Qexn4pokn1gs1y0t7rq4

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

メイクブラシの洗い方のコツをつかもう!洗う頻度や100均のおすすめアイテムは?

2018.05.18

使うと化粧ノリが良くなるメイクブラシですが、洗い方やお手入れ方法、その頻度はご存知ですが?使い続けると雑菌が増えたりとかえって肌に負担をかけてしまうアイテムとなってしまいます。メイクブラシの正しい洗い方のコツを100均アイテムと一緒にご紹介します。

  1. メイクブラシって洗うの?
  2. メイクブラシの洗い方〜頻度〜
  3. メイクブラシの洗い方〜洗浄液〜
  4. ①石鹸を使ったメイクブラシの洗い方
  5. ②中性洗剤を使ったメイクブラシの洗い方
  6. ③専用クリーナーを使ったメイクブラシの洗い方
  7. メイクブラシの洗い方を簡単にする便利アイテム①
  8. メイクブラシの洗い方を簡単にする便利アイテム②
  9. メイクブラシの洗い方における注意点
  10. メイクブラシの洗い方まとめ
そもそもメイクブラシって洗うの?と言う方もいるのではないでしょうか?しかし良く考えてみてください。毎日肌に直接触れるものがいつまでも綺麗なはずがありません。肌に触れるたびに皮脂等が付着し、雑菌が繁殖します。また、ブラシに付着した皮脂にファンデーションやホコリが溜まりだんだんとゴワゴワして硬い質感になってきます。
Sdmdhuep2tuhxg7ygley
そうなると、ファンデーションが伸びなかったりムラになりやすくなったりと始めの頃のような綺麗な仕上がりにはなりません。最近のメイクブラシは100均の物でも大変優れた物が多く、手入れを省きこまめに買い換えると言う方は良いかもしれませんが、お気に入りのブラシや長く使えるような良いブラシは洗い方のコツを覚えていつまでも綺麗な状態を保ちましょう。
毛先が束になって固まってきたりゴワつきを感じ始めた時や化粧ノリが悪く感じるようになったらお手入れのタイミングです。ただし、ナイロンなどの人工毛は毎週のように洗っても大丈夫ですが高価なブラシに多い天然毛の物は、天然毛ならではの風合いや毛の表面を覆う油分が失われてしまう為こまめに洗いすぎるのもNGです。
そういったブラシの場合は半年に1回程度の頻度で大丈夫ですが、毎日使った都度乾いたティッシュで優しく拭き取って汚れを残さないように心がけましょう。また、定期的に目の細かいコーム等で優しくブラッシングしてあげる事でもある程度の質感を保ち、毛と毛の間に溜まった汚れを落とすことも出来ます。ただし、リップブラシの場合は特に雑菌が溜まりやすいので定期的に洗ってください。
メイクブラシの洗い方をネットで検索すると様々な洗浄方法が紹介されていますが、一般的に使われる物は専用の洗浄液、石鹸、中性洗剤です。中性洗剤洗剤はアルコール入りのものは避けましょう。台所洗剤などが代表的な中性洗剤です。
石鹸や中性洗剤がないご家庭はないかと思いますが、その他にもメイクのクレンジングや洗顔、毛を洗うにはシャンプー!と言う方いて、色々な石鹸、洗剤を代用して洗う事が出来ます。今回は一般的な石鹸、中性洗剤、専用クリーナーを使った洗い方をご紹介します。
まずはコップ等の容器にぬるま湯を入れてブラシの毛先を優しくすすぎます。ぬるま湯とは30〜40度くらいのお湯で温かいと感じない程度の温度です。油分は温かいお湯の方がよく落ちるイメージですが、天然毛の場合熱すぎるお湯は毛を痛めてしまうので注意してください。
軽くぬるま湯を含ませた毛先で表面を撫でるようにしながら石鹸を含ませて指で優しく揉み込むように洗います。
再びぬるま湯を使って石鹸をすすいだら、毛先を絞り乾いたタオルの上に乗せて日陰で丸一日乾かしましょう。綺麗に乾かすコツはコームで毛先を梳かしてから乾かすことです。そうする事で毛並みを整える事が出来て、内側に含んだ水分を絞り出す事が出来ます。毛が切れてしまわないように優しくとかしましょう。
ぬるま湯を入れたコップに中性洗剤を加えて混ぜ合わせ、中性洗剤溶液を作ります。容器の中にブラシの毛先を入れてシャカシャカと汚れを振り落とすように洗いましょう。
良く洗ったら洗剤が残らないように指で押しながら綺麗な水ですすいでください。ブラシに洗剤が残るとメイクをする際に洗剤が肌に付着して肌荒れを引き起こす原因となりますので念入りにすすぐようにしましょう。洗い終えたら石鹸時と同様に水気を切って日陰でよく乾かします。
専用クリーナーも原液洗浄のものや水に薄めて使う物等様々です。
また、ティッシュに含ませてブラシで撫でるだけで洗浄ができる手軽なものもあります。専用クリーナーなので少々値が張っても、万が一すすぎ残しがあった際にも肌やブラシに負担が少ないのが最大のメリットです。詳しい使い方はメーカーによって異なりますのでそれぞれの取り扱い説明書をよく読んで扱いましょう。
100均でお馴染みダイソーのメイクブラシクリーナーがとっても便利と話題になっています。人気の秘密は100円で簡単に洗浄から乾燥までが行えるという点です。底には柔らかいシリコン製の突起が装着されていて汚れを優しく掻き出してくれる仕組みになっています。容器の中に洗浄液を入れてブラシを入れたら中でクルクルと円を描くように回すだけで綺麗になり、付属のスタンドで清潔に効率よく乾燥させる事が出来ます。
また、洗浄液も合わせて購入する人が多く人気の商品です。どちらもSNSで話題に火がつき品薄状態になる店舗も続出しているという事です。
ブラシをつけてクルクルするだけで簡単に汚れが落ちるので重宝しています! 中性洗剤で洗っていた時はブラシの毛がポロポロしてきていたのですが、こちらの商品のほうがブラシに優しそうです。

こちらはスタイルプロと言うイギリスメーカーのメイクブラシクリーナーです。緻密に調整された回転スピードで遠心力の力を使ってメイクブラシを自動洗浄してくれるクリーナー。汚れが出なくなるまで何度も水を変えて手洗いする必要がなく、ブラシを傷める心配もありません。
また、遠心力で水気を切ることで、10秒もあればブラシの乾燥が完了し、すぐに使用できる状態にします。 自然乾燥でブラシ乾かすのは時間がかかり、特にブラシ内部や金具の部分は、完全に乾かすには数日かかることもありますが、朝メイク時にブラシが汚れていると気付いたらすぐに洗浄する事が出来ます。
クリーナーが7,980円、専用洗浄液が150ml1,700円と決して安くはありませんがより手軽にブラシの洗浄をしたい方にはおすすめです。
メイクブラシを上手に洗う為の注意点はとにかくよくすすぐ事です。よく、台所洗剤で手荒れを起こしたりニキビや肌荒れの原因は洗顔料等の洗い残しだと言いますが、石鹸や洗剤の成分が肌に残る事で肌荒れを起こす可能性があります。
Mxccjipkqjct8khstirh
ブラシの毛も丁寧に扱いましょう。ゴシゴシと毛の流れに逆らうように擦ったり、毛を引っ張って強く水を切ろうとしたりする事でブラシの毛が傷んでしまう恐れがあります。特に天然毛は細く繊細なので痛みによって切れやすくなったり毛の流れが変わってしまう場合もあります。毛が切れたブラシはチクチクしメイクのムラが出来る原因にもなります。
また、ブラシの根本はなるべく液につけないようにしましょう。ブラシの根本は接着剤で止めて金属のカバーで固定されています。その為水に濡れると接着部分に影響して毛抜けや劣化に繋がってしまいます。高価なブラシ程扱いも繊細になってきます。優しく丁寧に扱って長く使えるものにしましょう。
いかがでしたか?丁寧に洗って良くすすいでよく乾かしてと一見面倒に感じるメイクブラシのお手入れですが慣れてコツを掴んでしまえば洗ってすすいで乾かすだけの簡単な作業です。どうしても面倒に感じる方は今回ご紹介した100均の便利グッズ等をうまく使ってお手入れしてみてください。
綺麗なブラシは綺麗なメイクを作ってくれますよ。
Xtwh5zc7w3xwh59lhbpt
引用: singlemother-chiebukuro.com › 美容・ダイエット
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bc0Y3XxnJhb/?tagged=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC