D9faxlggtvvqpwtpng5k

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ニキビ跡の赤みを治したい!市販薬の選び方と病院治療のメリット・デメリット

2018.10.29

赤く残ったニキビ跡・・・目立ってしまうのはもちろん、これ以上ひどくなる前に治したいもの。ニキビ跡の赤みを治すのに市販の薬でも効果があるのでしょうか?気になる市販薬の選び方と病院で治療する場合のメリットやデメリットを紹介します!

目次

  1. ニキビ跡の赤み・・・市販薬で治すことはできる?
  2. ニキビ跡の正しいケア方法とNGケア
  3. 赤ニキビ跡にオススメの成分
  4. ニキビ跡をきちんと治すポイント
  5. ニキビ跡の赤みに市販薬は効くの?
  6. 市販の 【飲み薬 】と【塗り薬】の選び方
  7. 市販で買える 【ニキビ跡の赤み】 にオススメの 【飲み薬】 はこれ!
  8. 市販で買える 【ニキビ跡の赤み】 にオススメの 【塗り薬】 はこれ!
  9. 赤ニキビ跡のケアにオススメ 【リプロスキン】
  10. 病院治療の 【メリット】 と 【デメリット】
  11. 赤みのあるニキビ跡は市販薬&化粧品で自宅ケアできる!

ニキビ跡は、間違ったケアをするとよけい悪化してしまったりセルフケアで治すことができなくなってしまうことになってしまいます。そうならない為にも正しいケアでニキビ跡の赤みを治していくことが大切です。

ニキビ跡はすぐに治るものではありません。時間をかけて治していくものなので、諦めずにしっかりとケアをしていきましょう。肌の内部で炎症が起きている『赤み』も同じ!早めのケアをしっかりと続けていけばニキビ跡の赤みは消すことができるのです。

やってはいけないNG行為

5146f874c67beba17341dfabe6715a78
引用: https://www.sozailab.jp/db_img/sozai/193/5146f874c67beba17341dfabe6715a78.jpg

NGその①『ニキビ跡を手で触る』。ニキビ跡を雑菌のついた手で触ればさらに悪化してしまうこともあります。絶対に触ってはいけません。

NGその②『洗顔のしすぎ』。清潔にしようと何度も洗顔をしてしまったり、ゴシゴシ擦ってしまうと逆に肌の乾燥を招いてターンオーバーが悪化してしまいます。洗顔は朝と夜だけにしましょう。

NGその③『ピーリングのしすぎ』。ピーリングで角質を除去するのは悪いことではありません。しかし、ニキビ跡にピーリングをするのはNGです!刺激が強いので肌が乾燥してしまいます。ピーリングをしたい人は2週間に1回程度にするのがよいでしょう。

NGその④『日焼け』。日焼けは色素沈着などニキビ跡の炎症を悪化させる原因にもなります。紫外線予防は必須!赤ニキビ跡は、悪化するとシミになってしまうことがあるので要注意です。紫外線の予防はしっかりとしましょうね。日焼け止めはは『ノンケミカル SPF10~20・PA++』がオススメです。

ニキビケアのポイント

%e4%bf%9d%e6%b9%bf%e5%8a%9b 300x196
引用: http://masterconservacion.com/wp-content/uploads/2016/09/%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E5%8A%9B-300x196.jpg

赤ニキビ跡は自然に治ることが多いのでいろいろとやりすぎないことも大切です。しかし、何もしないと治るまでの時間もかかってしまうのでスキンケアなどでニキビ跡専用の化粧品を使うと良いでしょう。

オススメは、肌のターンオーバーを促進してくれる薬や化粧品を使うこと。もちろん、薬や化粧品は病院で処方してもらうこともできます。市販の薬で治すこともできるので症状がそれほど重くない人は市販薬や化粧品を使って治してみてはいかがでしょうか。

9cf344958d598cb3d7cde497e86ecd44
引用: https://complex7.com/wp-content/uploads/2015/05/9cf344958d598cb3d7cde497e86ecd44.jpg

一番重要なのは 【保湿】

肌が硬くなっている人は特に注意。硬い肌は化粧水などの有効な成分が浸透しずらいのです。浸透しやすくするには肌を柔らかくすることが必要!柔らかい肌にするには『保湿』が効果的。保湿で柔らかい肌になったら、ニキビ跡専用の化粧品や薬を使えば効果もUPします♪

2 / 6