Aorvzyurekomnb4rlclx

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

日焼けで皮がむけるのはなぜ?その理由や頭皮の防止方法をご紹介

2018.05.31

日焼けで皮がむけるのはなぜでしょう?日焼けしても、皮がむけない人、皮がむける人がいますがその違いはどこにあるのでしょうか?また、頭皮も日焼けして皮がむけるのですが、防止するのに毎日のケアが大事です。その、理由を見てみました。

目次

  1. あなたは日焼けすると皮膚の色は赤?黒?どちら
  2. 日焼けで皮がむけるのはなぜ?
  3. 日焼けで皮がむけるのをむいた方が良い?
  4. 頭皮が日焼けして皮がむけた場合は?
  5. 頭皮の日焼けで皮がむける場合に早く改善する方法
  6. 頭皮の日焼けで皮がむけるのを防ぐ防止策
  7. 日焼けして頭皮の皮がむける防止方法
  8. 日焼けして頭皮の皮がむける防止方法・栄養と睡眠が大事
  9. 頭皮も日焼けして皮がむける前に毎日のケアが大事
  10. 【日焼けで皮がむける】まとめ

日焼けすると3つのタイプに分けられます。日焼けすることで、皮膚の下で炎症がおき、火傷して肌が赤くなったり、黒くなったりします。紫外線を浴びて数時間後に、皮膚が赤くなることを、サンバーンといいます。また、日焼けしてから数日後に黒くなって、数週間から数か月続くことを、サンタンといいます。

日焼けする3つのタイプは、すぐ赤くなって黒くならないタイプと、赤くならないで黒くなるタイプと、赤くなってから黒くなるタイプとがあります。この理由は紫外線の影響を受けやすい、メラニンの生成スピードが遅い色白の人や、肌が過敏の人に起こります。

メラニン色素は、紫外線から肌を守るため生成され、生成スピードが遅い過敏症の人や、色白の人は紫外線の影響を受けやすいのです。メラニンの生成スピードが遅くなると、肌が直接紫外線のダメージを受けている状態で、サンタンの症状の人は、肌がすぐ黒くなって、メラニンの生成スピードが速いので、紫外線から身を守ってくれているために、痛みや赤くなる症状がでてこないのです。

日焼けすると、なぜ皮がむけるのかという理由は、私たちの身体に備わった機能によるものです。それは、ターンオーバーという肌の生まれ変わりなのです。私たちの皮膚や肌は、約1ヶ月周期で古いものが身体から垢として剥がれ落ち、新しい細胞が皮膚表面に完全な形として顔を現します。私たちの身体では、毎日3000億個の細胞が死滅し、新しい細胞が生まれ変わっています。

1/5

続きを読む