Izfirmdi8lp9xnb57oso

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

はちみつ大さじ1杯でダイエット!栄養・効能・カロリーも紹介

2018.06.02

はちみつって甘くて美味しいですよね。大さじ一杯をヨーグルトに混ぜたりトーストにかけたり、使い道はたくさん♪そんなはちみつに実はダイエット効果があるということはご存知でしょうか?今回ははちみつ大さじ一杯でできる効能を、栄養とカロリー併せてご紹介します♪

  1. (1)はちみつの栄養・カロリーは?
  2. (1)−1:はちみつのカロリーは?
  3. (2)はちみつの効果・効能・栄養価は?
  4. (2)−1:疲労回復効能あり♬
  5. (2)–2:便秘や下痢の緩和効能あり♬
  6. (2)–3:咳止め・喉の痛みに効果的♬
  7. (2)–4:美肌効能も期待できる♬
  8. (2)–5:薄毛効果に♬
  9. (3)はちみつ大さじ一杯で行うダイエット方法とは
  10. (4)寝る前のはちみつ大さじ一杯ダイエットのメリットとは
  11. (5)寝る前のはちみつ大さじ一杯ダイエットのするべきポイントとは?
  12. (6)大さじ一杯でできる♬はちみつレシピ♬
  13. (6)-1:はちみつレモン(はちみつ大さじ1からOK)
  14. (6)-2:ヨーグルトパン(大さじ1からOK)
  15. (6)–3:はちみつジンジャープリン(大さじ2からOK)
  16. まとめ〜はちみつ大さじ1で得られる恩恵はたくさん〜
Hhtpstbponvljf6jehzx
はじめに「はちみつ」の栄養価やカロリーを見て行きましょう。
Gcllrf2fvkndczxjjxgd
まず、はちみつのカロリーは大さじ一杯でおよそ62kcalと言われています。100gに換算してみると、294kcalにになりますので、白砂糖と比べたら割と低カロリーの印象ですね。更に甘みは白砂糖よりも1.7倍もあると言われており、血糖値も上がりにくいそうなので、ダイエットにも効果的な食品であると言われていますね。
Wbv1owr3iv3mvr2otuta
次にはちみつの効果・効能・栄養価について見て行こうと思います。
Yzlhl7bkmtnmmfs1wlvw
ハチミツに含有するブドウ糖・果糖といった糖類は、分解不可となっている構造なので、すぐに体内へ吸収されて、短時間で身体の栄養になります。スポーツのハーフタイプでハチミツ浸けレモンを食べる所をドラマや、実際に食べたこともある人もいるかもしれません。こういった食品になるくらいに、ハチミツには運動後の肉体疲労などにも効果的なのです。
Grwjtgu8izlj9czdfoc9
ハチミツに含まれているグルコン酸には、乳酸菌やビフィズス菌を増殖させる環境を作る働きをしてくれるので、慢性的な便秘や下痢の症状緩和・改善に効果的と言われています。
C37bylcokiprtvln442v
ハチミツには殺菌作用もあるので咳止めや喉の痛み緩和に効果的とされています。
T8ni1x4m6hyyuklqru2c
ハチミツにはビタミンB群の他、ミネラルといった栄養分も含まれているので美肌効果が抜群だと言われています。ダイエットをしている最中は栄養素不足によって肌が荒れがちになりますが、これらもハチミツでカバーできるとされています。
Ce1uzh5yvwirvkqwwlvs
Lk0d2f8fzrduvdndptu5
薄毛の原因は人によって様々かもしれませんが、成長ホルモンの関係で薄毛になってしまう場合もあります。強い毛根には成長ホルモンが必要とされていますので、髪の毛にハチミツはいいとされているのです。
他にも、強力な殺菌効果のおかげで口内炎の治療にも効果的であったり、余分な塩分を排出して血糖値を下げる効能があるカリウムも含まれていたり、コレステロール除去の作用があるコリンと呼ばれるビタミンが含まれていたり、ストレス緩和に効果的なセロトニンの原料となるトリプトファンが含まれていたり…などなど、はちみつにはお得な効果が盛りだくさんなのです♬
Nblx4andwaqusd5hrr0v
はちみつには効果効能が盛りだくさんと分かったところで、はちみつ大さじ一杯ダイエットの具体的な方法が知りたいですよね。具体的な方法としては、寝る一時間ほど前に大さじ一杯の「天然の」はちみつを舐める、これだけなのです。舐めるはちみつは天然であることが重要で、甘味料や糖分がないものを選ぶようにしましょう。寝る一時間前に舐めることで、成長ホルモンが分泌される時間までに取り込んだはちみつの栄養を吸収しておくことが出来ます。また、効果を抜群に上げるポイントとしては「しっかりと睡眠を取ること」があげられます。はちみつを飲んだら体をリラックスして布団に入りましょう。寝ている間に脂肪が燃焼されていると考えると、なんだかワクワクしませんか?
Zs4quomnszjeqxgasyrm
毎夜寝る前にはちみつ一杯摂取するメリットとしては、脂肪を燃やす原動力になってくれると言う点にあります。私たち人間は毎日夜に眠りますよね。それは昼間使った細胞を眠っている間に分泌される成長ホルモンを用いて修復するための行為なのです。この細胞修復のためには糖質というエネルギーが必要になり、細胞修復に繋がる脂肪燃焼の原動力に、はちみつが役立つと言うわけです。つまり、はちみつを舐めておくということで、脂肪が燃えやすくなるのです。
Yhpkl42s40kn61jobkkz
寝る前のはちみつ大さじ一杯ダイエットを成功させるためには、ダイエットを成功させるためのルールがいくつか存在します。寝る一時間ほど前に大さじ一杯のはちみつを舐めることは勿論のこと、他にもどんな成功のための秘訣があるのか見て行きましょう。
Gvop26azxesowngtvosk
ポイントとしては①寝る3〜4時間前に食事を済ませておくことが大事とされています。寝る直前に食事をしてしまうと、胃が活発になってしまい、ぐっすり眠りにつくことが出来ないからです。また、次に大事なポイントとして②夜はなるべく炭水化物を控えることが挙げられます。これははちみつに多く糖質が含まれているため、夜に炭水化物を摂取してしまうと、はちみつと相まって太ってしまう原因を作ってしまうからです。最後に大事なのは③カロリー管理をしっかりすることです。はちみつダイエットに限らず、どのダイエットにも共通して言えることですが、カロリー管理をしっかりしないと、太る原因を作りかねません。駆け足になってしまいましたが、これらのポイントを注意しながらはちみつダイエットをしていくことが成功の秘訣とされています。
Fde41xhqxwqgpr5acdmn
まずはスポーツ面でも大活躍♬はちみつレモンをご紹介いたします♬
材料は①レモン(4個)②はちみつ(レモン3倍の量)のこの二つ。
Zzpkkczvzwyc4ajzn6ee
作り方は①レモンをよく洗い、輪切りにする。②軽く絞って保存容器に入れる。③そこにはちみつを加える、この手順ではちみつレモンは完成します。2〜3日で食べごろになるそうで、冷蔵庫に保存して一ヶ月ほど保ちますので、この間に運動などで栄養補給する機会がある人には便利かもしれません。また、このはちみつレモンにお湯を加えればホットレモネードに早変わり♬寝る前に温まることが出来ますよ♬
M21u2sufg0lc1k5ski1q
次にご紹介するのは朝食にぴったり「ヨーグルトパン」をご紹介します♪
Pimzf8vsfwffbfzjr5pz
材料は①食パン(1枚)②メープルシロップ、ヨーグルト、はちみつ(お好みの量)の二つ。
作り方は①食パンにメープルシロップを塗り、2〜3分トースターで焼く②お好みでヨーグルトとはちみつを塗って完成です♪さらにお好みでリンゴを乗せて焼いても美味しいですよね♪メープルシロップやはちみつもはカリカリ焼き上げたパンとの相性バツグンなので、朝食が更に彩あるものになりそうですね…。
また、ホームベーカリーに材料を入れて作るレシピもありますので、気になった方は是非見てみてください♪
Ulhhubcz6vtlf7didii6
最後に紹介するのはおやつにぴったり「はちみつジンジャープリン」です♪このレシピは大さじ2から適量だと言われています。参考までに。
Wxv5edng6obeljigcank
材料は①牛乳(180cc)②はちみつ(大さじ2)③生姜汁(大さじ1)④シナモンパウダー(少々)の4つです。
方法①生姜汁をプリンを作る容器に入れる②鍋で牛乳を加熱し、小さな気泡が出始めたら火を止める③その鍋にはちみつを加えて70度くらいまで温度を下げる④適温になったら生姜汁を入れた容器に流し込む⑤5分間放置する⑥凝固したらお好みでシナモンパウダーを振り掛ければ完成です。ちなみに牛乳の温度が60度以下になってしまうと固まってくれないので注意しつつ固まるのを待ちましょう。
Vgzhntmrkaptzbtmqihy
いかがでしたでしょうか。今回ははちみつで出来るダイエット方法をご紹介させていただきました。はちみつにはたくさんの栄養素が含まれているので、こういった恩恵を食べ物としてたくさん受けるのはいいことですよね♪私も今度から試してみようと思います。レシピは調べれば他にもあるみたいなので、気になった方は是非調べてみてくださいね♪それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。