Qkwzntcpxwg3lfkksjiz

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

乾燥による湿疹を治したい!かゆみの原因と冬の保湿対策まとめ

2018.06.05

みなさん顔はしっかりとケアしていると思いますが、身体の肌ケアをしていますか?顔と同じように身体もケアが必要です。乾燥が原因で湿疹ができ痒みを伴うことも!乾燥による湿疹で悩んでいる方!その痒みの原因を知り、肌をしっかりと保湿ケアしましょう。

  1. 乾燥肌と乾燥による湿疹の違い
  2. 乾燥による湿疹 どうなる?
  3. 乾燥肌や湿疹ができる原因 加齢
  4. 乾燥肌や湿疹ができる原因 刺激
  5. 乾燥肌や湿疹ができる原因 日焼け
  6. 乾燥肌や湿疹ができる原因 湿度
  7. 乾燥肌や湿疹ができる原因 お湯の温度
  8. 乾燥や湿疹の保湿ケア お風呂での対策
  9. 乾燥や湿疹の保湿ケア 保湿を忘れないで
  10. まとめ
F0vp2ussoofpdiuzcoce
肌が乾燥するのは誰にでもあり得ることです。赤ちゃんや小さな子供も冬になると乾燥し、保湿剤を処方してもらい毎日ケアしますよね。冬になると空気自体が乾燥するのでそれと同時に肌が乾燥してしまいます。乾燥肌は誰にでもあり得ることですが、その乾燥が進んでしまうことで肌がヒビ割れたり皮が剥けたり、湿疹や痒みを伴うことがあります。ヒビ割れや皮が剥けてしまう状態を乾皮症といいます。乾皮症が進行し湿疹や痒みが伴う状態を、乾燥性皮膚炎といわれています。正常な肌は角質層が水分や保湿成分を含んでおり、肌に潤いを与えるよう機能しています。角質層の上に皮脂膜という肌を保護し、水分を逃がさないように機能しています。ですがなんらかの原因により、肌が乾燥してくると角質層の水分が少なくなり潤いがなくなることで、柔軟性もなくなってしまうのです。乾燥性皮膚炎まで進行してしまい、湿疹ができてしまうと強い痒みを伴うので、病院に行き症状にあった薬を処方してもらうことになるでしょう。
Lezfvbptehtyhflpojxs
Wkaykhnumg55qzuxpift
乾燥により湿疹ができてしまった場合、肌の状態は悪循環のようになってしまいます。湿疹ができることで肌のターンオーバーが早くなってしまうのです。ターンオーバーが乱れ早くなってしまうと、未熟な皮膚が露出し外気に触れることになります。未熟な皮膚はバリア機能がしっかりしていない為、外からの刺激を受けやすくその刺激をバリアできないことで更に乾燥が進行してしまいます。放置していると肌の状態はどんどん酷くなっていきます。痒みが強い場合や赤い湿疹ができている場合は、乾燥性皮膚炎といえるでしょう。
Ftvsvypawyu2jhjwa70n
Eqlflitmsbmped1dlbkk
乾燥の原因として多いのが加齢です。歳をとることで、ターンオーバーがうまくできなくなったり、皮脂の分泌が少なくなります。個人差はありますが、これも老化現象の一つで歳をとると同時に、肌の機能だけでなく身体の機能も劣っていくのです。老化現象が原因で肌は乾燥しますが、冬になると年齢関係なく乾燥肌になります。その為冬は肌ケアをしっかりするなどの注意が必要です。
Ythlp8jgmvpqbntezqf2
Jppg6i1hrrdhpz9hskyu
肌への刺激も乾燥の原因です。例えばお風呂で身体を洗う時に、ゴシゴシ洗っていませんか?綺麗にするためにしていることが、乾燥肌の原因になっている場合も。その為ボディソープが肌にあっていないことや、掃除をするときに使う刺激の強い洗剤を素手で触ってしまっているなど。日常生活で清潔に保つことはいいことですが、手の洗いすぎなども原因になります。洋服の素材が刺激になることも。化学繊維のアクリルやナイロン素材は、肌の水分を奪い刺激を与えたり痒みを強くすることがあります。冬には必需品のヒートテックですが、それが原因になっている場合も!直接肌にあたるインナーは綿素材のものにすることをおすすめします。化学繊維のものを着用する場合は直接肌にあたらないようにしましょう。
L3hcnourblr0lrbtvfnc
Qilyaqovdoymhwu2w16k
夏に海やプールでの日焼けや、日常生活で焼けてしまった肌。紫外線を浴びることも肌の乾燥の原因になります。夏は湿度が高いことから、肌の乾燥に気づきにくく顔以外の身体の保湿ケアをする方は少ないことでしょう。ですが紫外線を浴び、焼けた肌は乾燥しているのです。そして夏には感じなかった肌の乾燥が、夏から秋に変わる季節の変わり目や寒くなり空気が乾燥してきたころに、肌の乾燥が目立ってくることがあります。紫外線のダメージを受けたままの肌を放置することで、通常でも冬になると乾燥肌になりやすいのに更に乾燥が酷くなってしまうこともあります。
Evcv1e1wc5f2buwpbjlb
Xidbhohjpjzacyakcrzl
冬に乾燥肌になりやすいのは、空気が乾燥するからです。冬に風邪を引きやすいことや、病気が流行ることも空気の乾燥が原因ですよね。空気が乾燥することで湿度が下がります。湿度が下がることで肌の水分も蒸発しやすくなってしまうのです。冬になると暖房器具を使用しますよね。エアコンの暖房機能を使用するこも乾燥の原因になります。ガスファンヒーターや石油ストーブは、空気を乾燥させないので乾燥肌が酷い方は使用する暖房器具を変えてみるのもいいでしょう。肌を乾燥させない為には、部屋の湿度を55%〜60%に保つことが必要。普段過ごす事の多いリビングや、寝室などに加湿器を設置するようにしましょう!加湿器の置き場所や、加湿器本体の使用面積と部屋の大きさがあっているものを選ぶことも重要なポイントです。
Qwjtq88g9cykok7sc9dm
Nnchufiy1bptrsfjxpaz
寒い季節になると家事をする時に、お湯を使うようになったり、お風呂に入る時に熱いお湯に浸かることが多くなりますよね。お湯は肌の汚れも落としてくれますが、それと一緒に肌の油分も落としてしまいます。冬になると手が荒れたりあかぎれになったりする原因も、お湯が関係していることも。湯船に浸かり身体を温めることはいいことですが、温度と浸かっている時間が重要!肌が乾燥していると感じる時は特に気をつける必要があります。入浴の際の温度は39度〜40度ほどのぬるめの温度がいいとされています。そして入浴時間も長くても15分ほどにしましょう。ぬるいお湯でも長時間浸かっていることで、肌の油分は奪われてしまいます。シャワーも同様で、40度くらいにすることをおすすめします。
O0ag3g2glv4ond6ymupw
Nna8lplp33pfcevgijyg
乾燥の原因のお湯の温度の項目でもお話ししましたが、お風呂の入り方や温度も乾燥の原因になります。そこで乾燥対策としてお風呂の入り方のポイントを押さえ肌のケアをしましょう。まずは上記でお話ししたように、湯船のお湯は熱すぎずぬるいくらいの温度にしましょう。そして入浴時間は長くても15分ほどに。少し乾燥が気になるくらいなら、刺激が少なく保湿効果のある入浴剤を入れるのもおすすめです。すでに赤い湿疹や痒みがある人はやめてくださいね。そしてボディソープ。ボディソープも今はたくさん販売されていて、使っているものは人それぞれ違いますよね。乾燥肌になりバリア機能がなくなってしまったことで、今まで使用していたボディソープが刺激になっていることもあります。ボディソープも低刺激のものを使用したりと工夫しましょう。そして身体を洗う時は、ネットやタオルで泡を作り手で洗うことをおすすめします。顔を洗うのと同様に、極力摩擦をおこさないようにし泡で優しく洗いましょう。
Svfcghynebwi3njgkezm
Ndcfbkkxljk9nvvx9l0l
1番大切なのは保湿!まずお風呂から出たらすぐに保湿をしましょう。お風呂から出た後は肌の水分が蒸発しやすく、乾燥してしまいます。お風呂で身体を洗った時に汚れと一緒に落ちてしまった油分を補う必要があります。冬はもちろんですが、季節関係なく保湿することをおすすめします。夏のケアにベタつきが気になる場合は、化粧水を使用したりボディ用のジェルやミルクを使用するといいでしょう。冬は保湿効果の高いクリームを使用して下さい。お風呂から出た後以外にも、朝や外出前に乾燥が気になる時や、手の場合なら手を洗うたびにクリームなどを使いケアしましょう。
Bytr5znhlcxoimja0x2h
Ak1ag3hizxanilc9p6fr
今回は乾燥による湿疹や痒みの原因、そして対策方法についてお話ししました。乾燥は肌トラブルの原因になり、ほっておくとどんどん酷くなってしまいます。そうならない為には日頃からケアをすること!しっかりと保湿ケアし、乾燥の悩みから解放されましょう。酷くなってしまった場合は病院に行ってくださいね。
Twscjtvguda5jn9gaqhb