Huzaudewx6nenccagntr

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

べピオゲルはニキビ跡に効果的?口コミ&薬選びのポイント

2018.10.19

ニキビ跡が残ってしまい、跡を改善する薬をお調べではないですか?ベピオゲルは、殺菌作用、ピーリング効果、乾燥促進作用を持ち、ニキビ薬として処方されるニキビの治療薬です。今回は、ベピオゲルのニキビ跡への効果と口コミ、薬の選び方のポイントをご紹介します。

  1. ベピオゲルとは?
  2. ベピオゲルのニキビ跡への効果とは?
  3. ベピオゲルの使い方
  4. ベピオゲルの副作用
  5. ベピオゲル効果の口コミ
  6. ベピオゲルはどこで購入できるの?
  7. ベピオゲルを使用しないほうがいい人
  8. 【ニキビ跡の治し方】自分にあった薬選び方のポイント
  9. 【ニキビ跡の治し方】皮膚科で処方される薬の成分
  10. 【ニキビ跡の治し方】市販薬の成分
  11. 【ニキビ跡の治し方】市販薬の塗り薬おすすめアイテム
  12. LION  ペアアクネクリームW
  13. 小林製薬 ケシミンクリーム
  14. ロート製薬 メンソレータム アクネス
  15. まとめ
べピオゲルはニキビ(尋常性ざ瘡)を治療する塗り薬です。べピオゲルの成分の過酸化ベンゾイルは海外で広く使用されているニキビ治療薬です。日本でも使用が認められるようになった薬です。特徴はニキビの原因となる「アクネ菌」や「ブドウ球菌」などに対して抗菌作用があリ、ニキビの原因となる毛穴のつまりを改善します。
Rx4o4u5rym7fs2yvdbb7
Lduqawt0uv89tdtgocja
ベピオゲルの効果は、ニキビの原因菌(アクネ菌など)の増殖を抑え、ニキビの原因となる毛穴のつまりをなくしてくれることです。抗菌作用と角層剥離作用があるということです。角層剥離作用というのは、ピーリングのように肌の古い角質をはがす作用です。
Uqdsr3useftiigpn9ylb
ベピオゲルの治療が承認されているのは、ニキビ跡ではなく、ニキビ治療に対してのみです。ですが、ニキビの段階からベピオゲルを使っていれれば、ニキビ跡を予防することができます。また、ベピオゲルのピーリング作用で、肌の生まれ変わりを助ける事が出来ます。この肌の生まれ変わりが、ニキビ跡の改善に効果をもたらします。
Nhthn2uzddcmizqlz2tn

①洗顔をして、水分をしっかりふき取ります

②清潔にした指にべピオゲルを適量取り、患部に広げるように塗ります

③塗り終わったら、手を綺麗に洗ってください

Wkbtz684ok3jukqodhvp
ベピオゲルは1日1回患部に塗るだけです。ベピオゲルには漂白作用があるので、髪、衣料などに付着しないように注意してください。
ベピオゲル使用中に外出する場合は、ベピオゲルを塗った部位を強い日光に長時間あてないよう、帽子をかぶるなどして防ぎましょう。

基本的に夜に使用することをおすすめします。

Fatu0wx2zdpjciitzz5a
ベピオゲルは余分な皮脂を乾燥させる作用があるので、薬を塗る前に化粧水や美容液での保湿を病院ですすめられる場合もあるようです。人によって肌の状態は異なるので、薬と化粧品の順番や使い方は医師の指示に従ってください。

Cklwoj1y4czpmz64fiaw
ベピオゲルには鱗屑(皮膚に粉がふく)、落屑(皮膚がうすくはがれる)、刺激感(ヒリヒリ感)、紅斑(皮膚が赤くなる)、乾燥などの皮膚症状があらわれることがあります。 ベピオゲルを使い始めてから1~2ヶ月以内に上述の症状が現れ、その後やわらいできますが個人差があり、長く続くこともあります。症状によっては、繰り返し生じるケースもあります。
肌にあって改善された方もいれば、副作用がある方もいらっしゃるようです。
Cijr9o5ajyiklayorw7s
医療用医薬品であるため、医師の処方箋が必要です。そのため皮膚科受診が必須です。
Davkrqedyn2ikf70bllp

◎ベピオゲルルの成分に対して、過敏症を起こしたことがある方は使用しないでください

Avhxmsn8yhivxtxtywol
ニキビ跡のタイプは「赤みが残るタイプ」、「色素沈着してシミが残るタイプ」、「クレーターのように陥没したタイプ」などそれぞれです。肌質も敏感肌・乾燥肌・脂性肌など人それぞれです。皮膚科では症状にあった薬を処方されますが、自分で市販薬を適当に選ぶことは症状悪化や肌荒れの原因になってしまいニキビ跡の改善につながりません。薬の選び方のポイントは薬の配合成分をしっかりとチェックし、自分の肌質やニキビ跡の状態に合わせた商品を選ぶことです。皮膚科に行く場合にはどのような成分の薬を処方されるのか、市販薬にはどのような成分がはいっているのかをみていきましょう。
Mf57i53jubugzilmio9r

美白剤

美白剤は、ニキビ跡のシミの原因になっているメラニン色素を抑制する働きがあるため、茶色や紫色のニキビ跡に効果を発揮します。

ビタミン剤

皮膚のダメージ回復を早め、新陳代謝を助けることでニキビ跡を薄くしてくれます。一般的にはシナールやハイチオールなどが処方されています。また、ビタミン剤はドラッグストアなどでも売られていますが、皮膚科で処方されるものは市販の物に比べると吸収率が高いことが特徴です。

抗炎症剤

抗炎症剤は、肌の奥に残ってしまった炎症を抑えるために使用します。ニキビによって内服薬としてはブルフェン、外用薬としてはスタデルクリームなどが有名です。これらは、炎症を和らげるためのものですので、色素沈着タイプやクレーターには効果がなく、赤くなったニキビ跡の治療に使われます。

抗生物質

ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えたり菌自体の発生を抑えたりする目的で使用されます。特に赤みのあるニキビ跡はデリケートな状態で、ニキビが再発しやすいため、患部の症状悪化を防止するために処方されることがあります。

局所用抗ニキビ製剤

局所用抗ニキビ製剤は、毛穴の角質を取り除く作用があり、肌のターンオーバーを正常化させる作用があります。ニキビの患部に直接塗ることで高い効果を期待できますが、その分副作用が出やすいというデメリットもあります。

Voxgfazpnalzq2ww17af
Ipi113htle3slvunluvl

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用があります。メラニンの生成を抑制してコラーゲンの生成を促進させてくれる効果がありますので、ターンオーバーを整える効果が期待できます。赤みが残るタイプのニキビ跡に効果的です。

L-システイン

ターンオーバーを促して、ニキビア跡の原因でもあるメラニンを排出したり、メラニンを抑制してくれるので赤いニキビ跡にも効果が期待できます。Lシステインは、ビタミンCと一緒に摂取するとさらにメラニン生成などの効果がアップするといわれています。色素沈着を防ぐ効果があるので、ニキビができたら摂取するようにすると美白肌を守るのに役立つそうです。

ビタミンE

ビタミンEは、肌のターンオーバーを促す効果があるので、ターンオーバーが正常に整います。 肌のターンオーバーが正常になれば、古い角質が自然と剥がれ落ちますので、陥没タイプのニキビ跡にも時間はかかりますが、改善が期待されます。

その他の主な成分

硫黄(皮脂吸収作用、殺菌作用)、レゾルシン(アクネ菌殺菌、角質軟化、角質除去効果)、サリチル酸(アクネ菌殺菌作用、角質層を柔軟にする)、イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌殺菌作用) グリチルリチン酸ニカリウム(ニキビの炎症、赤みを抑える)、アラトイン(ニキビの炎症、赤みを抑える)
Bxhozmfmfus26exuyzgk
市販薬の選び方についてご説明します。市販薬には、体の内側からニキビ跡の改善をサポートする「飲み薬」と体の外側からニキビ跡の改善をサポートする外用薬の「塗り薬」があります。ニキビ跡におすすめできる飲み薬は、「シミ・そばかす」の改善に効果のある薬です。 各メーカーからビタミンC、L-システインやビタミンEを配合した市販薬が多く発売されています。「塗り薬」は皮膚の新陳代謝を高めてくれるビタミンEが配合されているクリームを選ぶのをおすすめします。今回は、市販薬の塗り薬のおすすめアイテムをご紹介します。
Twldsz3vrej57z3jdce0
アクネ菌によるコメドの生成を抑え、炎症をしずめ、吹き出物、ニキビをもとから治療します。さらに殺菌効果で吹き出物・ニキビの進行を抑えます。保湿クリームのような伸びの良いテクスチャーで、肌になじみがよく塗った上からメイクをしても気にならないアイテムです。 参考価格:14g 950円、24g 1,450円
血行を促進させるビタミンE配合、ビタミンC誘導体が集中的に角質層のすみずみまでじっくり浸透して、メラニンの生成を抑えるおすすめアイテムです。参考価格:30g 1,800円
赤いニキビ・痛いニキビを効果的に改善する、医薬品クリームです。 ニキビの芯・汚れを排出 、ニキビの原因菌を殺菌 、ニキビの腫れ・赤みをしずめるの3つの作用で、炎症を起こして腫れたニキビや化膿したニキビにも効果を発揮します。赤みの残るニキビ跡におすすめのアイテムです。 参考価格:18g 1,100円
Qofl3blpvzwuifgl0iwn
今回はベピオゲルのニキビ跡への効果と自分にあう薬の選び方についてご紹介しました。ベピオゲルの効果は個人の肌質によってもかわるようです。医師と相談して使用してください。また、ご自分で市販薬を選ぶ際は、ニキビ跡のタイプと肌質を確認してから購入してみてください。ニキビ跡を正しくケアして、すてきな素肌を目指しましょう。

ニキビ跡についてはこの記事もチェックしてみて!