Kbctroyugofbo3l6juky

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

パックの後のケアを怠らないで!美容成分を肌に浸透させるポイント

2018.10.19

パックの後のケアって、しっかり行なっていますか?パックをする事ばかりに集中してしまっていて、パックの後のお手入れが雑になってしまう事が意外に多いのです。パックの後にこそ効果的な保湿を行わないと、せっかくの成分が持続しない事も!?さっそく見て行きましょう!

  1. パック・・・の後?
  2. パックの正しい順番
  3. ありがちなパックの後の放置
  4. パックの後に使う保湿とは?
  5. パックの後の保湿「乳液・クリームの成分にこだわる」
  6. パックの後の保湿「天然オイルを取り入れる」
  7. パックの後の保湿「オイルマッサージ」
  8. 美容成分を浸透させるためのポイント
  9. 注意点もあるんです・・・
  10. おすすめパック
  11. まとめ
Hrvoqy0avrphkgyqsfog
人気が続いているシートパックですが、ドラッグストアでもたくさんの種類が売られていて、効果も価格もたくさんの物がありますよね。シートパックでは保湿を効果的に行えるので、保湿系の物は多いのですがパックを使用した後のケアはどうされていますか?このパックの後のケアによって、かなり左右されて来るのです。そんなパックの後のケア方法について徹底解説して行きます!効果的な保湿でうるツヤ肌をゲットしちゃいましょう!
Jlguyy5jorldlabp4hcz
ではまずパックの正しい順番から知って行きましょう!と言ってもとっても簡単ですよね!洗顔後の清潔なお顔に化粧水をして整えます→シートを1枚取り→お顔に隙間なく乗せて行きます→10〜15分ほど放置した後に剥がし→続きのケアを行います。基本的にはこの手順で行いますが、商品によっては使う順番や放置時間を指示している物もありますので、確認してから使用して下さいね!
Pycgznfzsbgjzmn4bzbl
簡単なケアだからこそ多いのが、パックをした後に放置してスキンケアを終了してしまうパターンです。オールインワンタイプのシートパックでない限り、パックの後のケアは必須になって来ますので、そこまでしっかり行いましょう。最後の保湿まで行う事によって、パックを効果的に持続させる事ができるのです!そのまま保湿せずに放置してしまうと、せっかくの水分や美容成分が出て行ってしまいます。
Lxg0tmyyyk8f9qui2kuc
基本的にパック自体は美容液とされます。手で行う美容液のブーストバージョンのような感じですね。通常のスキンケアであれば洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリームなどの順番になっていますので、しっかりスキンケアを終了しないとお肌に水分を与えるだけで蓋をしないスキンケアになってしまいます。
Bcdfxblbdberkvbcflle
保湿の成分と言ってもたくさんの成分がありますが、より効果が高いのは「セラミド」「ヒアルロン酸」「エラスチン」などが挙げられます。この3つの成分は乳液などにも使用されている事が多いので、取り入れやすいかと思います。乳液・クリームを手に取り少し手のひらで温めてからお顔全体に広げて 、優しくハンドプレスして馴染ませて行きます。少し時間をかけて行うとより浸透して行きます。
Otedmfpjalmdvdhqpysp
スキンケアの仕上げとして、天然オイルを使用するのも良いですね。「ホホバオイル」「アルガンオイル」「オリーブオイル」などが保湿に特化しているオイルです。いずれも食用ではなく美容用の物を使用して下さいね!ホホバオイル・アルガンオイルはオールマイティーに使用できますが、オリーブオイルのオレイン酸は人の皮脂にも含まれている物で特に保湿力が高いですが、ニキビ肌の方にはオススメできません。
Eavnxocb11nogj9zyic3
天然オイルを使用されるのであれば、ぜひ一緒にオイルマッサージも行うとより血行も良くなり老廃物も排出されやすくなりますので、ぜひ行なってみて下さい!リンパマッサージであれば強い力も必要ありませんし、時間も長くはかかりません。毎日のスキンケアに取り入れるのも良いですね!↓
安眠効果も期待できるリンパに効果的なマッサージ方法です。この動画は無駄に長い前説なども無く覚えやすいステップになっているので、取り入れやすいですよ!おすすめです。
Vkk8ouhnn387aeuqbqkd
では保湿の重要性については分かりましたね!ではパックをより効果的にするためのポイントについてもご紹介して行きたいと思います。せっかくパックをするならより効果的に行いたいですよね。一手間を加えるだけで変わって来ますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

蒸しタオルで

Gzpivgkxzjserr7obbmz
パックを行う前に、蒸しタオルでお顔を温めて毛穴を開いた状態にしておくとより浸透しやすくなります。お顔を覆えるくらいのタオルを堅めに絞り、清潔なお皿に乗せて電子レンジで20秒ほどチンすれば完成です。熱すぎない温度かどうかを確かめてお顔へ乗せて行きましょう。ちょっと一手間ですが、気持ち良いですし血行も良くなるので一石二鳥ですね!

シリコンマスクで

シリコン潤マスク フェイスマスク ピンク/白 DAISO Silicone Reused Moisturizing Mask Ear Loop Type 1pc Random Color
価格 ¥ 700
シートパックの上から更にシリコンマスクで覆いシートの浮き、水分の蒸発、液だれなどをしっかり防止してくれる便利品です。100円ショップにもありますし、洗えて繰り返し使用ができるので衛生面でも安心です。パック中に何かしたい時にも動きやすくなります。最大の弱点である浮きがなくなるだけでも良いですね。

イオン導入

超音波 イオン導入 イオン導出 美顔器 【 エミリーストーン クラッシィ (emily stone classy) 】 LED フォト フェイシャル クレンジング 機能付き (1.ホワイト)
価格 ¥ 7,980
シートパックをしている上からイオン導入を行うと、通常の数倍の効果が出せるそうです。時間的にも10分程度で良いのでパックの時間とも合わせられますね。イオン導入は角質の奥へと美容成分を届ける事ができるのでかなり効果的ですね。初期費用はかかりますが、パックを使う時以外にも使用できるので長い目で見るとお得ですね。
Lpfm92jzzwmbhqesfkus
そんな効果的なパックですが、注意点もあるんです。これを守らないと逆効果になる事も考えられます!ぜひ知っておきましょう!

お風呂での使用は・・・

お風呂では意外に汗をたくさんかいているので、その汗が美容液と混ざってしまいますし、汗が出にくくなってしまう原因にもなってしまうのでオススメできません。ですがお風呂での使用を推奨している商品の場合はこの限りではありません。汗でしっかりデトックスするためにも、お肌に蓋をしないようにした方が良いでしょう。

清潔なお肌に・・・

つい洗顔を面倒に思ってしまって、飛ばしてしまう事もあるかも知れませんが、それでは皮脂や汚れが邪魔してしまってお肌に美容液が届きにくくなってしまいます。清潔なお肌に使用して下さいね!ちなみに正しい洗顔方法については以前の記事で詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!↓

パックの後のシート、複数回の使用は・・・

美容液がヒタヒタで1 回の使用で捨てるのは勿体ない事もありますね。ですが、一度使用している物は雑菌なども繁殖しやすくなってしまっているので、次回も使用するのは少し危険です。余ってしまった美容液は首筋やボディに使用するようにして、その時に使い切りましょう!
Qoenjeb2pef8yzxljqb0
本当に効果があると人気のパックをご紹介して行きたいと思います!たくさんの種類がありますが口コミなどでも人気の商品はどれなのでしょうか?さっそく見て行きましょう!

毛穴撫子 お米のマスク

毛穴撫子 お米のマスク 10枚入
価格 ¥ 702
こちらは色んな店舗で完売続出している人気のお品ですね。プチプラなのにしっかり効果があり、100%国産米使用でライスセラムが保湿してくれて、キメを整えてくれます。口コミでも高評価です。

KOSE クリアターン プリンセスヴェール エイジングケア マスク

KOSE クリアターン プリンセスヴェール エイジングケア マスク 46枚入
価格 ¥ 1,277
クリアターンのエイジングケアマスクです。驚くべきはこの1枚で化粧水・美容液・乳液・クリーム・アイマスク・パックまでのスキンケアが終了すると言うタイプなのです。忙しい朝などにちょうど良さそうですね!時短になります。

NEW フェイスマスク ルルルンプレシャスRED

NEW フェイスマスク ルルルンプレシャスRED 32枚入り(乾燥小ジワ徹底濃密タイプ)
価格 ¥ 1,728
ルルルンシリーズは外せませんね!シートの厚さや大きさも丁度良く、濃密な美容液が液だれしにくく使いやすいと言う口コミが多数ですね!シリーズの中でもこのプレシャスREDの人気が高く、乾燥対策としても好評です。
Gktviaaa6oj3whydj5rf
最後まで読んでくださってありがとうございます。おつかれ様でした。正しいパックの順番、パックの後のケア方法、おすすめパックなどについてご紹介させて頂きました。お手軽に本格ホームケアができるパックですが、使用方法を間違ってしまうと逆効果になってしまう事もあるのですね。私もシートパックは大好きですが、気をつけたいと思います。関連記事も発見いたしましたので、ぜひ確認してみて下さいね!↓