Cabl8xlamzbsmppe83v1

ライフ

CATEGORY | ライフ

日焼けマシーンは危険?正しい使い方やがんなどの害についてご紹介

2020.08.03

きれいな日焼け肌を手に入れるために、日焼けマシーンを使うことで肌に負担をかけて使い方によっては害になり、がんも発生しやすいといいう情報がありますが、実際のところどうなのでしょうか?本当に日焼けマシーンにはそのような危険性があるのかどうかを調べてみました。

  1. 日焼けマシーンは皮膚に負担をかける?
  2. 日焼けマシーンで酸化する皮膚とは
  3. 日焼けマシーンを利用できない人もいる
  4. 日焼けマシーンの使い方・注意点
  5. 日焼けマシーンは使い方によってはがんになる?
  6. 日焼けマシーンの使い方によって発がん性は増すのか?
  7. 日焼けマシーンで肌を焼くのは危険なのか?
  8. 日焼けマシーンで受けた皮膚のダメージの10年後は?
  9. 日焼マシーンに対しての安全基準が設けられている
  10. まとめ
日焼けサロンで肌を黒く焼くということは実際に害のあるものん青でしょうか。確かに日焼けサロンでは体に害のない波長の長い紫外線で肌を焼くということなので理論上、皮膚に害はないとうのが言い分です。実際に肌に人工的に起きていることを考えるとどうなのでしょうか?皮膚がんの発生率や健康被害についての報告も、インターネット上では多く出回っているものです。そこで、日焼けマシーンは確実に使い方を誤れば、どうしえも皮膚に負担をかけて皮膚がんの発生率がゼロではないことだけは踏まえておく必要があるのです。
色が黒くなるのは皮膚に傷害が起こった結果メラニンがたくさん作られたためであって、皮膚のダメージなしに褐色の肌は得られません。

日焼けサロンに通い続けていることで、皮膚の細胞が常に酸化している状態と想定すれば、やはり多少の害は否めないのではという見解が妥当のようです。正しく健康的に利用することだけでは、今すぐに害が出ることはないのです。

快適で使い勝手の良い日焼サロンが増えるにつれて、ますます自己管理が必要になるのです。日焼けサロンで受けている注意事項を守って日焼けマシーンを使うことで健康維持と美的な満足にもつながるわけです。
実際に日焼けサロンで人工的肌を焼くということは、皮膚がんの発症を高めるきっかけになっていることは多くの研究で明確になっていることです。それでも日焼けマシーンは普及しています。現在も通い続けている人もいるわけです。
メラノーマや皮膚がんを予防するために必要なのは、長時間、過度の紫外線を浴びるのを避け、皮膚を紫外線から守ることだ

日焼けマシーンも使い方一つで体や皮膚への害を減らすことが出来るのです。それは頻度と時間です。

日焼けマシーンを使う際にはあらかじめ利用が出来な人についての説明があります。紫外線や日光過敏症の人は基本的にマシーンを使うことは厳禁です。そして現在、日焼けによる炎症がある人は危険です。
紫外線、及び赤外線は、目や皮膚に障害を与えることがあります。

同じ日に何度も日焼けをすることは禁じられています。やはり過度な使い方は健康被害につながってしまうからです。

自分の肌質を良く知ることから始めるべきです。そしえ炎症を起こすほどの長時間使用は絶対に避けるようにしてください。
肌質(紫外線への防御能力)には個人差があります。そのため、タンニングには向き不向きがあります。またタンニングの効果(色合い)にも個人差が出ますので、詳しくは、タンニングアドバイザーにおたずねください。 ● スキンタイプ1の方はご利用できません

ついつい日焼けの楽しさや魅力に取りつかれてしまい過度な使用をする人もいますが、皮膚がんの恐れなどを含んできますので絶対にやめてください。

実際に日焼けサロンで使うマシーンは、外気で皮膚を焼く時の紫外線とは別の紫外線を利用して日焼けを促進させています。日焼けマシーンでは肌を黒くすることを目的としています。肌が火照るような感jのヒリヒリ感もなけれシミやしわの原因にもならないのです。この点では健康被害を想定できない状況です。
日焼けサロンでは人工的に赤くなる日焼け(サンバーン)の原因となるUV-Bを取り除き、UV-Aだけを照射します

自然に日焼けをするときと、メカニズム自体が違うわけです。使い方を正しくすることで健康被害や発がん性を回避できるというのは、日焼けマシーンを扱う人の意見です。

人工的に紫外線を出して日焼けをする場合、マシーンから出るのはUV-Aということですが、2009年の世界保健機構からの報告によるとマシーンから出ている紫外線UV-Bにも発がん性があると報告されているのです。そうなると皮膚がんのリスクを負いながら日焼けマシーンを続けることになります。正しい使い方は自分の良識の範囲にある程度は任されている部分があることも否めません。
過度に紫外線を浴びることは良くないので、日焼けサロンにおいても適度に日焼けを楽しみ、使用方法を守ることが大切です。

適度な日焼けという部分で留めておく必要があります。その部分はしっかりと自覚しておく必要があります。大変重要なことだと考えます。年齢が若い人ほど、紫外線の悪い影響を受けるリスクが高まることも真実なのです。

現在日本国内でも日焼けサロンは多くあります。小麦色の肌や男らしく日焼している肌に憧れを抱く人も少なくないのです。ただ、この肌の色を保持するためにはずっと、日焼けマシーンのお世話になるわけです。これは健康に本当に被害を及ぼさないのか?発がん性はないのか?が疑問になる点です。すべての人が正しい使い方が出来ているとは限らない部分も多いのではないでしょうか?
肌質にあわせて紫外線の照射量と時間をコントロールするので海やプールなどの自然の太陽の光などを利用して日焼けするよりは、ダメージを極力抑えて日焼けをすることができます。

日焼マシーンの使い方さえきちんと守って頻度や時間を調整できれば特に問題はないというのが現在の、日本での考えのようです。日焼マシーンを正しく使う方法ということは、一応レクチャーを受けるときに理解はしているものの、早く日焼けをしたいという人がほとんどですので、つい過度な使い方をする場合もあるようです。そこには重々注意をしておく必要があります。

どうしても日焼けマシーンを使っての人工的な日焼けの場合には、長年皮膚に紫外線が蓄積される危惧があります。それを想定すると10年後や遠い将来に皮膚がんの恐れや、健康に害を及ぼす可能性もあると考えられているのです。
例えば、6日間の想定で考えると1日目に軽く肌を日焼マシーンで焼いた場合には、2日間の休息日を設けます。そして4日目にまた短い時間の日焼マシーン利用をします。そして5日目にまた休息日を設けて6日目に日焼マシーンを使うという方法です。但し、これは一か所の日焼けサロンに通っている場合です。自宅に日焼けマシーンを持っている人の場合にはすべて自己管理です。そういう意味で、過度な使い方をしている一部の人に対しての注意喚起として、発がん性や健康被害の影響が心配されているわけです。
* 肌が弱い人、肌が白い状態の人は、紫外線出力の低いマシンを利用し、10分~20分程度の短時間で、お試しください。 * 休息日後、肌に赤みや、ヒリヒリ感がある場合は、それがおさまるまでさらに間を空けてください。 * 「タンニングの注意事項」をあわせて、ご覧ください

自己管理が難しい日焼けマシーンの使い方は、ある程度知識を持っている人にしか、扱えないのではないかという意見もあります。また日焼けサロンの場合も、ほかのサロンを掛けもちすることは黙っていればできるからこそ管理するのが難しいわけです。

家庭用の日焼けマシーンを使っている人も、日焼けサロンに通う人も、人工的に肌を日焼けさせることの意味を的確に捉えて。頻度や時間を確実に守ることが絶対に大切なことです。