたが眉毛を描く理由は、生まれ持った自分の眉毛に不満があるからではないでしょうか?思い描く、きれいな眉毛にするために、眉毛をカットしたり剃ったりして形を整えているのですよね?その仕上げをする眉毛メークで下側のラインをきれいに描かなければ、それまでの努力が実を結びませんよ。輪郭をあまりくっきりと描くといかにも「描いている」ように見えるのが嫌だという人は、アイブロウパウダーを使って、下側のラインを整えましょう。パウダーだと上手く描けないという人は、アイブロウペンシルでも構いませんよ。どうしてもうまく描けない場合は、眉の形に穴の開いた「アイブロウテンプレート」なるアイテムもあります。そういうアイテムを使えば簡単・きれいにできますよ。
引用: https://cdn3.blovcdn.com/bloglovin/aHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy50ZW1wdGFsaWEuY29tJTJGd3AtY29udGVudCUyRnVwbG9hZHMlMkYyMDE2JTJGMTIlMkZjb2xvdXJlZHJhaW5lX3F1ZWVub2ZoZWFydHMwMzIuanBn?checksum=b1e90338fcae75e0b29af9716482de048904af19&format=j
引用: https://kosmetista.ru/uploads/images/00/40/71/2017/04/09/dddc9a.jpg
上手な眉毛メークのやり方の簡単なコツ、次は「眉尻は細く描く」ことです。眉尻を太く描いてしまったら、げじげじ眉毛というやつになってしまいますので、眉尻は細く!と意識して描きましょう。ナチュラル眉毛というのも流行っていますが、やはり眉尻は細くしたほうが、女性らしい特徴が出ますよ。また、眉尻が細いと、実際より眉が長くも見えます。逆に、眉尻を太く描いてしまうと、実際より眉が短く見えてしまいます。細い眉尻で、より女性らしい長く美しい眉毛を強調しましょう。
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2015/03/budget-smokey-look_14.png
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2015/08/Dior-Cosmopolite-herfst-2015-12.png
上手な眉毛メークのやり方として次にあげられるのは、「眉頭は自然に描くこと」です。眉毛を描いている人の中には、眉頭が濃すぎる…しっかりがっちりと描きすぎている人もいます。もともとの自然な眉毛の眉頭は、眉の真ん中あたりと比べるとかなり毛が少なく、薄い印象ですよね?眉毛を描く場合も、自然な眉毛と同じように、眉頭は薄めに描くと不自然にならず、悪目立ちしません。眉山を描いたら次は眉尻、眉の真ん中あたりを描いて、最後に眉頭を描くのですが、アイブロウパウダーを使っている場合は、最後にブラシやチップに残った粉を乗せるだけでOKです。眉の他の部分をアイブロウペンシルで描いている場合は、眉頭の部分だけは、少し明るめの色のアイブロウパウダーでぼかすようにしてください。
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2014/08/monsieur-black-dinner_15.png
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2015/04/dolce-gabanna-beauty_06.png
次に、眉毛メークのついでに、ノーズシャドウも入れてしまいましょう。眉頭に使用した、少し明るめの色のアイブロウパウダーを、眉頭からシャドウとして入れます。よく鼻の真横にくっきりとノーズシャドウを入れる人がいますが、あれはいかにも「描いています」という感じがして、「うわぁ…」と思ってしまいますよね。そんなノーズシャドウと違って、眉頭から自然に入ったノーズシャドウは、目立ちすぎないのに顔に立体感を出すことができますので、ぜひおすすめします。これも、簡単なのに眉毛を美しく見せるコツになります。
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2014/01/garden-of-eden-eyelook12.png
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2013/08/catrice-liquid-metal-eyeshadow-eyelook_09.png
もうひとつ、上手な眉毛メークのやり方をご紹介しましょう。それは、「眉毛の下にハイライトを入れる」です。眉毛全体の下に入れるわけではありませんよ。眉尻の下の少し手前、眉山の下あたりの部分に、ほんの少し、ハイライトを入れるのです。ほんのひと筋これを入れるだけで、眉毛がより際立って、綺麗に見えます。コツも何もいらない、簡単なひと手間で仕上がりは全く違いますので、眉毛の基本的な描き方を覚えたら、ぜひお試しください。
引用: http://www.beautylab.nl/wp-content/uploads/2014/08/marges-extra-ingredients-quad_10.png
上手な眉毛メークのやり方についてご紹介してきましたが、如何でしたか?ほんの少し手を加えたり、今までのやり方を変えたりするだけで、眉毛は劇的に変わりますので、ぜひ試してみて下さいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://shigotonadeshiko.jp/wp-content/uploads/2017/05/eyecatch.jpg