Lwtlsv0rqmrpqet79e6w

アンチエイジング

CATEGORY | アンチエイジング

ヒアルロン酸とコラーゲンって何が違うの?肌悩みに合った選び方とは

2020.07.13

ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に関する物質として有名ですよね。ですが体内での働きやお肌への効果はまた違います。ではヒアルロン酸とコラーゲンはお肌にどのよう効果が働きをしているのでしょうか?お肌の悩みに合わせて正しく知っていきましょう。

  1. ヒアルロン酸とコラーゲンの違い
  2. お肌にとってとても重要なヒアルロン酸とは?
  3. ヒアルロン酸にも種類がある!
  4. 最も一般的なのがヒアルロン酸ナトリウム
  5. 保水力と柔軟性に優れるのが特徴!「アセチル化ヒアルロン酸」とは?
  6. お肌の保水力がダントツ!?加水分解ヒアルロン酸
  7. コラーゲンはなんとタンパク質の一種!
  8. コラーゲンの種類のいろいろ
  9. 動物性コラーゲンとは
  10. すっぽんから抽出されるコラーゲンもある!
  11. 海洋性コラーゲンってなんだろう?
  12. ヒアルロン酸とコラーゲン。肌悩みに合った選び方は?
Dfzqxh3at8320ejqobjb
ヒアルロン酸もコラーゲンも体やお肌にとって大事な成分です。この2つはどのように違うのでしょう?ヒアルロン酸もコラーゲンも、お肌の表皮の内部である真皮に多く存在します。ヒアルロン酸は保水成分に優れており、1gでなんと6000リットルもの水分を保ち、お肌の水分を維持してくれています。ヒアルロン酸がお肌の表皮や真皮の内部にあることにによって、乾燥をせずに潤いを保つことが出来ます。それではコラーゲンとは、いわば、お肌の真皮にとっての土台であり、弾力を保っています。また、お肌の表皮の新陳代謝を促す作用があり、老化防止にも役立っています。ヒアルロン酸もコラーゲンも、どちらも体やお肌にとって大変重要な成分であり、欠かすことの出来ないものです。
Hoycvnykouodz9gl332j
Tv5vtqlh8trqbksq0sjd
ヒアルロン酸は、赤ちゃんや子供のお肌の、ぷるぷるでもちもちとしたお肌にとっても多く含まれています。加齢とともに減少するヒアルロン酸は、30代から徐々に減少し始めます。40代、50代、60代と年齢を重ねるうちに、ヒアルロン酸はどんどん減ります。70代では5分の1ほどに減ると言われており、シワやほうれい線、乾燥の原因となります。
Ddjroov19unq4kqhkxz8
ヒアルロン酸には種類があり、大きくわけて3種類です。まずは一般的によく使われている「ヒアルロン酸ナトリウム」。そしてヒアルロン酸ナトリウムより保水力などに優れる「アセチル化ヒアルロン酸」。そして高い保湿力を持つ「加水分解ヒアルロン酸」です。いずれも分子量の違いに特徴があり、お肌の角質層への浸透の仕方が変わります。
Dym1nokgiomlljvzl0bs
上記で説明したような、一般的なヒアルロン酸のことを「ヒアルロン酸ナトリウム」と言います。分子量が大きく高分子ヒアルロン酸となります。分子量がなんと、100万以上あるため、お肌角質層の奥までは浸透しません。ちなみに、ヒアルロン酸は分子の小さい低分子のものの方が、角質層の奥まで浸透しやすいです。
C6ywuzak5qjtswvqpkfs
角質層になじみやすいヒアルロン酸のひとつとして、ヒアルロン酸ナトリウムよりも保水力と柔軟性高いものがあります。「アセチル化ヒアルロン酸」と言い、通称スーパーヒアルロン酸とも言います。スーパーヒアルロン酸という名称なら、有名なので聞いたことがあるのではないでしょうか。サラッとしており、分子量が1万から10万と、ヒアルロン酸ナトリウムよりも少なく低分子のため、お肌の角質層に浸透しやすいです。
Bt1n2czc2pioe6hfbhti
従来のヒアルロン酸などを使用した人たちの、保湿力への不満の解消のために開発されたのが「加水分解ヒアルロン酸」です。分子量が1万以下と、とても小さい超低分子なのが特徴です。加水分解ヒアルロン酸は、超低分子ヒアルロン酸となるため粘土もとても低く、サラッとしていて角質層にも浸透しやすいのが特徴です。こうしたヒアルロン酸の特徴とともに、コラーゲンの特徴も知ってお肌の悩みに合わせて解消していきましょう!
Nsmn44fhgmqods4okald
Dkqovyvd4uw6h3wdd2gj
コラーゲンがヒアルロン酸と大きく違うのは、コラーゲンがタンパク質の一種であるということです。体内のタンパク質の3分の1はなんとコラーゲンで占められています。コラーゲンもアミノ酸を原料として体内で生成されており、コラーゲンは体内に摂取する際、分子構造が大きいので低分子コラーゲンを摂取することをオススメします。コラーゲンの粒子を小さくしたのが低分子コラーゲンです。低分子コラーゲンは体内への吸収率に優れるので、高分子コラーゲンよりも吸収が早いとされています。
Dfift1uirkku8o6jweyo
Jrx1cb5qdsooe3qpc9cw
コラーゲンには大きく3種類あります。動物性コラーゲン(豚由来、鶏由来)、海洋性コラーゲン(魚由来)、植物性コラーゲンです。種類によって、コラーゲンの抽出の仕方や成分も異なるため、それぞれの特性について知っていきましょう。
Wwykfrrtjxmjztkh7ort
Ajfs1vbwe2opbcjaarde
動物性コラーゲンは豚の皮やニワトリのトサカなどから抽出するものです。コラーゲンを牛から抽出していた時もあったのですが、狂牛病などの問題で豚や鶏が主流になりました。数あるコラーゲンの中で、動物性コラーゲンは最もヒトに近いのが特徴です。そして安価で手に入りやすく加工もしやすく、熱にも強いです。こうしたメリットもある中、動物性コラーゲンにはデメリットもあります。
N4ep6znipr7cw28zujga

動物性コラーゲンのデメリット

Gy7fm3lhnmlrtrc67hi9
動物性コラーゲンのデメリットとしては、骨や皮を原料とするため、純度が低いことや、動物独自のにおいがする場合があります。また、コラーゲンの中に脂肪分を含むため、どうしてもカロリーが高くなってしまう傾向があります。分子構造も複雑で、分子も高分子で体内に吸収されずらいです。安い値段で手に入り、加工がしやすいため、消化吸収しずらく胃腸に負担がかかりやすいです。
Ibkuds9fkkbhicmwhqcx
高級食材であるすっぽんの甲羅のフチ部分、通称「エンペラ」には、コラーゲンが豊富に含まれています。また、すっぽんにも、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれているため、コラーゲンが抽出されています。サプリメントなども購入出来ますよ。すっぽんは高級食材のため、毎日摂取するにはお金がとてもかかってしまいます。ですがサプリメントなら気軽に毎日摂取出来るので良いですね。
H46bbink0yk4ttl1bcye
海洋性コラーゲンとは、魚由来のコラーゲンで、魚の皮やウロコなどから抽出できます。有名なのはフカヒレやエイヒレなどです。他にも様々な種類の魚から抽出されているコラーゲンで、なんと深海魚からも抽出されています。分子量が小さい低分子構造のため、体内に吸収されるのも早く、アミノ酸に分解されやすいです。海洋性コラーゲンは、動物性コラーゲンに比べて純度が高いです。また、安全性も高く、低カロリーです。最近のサプリメントは、こうした海洋性コラーゲンから作られているものが多いため、品質も高品質なため、安全性も高くて安心ですね。

海洋性コラーゲンのデメリットは?

海洋性コラーゲンのデメリットといえば、動物性コラーゲンと同様、独特のにおいが強いものがあることです。さらにコラーゲンの種類や品物によっては、価格が高いものもあるため、安い値段で手に入る動物性コラーゲンに比べると、少し買いにくい場合もあるようです。
Iqnpb9g43jxc8b6kcx5p
Ahlbki4omoo1mtjks1pt
ヒアルロン酸とコラーゲンの種類を色々知ってもらえたかと思います。ヒアルロン酸とコラーゲン。似ているのでは?と思ってしまうような2つの成分ですが、それぞれに大きな特徴があります。まずヒアルロン酸は、「保水」「保湿」です。そしてコラーゲンは「弾力」なんです。つまりお肌の悩みで言うと、シワや小じわ、ほうれい線などに悩んだ場合はヒアルロン酸が配合された化粧品などを取り入れると良いです。そして、シミやお肌のたるみ、弾力の低下に悩んだらコラーゲンを摂取するのをオススメします。そしてヒアルロン酸とコラーゲン、さらにエラスチンという3種類の成分がお肌にあると、さらに美肌になります。どれもお肌にとってとても重要な成分なので、バランス良く摂取して悩みを解決しちゃいましょう!
Qavzrurahrkjtprm0gm0