2018年05月31日 UPDATE

日焼けで皮がむけるのはなぜ?その理由や頭皮の防止方法をご紹介

日焼けで皮がむけるのはなぜでしょう?日焼けしても、皮がむけない人、皮がむける人がいますがその違いはどこにあるのでしょうか?また、頭皮も日焼けして皮がむけるのですが、防止するのに毎日のケアが大事です。その、理由を見てみました。

目次

  1. あなたは日焼けすると皮膚の色は赤?黒?どちら
  2. 日焼けで皮がむけるのはなぜ?
  3. 日焼けで皮がむけるのをむいた方が良い?
  4. 頭皮が日焼けして皮がむけた場合は?
  5. 頭皮の日焼けで皮がむける場合に早く改善する方法
  6. 頭皮の日焼けで皮がむけるのを防ぐ防止策
  7. 日焼けして頭皮の皮がむける防止方法
  8. 日焼けして頭皮の皮がむける防止方法・栄養と睡眠が大事
  9. 頭皮も日焼けして皮がむける前に毎日のケアが大事
  10. 【日焼けで皮がむける】まとめ

あなたは日焼けすると皮膚の色は赤?黒?どちら

日焼けすると3つのタイプに分けられます。日焼けすることで、皮膚の下で炎症がおき、火傷して肌が赤くなったり、黒くなったりします。紫外線を浴びて数時間後に、皮膚が赤くなることを、サンバーンといいます。また、日焼けしてから数日後に黒くなって、数週間から数か月続くことを、サンタンといいます。
日焼けする3つのタイプは、すぐ赤くなって黒くならないタイプと、赤くならないで黒くなるタイプと、赤くなってから黒くなるタイプとがあります。この理由は紫外線の影響を受けやすい、メラニンの生成スピードが遅い色白の人や、肌が過敏の人に起こります。
メラニン色素は、紫外線から肌を守るため生成され、生成スピードが遅い過敏症の人や、色白の人は紫外線の影響を受けやすいのです。メラニンの生成スピードが遅くなると、肌が直接紫外線のダメージを受けている状態で、サンタンの症状の人は、肌がすぐ黒くなって、メラニンの生成スピードが速いので、紫外線から身を守ってくれているために、痛みや赤くなる症状がでてこないのです。

日焼けで皮がむけるのはなぜ?

日焼けすると、なぜ皮がむけるのかという理由は、私たちの身体に備わった機能によるものです。それは、ターンオーバーという肌の生まれ変わりなのです。私たちの皮膚や肌は、約1ヶ月周期で古いものが身体から垢として剥がれ落ち、新しい細胞が皮膚表面に完全な形として顔を現します。私たちの身体では、毎日3000億個の細胞が死滅し、新しい細胞が生まれ変わっています。

日焼けで皮がむけるのをむいた方が良い?

皮がむけてくると、ついつい皮がむけるのを手助けして、自分でむいてしまって、大きな皮がむけると何かしら達成感のようなものを感じ、人の皮まで向いている人も見かけます。これは、お肌にとってとても良くありません。自然にむけるのと、無理にむくのとでは皮の成長過程が大きく違ってきます。
その理由は、自然に皮がむけるのは、新しい細胞が出来上がって剥がれ落ちるのですが、むけていないところは、まだ、新しい細胞が出来上がってないことになるのです。皮膚の成長過程で、皮がむけているところと、むけていないところに大きな違いが生じ、無理に皮をむくと未熟な細胞が表面に顔をだし、肌荒れの原因となるのです。また、皮がむけるときに、新たな日焼けをすると、肌にさらなるダメージを与えます。

頭皮が日焼けして皮がむけた場合は?

頭皮の皮むけはフケと勘違いするぐらいです。フケのように見える頭皮の皮むけの期間は、個人差がありますがだいたい、日焼けして3日~4日ぐらいで皮むけが始まるといわれています。完全に剥がれ落ちるには、こちらも個人差がありますが、1~2週間といわれています。
この差の理由は、日ごろからケアしている人、していない人の差に他なりません。ケアしている人は数日で回復する人もいますが、ケアしていない人は数ヶ月もかかることがあります。一番早い方法は、我慢して自然に剥がれるのを待つのが一番回復は早くなります。

頭皮の日焼けで皮がむける場合に早く改善する方法

頭皮の日焼けで皮がむけた場合、早く改善したいと思いますが、頭皮の皮がむけるのを早くする方法は、保湿をすることです。その理由は、お顔もそうですが乾燥しているので、頭皮の皮が剥がれ落ちるのです。お顔も頭皮も同じ皮膚でつながっています。
皮膚は縫い目のない袋のようなもので、どこかが乾燥すると乾燥が広がってきますので、早い処置が必要となります。頭が乾燥しているのを改善するには、お顔と一緒で保湿以外ありません。

頭皮の日焼けで皮がむけるのを防ぐ防止策

頭皮の皮がむける防止策として、シャンプーを変えることです。その理由は、洗浄力が高すぎるため、頭皮が乾燥してしまうのです。アミノ酸系のシャンプーの保湿成分が含まれているものや、馬油が配合されたものを使用すると、頭皮の皮むけの防止策になります。頭皮を洗うときの洗い方を変えます。
爪を立てて洗うのではなく、指の腹で優しくマッサージするように洗い、お湯もぬるま湯の、38℃前後のお湯で洗うと良いといわれています。お湯が熱すぎるとこれまた、乾燥します。
洗う前にブラッシングや頭皮マッサージをして、お湯で前洗いをすると汚れは80%落ちます。洗い終わったら優しく頭皮をタオルで拭いて、頭皮ケア専用の保湿剤で保湿すると、日焼けによる皮がむけるのを防ぐことができるのです。

日焼けして頭皮の皮がむける防止方法

Thumb
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.hageken.jp/production/posts/eyecatches/000/009/872/thumb.jpg?1500361845
頭皮も日焼けが酷いと、お顔と一緒で皮がむけてきます。皮はフケのような細かい皮が落ちてくるので、見た目はフケに見えとても不潔に感じます。日焼けによって頭皮がむける場合、頭皮を冷やすことが必要です。これも、お顔と同じで頭皮の中で炎症が起きている状態なのです。まず、頭皮を冷たい水にタオルにつけて絞って頭にのせたり、保冷剤をタオルにくるんで冷やしたり、ビニール袋に水を入れて冷やしたりします。
Item6452
引用: http://49.212.16.247/itemimg/item6452.jpg
しかし、あまり冷たい水ですと、刺激が大き過ぎるので、氷などを使用せず温めの水で冷やし、刺激を与えないことです。症状が治まれば頭皮ケア用の、専用保湿剤をドライヤーの前に使うと、急激な温度差によるヒートダメージを抑えてくれます。このとき、抜け毛を防ぐ育毛剤効果のあるものや、頭皮タイプによるローションやオイルを使うと、保湿ができます。
冷蔵庫で冷やしたスキンローション(化粧水)を頭皮に使うと、毛穴が引き締まりますので、抜け毛予防や保湿にもなります。頭皮専用の化粧水を使って、乾燥しないように十分な保湿を行うことで、頭皮の皮むけを予防できます。炎天下で紫外線を頭皮に浴びたと感じたら、この方法を試してみてはいかがでしょうか?
300px jpn skin layers
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d8/Jpn_skin_layers.PNG/300px-Jpn_skin_layers.PNG
頭皮の皮むけ防止方法は、お顔と同じで保湿が一番です。上でも書きましたが私たちの皮膚は、一枚の皮でつながっている袋のようなものです。頭皮を乾燥する理由をまとめてみますと、シャンプーが乾燥するタイプや、熱いお湯で洗ったり、紫外線でダメージを受けたりして乾燥するためです。

日焼けして頭皮の皮がむける防止方法・栄養と睡眠が大事

Ldslduitzuvqxagkbc4n
何度も書いていますが、私たちの身体は1枚の皮で身体が守られています。縫い目のない皮は手入れも同じだということです。頭皮が日焼けして皮がむける防止方法は、十分な睡眠を取ることや、皮膚に栄養を与え、頭皮に十分な保湿がされていることです。その理由は、そうすることでターンオーバーの促進が行われ、たとえ、日焼けして皮がむけることがあったとしても、数日で回復できるのです。

頭皮も日焼けして皮がむける前に毎日のケアが大事

頭皮が日焼けして皮がむける防止策は、やはり、毎日のケアが大事です。その理由は、頭皮に十分な保湿がなされていれば、日焼けして皮がむけたとしても、数日で治るからです。しかし、ケアを怠っていると、回復するのに1ヶ月も掛かり、その間にまた日焼けをすると、頭皮が荒れてきます。頭皮のケアもお顔と同じで、毎日こまめに行うことが大切です。

【日焼けで皮がむける】まとめ

20170820 1
引用: http://kireinahada.jpn.com/img/20170820_1.jpg
「日焼けで皮がむけるのはなぜ?その理由や頭皮の防止方法をご紹介」を見てきましたが、日焼けで皮がむけるのは私たちの身体の機能によるものです。ターンオーバーという機能によって、古い細胞が死滅して、新しい細胞が作られます。頭皮も同じで、保湿が最も大事で、防止方法としては、保湿することです。頭皮のむける理由はいろいろありますが、やはり乾燥が一番で、皮膚を乾燥させると、私たちの身体は肌荒れを起こすことになるのです。