M1ajcqwc1ybeg0z1lzwa

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

アイシャドウとアイラインの順番は大事?違いや色の選び方を紹介!

2020.08.03

アイシャドウとアイラインの正しい順番をご存知でしょうか。このページでは、アイシャドウとアイラインの順番や違い、色選びやブラシなどについてご紹介していきます。注意ポイントにも触れますので、アイメイクにぜひお役立てください。

  1. アイシャドウ・アイラインの順番・違い①:まずはアイライン
  2. アイシャドウ・アイラインの順番・違い②:次にアイシャドウ
  3. アイシャドウ・アイラインの順番・違い③:ビューラーの使い方
  4. アイシャドウ・アイラインの順番・違い④:またアイラインを引いていく
  5. アイシャドウの色選び①:肌色を意識する
  6. アイシャドウの色選び②:なりたい自分に合わせよう
  7. アイラインの色選び①:オーソドックスなブラック
  8. アイラインの色選び②:目などの色に合わせる
  9. アイシャドウとアイラインの注意ポイント
  10. アイシャドウとアイラインの順番は大事?違いや色の選び方を紹介!のまとめ
アイラインは、アイシャドウの前に引きます。これが基本的な手順ですが、もし「濃い目のメイクに仕上げたい!」というのであれば、アイラインは後でも構いません。そしてアイラインに必要なアイライナーには、さまざまな種類があります。メイクに不慣れな人であれば、ペンシルタイプを選びましょう。他の種類では、クリームタイプ、リキッドタイプなどもあります。色選びのポイントは、濃い目であればブラック、自然な仕上がりを目指すのであれば、ブラウン系を使用してください。
Lhy3dnttzbov1vtt1ao0
アイラインの引き方についてカンタンにご紹介します。まぶたを持ち上げてアイラインを入れていくのですが、手がぶれないように固定するようにしましょう。はみ出したりずれたりした場合は、ティッシュや綿棒などで取り除いてください。
アイラインの次は、アイシャドウですね。これがオーソドックスなアイメイク手順です。アイシャドウには、パウダーやクリームなどさまざまな種類があります。自然な仕上がりを目指したいのであればクリームタイプですね。しっかり乗せたい時は、パウダーを選びましょう。色は、ベージュやブラウンなどであればメイクに不慣れな人でも失敗は少ないですね。
Qcixdf8yu4g3ft0ebufh
パウダーアイシャドウの乗せ方をご紹介します。まずは、もっとも明るいカラーをアイホールに塗っていきましょう。次に中間色、もっとも濃い色をのせて、グラデーションを作っていきます。ブラシなどを使用する事になりますが、サイズによって用途が異なりますので、ご注意ください。もちろん、単色のみで仕上げても問題ありません。
Hnq0nhferdnfmyrqhdag
ビューラーでまつげをアップさせる方法をお伝えします。注意ポイントとしては、しっかりと上げる気持ちが強くなりすぎて、メイクがくずれないようにすることですね。では、どのようにビューラーを使用すればよいのでしょうか。
Womzsesqhltmkqlrfefb
ビューラーは、根元からちょっとはなれた場所から使っていきます。「根本→真ん中あたり→毛先」という順番であてていくと、キレイに仕上がるでしょう。ひっぱったり、繰り返しはさむとまつ毛を傷めてしまう可能性がありますので、十分ご注意ください。
Boziczdhhm7uisyr5dnl
ビューラーをあててアイラインがなくなってしまった場合は、再度アイラインを引いていきます。消えた部分だけ書き足したり、よれたところは、綿棒などで整えるようにしましょう。
Lzitgbthdonkjvy8bq82
このあとの手順としては、マスカラをしたり、つけまつげをつけたりすれば、アイメイクの完成ですね。目元だけではなく、まゆげのケアも大切です。スクリューブラシでまゆげをととのえ、アイブロウペンシルなどでまゆげを作っていきましょう!
Y5s6t9ptzlwacqhmgq2l
アイシャドウの色選びとしてポイントになるのでは、肌色に合わせることです。肌色は、「イエローベース」「ブルーベース」があり、それぞれに似合うカラーがあります。「イエローベース」は、お肌がイエローっぽく、日焼けすると小麦色になる人ですね。ホワイトよりもクリーム系が似合う人もそうです。イエローベースの人は、ブラウン、オレンジ、ベージュ、グリーン、オリーブなどがマッチするでしょう。
Jkjx9moxwa8zzktmiiyg
「ブルーベース」は、お肌が青っぽく、日焼けすると赤みを帯びる人ですね。クリーム系よりも真っ白い服が似合う人もそうでしょう。ブルーベースの人であれば、シルバー、ブルー、パープルなどが似合いますね。「イエローベース」「ブルーベース」は、アイライナーを選ぶ際にも重要なポイントです!
Gsftjswniqnoi8nqdjce
なりたい自分になるために色選びも重要ですね。オトナっぽい印象、知的な印象を目指すのであれば、グレー系です。かわいい印象になりたいのであれば、ピンク系ですね。明るいフレッシュな色を選ぶとキョート系を目指せるでしょう。
Rfsuy0kivc9qyksezk1w
エレガントな印象を演出したいのであれば、パープルなどがおすすめです。自然な仕上りを目指すのであれば、ベージュ系がよいのではないでしょうか。ベースカラーだけではなく、こうしたなりたい自分に合わせて色選びするのもおすすめですね!
Kktpdfnfdngltvj9dnv8
アイラインの色選びとして、ブラックあるいはブラウンを使用している人は多いのではないでしょうか。ナチュラルな仕上がりにしたいのであれば、明るめのブラウンですね。暗いブラウンは、くっきりとした目元を目指せるでしょう。
Mmzebcovoxl3upzbkcfp
涼しげな目元にしたいのであれば、ブルー系ですね。キョートな目元にしたい場合は、レッド系がおすすめです。さわやかな印象であれば、グリーン系ではないでしょうか。クールな印象を演出したい際は、グレー系ですね。
Bhutirxnift994ylnikr
人によって目の色は異なりますよね。目の色に合わせて、アイライナーのカラーを選ぶこともおすすめです。瞳がブラックであれば、同色やネイビーがよいですね。明るめのブラウンならば、ブラウン・グレー系がマッチするでしょう。ダークブランの人は、同色やグリーン系を選ぶとよいですね。
Pgbbmagjqree6w3jfihc
他のメイクに合わせてカラーを選ぶのもおすすめですね。リップを赤にするのであれば、アイライナーも赤にするとよいでしょう。同じようなカラーで合わせることより、メイクのバランスがよくなりますね。いずれにせよ、メイクに不慣れな人であれば、ブラックもしくはブラウン系がおすすめです。
Mnnzwtcmy3qpyhbz1u6n
アイシャドウとアイラインの注意ポイントについてまとめていきます。まずは、それぞれの違いについておさえておきましょう。「アイライン=目の線」のことになり、まつげが生えている線のことですね。一方、アイシャドウは、まぶたに陰影をつけるコスメです。アイライナーはまつげの濃度を濃く見せ、アイシャドウは目元に深みをつくることができるでしょう。
Eiqkpmc1bgaqcx7w6lut
アイシャドウを塗る時に重要な道具をご紹介しましょう。まずはブラシが欠かせません。ブラシは、ふんわりとまぶたに色を入れていくアイテムです。スモールサイズのブラシであれば下まぶたに、ビッグサイズのブラシは上まぶたにアイシャドウをのせる時におすすめですね。ブラシのほかに重要なアイテムは、チップです。発色やピンポイントであれば、ブラシよりもチップでしょう。
F9sogi6v8j3q02wi225z
アイシャドウとアイラインの順番や違い、色選びについてお伝えしてきました。アイシャドウとアイラインの順番は、きれいなメイクを仕上げるためにとても重要です。塗り方・使い方も無視できませんので、正しい手順で正しいメイク方法を目指してください。
L1ghavoiskvvtpu0d7dh
アイシャドウ・アイラインの色選びも無視できません。ベースカラーについて理解を深め、なりたい自分の目指せるカラーを選びましょう。ブラウン系などのオーソドックスな色がおすすめですが、メイクが上達した際には、カラフルな色をも試してみてくださいね。上手なアイメイクで、ステキな目元を実現させましょう!