Whyycbnykjnbqcfsbdec

ファッション

CATEGORY | ファッション

tシャツ切るならどうするのが良い?袖カットやフリンジなどご紹介

2018.05.29

着なくなってしまったtシャツをリメイクして生まれ変わらせたい…!tシャツを切るならどうするのが正解なのでしょうか?袖カットやフリンジなど…tシャツの袖や裾を切ることでできるリメイクの方法をご紹介します。tシャツリメイクの参考にしてみてくださいね!

  1. はじめに
  2. tシャツを切るなら?①生地の素材について
  3. tシャツを切るなら?②生地の厚みについて
  4. tシャツを切るなら?③デザインについて
  5. tシャツを切る時、あると便利な道具
  6. tシャツを切るリメイク方法をご紹介①
  7. tシャツを切るリメイク方法をご紹介②
  8. tシャツを切るリメイク方法をご紹介③
  9. tシャツを切るリメイク方法をご紹介④
  10. tシャツを切るリメイク方法をご紹介⑤
  11. おわりに
Nysrybexgswa3m8mhklj
飽きてしまったtシャツや着なくなってしまったtシャツがクローゼットにありませんか?夏のヘビロテアイテムのtシャツ。意外と着なくなってしまってそのまま放置されていたりしますよね。そんな時、おすすめなのがtシャツリメイクです。裾や袖、首周りなど…簡単なアレンジで、tシャツの雰囲気をガラリと変えることができるんです。自分だけのオリジナルのデザインにすることだってできますよ♪
tシャツの生地はカットしてもほつれにくいというメリットがあります。ですので、リメイクNGのものは基本的にはありません。おすすめの素材は綿(コットン)です。綿は伸びやすいので、リメイクしやすいですよ!
tシャツには薄手のものと厚手のものがありますよね。リメイクするなら、ある程度厚みがあった方がいいですよ!薄手の生地だと強度が弱くなります。厚みが合ったほうが安心ですね。ただ、編み込みを施すアレンジをする場合、あまり厚い生地だと扱いにくいかもしれません。
無地tシャツやロゴや絵の入っているデザインtシャツ、どちらもリメイクOK!アレンジをポイントに持っていきたいなら、無地tシャツ。アレンジを少しだけ加えたい場合は、デザインtシャツがいいかもしれませんね!
tシャツリメイクをする時にあると便利な道具をご紹介します。まずは「ハサミ」。tシャツをカットする時にするハサミは、裁縫用の裁ちばさみがおすすめです。切れ味の悪いものだと仕上がりもよくありません。
tシャツの前面だけをカットするつもりが、後ろの生地までカットしてしまった…という失敗は意外と起こってしまいます。tシャツの生地はくっつきやすいので、切り込みを入れたい場合には、生地の間にカッティングボードを入れておくと、うっかりカットを防ぐことができますよ!
生地をいきなりカットするのは自信がない…という人は、チャコペンを用意しておきましょう。時間が経つと自然と消えるタイプのものがおすすめです。100均でも売られていますので、チェックしてみてくださいね!
他にも、まち針、定規、マスキングテープなどがあれば、作業しやすいと思います。
Zn3lsrcd8wgsvzayrkul
リメイクしたいtシャツと道具を用意したら、いよいよtシャツリメイク開始!今回は、針と糸を使わずにできるリメイク方法をご紹介します。裁縫が苦手…という人にもおすすめですよ♪
最初にご紹介するのは、リボン袖のアレンジです。最初に裾部分はカットしたい部分をまち針で留めます。次に、袖の部分を前と後ろがズレないようにまち針で留めます。tシャツの形を整えたら、裾と袖の部分をカットします。首周りもカットしちゃいましょう。
ウエスト部分を切った生地を使って、紐を作っておきます。長さ45cmくらいのものを2本用意しましょう。紐を肩の部分に結べば完成です!肩のリボンがポイントのアレンジです。海やプールなどでも活躍しそうですね♪アレンジの詳細は、動画をチェックしてみてくださいね!
Pjppy3h1wpnbgp9fv6u7
続いてご紹介するのは、tシャツから縫わずに作れるホルタートップのアレンジです。最初に袖をカットします。表の襟を“V”の字に切り込み、裏返します。次に襟のリブを切り落し、襟元から垂直に切り込みを入れます。表面に戻したら、両側の帯を結びます。それを裏側の帯と結びましょう。
tシャツからホルタートップへのリメイク。ガラッと雰囲気を変えることができますね♪アレンジの詳細は、動画をチェックしてみてくださいね!
C1voljjaohqhtrualxre
続いてご紹介するのは、フリンジアレンジです。最初に、裾をカットします。首元から下に縦45cmの部分にチャコペンで線を入れ、フリンジを作っていきます。1.5cm幅位が◎。切り終えたら、フリンジ部分を伸ばしていきます。
裾をカットするだけでできるフリンジ。tシャツは、カットしてもほつれることがないので、切りっぱなしでもOKなんです。ハサミでカットするだけの簡単アレンジ♪アレンジの詳細は、動画をチェックしてみてくださいね!
Hm8xdayugmteplc2ktxi
U765mdrthzlv5phtome8
切りっぱなしのフリンジよりもステップアップしたフリンジアレンジをご紹介します。裾の部分を好みのフリンジの長さにカットしていきます。この時、偶数になるようにカットするのがポイントです。2束を1セットにして、結んでいきます。次に、結んだ束から1本ずつ取って、結べば完成です。フリンジでダイヤのカタチを作ることで、切りっぱなしのフリンジよりもデザイン性が高くなります。
Tj9jozxpewejs3gipivu
続いては、リボン袖tシャツのアレンジです。最初に襟元をカットします。次に、肩の上から8cm~10cmくらいまで、袖をカットします。縫い目の袖側をカットするといいですよ!襟部分は、紐状にしておきましょう。袖をヒダに折って、先ほど切った紐状にした襟を使って中心を結びます。結び目は内側にすると、見た目もいいですよ♪さらにアレンジを加えたい場合は、リボンを巻き付けても◎。
Zexbzrngxnxgykqtfptv
続いては、袖にリボンを編み込んだ、リボン袖アレンジです。最初に襟元をお好みでカットします。次に、肩の部分に、リボンを通す穴を開けていきます。袖にいくにつれて広がっていく穴を等間隔にあけていきます。穴はリボンの幅よりも小さくしておきましょう。リボンはスニーカーの紐を通す要領で通せばOKです。袖の部分にリボンがあると、可愛らしい印象になりますよね♪
アレンジの詳細は、動画をチェックしてみてくださいね!
いかがでしたか?tシャツのリメイクの仕方をご紹介しました。フェスやイベントでゲットしたtシャツを可愛く着たい…!文化祭や体育祭のチームtシャツやスタッフtシャツをアレンジしたい…!そんな時にもおすすめですよ♪
最後にご紹介するtシャツリメイクは、tシャツでつくるフリンジバッグです。サイズが合っていないtシャツや、首元がヨレてくたびれてしまったtシャツ。だけどデザインは気に入っている…!というtシャツは思い切って、バッグにリメイクしてみましょう。
最初に、タンクトップを作るイメージで、襟と袖の部分をカットします。次に、裾の下の部分をカットします。そして、フリンジの長さを決めます。マスキングテープをガイドに使うと便利ですよ♪まずサイドをカットして生地を分けます。ガイドに合わせてフリンジを作っていきましょう。フリンジを均一にする自信がない人は、チャコペンで印をつけても◎。切り終えたら、フリンジを結んでいきます。フリンジと持ち手の生地を伸ばしたら完成です。アレンジの詳細は、動画をチェックしてみてくださいね!
Nmhnbrijqvjxmd2xqogg
いかがでしたか?今回は、針や糸を使わないtシャツリメイクの方法をご紹介しました。裁縫が苦手…という人や、tシャツリメイク初心者の人にも簡単にできますよ♪着なくなってしまったtシャツをリメイクすれば、またおしゃれを楽しむことができます。また、首元や袖、裾など…長く着ているとヨレてくたびれた印象になってしまうことがあると思います。その部分を大胆にカットして、アレンジすることでまだまだ着ることができます!今回ご紹介したリメイク方法をぜひ試してみて下さいね♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://stat.ameba.jp/user_images/20120518/19/used-remake/d0/c8/j/o0800093711979772376.jpg?caw=800