Vmwsvh7vjqdyt3nqjofz

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

モテメイク2018はナチュラルなの?リップや眉毛・目元のおすすめをご紹介!

2018.05.17

彼氏が欲しい、片思いの彼に好かれたい…と思う女性は多いものです。ナチュラルメイクでもてたい!と一生懸命努力しているのにもてない…という人は、モテメイクをどこか勘違いしています。そこで、男性に受けるモテメイクについてリップや眉毛などご紹介していきます。

  1. そもそもモテメイクとは?
  2. モテメイクの前に①お肌をきれいに
  3. モテメイクの前に②男性もバカじゃない
  4. モテメイクの前に③メイク方法、間違ってない?
  5. 2018もモテメイクはナチュラル
  6. モテメイク・ナチュラルメイク①ファンデーションは厚塗りNG
  7. モテメイク・ナチュラルメイク②眉毛も自然に
  8. モテメイク・ナチュラルメイク③アイメイク
  9. モテメイク・ナチュラルメイク④リップ
  10. まとめ
引用: https://www.jgs-media.com/wp/wp-content/uploads/2016/02/5b7805066a85c066132b6a99f1d3b613.jpg
まず、そもそもモテメイクというのはいったいどういうものなのでしょうか?手っ取り早く言えば「男性にモテるためのメイク」ですが、どうすれば男性にモテるメイクになるのでしょう。「目が大きいほうがかわいく見えるはずだから、ひたすら目を盛る」「くちびるはぽってりしてるほうがモテるらしいから、くちびるはグロスこってり塗りまくる」どちらも正解で、間違いです。男性が女性を一部分しか見ていないと思ってはいけません。顔全体を見て、バランスよく整っていれば好印象を与えますし、逆に目だけ盛りまくっていると引かれたりしてしまいます。モテメイクとは、男性に好印象を与えるメイクのことであって、顔のパーツの一部だけに力を入れて盛るメイクではありません。
引用: http://img.mp.sohu.com/upload/20170820/57f5e9d06154453ea5b99e9fb5b7bf80_th.png
引用: http://img.masi-maro.com/imgdet_3431_77862_imgdet_org.jpg
モテメイクの前に、まずお肌のチェックをしましょう。目元をいくら盛っても、お肌がかさかさしていたり、ニキビだらけではモテるも何もありません、それ以前の問題です。まずはお肌をきれいにすることから心がけて下さい。ニキビのある人はニキビ対策の化粧品を使ったり、皮膚科に行って薬を処方してもらったり。お肌がかさついている人は、保湿効果の高い基礎化粧品を使ったり、保湿効果のあるファンデーションを使ったりして、根本的なお肌のトラブルを解消しましょう。モテメイクをするのは、基礎ができてからです。
引用: https://www.ishowx.com/uploads/allimg/151230/43-151230114T4.jpg
引用: https://img.mp.itc.cn/upload/20170612/d86282669ecd415995644a5b55d73784_th.jpg
さらにモテメイクの前にやっておくべきことがあります。あなたには何か、夢中になってやれることはありますか?特技はありますか?キレやすい性格だったり、飽きっぽい性格だったりしませんか?男性が女性の外見ばかり見ていると思ったら大間違いです。人によっては、猫をかぶっているのも見抜いたりするのですよ。それに今どきは、女性がメイクによってどんなに変わるのかも男性は知っています。「メイク落としたら別人だったから彼女と別れた。それ以来、メイクがうまい子を疑いの目で見てしまう」などという男性もいるぐらいです。男性には、盛ったメイクや猫かぶりにはだまされない人も多いのです。男性はバカではないのだと知っておきましょう。そして、中身を磨いてもどうしてもモテないなら、モテメイクを試してみて下さい。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CHycWp2UYAAMyuT.jpg
引用: http://dqaeric34olch.cloudfront.net/images/569700/31e166ad.jpg/normal?1412614888
ブログやYoutubeなどで、メイクの方法を紹介してくれていることがたくさんありますが、その通りやってみたのに全然違う…思ったようにならない…ということも多いでしょう。人それぞれ、顔立ちは違うものですよね。たとえば、はっきりした顔立ちの人と同じメイクをしたとして、仕上がりは同じでしょうか?手順は同じでも見た目はまったく違うものになってしまうでしょう。最近Youtubeで、「自分はブス」「ブスのためのメイク」などという動画がとても増えていますが、これも眉唾です。自分のことをブスだと決めつけている人が、同じように自分はブスだと決めつけている人のメイク動画を見ても、顔立ち自体が似ていないなら、全く参考になりません。こういう動画は結構こってりメイクを紹介しているので、顔立ちひとつで似合う似合わないが分かれてしまうのです。目元盛り・ノーズシャドウこってり…などという系統の動画などは、人によっては全く似合わないことも多いので、やみくもに信じて参考にすると「なんか…だいぶ違う…」ということになりますよ。
引用: https://i-voce.jp/files/article/main/k3u3GGUf_1440985953.jpg
引用: https://d1mw0bupavq30y.cloudfront.net/images/uploads/summary/image/3546/1441346083-1422932592-10724740_793163907414502_772994270_a.jpg
若い女性の間では、その年その年でトレンドメイクというものがありますが、男性側からすると、時によってトレンドメイクは奇異なものに映ることもあります。ひたすら目元を盛るのは最近ずっと流行していますが、これも近年、手口が巧妙になってきていて、自然な二重の大きな目に見えるけれど、メイクを落としたら実は…という、特殊メイクに近いものと言えます。たまにこれにだまされる男性もいますが、正体がわかったら気持ちも冷めるもの。男性の側は、よりナチュラルな、盛りすぎないメイクを求めています。2018年に限らず、男性側はナチュラルメイクを好む傾向にあります。もともと、メイクをしている女性をあまり好まない男性もいますので、盛りすぎ・塗りすぎはやめて、ナチュラルメイクにしていきましょう。
引用: http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/curet-storage-product/ea32c6dc-11a2-445e-827e-7ca41d8c47f1.jpg
引用: https://www.ishowx.com/uploads/allimg/151123/43-151123115336.jpg
誰しも、お肌に隠したいものはあるでしょう。小さなほくろでさえ気になる人は気になるもの。ニキビ跡が気になる人もいるでしょう。でも、けっして厚塗りをしてはいけません。ナチュラルに見えても実は厚塗り…というのは、メイクが崩れやすいため、ボロが出やすいのです。シミやほくろを隠すのにコンシーラーは使っても良いですが、ファンデーションは薄めに塗りましょう。間違っても、手と顔の色が全然違う!というような塗り方をしてはいけませんよ。リキッドファンデーションなら肌になじみやすいので、リキッドタイプを薄塗りするのがおすすめです。これなら厚化粧には見えません。
引用: https://media.tintuc.vn/uploads/medias/2015/02/02/680x365_crop/vo-e-vo-co-gai-ten-la-cover-khong-phai-dang-vua-dau-gay-sot-bb-baaacelXH5.jpg
引用: https://aws.how01.com/imgs/4b0300042060672997e2.jpg
メイクを常にしている人は、眉毛をかなり剃って、描きやすくしている人もいますが、これはNGです。2018年、モテたいなら、眉毛も自然にしましょう。自然にと言っても、眉毛を生やしたい放題に生やすというわけではありません。自然に生えている眉毛の、飛び出しているような余分な毛をカットして形を整えるだけです。形を整えたら、アイブロウペンシルではなくアイブロウパウダーを使って、ほんのり色を乗せましょう。アイブロウペンシルでくっきりと描いてしまうと、不自然できつい印象になりますので、アイブロウパウダーでふわっと色を乗せて、眉毛の隙間をやや埋めるようにしましょう。眉頭はぼかして、眉尻はちょっとだけはっきり描いて、より自然に近い、でも自然より整った眉毛を作りましょう。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/ninji/imgs/9/b/9b478a38.png
引用: https://3.bp.blogspot.com/-0w-xGuqkdZ8/V2EUgy7VjOI/AAAAAAAApzY/KzYGcwFXnFQIWRZS0KSZzmAPB9mIS0xvwCLcB/w1200-h630-p-k-no-nu/ozawamaju_2ndbaby.jpg
2018モテメイク、次はアイメイクにうつりましょう。特に若い女性の場合、目を大きく見せるために必死で塗りたくって、マスカラも長さが出るものを使ってつけまつげのようにまつ毛を長くしたり、マツエクを使ったり…と、不自然な目元を作っていることが多いですが、ナチュラルメイクにこれはNGです。シャドウは自然な影がつくような淡いブラウンにピンクをほんのり差したりして、血色の良い目元を目指しましょう。こてこてした下品なマスカラはやめて、上品に少しだけ塗りましょう。どんなに盛っても、元が元なら、素顔がばれた時にすべておしまいになってしまいます。そんなに目が大きくなくても、自然なメイクのほうが男性に好まれることが多いのです。整形のような盛りメイクより、ナチュラルなメイクの方が2018年、必ずモテます。
引用: https://endia.net/wp-content/uploads/2017/09/7611a509c3b3770db25a2eca20b3b4a2.png
引用: http://stat.ameba.jp/user_images/20120122/20/majoseisakusho/62/d9/p/o0725051811749576785.png
2018モテメイク、リップはどうすれば良いでしょう?リップに関しては、あまり突飛なリップを選んでいる人もいないと思います。ナチュラルメイクにならピンクも似合いますし、ベージュ系も似合います。リップに関しては、目元の色に合わせたり、チークの色に合わせたり、服に合わせたり…と、ピンク系、オレンジ系、ベージュ系、レッド系、どれでもお好みの物を選ぶと良いでしょう。あまりリップグロスでテラテラ光らせることなく、自然な唇の赤さを表現できるなら、どんな色でも良いですが、モード系の真っ赤なリップや紫のリップはやめた方がいいですよ。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/link-sekiya/20150404/20150404111803.jpg
引用: http://img3.yxlady.com/yl/UploadFiles_5361/20150831/20150831135047909.jpg
2018モテメイクについてご紹介してきましたが如何でしたか?人それぞれ、色々な顔立ちに生まれてくるものですが、コンプレックス解消のため…自己満足のために盛るメイクは、人から見れば滑稽なことも多々あるのです。本気でモテたいなら、ナチュラルメイクで本当の自分の良さを引き立てましょう。
引用: https://i.ytimg.com/vi/-Nbd2L_Vjeg/hqdefault.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://everygenki.com/wp-content/uploads/2016/08/833af97e2ee3c87fccec3c21cf635740.jpg