Skk7bikbsjdrxxlxk5dw

恋愛・友情

CATEGORY | 恋愛・友情

合コンのその後は?ラインのやりとりやデートのタイミングまで

2018.06.09

ドキドキの合コン・・・終了後に気になる人から連絡がきた!そんなとき、どうったやりとりをすればいいのでしょうか?合コンのその後のメールやラインのやり方によって、二人の関係性が変わってきます。その後正しいタイミングでやりとりをして、デートにつなげていきましょう!

  1. 合コン・・・その後のラインのやりとり
  2. 合コンのその後のやりとりのポイント①早急にこと進めすぎない
  3. 合コンのその後のやりとりのポイント②相手のペースに合わせる
  4. 合コンのその後のやりとりのポイント③返信しやすいタイミングを見計らう
  5. 合コンのその後のやりとりのポイント④いきなりデートに誘わないように
  6. 合コンのその後のやりとりのポイント⑤狙っている子が被らないようにする
  7. どういったラインを受け取れば脈ありなの!?
  8. 合コンのその後のライン・・・脈ありサイン①相手から質問が多い
  9. 合コンのその後のライン・・・脈ありサイン②ラインスタンプを多用しない
  10. 合コンのその後のライン・・・脈ありサイン③やりとりの間があく
引用: https://lh3.googleusercontent.com/eYEGH6KnlpC04ryM0LyiK2zwDNnDGaxbJwqhDMrXJ8IYCk3V-KeWzUjLFvo67vLK6BI=w500-h280
最近は合コン後にラインの交換をして、そこからやりとりが始まるということが増えたと思います。電話番号やメールよりも気軽にメッセージのやりとりができて、ラインはとても便利です。ただ便利だからこそを扱い方やタイミングには気を付けなければなりません。
M8us1dvlzfyyxfj5naku
合コンの後のやりとりについて、何が正解かわからない方も多いはず・・・。気になる相手とどのようにメッセージを続ければいいのか、ポイントやタイミングを押さえておきましょう。できるだけ相手が返信しやすいメッセージを送ったり、次に発展させやすいないようにすることが求められます。
Ejede9rshdad3nrfk5ip
気になる人とラインの交換をした後に、ついつい早く関係性を進展させたくなってしまいますよね。二人っきりで会いたい、もっと相手のことを知りたい、そんなふうに思ってしまうのは当然の心理です。しかしあまりにも焦りすぎてしまうとそれが相手に伝わり、時には敬遠される原因になってしまいます。
N4gb1ysgkywa59td4a7h
できるだけ自然なやりとりに持っていくためには、まったりとラインを続けましょう。相手から返信がなくて不安になり、追加でラインを送るようなことはやめてください。しつこいという印象がついてしまうと、なかなか相手は返信をしづらくなるでしょう。ゆっくりコミュニケーションを取っていって、最終的にデートの約束を取り付けられればベストです!
Snlzsuslv1fcmwzqdphf
社会人であればなかなかラインを返信できないということもあるでしょう。 やりとりをする気があっても時間が取れずに、一日一回しかメッセージをやりとりできない場合も多々見られます。メッセージがあまり返ってこなくても、諦めることはありません。
引用: https://lh3.googleusercontent.com/BkvRJsjYiEjb0-XKuop2AurqFKLhhu_iIP06TrCTGAq180P9Briv8Avz8ncLp7bOmCs
むしろ忙しい中でも1日一通しっかり返してくれるという事実があれば、それはかなり脈ありの証拠です。仕事が忙しかったりなかなかラインを返信できなかったりする相手のペースに、あなたが合わせてください。返信を急かすようなメッセージを送るることだけは、絶対にやめましょう。
Vgmey2nja6wumh8lbdgt
おそらく合コンが終わった後に、形式的な挨拶を送ることになると思います。「今日はすごく楽しかったよ!ありがとうね」など、無難なやりとりをすることが大半です。ここからいかにして深い関係性に発展させられるかが重要になります。返信するときは時間やタイミングに注意しましょう。
Sezday9ddxzdyvgunqhd
あまりにも遅い時間に送ったり、即レスしてしまうとあなたに対する印象がどんどん悪くなってしまいます。ラインを送るタイミングというのをすっかり見計らうようにしてください。返信するのにオススメな時間帯は朝です。
C73kckh5j9rgwfc7nofe
朝のメッセージであれば通勤しながら読むことが出来ますし、どのような返信をしようかというのを日中に考えることができますよね。送るタイミングによって返信率というのは変わってきますので、相手と長くやりとりしたいのであれば気にかけるようにしましょう。
Sl7jwrdfkxgvnaclgy00
気になる相手と関係性は深めたいと思っても、いきなりデートに誘うのはやめたほうがいいです。よほどお互い劇的に惹かれるということがなければ、急なデートの誘いは相手を困惑させるだけ・・・。相手を困らせないためにもデートのお誘いは慎重に行ってください。
Rd658lj85lnsqg4slssz
まだ相手がこちらに対して警戒心を持っているなと感じたら、もう一度複数人で会おうと声かけしてみてください。「気になってはいるけど二人っきりで会うにはまだちょっと・・・」と相手が思っているのであれば、二人のデートよりも複数人での食事会がベター。よほど脈なしでなければ断られることはないでしょう、約束を取り付けられるようにラインのやりとりをしてみてください。
Lggqffym3v67rtsch87x
一緒に合コンに参加した男性の中で狙っている子がかぶっている場合・・・、ライバル関係になってしまいます。絶対に譲りたくないと思うほど狙っている子に対して本気であれば遠慮する必要はありません。しかしできるだけ効率よく相手との関係性を深めるためには、やはりライバルがいないに越したことはないのです。
F2qpuvmcevh8jz6eghqh
せっかく合コンの後のやりとりを綿密に進めても、実は他と並行して関係性を勧められていた・・・というパターンもなきにしもあらず。あなたの努力を台無しにしないためにも、合コン参加者の同性と狙っている子が被っていないかをこっそり聞き出すのも一つの手です。気になる相手が自分以外とも連絡のやりとりをしていた場合、ラインを続けるかどうか一度考えてみた方がいいでしょう。
Ti2rof0enkvx2vtiujlm
合コン後に気になる相手とラインを続けているとき、どのような特徴があれば脈ありと言えるのか。相手から出ている脈ありのサインを捉えられると、関係性を進めやすいです!ラインに隠れているサインについて、詳しく見ていきましょう。
Ilrggtjnlcwugixh8krv
相手があなたに対して興味を持っていれば、自ずと質問のメッセージが多くなるはずです。「今日は何をしていたんですか?」「最近お仕事どうですか?」など、あなたの近況について尋ねるようなメッセージ・・・。これはかなり好感を持たれている証拠です。
Zell32oaiqex7uebabbz
興味がない人に対してはそもそも質問などをわいてきません。ラインのメッセージの中にクエスチョンマークがつくようなことが多ければ多いほど、脈ありのサインと思っていいでしょう。
引用: https://is1-ssl.mzstatic.com/image/thumb/Purple128/v4/d2/ba/e1/d2bae15a-ccba-d899-8856-b016d38bdb07/LineAtAppIcon-1x_U007emarketing-0-0-GLES2_U002c0-512MB-sRGB-0-0-0-85-220-0-0-0-3.png/246x0w.jpg
あなたにも経験があると思いますが、やりとりを終わらせたいなと思っている時についついラインのスタンプを使いがちです。スタンプを押すことで会話が自然に終わりますし、相手に対しても不快感を与えません。合コン後気になる相手とラインのやりとりをしている時に、スタンプを多く使われることがあれば・・・それは脈なしの証拠でしょう。
Yomlvxgo1lzcugv2f2rv
特に会話がこれから盛り上がりそうな時にスタンプを使われれば、完全に脈なし。逆にスタンプを全く使わず言葉だけでやりとりしようとしているなら、あなたに対してポジティブな感情を持っているたいんです。 脈ありと捉えていいでしょう!
Pew1imsb3lx7azgy2xyb
合コン後のやりとりはできるだけサクサクと進んだ方がいいと思っている方が多いでしょう。しかし実際はその逆です。相手から返信が来るのがゆっくりめな場合、それは脈ありのサインです。返信がゆっくりになるということはそれだけ相手が熟考してメッセージの内容を考えるということ・・・。
Fpmker35jdnxsywfnjbj
どうでもいい相手に対して返信内容をじっくり考えることはありませんよね?相手に嫌われないように、自分にいい印象を持ってもらうように、きちんと考えながらラインの内容を考えている証拠です。なかなか相手から返信が来なくても不安になる必要はありません。
Rpgslcalbf655f6lqqq7
脈ありなほど相手からの返信がスローペースということは、頭に入れておきましょう。 ただ全く返信がなくなった場合や3日以上あけて返信がくる場合は、おそらくあなたに対して興味がないということ・・・。この辺りの線引きについても、心得ておくのが吉でしょう。