Idjhtn06kn64whoxkmtv

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌のかさかさはどうして起こるの?意外と知らない乾燥肌の原因と対策とは

2018.02.15

以前に比べて最近肌がかさかさしてきたと感じている方は、もしかしたら乾燥肌になってしまっているかもしれません。乾燥肌には原因があり、きちんと対策をすればかさかさを軽減することができます。この記事では乾燥肌の原因と対策についてわかりやすくまとめてみました。

  1. 肌がかさかさになる乾燥肌とは
  2. かさかさの乾燥肌になる原因を知り対策を
  3. かさかさの乾燥肌になる原因1季節特有の問題
  4. かさかさの乾燥肌になる原因2間違った入浴の仕方
  5. かさかさの乾燥肌になる原因3偏った食生活
  6. かさかさの乾燥肌になる原因4ストレスや加齢など
  7. かさかさ乾燥肌の対策1入浴を気をつける
  8. かさかさ乾燥肌の対策2バランスのいい食事
  9. かさかさ乾燥肌の対策3洋服に気をつける
  10. かさかさ乾燥肌の対策4紫外線対策をする
  11. 乾燥肌の原因と対策を知って正しいスキンケアを
Hsxyzjpcozumv7jwo2up
そもそも乾燥肌とは一体どういったものなのでしょうか。乾燥肌とは、肌の表面の水分量が低下して、文字通り乾燥したかのような状態になり、肌がかさかさになっている状態のことを指します。普通は、肌の表面にある汗腺や脂が私たちの肌を守ってくれていて肌に潤いを保つことができています。肌が強力なバリアに守られているイメージです。しかし、外部から強い刺激を受けるなどしてそれらの働きが十分でなくなると、潤いを保つことができなくなります。肌を守るバリアが破壊されてしまったイメージです。そうなると乾燥肌になってしまうわけです。
T04a5yknz3mihpx1ga3b
乾燥肌の対策をしようと思ったら、まずは乾燥肌になる原因を知る必要があります。乾燥肌になってしまう原因はかなりたくさんあります。普段の生活習慣や季節的なもの、自分へのストレスまで関係してしてきます。もしかしたら、普段何気なくやっている行動が、乾燥肌の原因になっているかもしれません。以下で様々な乾燥肌の原因について記述していきますので、乾燥肌の方は自分に当てはまりそうなものがないか探してみましょう。また、現在乾燥肌でなくても、これからのためにできるだけ予防しておきたいという人も、チェックしてみてくださいね。
Xxrd7mcn9emrnryvdtu4
乾燥肌になりやすい季節は冬です。湿度が下がり、空気が乾燥しやすいためです。また、気温が下がることで汗や脂の量が減り、肌を守ってくれるバリアが少なくなり、乾燥肌の原因となります。冬は特別気をつける必要がある季節です。冬場の水仕事は特に肌にダメージを与えます。
Ukgspfohepg5npb7vuwf
また、実は夏も肌がかさかさになる危険性があります。強い紫外線は肌の水分や皮脂の量を低下させます。肌にダメージを与え肌のバリア機能を低下させるため、乾燥肌の原因になるわけです。他にはエアコンも乾燥肌の原因になるため、使いすぎには注意です。
Dlvlrexurt3ym0a6y2z8
入浴をすると肌に潤いを与えることができそうな気がしますが、意外にも、入浴は乾燥肌の原因の宝庫なのです。まず、肌を綺麗にしようと丁寧にごしごし洗うことが乾燥肌の原因になります。えっと思った方もいるでしょう。どうにかしようと念入りに洗う行為によって、肌は刺激を受けすぎることとなり、バリアがなくなり乾燥肌になってしまうわけです。同じような理由で刺激の強いシャンプーや石鹸も肌にいい影響を与えません。入浴中の乾燥肌の原因はこれだけではありません。熱いお湯や長風呂も乾燥肌の原因になるので要注意です。
Dpngwkpo8epv5akiitke
普段の食生活も肌に影響が出ます。ダイエットや多忙による偏食は肌にダメージを与え、乾燥肌につながります。ファーストフード、インスタント食品ばかり食べている打とか、甘いお菓子ばかり食べているという方は知らず知らずのうちに肌に大きなダメージを与えています。脂質やビタミンなどを摂取しないでいると、バランスを崩し、肌はどんどんかさかさになっていきます。
X4r3uczigxj4ppuku9oa
野菜を食べているから大丈夫と思っている方もいるかもしれません、しかし、もしもそれがダイエットによる生野菜だけの食事の場合は冷えにつながり血行が悪くなるため注意が必要です。
Acsrtecw1lsyhsetseor
ストレスが多い生活だと、肌が荒れてかさかさになり、乾燥肌になりやすいです。夜更かしや多忙による寝不足や、イライラすることが多いといったことを繰り返していると、肌にダメージが蓄積されていくわけですね。ストレスは自分自身が気づかないうちに体にダメージを与えていることが多く、注意が必要です。偏食にもつながりがちです。
Dq7jm46gjjqq1qbhxnkn
また、加齢も乾燥肌の原因となります。老化が進むと、肌の保湿成分の量が徐々に低下していきます。肌のバリアが弱まっていくわけです。すると潤いを保つことが難しくなり、肌がかさかさとなって、乾燥肌になるわけです。
Fflt2pkk50mzqe9swbp9
入浴が原因で肌がかさかさになり、乾燥肌になってしまう危険性があることは上で書きました。ゴシゴシと体を洗う、刺激が強いシャンプーや石鹸で体を洗う、熱いお湯で長い時間湯船に浸かるといった行為が乾燥肌の原因となります。よって、これらの行為を避けることが乾燥肌の対策になります。体を洗う時は優しくして強くこすらないようにして洗い、肌に優しいシャンプーや石鹸を使い、ぬるま湯で長風呂を避けて、短めに湯船に浸かることを心がけましょう。また、入浴後に化粧水などを用いてケアをして肌を保湿するようにすると、とても効果的でおすすめです。
Oqlrjozsz8opthxkg7z8
偏った食事は乾燥肌の原因になります。よって、バランスのいい食事を心がけることが、乾燥肌の対策になります。脂質、ビタミン、たんぱく質といった栄養素を満遍なく摂取するように心がけましょう。魚、肉、卵、野菜といったものをきちんと食べましょう。乾燥肌の原因となるファーストフードの食事やインスタント食品、甘いお菓子などは控えるようにしましょう。また、ダイエットをしたいという人でも、偏食は避けるようにしましょう。バランス良く栄養を摂るということを常に意識して取り組むようにしたいですね。
W1uawy8x5h6unq8q2bjp
洋服や下着類に気をつけることは、乾燥肌の対策になります。乾燥肌になって肌がかさかさになった状態の人は、肌のバリアが低下しているため、とても敏感になっています。ちょっとの刺激で何かしらの影響が出ることもあります。例えば、洋服や下着の種類によっては、かゆくなってしまうといったことがありえます。特に下着はシルク、綿といった肌に優しいものにするようにしましょう。また、洗濯した衣服に洗剤が残っていると肌が荒れる原因になりますので、しっかり洗濯することや、肌に優しい洗剤などを用いるようにして対策をしましょう。
Hfl7dygzpu95ad5lhrtu
紫外線は乾燥肌の原因となるため、帽子や日焼け止めなどでしっかりと対策をしましょう。このくらい大丈夫と思わずに、細かいケアをすることが大切です。日焼け止めを塗る際は、先に保湿ケアを済ませてから塗ることをおすすめします。保湿成分の高い化粧水などで肌を整わせてから日焼け止めを塗ることで肌の乾燥を防ぐことができます。また、日焼け止めは紫外線吸収剤不使用のタイプが肌への影響が少なくておすすめです。他には保湿成分が含まれているものもあるので、そういった特徴がある日焼け止めを使用することをおすすめします。
X5ey9je8yl6tbeoff7qi
かさかさの乾燥肌になる原因は紫外線、湿度、気温、入浴の仕方、食事、ストレス、加齢などたくさんあります。これらの全てを防ぐことは難しいですが、できる限り対策をしたいですよね。特に、乾燥肌を引き起こす行動、例えばゴシゴシと強く体や顔を洗わないといったようなことは、気をつければすぐにでもやめることができます。優しく洗うことを心がけるだけです。乾燥肌の原因になるような行動で、やめられるものは今すぐにでもやめましょう。それだけでも肌へのダメージはかなり軽減されます。その上で、この記事を参考にして、できる範囲で乾燥肌の対策をしていきましょう。