Reaxcwhplf8tmkouyflz

ファッション

CATEGORY | ファッション

帽子を飛ばないようにする方法を解説!【風対策】

2018.05.18

風で飛ばないように帽子を首ひもで固定するのは、センス的にも避けたいですよね。みんなはどんな風対策をしているのでしょうか?実は、100均で売っているテープなどのアイテムを使って、こっそり対策をしてるんですよ。今回は、飛ばない帽子対策の全貌を明らかにしていきます。

  1. 機能性抜群な帽子はみんなの人気者
  2. 100均のすきまテープで飛ばない対策
  3. 帽子にコームを付ける飛ばない帽子対策
  4. ヘアクリップや飾りピンで飛ばない帽子対策
  5. ゴムを使った見えない風対策
  6. 太いゴムを使った飛ばない対策
  7. 自分で作った手作り帽子クリップで風対策
  8. 飾り紐を活用した飛ばない風対策
  9. 風防止アイテム「ハットメル」で飛ばない風対策
  10. 市販の帽子サイズ調節テープで風対策
  11. まとめ
Pj45a8vuxejgye9hmq5l
洋服がシンプルな日はファッションアイテムとして活用、日差しが強い時は日よけにもなる優れたアイテムが帽子ですよね。急な外出でメイクしてない時なんかは、帽子をさっとかぶれば準備完了です。あらゆる場面で大活躍な帽子ですが、こんな経験ありませんか?

風との戦い

Iyzhv9mh6c60afmgdspm
オシャレをして意気込んで出かけたのもつかの間、風で帽子が飛ばされたなんて話、よく聞きますよね。他にも風との戦いで帽子が無残にも飛ばされた経験のある人はたくさんいるようです。
帽子にはツバがついてるため、風の風圧に耐えきれなくなり空に吸い込まれるように飛ばされてしまうのは仕方がないことなんでしょうか?いや、しっかり風対策をすれば避けられます。しかも、「風対策してます」感がわかるような首ひもをつ付けなくてもできるのです。そこで、風でも飛ばない帽子へ早変わりさせる方法を紹介していきます。
外気の侵入を防いだり、冷暖房効果を下げないように引き戸やドアの隙間に貼り付けるすきまテープを活用して飛ばない帽子対策をしてみましょう。プチプラでコスパもかからないし、余ったら家具の下に取り付けて傷対策としても使えますよ。テープなので処理も簡単です。

帽子にすきまテープを付ける方法

帽子の内側には、スベリと呼ばれる折り返し部分があります。汗を吸い込んだり汚れや化粧が帽子に着くのを避けるために付けられています。その折り返し部分にすきまテープを貼り付けます。頭と帽子の密着度が上がることによって適度な締め付けができるため、風に飛ばない帽子へと早変わりしますよ。長さは締め付け具合により変わってきますが、長いほど隙間がなくなるので強度は増します。おでことの接着部分に付ければ、スベリの汚れ帽子にもなるためおすすめです。
細いピンが等間隔に並んだ髪止めのアクセサリーがコームです。髪の後毛をまとめたりヘアセットする際に使うコームも、100均で手に入れることができるプチプラアイテムです。髪の毛にしっかり絡みつくため、強度が高い飛ばない対策としておすすめですよ。

コームを使った飛ばない帽子を作る方法

コームの他に用紙するのは髪を結ぶゴムひとつと穴を開けるためのキリです。まず、髪ゴムを半分に切ります。切ったゴムをコームの根元部分にぐるぐると巻きつけていきましょう。コーム両端に均等に髪ゴムが残るように調節して巻きつけてください。次は両端に余ったゴムを帽子に通して固定する穴をキリで開けます。穴はスベリ部分に開けると帽子の外観が崩れません。穴にゴムを通して完成です。かぶる時はコームを下向きにしたかぶってから内側に向かってコームを髪に差し込みます。
Dvtljslpishlu2llkglz
可愛い飾りピンやヘアクリップが100均にたくさん販売されてますね。髪留めとして活用するアイテムでも風で飛ばない帽子が作れます。帽子をかぶらない時はブローチとしても活躍するので、お気に入りを探してみましょう。

アイテムを取り付ける方法

今から紹介する風対策は、帽子の目が荒いデザインの人向けです。また、テープだと剥がした後がベタベタするから嫌だと言う人も、ヘアクリップや飾りピンを使った対策がおすすめですよ。用意するのは、お気に入りのコサージュとヘアピン、または飾りピンです。お気に入りの飾りピンが手元にある人は、帽子の上から斜めに向かって差し込みます。差し込んだ後に髪をひっかけるようにピンを操るのがポイントです。コサージュがある人は、飾りの根元にヘアピンを差し込んで飾りピンを作ってから差し込みましょう。
Uピンに好きなコサージュをつけて帽子に差し込んでも風対策になるのでおすすめです。
たくさん作って付けてるアイデアもおすすめです。ヘアピンをたくさん使うことで強度も高まります。
帽子にゴムをつけて首で止めるのは子供っぽい上に、せっかくのオシャレも大無しです。そこで、ゴムを使っても表面に見えない付け方を紹介します。髪の毛が長い人向けの対策なので、短い人は別の飛ばない対策を活用してください。

ゴムが見えないように付ける方法

いかにも風で飛ばないように付けた感が伝わる白いゴムは避けましょう。そこで、チラッと見えてもオシャレなカラフル色のゴムを用意してください。スベリと耳があたる部分にゴムを縫い付けていきます。最終的に、ゴムはうなじの生え際部分にくるようにひっかけるため、ぴったりか少し短いくらいにカットして使ってください。ゴムは、付けたまま洗濯もできるので、テープよりは使い勝手が良いですよ。帽子が後頭部に引っ張られる形で風の抵抗を遮ります。
ズボンのウエスト部分などで使う太めのゴムでも、頭にフィットして風に飛ばされない帽子対策ができます。家の裁縫箱で眠っている長いこと使っていないゴムが、大活躍しますよ。改めて道具を買い揃えるのが面倒な人におすすめです。

飛ばないようにゴムを縫い付ける方法

太いゴムを使って風対策をする場合は、少しツバの大きめな帽子がの法が、かぶった時にゴムが見えにくいのでおすすめです。ゴムの長さは、頭のサイズに1cmを足した長さが理想的な長さになります。縫い付ける場所は、今までと同じようにスベリの内側部分です。ゴムを少し伸ばしながら縫い付けていきましょう。一周縫い終わったら、完成です。頭とスベリがフィットするため、風でも飛ばない帽子に早変わりしました。
帽子を洋服と固定する帽子クリップは、ベビー用はもちろんのことおしゃれな大人用もたくさん販売されています。しかし、オシャレを邪魔しない帽子に合ったデザインを探すのは一苦労ですね。そこで、自分の帽子に合った帽子クリップを手作りして風対策で活用しましょう。

帽子クリップを手作りする方法

準備するのは、帽子と洋服を留めるための金具とつなぎ合わせるチェーンや紐、好きなアクセサリーです。まずはつなぎ部分を作っていきましょう。紐にビーズを通してもOK、チェーンをそのままシンプルに使ってもシックに仕上がります。また、革紐を使えばオシャレ度がグーンとアップしますよ。つなぐ部分が完成したら、留める金具とつなぎ合わせましょう。金具は100均でも売っていますが、なかった場合は、完成した状態で売られている帽子クリップを分解して使いましょう。
市販されている帽子クリップにボンボンなど一手間付け加えても可愛いですよ。
パールを繋げればシックでエレガントな帽子クリップが完成します。見えるオシャレが楽しめますね。
名前付きなら失くしませんね。保育園や幼稚園でも使えるのでおすすめです。
Mj5pxtpos21jtmbyhrrp
ウエスタンハットやサファリハットなどについている風対策用の飾り紐を活用した、風対策しているように見せない方法を紹介します。テープやゴムを使わないため帽子が一段とオシャレに変身する方法なので、オシャレさん必見の風対策ですよ。

飾り紐で帽子を固定する方法

通常、飾り紐は顎下で留めるの方法が主流です。しかし、顎下で留めてしまうとオシャレが崩れてしまう帽子もありますよね。そんな時は、思い切って帽子のツバとトップの境目に付けてしまいましょう。かぶってから紐の強弱を調節して頭にフィットさせるため、風で飛ばされることもなくなります。帽子によって革紐やリボン、チェーンなどで応用できるので、帽子に合った素材を選ぶことができます。アクセントが増すので、オシャレ度がアップしますよ。
太い紐で大きめなリボンを付けてもアクセントになりますね。
麦わらデザインなら、さりげない紐でもイメージが変わってオシャレが楽しめます。
2本の飾り紐を使っても可愛いですね。ビビッドカラーが引き立ちます。
ハットメルを知っていますか?イヤリングと安全ピンが繋がっている、帽子を風から守るために販売されているアイテムです。見たことがない人も多いでしょう。一見、イヤリング?と思うハットメルは、使っている人が少ないレアなアイテムなんですよ。

ハットメルを作る方法

帽子部分に安全ピンを取り付けて、イヤリングはそのまま耳につける風帽子アイテムのハットメルは、市販でもなかなか目にすることがないレアなアイテムです。個性的なファッションや花柄や華やかな柄の洋服が好きな人には、ファッションアイテムとなるのでおすすめです。用意するのは安全ピンと好きなイヤリング、つなぎ合わせるためのチェーンです。チェーンは長すぎると目立ってしまうので、できるだけ短い物を用意するか、チェーンもビーズなどの飾りをつけると良いでしょう。参考になる商品アイデアの参考ページはこちらです。
大きい帽子のサイズを調節するために市販されているアイテムを活用すれば、簡単に風対策ができちゃいます。帽子のスベリの内側に貼り付けて大きいサイズの帽子をフィットさせるためのアイテムなんですよ。

フェルト素材でクッション性抜群

テープには、クッション性のある薄めのフェルトが入っているため、かぶった時の違和感もありません。押し付けられる感覚がないので、長時間かぶっても負担になりません。片側に両面テープがついているので、剥がして貼り付けるだけです。1周巻きつけても良し、小さくなり過ぎたら半周だけつけても良いので自由にサイズ調節が可能です。1周で足りなかったら、重ねてつけましょう。
Tdkesn8yrc45hnxzud1h
帽子を飛ばないようにする方法は、こんなにたくさんあるんですよ。どの対策も、特別取り寄せるようなアイテムは必要ありません。使わずに引き出しにしまってあるゴムやコーム、すきまをふさぐすきまテープなどで簡単に加工できちゃいます。コストがかからないのは魅力ですよね。見た目を崩すことなく飛ばない帽子へ加工できるので、オシャレの邪魔にもなりません。
また、帽子の大きさを調節するテープは帽子が頭にフィットするようにサイズ調節ができるので便利です。もし、アクセントが欲しいなと感じた時は、コサージュをヘアピンで留めて使ってもオシャレですよ。手作りした帽子クリップやハットメルもおすすめです。帽子は風で飛んでいってしまうのは避けられません。少しの工夫で今持っている帽子がどんなシュチュエーションでも気にならずにかぶれるようになるので、ぜひ試してみましょう。