Nqtkbotzu7jndl1dtpys

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

日焼けの皮むけの期間は?防止策やそんな肌への化粧方法も紹介!

2018.05.31

日焼けすると皮がむけるときがあります。どのくらいの期間経ったら、皮が自然にむけるのが治まるのでしょう。日焼けして皮がむけるのを防止するには?日焼けして皮がむけている期間の化粧の仕方は?どうすれば良いのでしょう。日焼けの皮がむけたときの化粧方法を見てみました。

  1. 日焼けすると皮がむけるメカニズム
  2. 皮が剥がれた皮膚を無理やり剥がすとなぜ悪い?
  3. 自然に剥がれている皮膚を無理やり剥がす方が治りは早い?
  4. 日焼けすると皮がむける期間は?
  5. 日焼けして皮がむけ肌が修復するためには?
  6. 日焼けして皮がむけたときの保湿の注意とは?
  7. 日焼けすると皮がむけたときの防止対策は?
  8. 日焼けして皮がむけた肌への化粧方法とは?
  9. 日焼けして3日たっても症状が治まらない場合
  10. 【日焼けによる皮むけ】まとめ
引用: http://www.mu39.com/atopi/images/hihu-irasuto2.jpg
日焼けは火傷のI度、酷いときはⅡ度にあたります。肌の表面の皮膚が紫外線の熱で炎症を起こし、乾いて細胞が死んでしまっている状態です。普段は皮膚表面の細胞は徐々に死亡して垢になって、私たちの身体から剥がれ落ちていますが、日焼けを起こすと一度に多くの細胞が死んでしまい、皮がめくれる状態になっているのです。皮が自然にむけることは、悪いことではありません。
Dd98wzvegedcnyav7cfl
自然にむけるということは、皮膚の下で炎症を起こした細胞が再生し、ターンオーバーにより古くなった皮膚を押し上げている状態で、肌が回復していることを示しています。しかし、それを無理やり剥がすことは、良くありません。なぜなら、それはまだ一人前に成長していない皮膚が顔を出すことになるからです。しかし、皮がむけた部分は細胞が死んでいるので、この部分の肌荒れ、シミ・シワ、肌の老化が進みやすくなります。また、重症な日焼けをすると、皮膚がんが発生するリスクもないとは言えないのです。
引用: https://hiyakeiya.jp/img/hiyakego-kawa2.jpg
自然に皮がむけている状態を、早く治そうと思って、無理やり皮を剥がす人がいます。また、友達の皮がむけているのを、面白いからといって皮膚を剥がしている光景を目にすることがあります。しかし、これは肌にとってとても悪いことです。無理やり剥がすことは、十分再生されない皮膚を表面に押し上げることになるので、そのため、未熟な皮膚が露呈することになります。
引用: http://malmsdeen.com/wp-content/uploads/2017/04/pic_shikumi02_01-300x217.png
すると、未熟な肌はシミになり安く、乾燥しやすくなって未熟な肌の細胞がむき出しになるので、肌トラブルを起こす結果になります。間違っても人の皮がむけているのを、無理やりはがすことは止めましょう。無理やりはがしたところは、シミになったりシワになったりして肌の老化が早く進みます
引用: http://www.ever-aoba.com/uploads/img4a9655a8dc50c.gif
どうしても日焼けして自然に剥がれてきた皮膚を剥がしたいときは、お風呂に入って保湿を十分した後に、ベビーオイルや、ワセリン・馬油などの刺激の少ないオイルで、優しく擦るとキレイに取れてきます。お風呂はぬるめの38℃以下のお風呂に入る方が、細胞がまだ十分に再生していないので、刺激を与えないで細胞を復活させることが期待できます。
引用: http://kenkou.xyz/wp-content/uploads/9bb0a498f89fa28820a33b0be1961437-07.jpg
無理やり日焼けして皮が剥がれた後は、シミができ易い状態になっているので、できるだけ紫外線を防御することが必要です。無理やり剥がすことは、一緒に生きている細胞まで、引っ張ってしまうので、未熟な細胞が顔を出すのです。
日焼けした後は皮がむけてくることがあります。この皮むけは個人差がありますが、大体3~4日目くらいからむけ始めます。皮むけが完全に終わるまでには1~2週間の期間が必要となります。肌の回復力や、日焼けの度合いにもよりますが、普通一般的な日焼けは1~2週間で終わることが多いです。
引用: http://www.hellobel.com/img/turnover.png
日焼けして皮がむけ肌が修復するには、肌のターンオーバーという肌の、生まれ変わりのサイクルが順調に行わなければ修復は遅くなります。普通肌が元の状態に戻るには、ターンオーバーが28日ですので、日焼けした部分は28日で戻ります。ターンオーバーを順調に起動させるには、外的ケアと内的ケアをして、水分補給が必要となります。
外的ケアは化粧水や乳液をたっぷり使って、肌への水分補給をして保湿することが大切です。内的ケアの水分補給は、肌への栄養補給をしなければなりません。睡眠を十分にしたら、肌に栄養を与える意味で、ビタミン類を多めに取ります。特にビタミンCは、日焼けには必要で、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の合成を抑制し、活性酸素を除去してくれます。
また、ビタミンA・Eなどの多く含まれた野菜や果物をたくさん摂ります。ビタミンAは皮膚や目の粘膜を正常に保つ働きがあり、ビタミンEは抗酸化作用が強く、細胞の酸化を防ぎ、生体膜の機能を正常に保つ働きがあります。 亜鉛などのミネラルも細胞分裂の再生を助ける働きがあるので、シミやソバカスを防ぎます。また、アルコールやカフェインなどは、睡眠の質を落としますので、できるだけ摂らない方が日焼けの後は特に注意が必要です。
引用: http://www.1-credit-card-applications.com/img/hadaare.jpg
日焼け後は肌が弱っているので、低刺激の化粧水やクリームを使うことが必要です。お顔の赤みや熱が引いたら、防腐剤・パラベン・香料・アルコールなどの入っていない化粧品を使うことが大切です。日焼け後の肌は敏感肌と同じだと考えた方が良いので、できるだけ刺激成分が入ってない、化粧水やクリームを使うことが必要です。
引用: https://tshop.r10s.jp/k222/cabinet/01687546/3101/231003-000.jpg?fitin=275:275
日焼けして皮がむけるのを防止するには、できるだけ直射日光に肌をあてないことです。そして、外出には必ず、長袖やアームカバー、サングラス、マスク、帽子、日傘を着用しUVカット防止クリームを必ず使用することです。また、日焼けがまだ完全に治っていないので、UVカット日焼け止めクリームは、石鹸で落ちるタイプのものを使用しないと、保湿因子を奪うことになりますので注意が必要です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71hg5je-CdL._UX385_.jpg
日焼け防止対策は、まず、一番は紫外線にあたらないことで、紫外線の強い時間帯を把握して外出をできるだけ控えます。また、曇りの日でも紫外線は晴れの日の80%は降り注いでいるので、注意が必要ですが、快晴の時より少ないので、外出には曇りの方が、バッチリとケアすれば、快晴のときより良いでしょう。
(ドンルルオイン) Dunluluoyin 日よけ帽子 レディース 日よけカバー 紫外線対策 リバーシブル 日焼け防止ハット
価格
また、日焼けした肌の皮むけを防止するには、保湿に気を付けて、保湿を十分にすることが大切です。そして、また、日焼けしないために肌を露出しないことも必要です。また、服装はトップを黒い色、ボトムは白い色のコーディネートが最高です。それは、アスファルトからの反射がお顔にあたって、お顔が日焼けしてしまうのを防いでくれるからです。
引用: http://www.videocableplaza.com/img/hare.jpg
日傘は外側が白で内側が黒を選ぶと、アスファルトからの紫外線を吸収し、外側は白で太陽からの紫外線を反射してくれます。日焼けで皮がむけないよう防止するには、できるだけ日焼けしないことで、日焼けしている期間は、できるだけ日光がでているうちは、外出しないことが大切です。過度な日焼けをしない限り、皮がむけることはありません。
まず、日焼けして皮がむけだしたら、保水と保湿を十分にします。保湿をこまめにすることが大切で、保湿をたっぷりして薄めのメイクをします。このとき使うのは、敏感肌用の化粧水や乳液・クリームを使います。下地はできるだけ薄く伸ばします。

洗顔

洗顔は32度のぬるま湯で、皮がむけているときは、特に優しく多くの泡で転がしながら洗います。ぬるま湯で十分に石鹸を洗い流したら、清潔なタオルで押さえるように拭きます。このとき、ゴシゴシ洗ったり、タオルで拭いたりするときも、擦らないことが必要です。

保水

皮が剥けてきたお顔など、皮膚の水分不足が原因となっています。ですから、化粧水で保水することは、必要不可欠で、いつもより多めに化粧水をつけます。

保湿

化粧水をたっぷり塗ったら、今度は肌から水分が逃げないように、蓋をする意味で乳液やクリームを塗ります。乳液やクリームは油分が入っていますので、保湿効果があります。保湿効果のあるワセリンなどでも良いです。

下地

日焼けして皮がむけているときは、敏感肌用の下地クリームを使って、薄く全体に伸ばします。

ファンデーション

下地クリームを塗ったら、つけているかつけていないかわからないぐらいのファンデーションパウダーで押さえます。
引用: http://www.myclinic.ne.jp/oki_hifuka/pc/image/gptImage20110116092246.jpg
上記のことをしても3日の期間症状が治まらなく、皮が剥けている・赤みが引かない・熱を持って腫れている・痛みを伴う・ヒリヒリする・我慢できない痒み・水ぶくれができているなどの症状がでていたら、火傷Ⅱの症状は酷い場合ですので、迷わず皮膚科の受診をうけることをおすすめします。放置すると雑菌が入ったりして、二次被害になりますので、化粧はできるだけ控えて、症状が酷くならないよう防止しましょう。
「日焼けの皮むけの期間は?防止策やそんな肌への化粧方法も紹介!」を見てきましたが、日焼け後の期間は、いつも使っている化粧品ではなく、低刺激の化粧品を使うことが大切です。この期間は肌に刺激を与えないようにすることがポイントです。この期間に、肌への十分な栄養を与え、ターンオーバーが正常に行われるようにして、最低28日間で通常の皮膚に戻してあげるようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71hg5je-CdL._UX385_.jpg