D5fbrb3jybjjvdftakyi

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

オリーブオイルで角栓を除去するやり方は?綿棒できれいになるのか?

2018.06.03

オリーブオイルは食用油ではありますが、その効果の高さからクレンジング剤として使われることもあります。そんなオリーブオイルの活用法として今、毎日できる綿棒を使用した角栓除去というものも存在しています。本当に角栓が除去できるのか、今回はやり方などを調べてみました。

  1. オリーブオイルで角栓はきれいに除去できる?
  2. オリーブオイルで角栓を除去するやり方は?
  3. オリーブオイルでの角質除去で気を付けるポイント
  4. 上手くオリーブオイルで角栓を取り除くならどうすればいい?
  5. オリーブオイルを使っての角栓除去は毎日しても大丈夫?
  6. オリーブオイルで角栓を除去するデメリット
  7. オリーブオイルで角栓を除去するメリット
  8. オリーブオイル以外ではどんなものを使えばいい?
  9. 角栓を除去するためのオリーブオイルを選ぶポイント
  10. オリーブオイルで角栓をケアして綺麗な肌を保とう
Hwhkdyr7tyahgqceqsmj
クレンジングやパックに対して、美容品としての高い効果や効能が期待できると人気が高いのがオリーブオイルです。食用品でありながら美容品に転換できる使い勝手の良いものは多くありますが、食用油の中ではトップの座を争うほどの有名さですから、一度や二度ほどパックやクレンジングとして肌に使ったことがある人はいるのではないでしょうか?
Netb5aeddujiprgwu4db
そんなオリーブオイルですが、最近になって角栓除去のために使用するという使用方法も出てきました。肌の汚れなどが毛穴の出口を塞いでしまうことで吹き出物などの原因になる角栓は除去できるならしたいものですが、オリーブオイルで本当に除去できるのでしょうか?肌への影響はもちろんのこと、きれいに除去できるのか、毎日行っても大丈夫なのかというところまで調べてまとめてみました。
Mymyiyesemej2jgm0yes
ではまず、どのような方法で角栓が除去できるのかということを紹介していきます。必要なのは「オリーブオイル」と「綿棒」です。行う場合は角栓除去をするまえにしっかりと肌の状態を整えてあげる必要がありますので、洗顔をして肌を綺麗にしつつぬるま湯で毛穴を開いてあげた後、化粧水や保湿液で肌の状態を整えてあげましょう。
W4emsjffy76iwxpay26v
肌を整えた後にオリーブオイルをたっぷりと染み込ませた綿棒を角質の気になるポイントに綿棒を軽く押し当ててくるくるとマッサージするように動かしてあげるというやり方になります。角栓が取れると綿棒に黒ずみなどの汚れが付いていますので、角栓除去の成果も確認できます。もちろん、このやり方を行った後は綺麗にぬるま湯で顔を軽く洗顔して、もう一度肌をスキンケアで整えてあげましょう。
Iwjmedvlsp88lxugergy
上記でやり方を説明したとはいえ、行う際には色々と気を付けておかなければならないのが角栓除去というものです。そもそも角栓というのはほとんどの正体がたんぱく質であるということが多いもので、オイルマッサージなどを行っても溶けるという事例はほとんど無いため、効果がないとがっかりする人も多いのです。
Xv8kbwfhzzjpdncnxslr
そのため、オイルマッサージなどで取りきることができない、綺麗にならないという理由でやり方を強引なものにしてしまったり、何度も執拗に行ったりすることで肌はもちろん毛穴に対して大きな負担をかけてしまう人もいるのです。綿棒とオリーブオイルで角栓を取るとしても、強引なやり方での除去や何度も何度も執拗に擦るなどの方法は気を付けなければなりません。
Aewyt4f0oylcjvjzysnh
では逆に角栓をどうすれば上手に取り除くことができるのか、というのが気になります。やり方以外で上手く角栓を除去するためのポイントとして注目したいのが「毛穴の開き具合」です。角栓は毛穴の詰まりなどを引き起こすものですから、毛穴に詰まって黒ずみなどを作っていることがほとんどです。しかし、そんな黒ずみを閉じ切ってしまっている毛穴から除去しようとするのはオイルマッサージや綿棒を使ってのケアでもまず無理なことです。
Votilpnq0jbo98pbvpqt
そんな毛穴をより確かに開かせて角栓を上手く除去するために、蒸しタオルを使って毛穴を開かせるというやり方がおすすめの一つです。毛穴を大きく開かせることで、綿棒などを使っての取り除く方法をより確実なものにしていくことができます。上手く角栓を取り除けないという人は、こういった一手間を取り入れるとより良いやり方で除去できるようになります。
Slegtpr3j2qhsyfs9w5i
綺麗に角栓を取り除けるようになると、毎日でもして綺麗な肌を保っていきたいというのが女性としての本心ですが、こうした毛穴のケアというのはどうしても肌や毛穴自体に大きな負担をかけてしまいがちです。毛穴パックなどは毎日行うと毛穴が開きっぱなしになるなどのデメリットも存在しているなど、毛穴に関係するケアは頻度に関しても気を付けなければならないことも多くあります。
Qqdavxcchf3tsutoguv3
綿棒を使うとはいえ、角栓除去というのはやはりどうしても毛穴に負担がかかってしまいます。一度行った後でも開きっぱなしになり、修復するまでどうしても時間がかかってしまうため毎日除去するというのはおすすめできません。むしろ肌トラブルを引き起こす可能性自体も大きくなりますので、週に1、2度の頻度くらいで除去するというやり方が負担もある程度抑えられるでしょう。
Cvjwcdc0tt2nzfhaq0rg
角栓除去というのは実際セルフで行うとデメリットが複数存在しています。そんなデメリットを知らずにやり方を検索して行うと、後になって後悔したという人も少なくありません。やり方や毎日しても大丈夫かというのが分かったところで、きちんとデメリットについても知っておきましょう。
Axcwzthkrngp0ouqg69w
デメリットとしては上記でも触れている通り、毛穴がどうしても開きっぱなしになってしまう、強く擦ることなどで肌に赤みや摩擦ダメージを与えてトラブルを引き起こすというものがあります。しかし、それ以外にも綿棒を使うというやり方によって綿棒の素材などに肌が合わず、酷い肌荒れを引き起こすなどの問題も出てくることも考えられます。更に、執拗に角栓を除去し続けると肌を守ろうとして皮脂などを過剰に分泌することで新たな角栓を増やすことにも繋がってしまう可能性もデメリットとしてあります。
Rqsbkrtufh9xxmciogkx
では、デメリットではなくメリットとしてはオリーブオイルで角栓を取るというやり方にはどんなものがあるのでしょうか?気になるメリットは数はそこまで多くないものの確かに存在しています。
Kjjubk5duvlrnnzcicvw
オリーブオイルと綿棒で角栓を取り除くというやり方におけるメリットはやはり手軽かつセルフでできるということにあります。角栓を取るとなるとピーリングなどで古い角質と一緒に取り除く、エステなどで施術してもらって綺麗にするというものが挙げられますが、肌に負担がある、お金がかかると実行するに至る人は多くはありません。しかし、オリーブオイルも綿棒も家庭に購入してさえいれば簡単に手に入り、そしてやり方も肌を整えてあげさえすれば簡単に行えます。そうした手軽さとお金のかからなさというのがこのやり方のメリットと言えるでしょう。
S9fihb28bsnjl1sy1ihw
毎日行うわけではないとはいえ、オリーブオイルは肌に合わないという人も存在します。オリーブオイルが肌に合わず、トラブルを起こしてしまうという人はどんなものを代わりに使えばいいのでしょうか?
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41sXAQe7%2BJL.jpg
オリーブオイルが合わない場合はホホバオイルなどの他のオイルでも代用することが可能です。なるべくクレンジングなどにも使えるオイルの方が角栓の除去に上手く働いてくれますから、ホホバオイルなどのクレンジングオイルなどとしても使えるオイルを選んでみるのがおすすめです。また、オリーブオイル以外のオイルでも毎日角栓を取り除くケアは肌の負担となりますので、注意しましょう。
Rlzyubrqj7tqkherebc5
調理用のオリーブオイルでも問題はありませんが、やっぱり肌に使うものですし、人によっては毎日のスキンケアに取り入れることもありますので、なるべく肌に良いものを選びたいものです。角栓ケアなどに使う場合、どんなことに注意してオリーブオイルを購入するべきなのでしょうか?
D0dmw206foehkalcxej4
毛穴のケアなどに使う場合、おすすめなのがエキストラバージンオイルなどの純度の高いオリーブオイルです。食用の場合は不純物などの心配もありますが、こだわったオリーブオイルの一番搾りということもあって不純物の心配や成分濃度に関しても問題ない、おすすめのオリーブオイルと言えます。
Lnwoxi13g7vfjz8ueykc
肌のケアは毎日行っていても、メイクや日焼け止めなどを始めとした汚れがどうしても角栓、角質の原因になってしまいます。角栓は黒ずみや毛穴の詰まりから起こるトラブルを引き起こし、更なる悩みを抱えてしまうことも少なくありません。
Ctezgfe4ldklvxkrpnlu
そんな色んなトラブルのもとになる角栓を素早くケアしたい、という人には今回紹介したやり方で除去が可能と言うことをお伝え出来たら幸いです。しかし、執拗なケアや強引かつ力強いケアはご法度です。綺麗に取ることができなくても深追いは止めて肌を第一に考えてあげて下さい。