Xzdymvnlve1edyobwo8a

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【アトピー肌に使える化粧品】アトピー肌に優しいアイテムとスキンケアのコツ

2018.10.19

アトピー肌になると化粧品を選ぶのも大変ですね。アトピー肌に優しい化粧品はあるのでしょうか?スキンケアの特徴と、アトピー肌に優しい化粧品について詳しく調べてみました。最後の方にはアトピー肌に優しい化粧品を載せています。参考になさってください。

  1. アトピー肌の特徴とは?
  2. アトピー肌の状態はどのようになっているの?
  3. アトピー肌のスキンケアの特徴
  4. アトピー肌に欠けている特徴のある3つの保湿因子とは?
  5. アトピー肌のスキンケアの方法
  6. アトピー肌スキンケアのポイント(お風呂)
  7. アトピー肌に優しい化粧品の特徴を選ぶコツ
  8. アトピー肌の症状がでているときのスキンケアの化粧品の使い方
  9. アトピー肌におすすめの化粧品
  10. まとめ
アトピー肌とは刺激を過敏に受けてしまう体質のことで、激しく痒みを起こす症状をアトピー性皮膚炎といいます。アトピー肌とはアトピー性皮膚炎の肌で、皮膚のバリア機能が弱くて、アレルギー体質の人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気で、再発を繰り返しながら、中々治らない慢性的な特徴があります。
アトピー性皮膚炎の特徴は、強い痒みや発疹が長期に渡り繰り返され、顔や首や肘や膝などに現れやすく、酷くなると全身に現れることもあり、乳児期から幼少期・思春期・成人期まで繰り返し痒みが続き、皮膚が厚くなります。
Vid08rszrtbo9bkbjyck
アトピー肌は皮膚のバリア機能が低下しています。そのため、角質細胞の水分が外に蒸発している状態です。ですから、肌が乾燥状態になり、外部から刺激物が侵入しやすくなり、肌バリアの機能低下が起こっているのです。
Whmcuut4lzzpzhkq9ng3
アトピー肌の場合は悪循環が繰り返されています。乾燥すると肌は外部からの小さな刺激でも、痒みを感じるので、かゆいから掻く、すると傷ができる、傷口が悪化する、するとまた外部からの刺激を受け掻くと悪循環が繰り返されます。
皮膚のバリア機能を保つのに、3つの保湿因子が重要となります。水分が保たれ、保湿できている正常な肌では、外部の刺激物質を寄せつけません。
Eudf13s5masmuz6l7c8r
アトピー肌には、このような3つの保湿因子が欠けています。この、3つの保湿因子とはどのようなものでしょうか? アトピー肌のスキンケアの特徴は、清潔な皮膚を保つため入浴と保湿がセットになって、皮膚のバリア機能を回復させることです。

アトピー肌の特徴・天然保湿因子の水分を補う

角質細胞の内部に水分をたっぷり保持することが必要で、この細胞にはアミノ酸などの成分があり、角質細胞の水分を補給するには、スキンケアだけでなく、食べ物からも補給を考えることが必要です。

アトピー肌の特徴・セラミドを増やすことが重要

アトピー肌には、水分を保つセラミドも少なくなっています。セラミドは角質細胞の間を埋めて、肌の潤いを保つ働きをしてくれます。セラミドは角質層に存在しています。

アトピー肌の特徴・皮脂の水分を逃がしてはいけない!

皮脂類似成分などスクワランの成分が入ったものを、肌に塗って保湿を防ぎ、皮脂膜を強化します。皮脂膜を強化することで、水分の蒸発を防御できるので保湿を心がけることが最も大切です。
Xpo7eh2cxp4bprggp2tt
最近では、新生児期の早いうちから全身に保湿剤を塗ることで、アトピー性皮膚炎になるリスクを3割減らすことができたという報告もあります。

この頃はアトピー性皮膚炎の子供たちが増えてきていますね。保湿剤を塗ることで少しは防げますが、根本の原因が分ると良いですが、いろいろな要因が重なっているので、原因を見つけることは難しいですね。

アトピー肌の場合のお風呂について

Hbs9qs856jewfwgxwwne
アトピー肌のスキンケアの方法は、石鹸は泡立ててから使います。石鹸の種類は皮脂をとりすぎない、潤いを保つことのできる石鹸を選びます。洗い方は泡立てて、泡のクッションで洗い、タオルやスポンジでゴシゴシ擦らないことです。すすぎ落ちの良い石鹸を選び、洗った後は石鹸が残らないように、綺麗に洗い流します。
Usnakwom1fbwjcvzj6a7
また、お風呂の温度は高温の温度にしないこと、また、長時間つからないことが大切です。アトピー肌の場合は、身体が温まると痒みが起きてきます。そして、身体を拭くときは、タオルでこすらないで、水分を取る感じでタオルに水分を移動させるように抑えて拭くことが必要です。
Jbf79wwdt9d1mo8pdulm
お風呂に入って5分以内に保湿をすることが大切です。入浴すると皮脂の脂肪が洗い流され、肌がすぐに乾燥状態になります。ですから、お風呂からでたらすぐに、保湿剤や保湿の含んだ化粧品を、擦らずに手のひらに優しく伸ばして体全体に保湿します。アトピー肌になっているときも、症状がでていないときも保湿は忘れてはいけません。もし、入浴後5分を過ぎた場合は、化粧品の化粧水などを霧吹きやガーゼで、いったん肌を湿らせます。保湿剤はかかりつけの医師の指示に従いましょう。
アトピー肌の方が選ぶ化粧品の特徴のポイントは、保湿成分の高いもの、低刺激で肌に負担の少ないものが挙げられます。アトピー肌は刺激に弱く、敏感で肌が乾燥しています。ですから、できるだけ低刺激のものを選びます。

アトピー肌のスキンケア化粧品の特徴について

アトピー肌の人におすすめの保湿成分というと、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの4つが保湿成分として入っているものを選ぶとよいですね。
引用: http://bihadacchi.com/images/kaimenkasseizai.gif
また、エタノールなどのアルコール成分や、界面活性剤やパラベンなどの刺激のあるものは、避けることが大切です。、また、顔につける前に身体の腕や太ももで簡易パッチテストを行ってから、顔のスキンケアを行うことも必要です。
薬でアトピー肌がよくなったときは、スキンケアが重要なポンととなり、毎日のスキンケアで保湿をすることが一番大切になります。炎症がなくなった場合は、保湿剤で潤いを与え、痒みを防ぎます。また、アトピー肌の人は紫外線に弱い特徴があり、症状がでていないときでも紫外線対策はきっちり行うことが必要です。症状がでているときはメイクを避けた方が良いですが、どうしてもやらなければならない場合、低刺激の乾燥しにくい化粧品を選んでください。かかりつけ医師と相談される方が良いでしょう。

小林製薬のヒフミド化粧品

小林製薬のヒフミドは無香料、無着色、パラベン・エタノールが不使用で、アレルギーテスト済み、スティンギングテスト済みの化粧品です。特にヒフミドの中でも、「ヒフミドエッセンスローション」は乾燥肌の人にとても効果の上がる化粧品です。
アレルギーテストやスティンギングテストをしているから、全ての人に大丈夫かというと、そういうわけにはいきませんが、ヒト型セラミドは、人間の肌でも作られる同じ構造で、自然になじみ水分をしっかり取り込みます。セラミドを直接肌に取り込むことができます。25歳までは人間の身体に豊富にありますが、25歳過ぎると極端に減ってくるのが、ヒト型セラミドです。現在キャンペーンのお試しセットを、1週間分980円で行っています。

セラミドスキンケア(エトヴァス)化粧品

株式会社エトヴァスが販売しているスキンケア化粧品です。肌の専門家が20年以上皮膚科学の研究を行って、超乾燥肌の人に合う化粧品を、ヒト型セラミドを配合して作られたスキンケア化粧品です。高価なセラミドを5種類配合し、7つのシリコン、パラベン、キレート剤、石油系合成界面活性剤、合成香料、鉱物油、着色料などの添加物を一切使っていません。こちらもキャンペーンを行っていて、今なら 1,900円で2週間お試しができます。こちらもパッチテストとアレルギーテスト済みですが、全ての人にトラブルが起こらないとはいえません。

メディプラスゲル

3種類の高濃度セラミド、3種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、プラセンタエキス、55種類の美容成分が配合されていて、合成界面活性剤、防腐剤、香料、着色料、鉱物油が入っていません。
D3uoiuzsmfl4okbjsydb
【アトピー肌に使える化粧品】アトピー肌に優しいアイテムとスキンケアのコツについてみてきました。アレルギー体質は、突然免疫力が落ちたよきに発症することがありますので、日ごろから保湿を心がけることが大切です。