Aysbcquqgfpxh3dk4itn

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ファンデーションが浮く原因は?肌質改善のためのケア方法と予防策

2020.08.03

「ファンデーションが浮くので困っている…」というお悩みを抱えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこのページでは、ファンデーションが浮く原因についてご紹介します。対策方法・予防策についてもお伝えしますので、ぜひ本記事をお役立てください。

  1. ファンデーションの浮く原因①:皮脂
  2. ファンデーションの浮く原因②:汗
  3. ファンデーションの浮く原因③:肌荒れ
  4. ファンデーションの浮く原因④:夏場はとくに注意
  5. ファンデーションの浮く原因⑤:ベースメイクに間違い?
  6. ファンデーションの浮く原因⑥:顔を洗いすぎている
  7. ファンデーションが浮くのを防ぐ方法⑦:汗対策は忘れずに
  8. ファンデーションが浮くのを防ぐ方法⑧:やさしいベースメイクを
  9. ファンデーションが浮くのを防ぐ方法⑨:肌ケアも無視できない!
  10. ファンデーションが浮く原因は?肌質改善のためのケア方法と予防策のまとめ
Xatqxv3xt5nriuctciws
顔を洗った時に、よごれだけではなく、皮脂がきれいに洗い落ちます。しかし皮脂は、時間がたつにつれて、分泌されるものです。もちろん皮脂が分泌されること自体は、決して不健康というワケではありません。しかしながら、この皮脂がファンデーションを浮かせる原因なのです。
Gr32icswfqowc0c7trhq
少ない量であれば浮くこともありませんが、量によっては、やはり浮いてしまいますね。もちろんファンデーションが浮いたら、メイクを直さなければなりません。水分が不足している状態に皮脂がたくさん分泌されますし、夏場も他の季節に比べるとたくさん分泌されるでしょう。
Cttioml29xpclwcs1d1m
皮脂は油分ですが、油分以外でもファンデーションが浮く原因となるものがあります。それは、汗です。汗は、水分の分泌ということですよね。汗でもファンデーションが浮いてしまうので、汗対策をしなければなりません。
I3zp3fzjqsbf3ig8zs5j
ファンデーションのアイテムによっては、水分に強くないこともあります。そのため、汗をかいてしまうと、ファンデーションが浮いてしまうのでしょう。もちろん汗をかいてファンデーションが浮いたら、まずは汗をふきとり、化粧直しする必要がありますよね。汗をかくことは、自分でコントロールできるものではありませんので、出るたびにふき取るなど対策しましょう。
R5tltlzgytrczfz8dgtc
皮脂や汗以外にも、ファンデーションが浮く原因となるものがあります。それは、肌荒れですね。この状態である場合、うまくファンデーションが肌につきません。そして時がたつとともに、ファンデーションが浮いてしまう可能性があるのです。
Cjoxw9nldhmfla9vreq2
また、肌荒れの状態は、皮脂がたくさん出るというデメリットもありますね。先にもお伝えした通り、皮脂の分泌は、ファンデーションが浮く原因となります。肌荒れしている人は、皮脂の過剰な分泌をおさえるためにも、肌荒れ対策する必要があるでしょう。
Aepw489pl25h2qcjmxhj
ファンデーションの浮きは、とくに夏場に多いのではないでしょうか。夏の時期は、汗をかきますよね。外を歩いているだけでも、たらたらと汗が流れるときもあるでしょう。汗をかくと、同時に皮脂が分泌されます。夏場は、他のシーズンに比べるとファンデーションが浮いてしまうといっても過言ではありません。
Oxfp9asnp1qxtkb3hjsj
夏の汗&皮脂を防ぐためには、ファンデーションのアイテム選びに注力しましょう。ウォータープルーフであれば、予防になりますよね。ファンデーションの選び方次第で、汗対策にもなりますし、メイク直しの手間もかからないでしょう。
Hiytvcp1of4y5oencjya
ベースメイクにおいて、ファンデーションの前に化粧下地を用いますよね。これが正しい手順とされています。もし、「そばかすが気になる」「しみに悩んでいる」というのであれば、化粧下地は欠かせないでしょう。とはいえ、化粧下地によって、ファンデーションが浮くこともあるのです。
Yx5zrahdlbscolbfiwc7
化粧下地において重要なのは、塗った後に、ある程度の時間を置くことですね。この時間で、乾燥させるのです。しっかり乾燥していない時、ファンデーションをつけてはいけません。お互いが混じり合い、うまく肌につかない可能性があるからです。ベースメイクは、「乾くまで次の工程にいかない」ということを意識するようにしましょう。
Tuxehqcceennuzqxw9ss
「洗顔は、ファンデーションの浮きに対して効果的」ということが前半の文章でわかるかもしれませんが、顔を洗いすぎても、浮いてしまう可能性があるようです。つまり、「やりすぎな洗顔=皮脂がなくなりすぎ=皮脂の過剰分泌」といことになるのでしょう。
Am4caa3fpek0ajguulan
こうした負のルーティーンを避けるためには、洗顔に注力しすぎないことですね。「皮脂をなくすために、何度も顔を洗う」ということは避けるべきではないでしょうか。なにごとも、「適度」が良いに違いありません。圧倒的な清潔さを求めて、皮脂が過剰に分泌されてしまったら、ファンデーションが浮いてしまうだけですよ。
それでは、ファンデーションが浮いてしまうのを防ぐ方法をご紹介しましょう。サマーシーズンは、汗&皮脂がたくさん分泌されるときですね。健康・不健康に限らず、過剰に分泌するものです。とはいえ、やり方次第では、防止することもできるでしょう。キーポイントは、アイテム選びですね。どんなアイテムかによって、ファンデーションの浮きを防ぐことができます。
Rgq2kqx6nvztkrjo7cce
キーワードは、「ウォータープルーフ」です。コスメやメイクに詳しい人であれば、「ウォータープルーフ」は当たり前の言葉ではないでしょうか。とりわけ夏などにこのアイテムを用いるとよいですね。たくさん汗をかく時期は、「ウォータープルーフ」に着目しましょう。
やさしいベースメイク。これがファンデーションを浮かせない対策ですよね。「適度」というのは、いつだって何事に対しても、大切ではないでしょうか。メイク直ししないようなベースメイクであれば、ファンデーションのトラブルは回避できるはずです。「乾燥させるまで待つ」ということにも注力しましょう。
Afxduulvrevcybsmuxvt
基礎化粧品は、肌の奥底に届けるために、何回もおさえることが求められるかもしれません。あらゆるベースメイクの工程は、「乾燥」がキーワードになるのではないでしょうか。優しく丁寧なベースメイクは、ファンデーションの浮き対策に欠かせない、と言えるでしょう。
V2pxemjk0oii3mbu1kbm
前半部分でもお伝えしましたが、肌荒れは、皮脂がたくさん出てしまう原因となります。肌荒れは、お肌の乾燥を引き起こし、それは皮脂にもかかわってくるのですね。肌荒れしているときには、丁寧な洗顔が必要でしょう。そして、さまざまなコスメ(化粧水・クリームなど)を使用し、お肌をケアしていくのです。「まだ乾燥が気になる…」という人は、美容液を活用してください。パックなどで保湿することも無視できませんね。
Pwizolrkegkpeccrrsbz
しっかり保湿すれば、ゆくゆくは肌荒れ改善になりますし、それがファンデーションの浮きを防止することもできます。いずにれせよ、肌荒れは、避けるようにしてください。「お肌が荒れている…」というときは、速やかに対策しましょう。
ファンデーションが浮く原因・対策方法をまとめてきました。まずは、原因について熟知しましょう。原因がわかれば、どのように対策すべきなのか把握できますよね。とくにこれからの時期、夏場などは、予防することが求めらています。ファンデーションを浮かせないために、事前に対策しておきましょう。
Yqniflwjkilhvq8a7ryt
対策法・予防法についてもお伝えしました。他にも方法があるかもしれませんが、汗・皮脂・肌荒れなどに着目してください。そうすれば、必ずファンデーションを浮かせないメソッドを手に入れられるでしょう。